【後悔しない】40代介護職の転職方法

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>《介護/転職》給与UP成功率96%!高給与/寮無料/引越無料の求人案件数業界トップクラス

介護職人材紹介サービス 『リッチマン介護!』です。業界に特化したアドバイザーが、介護業界のノウハウやネットワークを活かして、 転職活動をサポートいたします。

・他の転職サイトと比べて介護現場の内情や人間関係に詳しかったり、高給与の求人が非常に多かった!
・給与交渉をしていただき、月収が10万円近く上がり驚きました。
・新しい職場と交渉して頂き、引越し代・不動産仲介手数料を負担して頂きました。
などなど、介護の転職総合満足度No.1の信頼できるサービスです。完全無料なので登録だけしておいて損はなし!
「介護職でキャリアアップしたい」「介護職に挑戦したい」そんな40代のあなたにオススメなのが、【利用したい介護転職支援サービスNo.1(※)】の介護職に特化した転職支援サービス『ケアジョブ』です。

『リッチマン介護!』公式サイトで無料登録

40代ともなると「転職するのが怖い」と感じることがあるかもしれません。
しかし、今転職しないことがデメリットになることもあります。

一つには、年齢を重ねるほど転職が不利になる可能性があることです。

40代であれば、まだ20代や30代と同じだけの体力も持ち合わせている人もいますが、50代になれば、さらに体力の低下が考えらます。

また、今の職場で身体面の不調やストレスを感じている場合、それらが蓄積されることで就業や日常生活に支障をきたすことが十分に考えられます。

そういった場合は、早めに対処していくことがあなたの人生においてはプラスになります。

実際に介護の仕事に従事している職員のうち約3人に1人が仕事を辞めたい、もしくは転職したいと考えていると言われています。

その理由としては、待遇面などの労働条件に不満を感じる人が多いことや、業界全体が人手不足のため、現場スタッフは過酷な労働を強いられやすい傾向があることがあげられます。

結果として、多くの介護職員が「身体的・精神的に大きなストレス」を抱え、離職や転職を考えるようになるのです。

離職や転職することで得られるメリットを考えた時に、転職を考えることも一つの方法になってきます。

今回は、40代の介護職員が後悔しないための転職の方法をご紹介します。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
正社員で働きたい方
  • 正社員、契約社員求人多数
  • 転職すると最大10万円の祝い金がもらえる
  • 運営会社の株式会社リブセンスは東証一部上場企業で安心
  • 独自AIによる最適なマッチングによりスムーズに転職活動ができる

40代介護職が転職することで改善できること

40代介護職で転職先を探す人

「あの時に転職しておけばよかった」などと後悔しないために、今の職場で以下の5つのことが起きていたら転職を検討するなどの対策が必要です。

これらの現象は、あなたにとってプラスの影響をもたらすことはありません。
マイナスの環境から脱出するためにも、転職という選択肢を持つことをおすすめします。

◆職場のギクシャクした人間関係から脱却
職場の人間関係がギクシャクしていたり、忙しさと相まってギスギスした人間関係になっていたりしませんか。

このような状態が続いている場合は転職を考えても良い状況です。
そのような環境は、施設の利用者やその家族との関係性も悪くなる可能性があります。

あなた自身の評価が下がるばかりか、心身の状態にも影響することもあるでしょう。
その結果、仕事を続けること自体が非常に難しくなります。

そうなる前に転職をすることをおすすめします。
上司からのハラスメント行為を受けている場合も、人間関係がうまくいっているとは言えないため、転職を考える方が良いでしょう。

◆労働に見合わない労働環境から脱却
介護業界では人材不足によって従業員の業務が過酷になる一方で、賃金水準が低いのが事実としてあります。

厚生労働省による令和2年賃金構造基本統計調査結果の概況によると、全産業の平均年収が約463万円であるのに対して、介護職員の年収は約359万円です。

実際に自分の年収と比較し、どの水準にいるかを確認してみてください。

自分の労働に対して著しく年収が低いと感じた場合、これらの労働環境を変えていく必要があります。

転職をしたことで、年収が増え、働きやすくなったという人も多く存在します。

◆人手不足によるきつい業務から脱却
介護業界では、慢性的な人手不足が続いていて、業務がきついと感じることが多々あるでしょう。

なぜなら、日本は少子高齢化が進み、4人に1人が75歳以上であるのに対して、介護職に就く若者は年々減少傾向にあるからです。

実際に、公益財団法人 介護労働安定センターの「令和元年度介護労働実態調査結果について」によると、介護職員の約20%以上が60歳を越えていて、介護施設の半数以上が人手不足を感じています。

