介護職の採用を成功させるコツ

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>《介護/転職》給与UP成功率96%!高給与/寮無料/引越無料の求人案件数業界トップクラス

介護職人材紹介サービス 『リッチマン介護!』です。業界に特化したアドバイザーが、介護業界のノウハウやネットワークを活かして、 転職活動をサポートいたします。

・他の転職サイトと比べて介護現場の内情や人間関係に詳しかったり、高給与の求人が非常に多かった!
・給与交渉をしていただき、月収が10万円近く上がり驚きました。
・新しい職場と交渉して頂き、引越し代・不動産仲介手数料を負担して頂きました。
などなど、介護の転職総合満足度No.1の信頼できるサービスです。完全無料なので登録だけしておいて損はなし!
「介護職でキャリアアップしたい」「介護職に挑戦したい」そんな40代のあなたにオススメなのが、【利用したい介護転職支援サービスNo.1(※)】の介護職に特化した転職支援サービス『ケアジョブ』です。

『リッチマン介護!』公式サイトで無料登録

慢性的な人手不足が続いている介護業界。

介護職の有効求人倍率は、全職種平均の有効求人倍率と比較しても高く、企業にとっては採用難が続いている状態になります。

特に介護業界では「2025年問題」という課題を抱えていて、2025年頃までに、団塊の世代が後期高齢者である75歳以上になることで、医療や介護の社会保障費用の急増が懸念されています。

厚労省の「今後の介護保険をとりまく状況」によると、後期高齢者の人口は2025年には3657万人に達すると言われています。

その数の後期高齢者を介護するために必要な介護人材は245万人と言われていますが、現在の介護人材は190万人で、55万人が不足しています。

人手不足はこの先も続いていくと予測されています。
そのため、介護の現場で活躍できる良い人材は介護業界の中でも取り合いの状態と言っても過言ではありません。

今回は、良い人材を獲得するための採用のコツを詳しく解説していきます。
この記事を読んで、採用活動の成功を目指していってください。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • 未経験でも安心の大手派遣会社
  • 特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • 正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • 半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

介護職の採用成功のための事前準備のコツ

介護の採用に成功するコツ

介護職に限らず、採用を行う際は「どんな人材なら自社で活躍してもらえるのか」を分析することが重要です。

せっかく採用したのに離職してしまうといった事態を避けるために、履歴書や面接で自社に合う人材かどうかを見極めていく必要があります。

そのためには、採用基準を明確なものとする、自社の魅力を把握しておく、独自のテストを用意しておくなど、「事前準備」をしっかりしていきましょう。

採用成功のコツは事前準備にあります。
ここでは事前準備のコツを詳しくお伝えします。

◆採用基準を事前に決めておく
採用成功につなげるための重要なポイントとして、採用基準について、社内の関係者間で話し合うことがあげられます。

現場の管理者や採用担当者、会社の経営者の関係者間で認識のすり合わせをしなかったために、なかなか選考を重ねても合格者がでないということがあります。

例えば、現場担当者は経験者が欲しいと考えていても、人事担当者は、採用市場が厳しいので未経験者でいいと思っていたり、はたまた経営者は会社幹部になるリーダー候補が欲しいと思っていたりすることがあります。

それぞれ違う思惑を持っていると、選考で面接の担当者が変わってしまうと、評価が変わってしまう事態になります。

まずは、どんな人物像を採用するのか社内の関係者で統一しておく必要があります。

さらに、採用の目的だけでなく、採用で求める人の経験・知識・資格・スキルまですり合わせをしておきましょう。

◆自社の魅力を把握しておく
採用活動を行う上で、自社の魅力を把握しておくことは重要になります。
どんな会社でもそこに働いている人がいる以上、魅力だと感じている部分はあります。

例えば、社員数が10名の企業の場合、企業規模が小さく、マイナスポイントと捉えるのではなく、「10名だからこそ、チームワークが良い」という魅力を生みだすことができるのではないでしょうか。

魅力に関しては様々な側面があり、どの側面を切り取るかで求職者に伝えられる魅力は変わってきます。

業界全体に対しての安定性や将来性を伝えることや、会社の安定性や将来性、提供する商品の魅力、仕事のやりがい、給与面、福利厚生、休日の充実など、伝えられることは多岐に渡ります。

社内の関係者で求人の際に重要になるアピールポイントを整理しておくことは必須と言えます。

◆独自のテストを用意しておく
採用活動の選考の場において、独自のテストを用意しておくことも手法の1つです。
テストを行うことで、複数の応募者がいた場合に比較しやすくなる利点があります。

