Webエンジニアが転職成功のためにやるべきこと

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>40代のITエンジニア&デザイナー必見!業界スペシャリストがあなたの転職を徹底サポートしてくれます。

「専門的な知識やスキルを活かして転職したい」実務経験を重ねてきた40代のあなたにオススメなのが、ITエンジニア・デザイナーに特化した転職支援サービス『レバテックキャリア』です。

技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心ですね。

キャリアアップを目指す方や業界のプロの転職サポートを受けたい方は、今すぐ登録を!

レバテックキャリア公式サイトで無料登録

Webエンジニアが転職を考える際は、転職活動を有利に進められるよう準備をする必要があります

ここでは転職前に身につけておくべきスキルや資格、効率的な転職活動をサポートしてくれる転職サービスをご紹介します。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • 未経験でも安心の大手派遣会社
  • 特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • 正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • 半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

Webエンジニアの転職を成功させるための準備

Webエンジニア 転職の画像

転職活動をする際には、転職を成功させるための準備が必要です。

転職先に提出する資料や、面接まで進んだ際の言動、応募先の企業の検討方法など、行うべき行動をまとめています。

◆実績が分かるポートフォリオを作る

履歴書・職務経歴書と同じくらい重要な資料が、ポートフォリオです。

ポートフォリオとは、自分の持つスキルや、どんな仕事ができるかなどをアピールする資料です。

Webエンジニアの場合、特に以下の内容を含めて作成するとよいでしょう。

・これまでに関わったプロジェクト

自分が関わってきたプロジェクトのうち、特に印象深いものや力を入れたものなど、アピールできるものを記載しましょう。

プロジェクトリーダーをしていた場合は、どう進捗管理や進行などの監督を行い、プロジェクトを遂行したのか、チームの一員だった場合は、どのようにプロジェクトに貢献したのかといった点がまとまっていると、自分の価値が伝わりやすくなります。

・これまでに作成したアプリやサービス

Webエンジニアは、Webブラウザを経由して利用するTwitterのようなサービス、ECサイト、ポータルサイトなどで使用されるアプリケーションを開発する仕事です。

このようなアプリ、サービスを作成した経験がある場合は、それを記載しましょう

コーディングで使用したスキル、デザインまで担当していれば使用したアプリ、サイトの動作処理やサーバーの処理システムの開発まで行った場合はどのミドルウェアを使えるのかという情報があると、アピールになります。

・使用言語の年数、実務での使用状況、内容

プログラミング言語は非常に数が多く、業務内容によって使用する言語や求められる練度は異なります。

使うことができる言語、業務でどの程度使っていたか、どのようなサービスやアプリを作成したかといった情報を記載しておくとよいでしょう。

・使用DBの年数、実務での使用状況、内容

多くの企業でDB(データベース)を活用する現代においては、データベースを扱えることは大きなプラスになります。

関わり方はさまざまですが、特に開発・設計、システムが動作するインフラの管理、稼働しているデータベースの運用などの経験がある場合は、それらをアピールできます。

・使用OSの年数、実務での使用状況、内容

OS(オペレーティングシステム)は、その種類によって開発できるシステムやアプリも変わってくるため、どのOSにどの程度の経験があるのかは重要な情報です。

主なOSはWindowsとMac OSで、それぞれ世界でも高いシェアを誇っていますが、他にもLinuxやChrome OSなどさまざまな種類があるため、使用できるならば記載しておくとよいでしょう。

ポートフォリオは、自分の強みをわかりやすく伝えるためのものです。

経験のある職務内容を淡々と記載する職務経歴書とは異なりますので、特に自信がある点について、作成したサービスやアプリの画面を切り貼りしたり、拡大して説明文を入れたりといった工夫をしましょう

