フロントエンドエンジニアがキャリアアップ転職を成功させる方法

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

フロントエンドエンジニアがキャリアアップのための転職をしようと思った場合、平均的な年収や磨いておくべきスキル、今後「フロントエンドエンジニア」の需要がどの程度あるのかなど、広い視野を持つ必要があります。

本記事では、フロントエンドエンジニアのキャリアアップ転職を成功させるために必要な情報をご紹介します。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • 未経験でも安心の大手派遣会社
  • 特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • 正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • 半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

フロントエンドエンジニアの平均年収

フロントエンドエンジニア 転職の画像

「キャリアアップ」という言葉にはいろいろな解釈がありますが、一般的には「現在よりも専門的なスキルを身につけることで、自身の経歴(キャリア)を高めること」を指します。

一方で、キャリアアップを目指して転職をする場合、一番に考えるのは「年収を上げたい」ということではないでしょうか。

まずはフロントエンドエンジニアの平均的な年収を知ることで、目指すべきラインを確認しましょう。

◆雇用形態ごとの平均年収
平均年収は、自身がどのような雇用形態で仕事をしているかによって異なります。

ここでは、正社員、派遣社員、アルバイト・パートに分けて解説します。

まず正社員の場合、平均年収は約584万円とされています。

これは日本の平均年収と比較しても高く、フロントエンドエンジニアという時点で他の職種と比べて年収は多いことがわかります。

派遣社員やアルバイト・パートであっても、平均時給はそれぞれ2,051円と1,100円となっており、こちらも平均と同じか、やや高めの水準だといえるでしょう。

年収のボリュームゾーンは528万円~602万円の間ですが、勤務している会社や経験値、どのようなスキルが求められているかによって大きな差があります。

とはいえ、ここで紹介した年収と大きな乖離がある場合、あまりに低いようであれば、転職によって平均年収程度までは上げられる可能性があるでしょう。

◆地域ごとの平均年収
都道府県によって最低賃金が異なることからも分かるように、地域によっても平均年収には差があります

最も高いのは関東地方で、特に東京都は600万円とかなり高めの数字となっています。

逆に最も低いのは北海道の401万円で、東京都と比べると約200万円もの差があります。

このように、自分が働いている地域によっても平均年収が変わってくるため、年収を上げるために平均値を知りたい場合は、会社のある都道府県の平均年収を把握しておく必要があるでしょう。

◆使用言語ごとの平均年収
エンジニアはプログラミング用の言語を使って業務を行うことが多いですが、どのような言語を使えるかによっても年収に違いが生まれます

そもそも、エンジニアにとってプログラミングは必須のスキルではないとはいえ、やはり使用頻度は高いものです。

プログラミングができるというだけで、全体比でプラス2%ほど年収がアップします。

また、当然難易度の高い言語を扱えれば、それは自分の価値を高めてくれることにつながります。

一般的な言語であるJavaの場合でも、こちらも年収は全体比で2%程度プラスになるようです。

▼詳しくはこちら
40代エンジニア職の年収とは?年収をアップすることはできる

フロントエンドエンジニアが磨いておきたいスキル

フロントエンドエンジニア 転職の画像

キャリアアップ転職を成功させるためには、今の状態よりもスキルを上げておくことが望ましいでしょう。

フロントエンドエンジニアとしての価値を上げるため、必要なスキルについて解説します

◆コーディングスキル(必須)
フロントエンドエンジニアは、Webデザイナーが作ったデザインを再現し、ブラウザに表示できる状態にすることが仕事です。

そのためには、プログラミングのスキルが欠かせません

特に使用頻度が高いのは、HTMLとCSS、JavaScriptという3つのフロントエンド開発言語のスキルでしょう。

これらはWebサイトを制作するのには必須の言語です。ただし、これらの言語をある程度使えるというだけでは十分とは言えません。

近年SEOを意識せずにサイトを制作することはほぼないでしょう。

SEOのための構造化データのマークアップができるようなスキルは、必ず求められるものです。

また、サイト内の文字サイズやバランスを決めるためのCSSは、膨大な量になることもままあります。

それらを整理してコーディングするスキル
も必要です。

さらにアニメーションを制作する際には、CSSとJavaScriptの切り分けスキルがいるでしょう。

◆JavaScriptスキル(必須)
数あるプログラミング言語のなかでも、JavaScriptは使われる頻度が高く、必須のスキルです。

フロントエンドエンジニアは、JavaScriptを使用して双方向の表現ができるWebサイトを構築します。

またReact.js、Angular JSという特徴の異なる2つのフレームワークが使えれば、よりJavaScriptフレームワーク制作時の選択肢を広げることができます

