40代介護職が転職を失敗する理由と成功のためのポイント

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>《介護/転職》給与UP成功率96%!高給与/寮無料/引越無料の求人案件数業界トップクラス

介護職人材紹介サービス 『リッチマン介護!』です。業界に特化したアドバイザーが、介護業界のノウハウやネットワークを活かして、 転職活動をサポートいたします。

・他の転職サイトと比べて介護現場の内情や人間関係に詳しかったり、高給与の求人が非常に多かった!
・給与交渉をしていただき、月収が10万円近く上がり驚きました。
・新しい職場と交渉して頂き、引越し代・不動産仲介手数料を負担して頂きました。
などなど、介護の転職総合満足度No.1の信頼できるサービスです。完全無料なので登録だけしておいて損はなし!
「介護職でキャリアアップしたい」「介護職に挑戦したい」そんな40代のあなたにオススメなのが、【利用したい介護転職支援サービスNo.1(※)】の介護職に特化した転職支援サービス『ケアジョブ』です。

『リッチマン介護!』公式サイトで無料登録

多くの人が、社会に貢献したいという気持ちや仕事としての将来性を重視して介護の仕事を選んでいます。

しかし、期待していたのとは違う現実に「転職して失敗だった」と感じてしまう人も残念ながらいます。

転職に失敗してしまうのはそれなりの理由があり、自分自身をしっかりと見つめて求人選びを行っていたなら転職を成功させることができたかもしれません。

今回は、転職に失敗した理由から、40代の介護職で転職を成功させるポイントをご紹介します。

最後まで目を通して、「失敗しない転職をするにはどうしたらよいか」を一緒に考えていきましょう。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
正社員で働きたい方
  • 正社員、契約社員求人多数
  • 転職すると最大10万円の祝い金がもらえる
  • 運営会社の株式会社リブセンスは東証一部上場企業で安心
  • 独自AIによる最適なマッチングによりスムーズに転職活動ができる

40代介護職が転職を失敗したと感じる理由

40代で介護の転職に悩む男性

まずは、実際に転職して「こんなはずではなかった」と感じている人たち理由を詳しく見ていきましょう。

具体的に「どんな部分が不満・苦痛だったのか」を検証していきたいと思います。

◆想像していた以上に仕事がきつい
一般的に介護職は肉体的にきつい仕事と思われている職種の一つです。

特に要介護者に対して直接的なサポート行う身体介護は、ベッドから車いすなどへの移動や入浴の介助など、体力を使う場面が多くあります。

このような作業は、技術指導をしっかりしたり、介護士の人数を多く配置したりすることで負担を少なくしている施設も数多く存在します。

しかし中にはそうでない施設もあり、その場合は負担を大きく感じることになります。

また体力面だけでなく排せつの介助や、利用者とその家族の確執を見聞きしてしまうなど、環境的なことに対して「きつい」と感じる人もいます。

◆年収が想定していたより低い
介護職の現場で、資格を持たずに働いている人の平均月収は19万円と言われています。

唯一の介護系の国家資格である介護福祉士の資格を持っていても、平均月収は24万円となっており、他の業種と比較しても低いと言えます。

収入が低くても仕事内容が軽いものであるならば、ある意味コスパの良い仕事と割り切ることができますが、前述の通り体力的・精神的に厳しいと感じている場合は収入に対しても不満を覚えてしまいます。