◆面接で話すことを考える

面接で、転職先にどのような話をするかは非常に重要なポイントです。

特に以下のような内容は尋ねられる可能性も高く、しっかりと準備をしておくことが望ましいでしょう。

・ポジティブな転職の理由

転職理由として多いのは「現職に不満がある」ということです。

しかしそれをストレートに転職先に伝えるのは、よい手とは言えません。

「採用しても、不満があればすぐに辞めてしまうかもしれない」という印象を与える可能性があるためです。

転職の理由は「キャリアアップのため」「正当な評価を受けられる環境で仕事がしたい」など、ポジティブなものを用意していきましょう

・転職してやりたいこと

転職した先でどんな仕事をしたいのか、という希望は明確にしておくべきです。

行う仕事の大枠は決まっていますが、さらにこのようなことをやっていきたいという希望を伝えられれば、自発的に仕事をしてくれる人材だという印象を与えられます

自分がやりたいことを一方的に伝えるだけではなく、それが転職先のプラスにもなるような内容になるようにしておくと、より好印象でしょう。

・転職先に貢献できること

この会社で働きたい、という熱意を伝えるのは大切なことですが、転職の成功率を上げるにはそれに加えて「自分が会社にどのように貢献できるのか」を伝えることが重要です。

自分の希望を叶えたいという理由だけでは、場合によっては自分本位と捉えられてしまう場合があります。

会社にとって有用な人材であるということをアピールすることで、先方も一緒に仕事がしたいと感じてくれる可能性が上がるでしょう。

▼詳しくはこちら
40代が転職の面接前に読んでおくべき《事前準備のポイント》

◆応募先企業の情報を収集する

応募したいと思う企業を見つけたら、事前にその企業の情報をしっかり集めておきましょう。

特にチェックしておくべきなのは、まず仕事のレベルです。

前職と使用するOSやプログラミング言語が同じでも、求められているレベルによって仕事内容が大きく変わってきます

次に、会社の将来性も欠かせないポイントです。

今は好調であっても、事業内容や会社の方向性によってはどう変化するかわかりません。情報収集し、将来性をチェックしておく方が賢明です。

また、会社のカルチャーは、自分が長く働けるかという視点で見ておくべき項目です。

カルチャーとは「会社が意識的、もしくは無意識にでも共有している価値観やルール」といったイメージです。

これが合わないと、仕事自体は合っていたとしても、なんとなく居心地の悪さや違和感を覚える可能性があります。

長く働くという観点では、会社の平均年収も確認しておくべきでしょう。

転職したては年収が低いことも考えられますが、重要なのはその後に上がっていく制度が整っているかです。

平均年収が低いと、成果を上げても見合っていると感じられるだけの報酬が得られないケースも考えられます

最後に、ワークライフバランスがどの程度整っているかもチェックしておくべきです。

仕事内容が自分に合っていて、納得のいく年収だとしても、毎日終電近くまで残業があったり、休日出勤を余儀なくされるような会社では、私生活とのバランスが取れず、場合によっては体調やメンタルを崩してしまいます

Webエンジニアの転職が成功しやすくなる資格を取る

Webエンジニア 転職の画像

転職をサポートしてくれるもののひとつが、エンジニア関連の資格です。

資格は数多くありますが、特に転職に有利に働いてくれるものについて解説します。

◆ITパスポート試験

通称「iパス」と呼ばれる資格です。

IT系の資格のなかではメジャーなもののひとつで、経済産業省が認めている資格ということもあり、受験者が多いのが特徴です。

「情報処理の促進に関する法律」にもとづく国家試験ですから、必ずしもIT系に勤めることが決まっていなくても、さまざまな業種に応用できるでしょう。

◆基本情報技術者試験

情報処理技術者試験の一区分である国家試験で、最も基本的な資格です。

エンジニアとしてのキャリアを築くための第一歩になる、必要な基礎知識やスキルを問うものと言われています。

プログラミングをはじめとした、エンジニアとしての知識も問われるため、ITパスポート試験と比べると難易度は高く、IT業界にいてもしっかり勉強していないと合格することは難しいでしょう。

◆HTML5プロフェッショナル認定資格

民間の資格で、HTMLの技術を適切に扱えるかを審査するものです。

試験はレベル1とレベル2に分かれており、レベル1ではWebコンテンツを制作する際に必要な基礎的な力が、レベル2ではWebアプリケーションや動的コンテンツの開発・設計の力が求められます。

