法人営業とは?仕事の内容、魅力、年収、転職方法を紹介

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

法人営業への転職を考えている方に向けて、仕事の内容やそのやりがい、平均年収などの基本情報をご紹介します。

さらに、実際に法人営業にチャレンジする人に向けて、転職を成功させるためのコツも解説していきます。

本記事を参考に、法人営業という仕事に挑戦してみましょう。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
正社員で働きたい方
  • 正社員、契約社員求人多数
  • 転職すると最大10万円の祝い金がもらえる
  • 運営会社の株式会社リブセンスは東証一部上場企業で安心
  • 独自AIによる最適なマッチングによりスムーズに転職活動ができる

法人営業はどんな仕事?

法人営業 転職

まずは、法人営業とはどのような仕事なのかを確認しましょう。

具体的な仕事内容や個人向け営業との違い、法人営業にはどういったスキルが求められるかなどを解説していきます。

◆新規開拓営業
法人営業の仕事内容は、対象とする顧客の性質によって分けられます。

まず、これまで取引のなかった企業に対して売り込んでいくことを、新規開拓営業といいます。

自社で取り扱っている商品やサービスの魅力を伝え、導入してもらえるようにプレゼンを行います。

これによって契約してもらえるように働きかけ、新規顧客になってもらうことが目的です。

◆ルート営業
ルート営業は既存営業とも呼ばれ、これまでに取引があった相手、または現在取引を行っている顧客に対して営業をかけることを言います。

以前は取引があって、現在は特に契約がない場合は、新しい商品やサービスを売り込み、改めて顧客として関わってもらえるように営業を行います。

現在取引があり、すでに顧客である場合は、今取り扱ってもらっている契約内容に対するアフターフォローをしたり、新しくできた商品やサービスでよりマッチ度が高いものがあれば、それを提案したりといったことを行います。