◆自由に休みをとることができない
介護職は365日、24時間稼働している施設も多く、シフト制で休みをとることがほとんどです。

現状として完全週休2日制の職場はまだ少ないでしょう。
入居型の施設の場合は、土日もシフトで出勤する必要がある上、夜勤も行う可能性があります。

仕事内容も対人相手なので、小さなトラブルが起こることが予想されます。
例えば、終業間近にトラブルが発生してしまい予想外の残業をすることもあります。

利用者同士でのトラブルや、利用者の家族の対応に追われることもあるかもしれません。

選んだ施設次第なのはもちろんですが、休みが取りにくく突発的な残業が発生しやすいため、プライベートが充実できず転職に失敗したと感じることは十分に考えられます。

◆人間関係が大きなストレス
人間関係を負担に感じるのは、どの職種でもあり得ることです。

介護職では施設によって、職員の派閥やグループができていることもあり、もめ事に巻き込まれたり、いじめの的にされてしまったりするといった失敗談もあります。

人間関係や職場の雰囲気は求人票だけでは把握しづらいため、働き出してから「こんなはずではなかった」と後悔する人が多いと言えます。

さらに介護職は、前述のように施設の利用者やその家族との間でもコミュニケーションが大切になってきます。

コミュニケーションの苦手な人は、コミュニケーションが上手く取れずに利用者やその家族からのクレームを受けることもあるかもしれません。

人と接する仕事にストレスを感じてしまう人は、ストレスが多くかかるのは間違いないでしょう。

転職で失敗する人の特徴

40代で介護の転職に悩む女性

やる気さえあれば、年代や性別、経験問わず働けると言われる介護業界ですが、もちろんそんなに簡単な世界ではありません。

どんな仕事でも向いていないタイプは一定数存在し、向いていない仕事に転職しても成功することはないでしょう。

ここでは同じ轍を踏まないために、転職で失敗する人の特徴を詳しく見ておきましょう。

◆勢いで転職して転職先を調べていない
転職には勢いも必要と言われます。
しかし、勢いだけに任せても転職先での成功率は低くなってしまいます。

成功率を低くしないためにも、良いなと感じた求人があっても、しっかりと情報収集をし、事前に調べることが大切になります。

可能であれば、施設や職場への見学も行うようにしましょう。
自分の目で見ることでわかることはたくさんあります。

これをせずに、転職先を決めて失敗している人は多数います。

◆スタミナや力がない
介護職は立ち仕事が多いだけでなく、実際に力を使う業務も多々あります。

そのため、これまでに腕力を使った作業を全くしていなかったという人は慣れるまでに時間がかかります。

腕力と並んでもう一つ大切な要素に、体力があります。
デスクワークの経験ばかりで、ちょっと動いただけで疲れてしまう人は要注意です。

働き続ける間に徐々にスタミナも付き、作業のコツもつかめてくるものですが、体力不足の人はそれまでは少し大変かもしれません。

◆性格的に介護職が向いていない
人と接する仕事の介護職では性格も需要です。

まずは、極端に潔癖症の人です。
洗濯や食事の補助、排せつのサポートをすることもあるため汚れることが苦になる人は向いていません。

人とのコミュニケーションが苦手な人も不向きです。
利用者だけではなく、利用者の家族や職員など、社内外の人とのコミュニケーションを疎かにすると仕事が円滑に回らなくなります。