このため、20代から40代までの比較的若い介護職員に大きな負担がかかってしまいます。
職場の年齢構成もあなたの働き方に大きな影響をもたらしています。

あまりにも偏った年齢構成や業務内容である場合には、転職など改善する方法を探っていく必要があります。

◆夜勤や連勤などの肉体的負担から脱却
介護職は身体介護により腰痛を発症したり、夜勤によって体の不調を生じたりすることが多々あります。

介護職員の9割近くが腰痛を抱えていると言われており、腰痛は介護職の職業病と言えます。
転職をすることで、腰痛や夜勤による体の不調に悩まされなくなった人も数多くいます。

別業種へ転職すると身体的負担が軽減しやすいため、転職を機に体調の改善を実感できるでしょう。

◆休みが取れずプライベートが充実しない状況から脱却
介護職は慢性的に人手不足な上、年中無休で営業している施設が多々あります。

例えば老人ホームの場合、入居者は基本的にホームで過ごすため、一般企業のように年末年始やGWなども休みにはなりません。

職員たちはシフトで日勤や夜勤などの勤務と休みを組んでいきますが、急な欠勤の場合は穴埋めのため出勤することもしばしばあります。

休日は決まった曜日ではなく夜勤もあると、どうしても自身の生活リズムや周りの人とのリズムも合わなくなります。

家族や友人と過ごす時間が減り、プライベートが充実できない場合もあるでしょう。
介護職から異業種に転職した人の中には、転職を機にプライベートを楽しめるようになったと言う人もいます。

