クラウドエンジニアへの転職を成功させる方法

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

あなたがクラウドエンジニアの職に就いていて転職を考えている場合、業界の転職事情や、持っておくと有利になるスキル・資格を知っておくと活動をスムーズに進めることができるでしょう。

また、転職サービスを利用するのもひとつの手です。

今回はクラウドエンジニアが転職する際に持っておきたいスキルや資格や、おすすめの転職サービスをご紹介します。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
正社員で働きたい方
  • 正社員、契約社員求人多数
  • 転職すると最大10万円の祝い金がもらえる
  • 運営会社の株式会社リブセンスは東証一部上場企業で安心
  • 独自AIによる最適なマッチングによりスムーズに転職活動ができる

クラウドエンジニアの転職市場の状況を知る

クラウドエンジニア 転職の画像

クラウドエンジニアが転職を考える場合、市場を知る必要があります。

現在どのくらい人気があるのか、需要が今後どうなっていきそうかをチェックしましょう。

◆クラウドエンジニアは人気の職業
現在は企業だけでなく、個人でもクラウドサービスの利用頻度が高まっており、クラウドエンジニア自体の需要も伸びています

クラウドサービスが人気を集める理由として、利用者がサーバーを所要することなく、必要な機能を必要な容量だけ利用できる手軽さが挙げられるでしょう。

管理者の視点では、システムの構築が簡単かつ早くできるのが大きな魅力です。

専用のハードウェアを用意する必要がないため、機器が故障する不安もなく、メンテナンスが簡単なことも理由のひとつです。

クラウドサービスへの需要が高まるのに比例して、クラウドエンジニアへの需要も高まっています

エンジニア職のなかでも、平均年収が578万円と高めであることも、求職者からの人気を集める要因です。

◆今後のクラウドエンジニアの需要
クラウドサービスは、多くの業種で使われはじめています。

現在は在宅ワークも増えており、今後もその傾向が続く可能性が高いことを踏まえると、さらに需要は高まっていくでしょう。

よって、クラウドエンジニアも今後ますます必要とされる職業だと考えられます。

クラウドエンジニアの転職に必要なスキルを磨く

クラウドエンジニア 転職の画像

クラウドエンジニアが転職を考えた場合、磨いておくべきスキルが複数あります。

ここでは、代表的なものを挙げていきます。

◆サーバー管理のスキル
エンジニアがサーバーを操作する際は、サーバーOSを使用します。

最も基本的なものとしてOSに関するスキルは必須でしょう。

サーバーOSは大きく2つに分けてWindows系とUNIX系があり、そのなかでいくつかの種類に分かれています。

すべてを網羅する必要はありませんが、転職を希望する先で利用するOSがわかっている場合、その専門性を上げておくことは必要です。

セキュリティに対する認識が高まっている現代において、サーバーのセキュリティマネジメントやセキュリティソフトに関する知識は欠かせません

サーバーには企業の内部情報が保管されているだけでなく、顧客情報を管理しているケースも考えられます。

流失するようなことがあれば、企業にとって大きな損害となるでしょう。

サーバーの運用・保守は、最初に任されることが多い仕事であるため、これらのスキルは必須といえるでしょう。

サーバーに負担がかからないよう、CPUの使用率やストレージの容量、メモリ状況を監視します。

簡単そうに見えて奥が深いのが運用・保守ですから、常に新しい知識をつけておく努力が必要です。

また、キャリアが上がっていくにつれ、設計の依頼を受けることも予想されます

持っていなければ転職できないものではありませんが、転職後もキャリアアップをしたいと考えている場合、サーバー設計のスキルも重要なポイントになります。

◆ネットワーク管理のスキル
・要件定義スキル

システム開発の第一歩として必要なのが「必要な要求をどうシステム化するか」という要件定義のスキルです。

単純に言われたとおりのものを作るだけに留まらず、具体的な細かい動きや、ユーザーが行いそうなエラーなどをイメージする必要があります。

プログラミング言語の知識や、実際のプログラミング経験が活かされるでしょう。

・ネットワーク設計

次に、要件定義の具体的な内容を決める、ネットワーク設計のスキルが必要です。

依頼者と打ち合わせをしながら、必要な機器や設定を決めていきます。