◆法人営業と個人営業の違い
法人営業と個人営業の最も大きな違いは、商材にあります。

個人営業の場合は、扱うものにもよりますが、平均すると金額的に小さかったり、また形のあるものの取り扱いが多かったりします。

法人営業は、企業が相手になるため、高額な価格帯の契約をすることがほとんどでしょう。

さらに、取り扱うものも形あるものだけではなく、情報やサービスの提供、土地や商業施設の一部分といった、手に取れないほど大きいものになるケースがよく見られます。

◆法人営業に求められるスキル
法人営業にはさまざまなスキルが求められますが、ここではそのうち代表的なものについてチェックしておきましょう。

最初に、欠かせないのはビジネスマナーです。

社会人であれば基本的なマナーは身につけておく必要がありますが、企業を相手にする場合は、特に細かいところまで見られているという意識を持つことが重要です。

もし自信がない場合は、ビジネスマナー研修を活用するようにしましょう。

コミュニケーションスキルやヒアリングスキルも必要です。

相手と良好な関係を保つには、高いコミュニケーションスキルが不可欠です。

顧客の年齢や性別、性格などに合わせて、臨機応変な対応が求められます。

また、相手が常に希望していることを自分から話してくれるとは限りません。

顧客が言いたいこと、聞いてほしいと思っていることをヒアリングする力は持っておくとよいでしょう。

さらに、営業は顧客の抱えている課題を、自社の商品やサービスで解決するように導くことが重要です。

その一方で、顧客が必ずしも自社の問題点を完璧に把握しているとは限りません。

営業の側から課題を見つけ、解決できるような提案をするスキルも求められます。

そのためには、課題発見能力や、課題解決能力を鍛えておく必要があります

効果的にアプローチをするには、WordやExcel、PowerPointといった書類作成ツールを使いこなせるとよいでしょう

これらのビジネスソフトを使うためのスキルは、営業としての対外的な仕事だけでなく、社内でのミーティングや報告などの際にも必須です。

最後に、プレゼンの能力はずっと磨き続けるべきものです。

商品のよさを適切に伝えることができれば、相手も魅力的に感じてくれるでしょう。

資料の作り方、人前での話し方、立ち振る舞いなど、ポイントを押さえてできる法人営業を目指しましょう

法人営業のやりがいとは

法人営業 転職

法人営業には、企業を相手に営業をするからこそのやりがいがあります。

ここでは、そのうちのいくつかをご紹介します。

◆具体的な数値が出て評価に直結
一番の醍醐味ともいえるのが、自分の仕事の成果が数字として現れ、具体的に見ることができるという点です。

仕事の内容によっては、自分がどのくらいの成果を挙げているのかが、実感として分かりづらいケースも多いでしょう。

がむしゃらに努力をし続けることを辛いと感じる方もいるかもしれませんが、営業の場合はその努力が数値化されるため、分かりやすいというメリットがあります。

さらに、その数値が評価に直結することもメリットでしょう。

自分が出した数字がインセンティブなどのかたちで返ってくるため、やる気につながりやすいといえます。

◆ビジネスのスケールが大きい
法人、つまり企業を相手に営業をするわけですから、企業の規模によっては非常に大口の取引になることが考えられます。

スケールの大きなプロジェクトや、何千万、何億という金額での契約は、やりがいを感じられるものです。

また、取引がうまくいった場合には、自社にも営業先にも大きなプラスを与えることになるでしょう。

これにより、社会に貢献している感覚を得ることができるでしょう。

◆顧客の成長に大きく貢献
顧客が企業ということで、自社の商品により相手の会社に利益があった場合、お互いにWin-Winの関係を築き上げることができます。

自分の契約が双方の会社としての利益につながるということは、大きな達成感を得られるでしょう。

契約の金額は決して小さくないことが予想されますから、付き合いが長期になれば、相手企業の成長を実感することもできます

▼詳しくはこちら
【40代で法人営業】仕事内容と魅力と将来性&転職先のルート

気になる法人営業の年収は?

法人営業 転職

取り扱う商材や金額、やりがいも大きな法人営業ですが、どの程度の年収があるのでしょうか。

ここでは、法人営業の平均年収と、年収に影響を与える要因、高収入の人にはどのような理由があるのかについて解説していきます。

◆法人営業の平均年収は?
法人営業の年収は、447万円が平均と言われています。

これは個人営業、内勤営業など、ほかの営業職と比べても、ちょうど中間程度の額です。

法人営業全体が特別に年収が高いかというと、そうとは限らないことがわかります。

とはいえ、自社で取り扱っている商品やサービスの規模感や顧客層、営業をしている当人の実力によって年収にかなり差があることも事実です。

平均が447万円だからといって、決してここが頭打ちということではありません。努力次第では、さらに高い年収を目指すことも可能でしょう。

◆年収を決める要因は?
年収を決めるには、まず雇用形態が関わってきます

正社員であれば、固定給に加えてインセンティブ、さらにボーナスが出るケースが多いようです。

しかし契約社員など非正規雇用の場合は、固定給とインセンティブがあっても、ボーナスがない場合がほとんどです。

一般的に収入が安定しやすいのは正社員ですが、今度は会社でのポジションが重要になります。

平社員と呼ばれる役職のない社員と比べると、当然、係長、課長、部長とポジションが上がっていくにつれて、役職手当てなどがつき、年収が上がる傾向にあります

一方で、役職が上がると同時に裁量労働制となって残業代が加味されなくなる、ボーナスではなく年俸制になるといった変化がある場合もあります。

このような会社であれば、いかに仕事を効率化するかが費用対効果を上げるコツとなるでしょう。

また、会社の業績も年収に影響してきます。

安定している会社、または影響を受けにくい商材を取り扱っていれば別ですが、そうでなければ業績悪化と同時に年収やボーナスがカットされる可能性があります

◆年収が高い人は何が違うのか?
年収が高い人には、いくつかの共通点があります。

最も分かりやすいのは、しっかりと業績を上げている人でしょう。

営業職全体に共通することですが、給与の形態は固定給に加え、インセンティブが振り込まれるケースが大半です。

どちらも仕事にしっかり取り組んでいれば上がっていきますが、固定給は緩やかに上昇するものですから、年収の大幅アップを狙うのであればインセンティブを念頭におきましょう

また、役職が高いことも年収が上がる理由のひとつです。

階級が上がるにつれて、固定給が上がるだけでなく、役職手当などプラスアルファの給与が増えるようになります。

ベンチャー企業など、新しい会社では見られないかもしれませんが、会社によっては年功序列制度をとっているところも残っています

このような会社であれば、長く勤めれば勤めるほど年収が上がっていくため、長期的な就業を視野にいれるとよいでしょう。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
正社員で働きたい方
  • 正社員、契約社員求人多数
  • 転職すると最大10万円の祝い金がもらえる
  • 運営会社の株式会社リブセンスは東証一部上場企業で安心
  • 独自AIによる最適なマッチングによりスムーズに転職活動ができる