どちらも専門性の高い内容となっており、特にWebコンテンツの開発に携わることを考えている場合には実力を示すのにおすすめの資格です。

◆PHP技術者認定試験

今や必須とも言えるプログラミング言語、PHPのスキルを認定するための資格です。

PHPを使える人は数多くいますが、客観的に自分の技術力をアピールしたい場合には非常に有効だといえます。

技術力を評価する資格であるため、実務経験が少ないエンジニアであっても、この資格があれば転職に有利に働く可能性があります

そもそもPHPは初心者にも学びやすい言語ですから、勉強して取得するのもよいでしょう。

◆ORACLE MASTER

ORACLE MASTER(オラクルマスター)は、世界でも高いシェアを誇る「Oracle Database」というデータベースの管理スキルを証明するための民間資格です。

4つのグレードに分かれており、最も初心者向けとされる「ブロンズ」でもかなりしっかりと勉強する必要があります。

ゴールド、プラチナは世界で通用する資格ですが、オラクル社が行うコースの受講をしなければ取得は難しいとも言われています。

基礎的な知識を問うブロンズからの受験をおすすめします

◆Java(TM)プログラミング能力認定試験

JavaはOSを選ばないプログラミング言語であり、学んでおけばエンジニアとしてのキャリアの幅が広がるとされています。

そのJavaプログラムに必要な知識やスキルを証明する試験です。

試験は1級から3級まであり、2級・3級ではプログラミングの知識とスキルを筆記試験で試され、1級ではパソコンを使用した実技試験が行われます。

級を選んで受験できるため、初心者から上級者まで幅広く活用できる資格です

◆Ruby技術者認定試験

プログラミング言語のRubyを扱う技能を問う資格です。

現在は「Silver」「Gold」の2つのレベルに分かれており、基本的な技術について問われるのがSilver、より深い知識に加えてRubyの標準ライブラリやアプリケーション設計の知識を問われるのがGoldです。

Ruby関係の資格としては最も基本となるものですから、Rubyを扱うエンジニアであれば取得しておくことをおすすめします

▼詳しくはこちら
転職が厳選!本当の意味で40代転職に有利な資格12選

Webエンジニアの転職が成功しやすくなるスキルを身につける

Webエンジニア 転職の画像

転職を成功させるために必要なのは、資格だけではありません。

Webエンジニアとして磨いておくべきスキルについて説明します。

◆コミュニケーション能力

エンジニアは基本的にはチームを組み、メンバーと協力しながらプロジェクトを進めていきます。

そのため、周囲の人と円滑なコミュニケーションが取れることは重要なスキルのひとつです。

また、エンジニアに依頼をしてくるクライアントは、エンジニアの行う業務について詳細な知識を持っていません。

専門的な知識を持たない相手からも、要望を的確に聞き取り、要件を定義していく必要があるため、コミュニケーション能力は重要です。

◆論理的思考力

クライアントからの要望に対して、効率を追及しつつ質の高いものを提供するには、論理的思考力が欠かせません

システムやアプリケーションを開発する際に、必須のスキルと言っていいでしょう。

また、開発や保守・運用を行っていくうえで、トラブルの発生は不可避です。

急な事態に対応するときにも、問題解決能力が必要です。

これも、物事を筋道立てて考え、原因と対処法を考えるという論理的思考力に裏打ちされたスキルです。

◆プログラミング言語

エンジニアの業務にプログラミングは必須ではありませんが、多くの仕事でコーディングに関わることは事実です。

そのため、プログラミングのスキルを磨いておくに越したことはないでしょう。

自分が担当する業務内容がある程度わかっている場合、例えばフロントエンドであればHTMLやCSS、バックエンドであればPHPやJavaといったように、特に必要だと考えられる言語は扱えるようにしておくのがおすすめです。