他にも設計のスケジュールや、完成したものをテストする計画なども、このタイミングで決定します。

経験や知識が必要とされるため、転職には有利に働くスキルです。

・ネットワーク構築

設計が終わると、ネットワーク構築を行います。

設計からハードウェア・ソフトウェアの準備・設定を行い、テストを行って実際に運用できる状態まで持っていくため、これらを網羅できるスキルがいるでしょう。

テストではただネットワークが正常に働くことを確認するだけでなく、サーバーへ負荷がかかりすぎていないか、大きな遅延がないかなどにも目を配る必要があります。

・ネットワーク運用

依頼を受けて設計・構築したネットワークシステムは、依頼者の企業に運用を任せることもありますが、規模によってはそのままエンジニアが運用するケースも珍しくありません

その際にはネットワーク運用のスキルが必要になるでしょう。

運用しているうちに設定の変更が必要になれば対応したり、ネットワークの利用状況の分析と、それに伴う改善の提案をしたりします。

これには運用管理ソフトを運用するための知識も求められます

・ネットワーク保守

運用を行うなかで、ハードウェアもしくはソフトウェアに障害が発生した場合、解消するためにメンテナンスを行います。

その際に必要なのがネットワーク保守のスキルです。

ただ障害を解消するだけでなく、なぜ障害が起きたのか、改善するためにはどうすべきかなどを報告することもあるでしょう。

保守は運用とセットになることの多い仕事です。

・コミュニケーション能力

依頼を受けてネットワークの設計や運用を行う場合、コミュニケーション能力も必須です。

要件定義をする際のヒアリングや、その後どんな機器や設定が必要かというプレゼンだけでなく、運用・保守を行う場合は依頼者と良好な関係を築くことが求められるからです。

これらを円滑に行うため、可能な限りコミュニケーションスキルを身につけておきましょう。

・文章作成能力

依頼者に要件定義の内容を伝えたり、運用が始まってから状況報告や改善案を出したりするには、文章作成のスキルも必要です。

直接話すコミュニケーションスキルとは別に、わかりやすい文章を書けることは重要になってくるでしょう。

論理的に相手に物事を伝えるには、ロジカルライティングができるとよいとされています。

・プロジェクトマネジメント

エンジニアとしてキャリアアップを目指すのであれば、プロジェクトマネジメントのスキルがあることが望ましいでしょう。

プロジェクトの進行管理、ネットワークの品質やコスト、スケジュールのチェックなどを行うだけでなく、依頼者へ運用状況の報告をしたり、時には協力を要請するといったことを行います。

プロジェクト全体に対して責任を持つ立場になるため、実際に作業をするというよりは、実務を担うエンジニアを統括する立場です。

◆ミドルウェアを使えるスキル
ミドルウェアはシステムソフトウェアの一種で、アプリケーションの正常な動作に必要な、ITインフラの構築において欠かせない要素のひとつです。

エンジニアとして仕事をするなかで、データベース管理サーバーをはじめ、さまざまなミドルウェアを使うことになるでしょう。

ミドルウェアは、分散処理をはじめとした特定の動作や業務に必要なものです。

これを使って設計したシステムを作り上げていくため、ミドルウェアやそれに準ずるツールのスキルを持っておくことで、転職の成功率が上がる可能性があります

◆プログラミングのスキル
エンジニア=プログラミングのスキルは必須、というイメージがありますが、実はマストというわけではありません。

サーバーの設計や構築、運用を行う場合、プログラミングの知識がなくても十分に仕事をすることができます。

しかし、現在クラウドサービスで利用できるプログラミングの部品は非常に多くなっています。

サーバーを構築する際に専用のプログラムを使う場面もあるため、プログラミングスキルを持っている方が、転職に有利になるケースもあるでしょう。

▼詳しくはこちら
転職検討中の40代エンジニアが、成功のために知っておくべきこと



クラウドエンジニアの転職が有利になる資格を取る

クラウドエンジニア 転職の画像

クラウドエンジニアとしてさらに転職の成功率を上げるために、いくつか資格を持っておくことは非常に有効です。

ここでは、特に保有しておくとよい資格を3つ解説します。

◆資格1:AWS認定ソリューションアーキテクト
AWSとはAmazon Web Servicesの略で、Amazonから提供されているクラウドサービスであり、その認定資格がAWS認定ソリューションアーキテクトです。