法人営業への転職を成功させるテクニック

法人営業 転職

法人営業への転職を考えている場合、どのようにすれば活動を有利に進められるのかをチェックしましょう。

ここでは、職務経歴書を書く場合、志望動機を書く場合、面接へと進んだ場合にそれぞれ分けて、成功へ導いてくれる効果的なテクニックをお伝えします

◆職務経歴書を上手に書く方法
職務経歴書は、これまで自分がどのような会社でどのような仕事に携わってきたのかを記載するものです。

志望動機や自己PRを書く欄がある場合もありますが、メインはあくまでも職歴です。

経験してきたことや得られたスキルが、新しい会社でどのように活かせるのか、採用の担当をしている相手に伝わるように書くよう心がけましょう

書かなければならないのは、所属していた会社の社名、会社の規模感と事業内容、業界内でどのような立ち位置にいたかといった情報です。

会社内で、どのような営業スタイルで仕事をしていたかを記載しましょう。

対個人なのか内勤営業なのか、または同じく法人営業であっても、新規開拓営業なのかルート営業なのかによって業務内容は異なります。

どれを行ってきたかによって、同じ営業であっても経験値は異なります。

また、同じ業界内で転職する場合には、これまでに担当していたエリアや、結果としてのこしてきた数字を記載するようにしましょう。

その際には、これまでに携わってきた業界、営業を行っていた企業まで記載すると、相手に営業の様子が伝わりやすくなります。

自分が取り扱ったことのある商材も併せて記載する必要があります。

これらすべてを漏れなく書いておくことで、面接官にも自身の経験やスキルを理解してもらいやすくなるでしょう。

◆志望動機を上手に書く方法
志望動機は、新卒・既卒関わらず最も重要なポイントです。

この部分をしっかり書けるかどうかで、相手に与える印象は大きく変わると言っても過言ではありません。

まず、営業関係の経験と実績を持っている場合は、余すところなくアピールしましょう。

なるべく具体的な事例や数値を上げながら書くことが大切です。

また、志望した会社や、法人営業という職種をなぜ選んだのかという理由の部分は、一般的によく見られています。

その会社ならではの特徴を挙げながら、「御社でなければならない理由」というかたちで書くと、志望の本気度が伝わりやすくなります

さらに、「自分がこの会社に入りたい理由」という視点だけではなく、「自分がこの会社でどのように貢献できるか」といった視点を持つと、独りよがりな内容になることを防ぐことができるでしょう。

◆採用面接に受かるための方法
採用面接は、業種を問わず大まかな流れが決まっています。

自己紹介、転職理由、志望動機、自身の強み、入社したあとこの会社で何をしたいのか、求職者から会社への質問などの項目は共通しているところでしょう。

自己紹介では、名前と簡単な職務経歴を話す場合が多いでしょう。

職務経歴書に書いた内容を簡潔に紹介できるよう、練習しておくことをおすすめします。

転職理由については、たとえ本当はネガティブな内容だったとしても、なるべく前向きな理由を話すことがポイントです。

前職・現職への不満を素直に伝えてしまうと、「不満があるとすぐに辞めてしまうのかな」という印象を与えることになりかねません。

志望動機は先ほど紹介したとおり、その会社でなければならない理由や、自分がどのように貢献できるのかをしっかりアピールしましょう。

自身の強みは、転職先の会社や業界を踏まえたアプローチをすることが重要です。

ただ漠然と得意分野について語るのではなく、それを活かした働き方ができることを伝えられるような内容を組み立ててください。

この流れで、入社したあとにどのように貢献できるかも話せるとよりよいでしょう。

最後に必ず聞かれるのが、求職者から会社への逆質問です。

何も出てこないと、その会社にあまり興味がないようにとられてしまうケースもあるようです。

採用されることを前提とした、前向きで具体的な質問などを事前に考えておきましょう

▼詳しくはこちら
法人営業への転職を成功させる!ミドルこそ狙い目の理由とは

まとめ

法人営業 転職

法人営業への転職を考えている場合、まずは法人営業の仕事内容や平均年収といった基本的な情報を確認しておきましょう。

どのようなやりがいがあるかも把握しておくことで、さらに転職を前向きに検討できるかもしれません。

また、転職を成功させるためにはいくつかのポイントがあります。

職務経歴書や志望動機、面接の際のコツを掴むことで、第一志望の企業に内定をもらえるようチャレンジしてみてください。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事