◆サーバーOSの基礎知識

エンジニアは、Windows、Mac OSといったOS上でプログラムを使用します。

そのため、サーバーOSの知識は必須といえるでしょう。

コーディングを行う際にも、サーバーOSの機能を使うことがあります。

よって、それぞれのサーバーの特徴や機能は一通り把握しておく必要があります

◆データベースの基礎知識

Webアプリケーションを開発する場合、データベースの理解が求められます

データベースを操作するにはSQL言語という言語を使う必要があるため、その知識も持っておかなければなりません

さらに、昨今データベースはクラウド上で管理する傾向があるため、クラウドを管理・使用するためのスキルも身につけておくとよいでしょう。

◆セキュリティの基礎知識

近年、セキュリティに対する意識は非常に高まっています。

Webアプリケーションは、高度な機密情報や個人情報が保管されることも多いでしょう。

そのためサーバー攻撃にも耐えられるような、セキュリティ性の高いシステムを構築できる知識が必要です。

常に最新の情報と、それに伴うスキルを持っておくようにしましょう。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • 未経験でも安心の大手派遣会社
  • 特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • 正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • 半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

Webエンジニアの転職におすすめの転職サービス

Webエンジニア 転職の画像

転職を成功させるためには、個人での活動よりも転職サービスを利用することをおすすめします。

サービスによっては、優秀なエージェントがあなたの活動をしっかりとサポートしてくれるでしょう。

レバテックキャリア

レバテックキャリアはITエンジニア・デザイナーに特化した転職サービスです。

企業によって異なる選考基準にも対応した、プロのアドバイザーからアドバイスをもらえます。

エンジニアに特化して15年になるレバテックキャリアならではの豊富なノウハウは、大きな支えになるでしょう。

ワークポート

ITやWeb業界未経験者でも手厚くサポートしてくれるのが、ワークポートです。

オンラインで履歴書や職務経歴書といった書類を作成できるツールも用意されており、初めての転職でも利用しやすいといえます。

PHPやJavaなどを学べるスクールも開かれていますので、スキルアップしてから転職したいという方にもおすすめです。

DYM IT転職

大企業からベンチャーまで、幅広い求人から自分に合った会社を選びたいと考えている場合、DYM IT転職を利用してみましょう。

サービスを提供している株式会社DYMが手広く事業を行っている関係で、他の転職サイトにはないような求人とも出会えるという特徴があります。

経験者・未経験者を分けたうえで、それぞれに適切な転職サポートをしてくれますので、自分のスキルにあった活動を行えるのも大きなメリットです。

Geekly

Geeklyは、IT、Web業界、ゲーム業界に強みを持つ転職サービスです。

社内で分野別に専門のチームが組まれており、深い知識を持ったキャリアカウンセラーからアドバイスを受けることができるでしょう。

今注目の企業から、堅実に成果を上げている企業まで、マッチング度の高い会社を選んで転職にチャレンジすることができます

Tech Clips

ゲーム業界で転職を考えているなら、Tech Clipsの利用がおすすめです。

ゲーム業界に特化した転職サイトであり、業界最多の求人数と、豊富な知識と経験をもつコンサルタントがサポートしてくれます。

特に高年収・高待遇の求人が多く、キャリアアップを目指している方にとってはぴったりのサービスといえるでしょう。

マイナビIT AGENT

大手の転職サイトであるマイナビが、特にIT・Webエンジニア向けに支援を行っているのがマイナビITエージェントです。

キャリアアドバイザーが応募書類の添削、面接日程の調整なども代行してくれるため、忙しいなかでの活動もしっかりと行えます。

自分ではしづらい年収の交渉や、入社日の日程の相談のバックアップもあり、手厚いサポートを受けることができます

from40

年齢がネックになっており、転職に一歩踏み出せないという方にぴったりなのが、from40です。

40代・50代の方に特化した転職サービスでありながら、公開求人が約11万件、非公開求人も約15万件という豊富な求人数を誇ります。

経験豊かなキャリアアドバイザーが、転職者の希望やスキルを踏まえてマッチングする求人をピックアップしてくれるでしょう。

まとめ

Webエンジニア 転職の画像

Webエンジニアとして転職を成功させるには、しっかりとした準備を行い、転職に有利になる資格やスキルを身につけておく必要があります。

そのためには、自分が今持っている技能を正しく把握したうえで、足りないものは積極的に補っていく姿勢が大切です。

実際に転職活動をはじめる際には、業界に強みを持つ専門性の高い転職サービスを利用するのがおすすめです。

スムーズな転職のために、これらを意識して活動を進めていくとよいでしょう。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事