AWSはクラウドサービスのなかで最も高いシェアを誇っており、認定資格を持っていることは大きなアピールになるでしょう。

AWS認定資格は、技術スキルとクラウドの専門的な知識を問うもので、レベルに合わせて「ベーシック」「アソシエイト」「プロフェッショナル」の3段階に分かれ、さらに専門とする内容別になっています。

資格の取得はどのレベルからでもチャレンジできますが、下から順に受けていくのが一般的でしょう。

「ベーシック」は1万1,000円(税別)、「アソシエイト」は1万5,000円(税別)、「プロフェッショナル」は3万円(税別)で受験することができます。

◆資格2:Microsoft Azure Administrator
Microsoftが提供する「Microsoft Azure」というクラウドサービスの管理者としてのスキルを証明する資格です。

マイクロソフト認定プロフェッショナル認定資格のなかでも、最も難しいとされています。

しかしMicrosoft Azureは昨今急速にシェアを伸ばしており、大きな注目を集めています。

この資格を取得しておくことは、転職において有利に働くでしょう。

この認定資格も初級、中級、上級とレベル別になっており、さらに開発者、AIエンジニア、データエンジニアと職種別に内容が細かく分かれています。

どのレベルのどの職種向けの試験を受けるかによって受験料は異なりますが、1万2500円~2万1,000円程度が目安です。

◆資格3:Google Cloud Certified Professional Cloud Architect
この資格は、Google Cloudの技術を活用するために必要な知識やスキルを問うものです。

こちらも分野ごとにいくつかの資格試験に分かれており、取得することでその分野の専門知識があることを証明できます。

2019年度の「最も稼げる認定資格」ともいわれていたことからもわかるように、エンジニアとしての実力を示すためには非常に有効な資格でしょう。

業界経験3年以上が受験の目安となっており、料金は200ドル(税別)です。

▼詳しくはこちら
システムエンジニアへの転職にお役立ち!役立つ資格やサイトを解説

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
正社員で働きたい方
  • 正社員、契約社員求人多数
  • 転職すると最大10万円の祝い金がもらえる
  • 運営会社の株式会社リブセンスは東証一部上場企業で安心
  • 独自AIによる最適なマッチングによりスムーズに転職活動ができる

クラウドエンジニアの転職におすすめの転職サービス

クラウドエンジニア 転職の画像

実際に転職を考える場合、支援してくれるサービスを利用することで、円滑に活動を進めることができるでしょう。

クラウドエンジニアにおすすめの転職サービスについてご紹介します。

レバテックキャリア
レバテックキャリアはエンジニアに特化した転職サービスで、所属するキャリアアドバイザーもプロとして豊富な知識と経験を有しています。

アドバイザーは実際に記載されている企業を訪れて現場の状況を見ているため、より精度の高い情報やリアルな現場の様子について知ることができるでしょう。

年収アップやキャリアアップに対して実績があるため、特にそれらを希望するエンジニアにとって心強い味方となってくれそうです。

まとめ

クラウドエンジニア 転職の画像

クラウドエンジニアとしての転職を成功させるには、業界の状況を把握したうえで、必要なスキルや資格を取得していくことが重要です。

特にIT業界は次々と新しいシステムやサービスが現れるため、常に情報をアップデートしておくようにしましょう。

実際に転職を行う際には、自分との親和性が高そうな転職サービスを利用することによって、よりスムーズに活動を進めることができます

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事