テストの種類は、仕事で使う知識を問題にする筆記試験や一般的な社会常識を問う筆記試験でもいいと思います。

筆記試験のいいところは応募者を定量的に、点数として捉えることができる点です。
求める人材に合わせて、独自のテストを作ってみてはいかがでしょうか。

また、職場で行われている仕事の一部をワークサンプルテストとして実施する方法もあります。

書類仕事の一部をしてもらったり、介護の仕事で使われる会話の一部をデモンストレーションしてもらったりしてもいいでしょう。

ただし、未経験者を採用する場合はテストがあるというのはむしろ応募数を下げてしまう可能性があるため、実施には注意も必要です。

介護職の採用成功のためのアピールのコツ

介護職に応募する人

介護業界は給与の低さや人間関係、業界へのネガティブイメージといったことが要因で、採用難易度が高いと言われています。

そのため自社の魅力をしっかりと把握して、積極的にアピールしていくことが大切になります。

介護職の平均的な年収や休日日数、残業時間などを基に自社がどの水準にあるか把握しましょう。

自社がその水準よりも優位に立っているのであれば、アピールポイントになります。
そのアピールポイントによって、まずは興味を持ってもらうことです。

それが第一歩になり、採用の成功へとつながっていきます。
ここでは興味関心を引くためのアピールのコツを見ていきましょう。

◆残業の少なさをアピール
リクルートキャリアによるHELPMAN JAPAN 「介護職非従事者の意識調査」によると、介護職非従事者が「介護業界に就職しても良い」という考えを持つに至った人の45%が「介護現場で働く人の5割強は残業がない」という理由を挙げています。

もともと非従事者は介護職に対してハードな印象を持っています。
残業の有無や時間の長さについては、介護サービスの種別や職種、正社員とパートといった雇用形態の違いなどによって異なります。

もし、実際に募集職種で残業がない、あるいは少ないのであれば、1つのメリットとして残業の少なさがアピール材料になります。

転職希望者は前職の離職理由に残業時間の多さを理由にする人も多々います。
仮に残業があっても、手当てがしっかりしていることもアピールすると良いでしょう。

◆未経験でも働けることをアピール
未経験者でも就業可能な職種の場合は、未経験者でもOKであることをアピールしていきましょう。

多くの企業で介護ヘルパーなど職種によっては未経験者でも積極的に募集しています。
応募者側からすると、実際に未経験者は興味を持っているが経験や資格がないことを理由に応募に踏み込めないでいる人が一定数います。

また経験者でもスキルに不安がある人もいます。
未経験やスキルに自信がない場合でも、研修がしっかりしている点を伝えて、安心して応募できる求人を出してみてください。

さらに、資格取得に実務経験を要する「介護福祉士」や「ケアマネージャー」といった高度な資格取得へキャリアップする道が開かれていることも、1つの魅力として伝えていきましょう。

◆離職率が低いことをアピールする
前述のリクルートキャリアによるHELPMAN JAPAN 「介護職非従事者の意識調査」によると、介護業界への就職をためらう理由に「体力的・精神的にきつい仕事が多い」という項目が上位2位を占めており、4位に「離職率が高い」が入っています。

これまで介護業界はネガティブなイメージが浸透していました。
しかし近年では、離職率は全産業の平均とほぼ変わらない水準にあることが分かっています。

そのため、ブラック企業でないことは離職率を示すことで証明することができます。
求人の先輩社員の紹介において、勤続年数の高い人を例に出して勤務年数をアピールするなどの工夫をしてください。

安定して長く働くことができるというアピールになります。
このような求人を書くことで、業界全体のイメージアップにもつながりますので、自社のためだけでなく、業界全体に役に立っているという意識を持つようにしてください。

介護職の採用成功のための応募を増やすコツ

介護の仕事のアピールポイント

求職者が求人に興味を持つためには、企業のホームページを充実させることも必要です。
実際に求人を見た後の求職者は企業のホームページをチェックする人がほとんどです。

自社ホームページの充実を図りつつ、求人自体の内容も他社と比較して魅力的なものに仕上げていきましょう。

求人自体に魅力が少なければ求人を見たとしても、応募に踏み切れないということもあります。

選考を受ける優先順位が低くなったり、面接を受けることを辞退したりする可能性もあります。

そのような事態にならないために、求職者目線に立って求人を作っていきましょう。
ここでは、応募してもらうためのコツを紹介していきます。

◆職種や事業所別に求人を作る
介護業界の特徴として、職種や事業所ごとに働き方が異なることがあると思います。
そのため、職種や事業所別に求人を作るようにしてください。