他にも、jQueryといったライブラリが使用できるようであれば、使う頻度の高い複数のプログラムをまとめておくことができるようになります

覚えるのは大変だと感じるかもしれませんが、初心者でも比較的使いやすいものであること、さらにこれによってブラウザに互換性が生まれるため、都度ブラウザの違いを意識しなくてもよくなることは大きなメリットでしょう。

◆UI/UX設計スキル
UI(ユーザーインターフェース)とUX(ユーザーエクスペリエンス)は、Webサイトを設計するうえで意識する必要のある要素です。

ユーザーが目的を達成しやすく、楽しく利用しできるサイトになるような設計ができることは、フロントエンドエンジニアには欠かせないスキルです。

ただ見た目がデザイン性に富んでいるだけではなく、いかにユーザーが利用しやすいサイトにするかが重要です。

ユーザーの行動を理解したうえで、サイトやサービスを設計しましょう。

UI/UX設計のスキルを高めていくには、サイトを訪れたユーザーが何を求めているのかというゴールを明確に設定できる力、サイトを利用するユーザーになりきって必要な機能を考えられる力を磨いておくといった努力が必要です。

◆CMS構築スキル
CMSとは「コンテンツ・マネジメント・スキル」の略で、Webサイトのコンテンツを構成しているデザインやレイアウト、テキスト、画像といった情報をまとめて保存・管理するシステムです。

CMSがあれば、専門的な知識がなくてもWebページの追加や更新ができるようになることから、近年ではエンジニア側もCMSを使ったサイト制作を依頼される機会も多くなっています。

そのため、WordPressやMovable Typeといった人気の高いCMSを用いたWebサイト制作スキルが必要でしょう。

CMSのスキルを身につけるには、Webサイトや本などを使って独学で勉強する方法、スクールや研修、セミナーなどで学ぶ方法があります。

◆サーバーサイドのスキル
サーバーサイドとは、サーバー側(サイド)で動くプログラムのことを指す用語です。

サーバーサイド用のプログラミング言語というものがあり、主なものとしてPHPやPerlなどがこれに当てはまります

基本的にこの部分については、サーバーサイドエンジニアと呼ばれる専門の担当者がいることが多いですが、理解しておくことでスムーズに意思疎通を図ることができるでしょう。

またPHPはWebサイト制作でも活かすことができますので、取得しておいて損はありません

こちらも同じく、Webサイトや本、もしくはスクールやセミナーで学ぶことができるでしょう。

◆マネジメントスキル
キャリアアップを目指すのであれば、マネジメントスキルを高めておくことは必須だといえます。

経験を積むにつれて、チームリーダーとしてチームをまとめる役割を担う機会は多くなるでしょう。

例えば、チームメンバーのタスクの進み具合やフォローをするといった、個人に対する管理スキルはもちろんのこと、プロジェクト全体のスケジュールを管理するスキル、各工程におけるタスク管理スキルなど、多くの能力を求められることになります。

▼詳しくはこちら
システムエンジニアの転職にお役立ち!役立つ資格やサイトを解説

フロントエンドエンジニアの今後の需要

フロントエンドエンジニア 転職の画像

転職をする際には、その職種の需要を知っておくことが重要です。

将来的な需要まで把握しておくことで、対策を立てやすくなるからです。

ここでは短期的な見込みと、中・長期的に見た際の需要をご紹介します。

◆3年程度の短期的に見ると需要は高い
開発者、研究者、アナリスト等の国際的なチームである「Internet Live Stats」によれば、Webサイトの数は増加傾向にあるようです。

そのため、Webサイトやアプリケーションの開発を行うフロントエンドエンジニアの需要も増加していると考えられます。

また、JavaScriptは最も使用されているプログラミング言語として、7年連続で1位を取得しています。

それを踏まえると、JavaScriptやHTML、CSSなどを扱えるフロントエンドエンジニアは特に高い需要があると言えるでしょう。

これらのことから、少なくとも3年前後の短期的な視点では、将来性はあると判断できます。

◆5年以上の長期的に見ると需要は未知数
一方で、5年以上の中・長期的な視点で見た場合、需要は未知数になると考えられています。

少しずつ進んでいるAIや自動化技術の進歩により、段々とフロントエンドエンジニアへの需要が落ち着いてくる可能性があるためです。

実際に「FRONT-END.AI」というサービスが提供されており、このようなサービスの普及が進めば、仕事を行うのが人間ではなくAI、という未来も十分にありえます

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • 未経験でも安心の大手派遣会社
  • 特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • 正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • 半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