次に、すぐにカッとしてしまう性格も向いていない特徴と言えます。

これはどこの業界でも同じことですが、特に介護職はストレスを感じる瞬間が多いと言われているため、忍耐力を持って仕事に臨んでください。

最後にお年寄りに対して尊敬の気持ちがない人です。
介護をするお年寄りを敬う気持ちがない人は、施設利用者との間に信頼関係を築くことができません。

転職を成功させるために事前に調べておくこと

介護の転職で事前の調べもの

介護職は未経験からチャレンジでき、なおかつ経験を積んでステップアップを目指すことができる仕事です。

そのための最初のステップとして、転職を成功させるためには、事前に転職先の施設を調べておくことが必要です。

ここでは、職場選びの際に見ておきたいポイントを見ていきましょう。

◆勤務形態を事前に調べておく
ライフスタイルに合わせた働き方をしたいのであれば、勤務形態は事前に調べておくことをおすすめします。

入所施設の場合、正社員で働くのであれば、ほぼ夜勤が必須になります。
日勤のみで働く場合には、パートなどの非正規雇用を選択することになるかもしれません。

通所施設であれば、日勤のみのシフトのため規則的な勤務を行うことが可能になります。

このように施設によって勤務形態が大きく異なる場合があるため、事前に調べておくことが必要です。

◆施設の教育制度があるかを調べておく
初めて介護の仕事をするという人は、施設の教育制度について優先的に見ておきましょう。

新人研修はほとんどの施設で実施されていますが、施設によっては経験や年次に応じて段階的な研修制度を設けているところがあります。

確実にスキルアップを目指していきたいと考えている人は、施設の研修制度が充実しているところを選ぶようにしてください。

◆資格取得支援に前向きな施設が調べておく
未経験、無資格でも働くことは可能ですが、介護職としてキャリアップを目指すには資格取得が重要になります。

介護施設は職員の介護技術の向上=サービスの向上と考えているので、資格取得支援に前向きな施設がほとんどです。

支援の内容も施設によって様々ありますが、資格取得に係る費用負担や資格取得後のお祝い金の支給、資格試験前に勉強会を実施している施設もあります。

できるだけ資格取得に前向きな施設を選ぶようにしてください。

◆人員配置が適切かどうか調べておく
人員配置についても見ておきたいポイントになります。
人員配置が少ない施設は、職員一人当たりの業務の負担が大きくなります。

業務負担が大きいと体調を崩してしまう人が出てくることがあります。
新人社員の教育もままならず、なかなか仕事を覚えられずに、戦力になることができないという状況にもなりかねません。

▼合わせて読みたい!
40代から介護業界へ転職!転職前に知っておきたい基礎知識を公開

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
正社員で働きたい方
  • 正社員、契約社員求人多数
  • 転職すると最大10万円の祝い金がもらえる
  • 運営会社の株式会社リブセンスは東証一部上場企業で安心
  • 独自AIによる最適なマッチングによりスムーズに転職活動ができる

転職に失敗しないために対策するポイント

転職成功のポイント

転職失敗を防ぐためには、希望の条件を満たす施設を見つける調査をしっかりすることが大切です。

またそれだけではなく、あなたが求める条件を明確にするなど自分自身の対策をしっかりしておく必要があります。

ここでは自分自身に目を向けるためのポイントを見ていきましょう。

◆自分が何を求めるかを明確にしておく
仕事に求める条件が曖昧だと、転職活動の軸がぶれ、自分と合わない職場を選んでしまうことになります。

求人を見る前に、まず自分が介護の仕事に求める条件を明らかにしていきましょう。
条件が複数あって絞り切れない場合は、条件に優先順位を付けていきます。

優先度の高い条件を満たす職場が、あなたに合った職場である可能性が高くなります。

◆自分の性格や経験などキャリアを知っておく
自分の適性に合った職場を探すには、自分を知ることも大切になります。

介護以外も含めて、あなたのこれまでの経験を振り返り、長所や短所を探っていくことも必要になります。

自分の特徴を把握することで、「強みを活かせるのはどんな施設か」「将来どんな介護士になりたいか」を考えるきっかけになり、目指す方向性や転職すべき施設が明らかになります。

◆資格を取るなど自分を磨いておく
転職する前に資格を取るなどして、スキルを磨いておくのも一つの手段となります。
何の知識もない状態の転職に比べて、待遇を少しでも上げることができる可能性があります。

まず取得しておくのは、介護職の入門資格とも言うべき介護職員初任者研修です。
この資格をとることで、あなたが選択できる施設の数や幅が広がるでしょう。

実務経験がなくても資格を持っているだけで転職を有利に進めることができます。

◆転職先は複数から選ぶ
希望する転職先を選んだ時も、一つではなく複数の施設を比較することをおすすめします。
同じサービスを提供しているように見えても、施設の理念や経営者の考え方は千差万別です。

どんな理念を持っているのか、比べてみると、あなたが共感できる施設が判断できるでしょう。

理念に共感できるかどうかは、長く働く上で重要なポイントです。
採用では、その施設の理念に共感できるかどうかを重要視している場合もあります。

理念に共感できる人を集めることで、自然と似た思考の人を集めることができ、人間関係も円滑になり、長く働くことができます。

▼合わせて読みたい!
40代介護職の年収を徹底調査。年収アップの方法とは?
40代男女にこそ介護転職がおすすめ!求人の魅力、将来性を知ろう
解説!40代が試験を突破し、国家資格・介護福祉士を取得するには

まとめ

40代介護転職まとめ

今回は、転職に失敗しないための情報をまとめてお届けしました。

失敗の理由を知ることで、自分の転職の際に気を付けるべきポイントが把握できたのではないでしょうか。

転職を成功させるために事前に調べておくことや対策するポイントを参考にして、転職を成功させてくださいね。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new
Ttl new