今すぐ転職を決意すべき状態

40代介護職で転職先を探す人

次に、すぐにでも転職を決意するべき状態について、詳しく見ていきましょう。

現在のあなたの職場が、以下のようなことを行っている場合、早急に転職を考えた方が賢明です。

◆働き方が労働基準法を違反している
労働基準法が守られていない場合は、転職を考えた方がいいでしょう。

労働基準法では、労働時間1日8時間・週40時間という法定労働時間というものが定められています。

その時間を超えて労働をさせる場合は、「36協定」が必要なります。

雇用者と労働者の間で結ぶ協定になりますが、36協定を締結せずに残業や休日出勤させると、雇用者は処罰の対象になります。

従って、まず36協定を締結しているか調べてみてください。

締結していないにも関わらず法定労働時間の週40時間を超える残業をこなしている場合は、雇用者は労働基準法に違反していることになります。

さらに労働基準法違反は、有給休暇を取得できなかったり残業しても残業代がでなかったりする場合にも該当します。

よくあなたの働いている状況を見直して、仮に雇用者が労働基準法に違反していると分かった場合は、労働環境の改善を雇用側に求めてみましょう。

それでも改善されないまたは話し合いもできないといった場合は、早期に転職を考えてみてください。

◆医療行為を介護職員が行っている
基本的に介護職員は高齢者の身の回りの世話をするのが仕事であり、医師や看護師のような医療行為はできないことになっています。

例えば血糖測定や摘便、床ずれの処置などは医療行為に当たるため、看護師を読んで処置をしてもらう必要があります。

介護職員が医療行為を実施すると違法行為に該当するので、罰則の対象になります。
このような行為をするように指導や指示されている場合は、注意が必要です。

自分自身が処罰の対象にならないためにも、転職を考えてください。

◆パワハラ、セクハラ、いじめがある
職場でいじめやパワハラ、セクハラにあっている場合は、仕事を続けることが非常につらくなります。

メンタルが壊れてしまうと、長期で就業できないという事態にもなり、例え転職を検討したとしても、次の職場にまで影響してしまいかねません。

パワーハラスメント、いわゆるパワハラとは、職場内の立場での優位性を利用して、労働者に対して精神的・身体的苦痛を与えることを指します。

以下のような事柄はパワハラに該当します。
・上司からの嫌がらせ行為
・仕事中に上司に話しかけても無視される
・わざと聞こえるように悪口を言われる など

セクシャルハラスメント、いわゆるセクハラとは職場内の立場で優位性を利用して性的苦痛を与えることを指します。

以下のような事柄はセクハラに該当します。
・性的な発言をはじめとする嫌がらせ行為
・身体を不必要に触られる など

いじめやパワハラ、セクハラは犯罪行為なので、無理に我慢して働き続ける必要はまったくありません。

証拠を集めて法的措置を取るか、転職先を探すことをおすすめします。

転職してから後悔しないために

転職に悩む40代女性

今のあなたの職場の状況はいかがでしょうか。

もし転職を決意した人であれば、転職した後に後悔しないために、転職先の情報をしっかり収集しておきましょう。

すべての情報を得られなくても、一つでも取り入れるようにしていきましょう。

◆転職先を知人友人に紹介してもらう
転職先を選ぶ際に最も信頼できる方法は、知人の紹介になります。
何らかの事情により、その職場から既に転職した人に紹介してもらうことも一つの手段です。

その職場に大きなデメリットを感じず、快適に働けている環境であれば、あなたに紹介してくれるでしょう。

逆にその職場の人間関係に問題があったなど、何らかのデメリットがある場合は紹介をためらうはずです。

友人や知人であれば、あなたの人柄や仕事に対する姿勢なども知っているため、向いている職場かどうかを判断しやすいでしょう。

同じ職種の人であれば、仕事の良し悪しや大変なこと、やりがい、働きやすさなども熟知しています。

過去のあなたの仕事ぶりも知っているなら、その職場に向いているかを判断してくれます。

さらに紹介をしてもらうメリットは、現在求人募集をしていない場合でも採用の可能性があるということです。

紹介者がその職場で信頼を得ていればいるほど、あなたにもチャンスが巡ってきます。
この紹介を利用する方法は、転職を後悔しないためにも、ぜひ活用したい方法です。

◆働いている人の話を聞く
転職してから後悔しないためには、転職先の会社で働いている人の意見を参考にすると良いでしょう。

この方法は、どういった働き方をしているのかを具体的に知ることができるというメリットがあります。

求人票だけでは、転職後の初任給は明記されていても、その後の賃金の上がり幅などはほとんど分かりません。

そこで働く人間関係という点では、垣間見ることもできないでしょう。

しかし、実際にそこで働く人に話を聞くことができるなら話は違ってきます。
給与体系や人間関係など現実的なところを細かい部分まで教えてもらうことができます。

ぜひそこで働く人とコンタクトを取り、できるだけ多くの情報を聞き出してください。
この働いている人の話を聞くということは、転職後の後悔を最も低くすることでしょう。

◆口コミサイトの情報を調べる
口コミサイトを調べるという方法は、知人の感想やアドバイスよりは少し信頼性が劣るかもしれません。

しかし、労働環境が悪い会社の情報に関しては、口コミサイトからも得ることができます。

悪いという評判は比較的広く知れ渡っているものです。
昨今はほとんどの人がSNSを利用している時代です。

有益な情報を持っている人が、口コミサイトにコメントを残してくれていることも十分考えられます。

ただし、この場合は一つの情報だけを鵜呑みにするのではなく、複数の情報を総合的に見てから判断することが正しい情報を得るポイントになります。

知人の感想や実際に働く人の話を尊重しながら、プラスアルファの情報として口コミの情報を利用することも転職を後悔しないためには必要になってきます。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
正社員で働きたい方
  • 正社員、契約社員求人多数
  • 転職すると最大10万円の祝い金がもらえる
  • 運営会社の株式会社リブセンスは東証一部上場企業で安心
  • 独自AIによる最適なマッチングによりスムーズに転職活動ができる

介護職の転職を成功させるポイント

介護職で転職成功する人

転職がなかなか決まらずに後悔しないために気を付けておきたいポイントを、詳しく見ていきましょう。

これらは、転職を成功させるために必ずしておく必要がある大事なことになります。

◆自分が求める条件を明確にしておく
自分が仕事に対して何を重視しているのかといった、就職・転職の軸を定めることも、働きやすい職場を見つける重要なポイントになります。