フロントエンドエンジニアのキャリア転職

フロントエンドエンジニア 転職の画像

今後の需要も鑑みたうえで、フロントエンドエンジニア一本で転職を行うか、プラスアルファの業務ができるようなスキルを身につけてから、別の職種への転職も視野に入れるか、という選択肢があります。

◆スペシャリストとしてキャリア転職
まずは、フロントエンドエンジニアとしてのスキルをさらに磨き、スペシャリストとしての転職を行う方法です。

そのためには、基本のプログラミング言語であるHTML、CSS、JavaScriptの習熟が必須となるでしょう。

特にJavaScriptに関しては、周辺技術まで貪欲に学習を進め、自分のものとすることが重要です。

これらのスキルを強化することで、フロントエンドエンジニアとしての価値を高め、キャリアアップを目指すことができます。

◆UI、UXエンジニアにキャリア転職
UI、UXエンジニアは、ユーザーが目的を達成しやすい、利用しやすいサイトを制作するためのデザイン部分を担当するエンジニアです。

目標の設定から始まり、要件定義、モデリング、レイアウトやナビゲーションデザイン、ビジュアルデザインまでを担当するのが一般的でしょう。

デザインを行うことから、PhotoshopやIllustratorの知識が必要なことに加え、Adobe XDやSketchなどのプロトタイピングツールも使用します。またアニメーションなどの動的なデザインに関わることも考えられます。

さらにサイトを制作後も、Google Analyticsを使ったユーザーの行動分析を行い、動線やデザインを変更するといった業務が発生します

◆Webデザイナーにキャリア転職
また、フロントエンドエンジニアからWebデザイナーへの転職も、キャリアパスのひとつとして挙げられます。

その場合、PhotoshopやIllustratorのようなグラフィックを操作するためのソフトを扱うスキルと、デザインに対する知識が必要になってくるでしょう。

クライアントの業種やニーズを踏まえたデザインを提案できるようになるためには、基本的なデザインの知識だけでなく、常にデザインに対する引き出しを増やしていくことが求められます

◆フルスタックエンジニアにキャリア転職
フルスタックエンジニアとは、Webサイト制作の工程すべてを任せられるような、広範な知識と技能を持ったエンジニアのことを指します。

PHPやRubyといったプログラミング言語を使いこなせるのはもちろんのこと、デザインに必要なPhotoshopやillustratorのようなグラフィックソフトも扱えなければいけませんし、サーバーサイドで動作するLinuxのようなOSに関するスキルも求められます。

さらにクラウドサービスを使ってサーバーを構築する、AWSやAzureといったクラウドサービスの知識も持っておく必要があるでしょう。

◆Webディレクターにキャリア転職
Webディレクターはプロジェクトの立案や提案、顧客との折衝、マネジメントといった業務を行うポジションです。

エンジニアやデザイナーといった、Webサイトの制作に関わる多くのメンバーを取りまとめて、プロジェクトを推進していくことになります。

そのためスケジュール管理やサイトの品質管理、メンバー管理といったマネジメントスキルが問われるでしょう。

最新のWeb開発の技術やデザインの動向がどのようになっているかという知識や、自身の考案したプロジェクトの内容についてのプレゼン力、交渉力も必要です。

そのため、どうしても人と多く関わる機会は多くなります。

人付き合いを苦痛に感じない人物に適正があるといえます。

まとめ

フロントエンドエンジニア 転職の画像

フロントエンドエンジニアがスキルアップ転職を行うためには、最初に平均年収を知り、現在の年収がそれに見合っているかを知る必要があります。

それを踏まえて転職を決意した場合は、磨いておきたいスキルを一通り身につけ、今後の需要を考えたうえでどの道に転職するかを考えるようにするべきです。

フロントエンドエンジニアとしての業務だけでなく、多くの知識や技能を取得することで、スキルアップ転職の成功を手助けしてくれるでしょう。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new
Ttl new