求人では、応募者に必要な情報だけを伝えるようにしてください。
複数の情報が混ざって書かれていると、応募者が正しく情報を捉えられなくなる可能性があります。

職種や事業所別に残業の有無や離職率、仕事の詳細・やりがいなどを記載することで、求職者が働くイメージを具体的に描きやすくなります。

このイメージが描けるかどうかが応募者を増やすためのキーになってきます。
応募者が増えることに加えて、正しく理解してから応募してくれるので、入社してからのアンマッチを防ぐ効果も期待できます。

アピールポイントも職種や事業所ごとにそれぞれで用意するようにしてください。
応募者を増やして、より求める人材に合う人を採用にするようにしていきましょう。

◆職員や施設の写真を多数掲載する
職場の雰囲気が最も伝わるのは、現場で働いている人の写真です。
どんな人と働くかを写真と文章で紹介し、働くイメージを持ってもらうことが大切です。

職場の集合写真や働いている姿を写真や動画で掲載することで、どんな雰囲気の職場なのか伝えることができます。

また施設の写真も掲載しましょう。
そして施設に関する説明文を加えることで、働くイメージを応募者に持ってもらうことができます。

百聞は一見に如かずと言われるほど、写真は信憑性を高めてくれる効果があります。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • 未経験でも安心の大手派遣会社
  • 特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • 正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • 半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

介護職の採用成功のための内定承諾をもらうコツ

介護で内定承諾をもらう人

施設の要である介護職は、介護施設にとって欠かせない存在です。
介護職は他の職種と比較すると、採用の難しい職種と言えます。

特に経験豊富な求職者は競争率も高くなっています。
良い人材に巡り合えても内定を承諾してもらわなければ採用成功とはなりません。

ここでは、優秀な人材から内定承諾を得るためのポイントを詳しく解説します。

◆既存社員と対話の場を設ける
応募者にとっては、社長や役員、人事担当者に聞きづらい質問もあります。
例えば、実際の残業時間や収入面に関しては、面接の場では改まって確認しにくいものです。

そこで、人事担当者など採用に関する人を外して、実際に働く先輩社員に質問できる機会を設けて自由に質問してもらいましょう。

先輩社員の本音を聞くことでより、入社前の不安を一気に解消できることでしょう。
そして先輩社員との交流は、入社後の安心感にもつながります。

◆口コミサイトの対策をする
転職活動中の求職者の多くが企業の口コミを確認しています。
そのため、ネット上で良くない評判やウワサを知って面接を辞退してしまう、なんてこともあるでしょう。

そうした事態を防ぐためにも、自社の口コミサイトにどんなことが書かれているのか把握しておくことも大切です。

例えば制度について悪い口コミがあっても、すでに改善されている場合もあります。
その場合、サイト側に削除依頼することもできます。

削除できない場合には、悪い口コミに関する内容を改善しましたということを選考の場において、伝えてもいいかもしれません。

積極的に社員の意見を取り入れて自社を良くしていく活動をしていることを伝えることで、求職者の不安を和らげ、辞退者の減少に繋がっていきます。

◆面接結果は早急に伝える
面接後、いち早く結果を知らせることも採用成功の重要なポイントになります。

「どうしても入社して欲しい」と思える良い人材と出会った際は、面接を行った当日に、電話で内定の連絡をするのも有効な手段になります。

時間を空けてしまうと、応募者に迷いが生まれたり、他社からの内定を承諾してしまったりする可能性があります。

電話で採用決定の連絡をする際は、「ぜひ当社に入社して、活躍して欲しいと思っている」といった思いを伝えることで、応募者の好感度が上がります。

仮に電話連絡で応募者が悩んでいることが分かれば、次の対策を打つことができます。

例えば、給与面で悩んでいるのであれば、もう少し詳しく給与体系を説明して安心してもらったり、手当てが充実していることを伝えて安心してもらったりできる可能性があります。

このような手段を使い、できるだけ内定辞退を防いでいきましょう。

▼合わせて読みたい!
中途採用に使うべきサービスはコレ!業界別サイトを徹底比較
中途採用成功のために求人を絶対に掲載しておきたいオススメの媒体
介護業界の採用成功事例から学ぶ採用成功のポイント

まとめ

介護採用のコツまとめ

ここまで介護職の採用を成功させるコツを詳しくお伝えしてきました。

事前準備に始まり、アピールのコツ、応募を増やすコツ、そして最後には内定承諾をもらうコツという、採用活動の流れに沿う形で紹介してきました。

これらを踏まえることで効果的な採用活動を行える可能性が高くなります。
最終的な目標は内定承諾からさらに、応募者が長く自社で働いてもらうことで、介護業界で活躍できる人材に育て上げることです。

1人でも多くの優秀な人材に介護職というものを知ってもらうことで、介護業界を明るいものにしていきましょう。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new