仕事に求める条件が曖昧だと転職活動の軸がぶれてしまい、職場選びを失敗してしまう可能性があります。

求人を探し始める前に、まず自分が介護の仕事に求める条件を明確にしておきましょう。
条件が複数あって絞り切れない場合は、条件に優先順位を付けていきます。

優先順位をつけることで、候補になる施設を見つけても、迷うことが少なくなります。
優先度の高い条件を満たす職場が、あなたに合った職場である可能性が高くなります。

◆自己分析とキャリアを明らかにしておく
自分の適性に合った職場を探すためには、自分を知ることも大切になります。
そのため、自己分析とキャリア棚卸しが必要です。

学生時代や前職の経験を振り返り、自分自身の長所や短所を探っていくことです。

自分の特徴を把握することで、「強みを活かせるのはどんな職場か」「将来どんな風になりたいか」を考えるきっかけになり、目指す方向性や転職すべき職場が明らかになります。

◆複数の転職先を比較しておく
希望の職場が決まった場合も、一つの職場だけを見るのではなく、複数の職場を比較することをおすすめします。

収入や年間休日、手当などの待遇面を比較することで、働きやすさをある程度判断することができます。

また、職場の理念や経営者の考え方もチェックしておくと良いでしょう。

同じサービスを提供しているように見えても、企業によってそれらは千差万別です。
仕事のやりがいや働きやすさにも関わってくる重要なポイントと言えます。

転職活動では、「目的の仕事に就くこと」を最終的なゴールにするのではなく、「自分に合った職場を選ぶこと」を意識することで、失敗を格段に減らすことができます。

◆資格を取り自分の価値を上げておく
転職する前に、資格を取るなど自分のスキルを磨いておくのも一つの手段となります。
この方法は時間と労力はかかりますが、収入や役職など、有利な転職を導いてくれるでしょう。

現職での評価を上げることもできます。
介護施設では資格取得支援制度を導入している施設が多いため、働きながら資格取得を目指すことが可能です。

資格を取ることで、あなたが選択できる職場の数も多くなっていきます。
自分の働き方の希望を通すことにもなりますので、取得しておいて損のない資格も数多くあります。

あなたの目指す方向性に合った資格を探し、取得するようにしましょう。
仮に一度転職に失敗してしまったとしても、次の転職先を探しやすいメリットもあります。

▼合わせて読みたい!
40代介護職の年収を徹底調査。年収アップの方法とは?
40代から介護業界へ転職!転職前に知っておきたい基礎知識を公開
40代男女にこそ介護転職がおすすめ!求人の魅力、将来性を知ろう
解説!40代が試験を突破し、国家資格・介護福祉士を取得するには

まとめ

40代介護職転職まとめ

いかがでしょうか。
今回は、40代の介護職員のあなたが後悔しないための転職の方法をご紹介しました。

まずは人間関係や待遇、人手不足のための業務や夜勤などの負担といった現在の職場環境を改めて振り返ってみましょう。

感情的にならず客観的に判断するために、書き出してみてもいいでしょう。

それと、あなたの希望する条件や待遇と比較してみてください。
どれくらい希望に合う職場か、もしくは全く希望が叶っていないかが明確になります。

あまりにも希望に合っていなければ、転職を決意するタイミングかもしれません。

また、労働基準法違反や違法な医療行為、パワハラ・セクハラ・いじめなどがあった場合は、会社側に改善を求めましょう。

話し合いや環境の改善が見られない場合は、早期に転職活動を進めていきましょう。
あなたのキャリアで無駄な時間を過ごさないためにも、決断は早いに越したことはありません。

実際に転職を決意したら、事前に転職先の情報を入手し、転職してからの後悔を最小限にすることを心がけてください。

幸い今はさまざまな情報サイトやSNSが存在します。
知人・友人や、そこに働く人の口コミサイト、SNSを上手く活用していきましょう。

転職を成功させるためのポイントとしては、自分自身を見直すことが必要です。
自己分析とこれまでのキャリアを見直し、自分が転職に求める条件を洗い出します。

この過程で自分自身に物足りなさを感じた場合は、資格を取得することも転職を有利に進めてくれます。

そして、転職先の候補は1つではなく、複数用意しておくことをおすすめします。

「自分に合った職場を選ぶこと」を意識して、後悔のない転職をしてください。
あなたの転職成功を心から応援しています。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new