40代50代の仕事探しで「正社員」になるために知っておきたいコトとは!?

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

40代50代での正社員での仕事を希望しているものの、難しいと思ったことはありませんか?

転職が当たり前と言われている昨今でさえ、40歳を過ぎると再就職は難しくなります。

特に未経験の業界や職種にチャレンジする場合は、一段とハードルが上がるでしょう。

しかしまったく不可能というわけではありません。

今回は40代50代から正社員として仕事を探す時のアピールポイントや就職しやすい業界などをまとめて紹介します。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

「中高年は正社員にこだわるな」は本当?

正社員の求人を探す中高年

中高年の転職にあたって「正社員にこだわらず探しましょう」という言葉を耳にしたことはありませんか?

それだけ中高年で正社員への転職は厳しい現実があります。

ここでは正社員で探すメリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

◆正社員で探すメリット
【雇用が安定している】
雇用の安定は正社員が一番高いと言えます。

契約社員や派遣社員から正社員登用を目指す道もありますが、必ず正社員になれるわけではありません。

正社員の方が安定を得ることができます。

【福利厚生や各種社会保険に加入できる】
雇用の安定とともに、福利厚生や各種保険への加入ができます。

将来の年金受給のためにも、空白期間を置かずに加入できるのがベストと言えるでしょう。

◆正社員で探すデメリット
【転職活動に時間がかかる可能性が高い】
中高年の正社員の求人は多くはありません。

求人探しからハードルが上がるため、転職活動に時間がかかることは覚悟しておく必要があります。

【収入が低くなる可能性がある】
正社員としての求人が見つかっても、それまでより収入が低くなる可能性があります。

非正規雇用よりも収入面では低い場合もあるかもしれません。

時間がかかっても比較的安定している正社員を探すか、空白期間を空けずに非正規雇用や掛け持ちなどで仕事を探すのか、自分の希望に合わせて検討することをおすすめします。

正社員の仕事探しの方法

ここでは代表的な正社員の仕事の探し方を3つ紹介します。

◆ハローワークで探す
最もポピュラーな方法のひとつです。

求職者として登録していなくても、各ハローワーク事業所の端末やウェブサイトなどでも気軽に簡単に仕事が検索できます。

企業の資料は少ないですが、その企業が求めている仕事内容や給与、勤務時間などが一覧で閲覧することができ、探しやすいのも特徴です。

希望する仕事が見つかれば一般的にはハローワークから紹介状をもらい、応募書類の郵送や、面接となります。

「急募案件」となっているものは、面接日が明日や明後日を指定されることもあるため、準備はなるべくしっかりしておきたいところです。

◆紙媒体で探す
現在はインターネット上で無料の求人情報が手に入る時代ですが、紙媒体はメインターゲットが中高年に設定されている場合が多いため、チェックしておきたいところです。

ネットも紙媒体も、どちらも上手に活用することが正社員の仕事探しのコツです。

【主な紙媒体】
・新聞の折り込みチラシ
・新聞の求人欄
・求人情報のフリーペーパー など

◆転職サイトを活用する
転職サイトには【求人検索型】【エージェント型】【スカウト型】があります。

それぞれメリットやデメリットがあるため、しっかりと把握して活用するようにしましょう。

【求人検索型】
希望の職種や勤務地、給与などで求人情報を検索し、登録した履歴書や職務経歴書などで掲載されている企業へ応募することができます。

転職者専門のサイトや女性限定、医療系限定、技術者限定、中高年限定など、細分化も進んでいるため、自分に合う職種が探しやすいサイトと言えます。

【エージェント型】
担当のエージェントがつき、希望する職種や給与などを相談し、適した企業を紹介してくれるタイプのサイトです。

履歴書や職務経歴書など応募書類の添削や、面接の日程調整から同行など、フォロー体制も万全で、転職成功までサポートしてくれます。

サイトそれぞれにメリットやデメリットがあるので、自分に合ったエージェントを見つけましょう。

【スカウト型】
あらかじめ職務経歴などを登録しておけば、条件にマッチした企業からオファーが送られてきたり、エージェント経由でスカウトされたりするタイプのサイトです。

前述の求人検索型サイトの中にも、付加サービスとしてスカウト登録を選択可能にしているところもありますので、上手に利用しましょう。

正社員への道!自己PRのポイント

自己PRする人

正社員の求人が見つかったとしても、同様のスキルを持った30代の応募者がいたら、どうしても年齢がネックになってしまうかもしれません。

ここでは、年齢を逆にプラス材料にできる自己PRのポイントを見ておきましょう。

◆経験を生かして即戦力になれる
経験を生かして、転職後は即戦力になれることを伝えることが肝心です。

具体的な実績などを交えて、貢献度が高いことをアピールしましょう。

◆広い視野から新たなアプローチを提案できる
他社で働いてきた経験から、広い視野でのアプローチが提案できることをアピールするのも有効です。

それまでの企業にはなかった方法を提案することができれば、採用の可能性は高くなります。

◆人脈がある
今までに培ってきた人脈も大きな武器です。

20代や30代にはない貴重なスキルと言えます。

あわせて読みたい:
中高年の転職を一歩前へ!成功させるためにやっておくべき3つのこと

40代50代から正社員に転職するには厳しい現実を乗り越えていかなければいけません。

正社員か非正規か、自分に合うのがどちらか見極めて、転職活動を進めていってくださいね。

正社員を目指そう!【40代50代の未経験OKの業界】とは?

40代50代を雇用する企業からは、経験がある人を採用したいという希望が多いのですが、中には「未経験でもOK」といった求人を出している業界もあります。

《未経験OKの求人の多い業界例》
・介護業界
・設備管理/ビルメンテナンス業界
・アパレル業界
・飲食業界
・運輸/タクシー業界 など

それでは、ここからそれぞれの採用ポイントや就職後の展望をみていきましょう。

◆【介護業界の場合】採用ポイントや就職後の展望
【介護業界】
少子高齢化社会において、介護業界は人材不足が切実な問題であり、経験よりも『熱意』や『コミュニケ-ション能力』を重視する企業が多くなっています。

40代50代の採用も多い、これから注目の業界です。

◎働きながら資格取得が可能!
例:現場においてヘルパー2級を取得(※1)。さらに3年の実務を経て介護福祉士を取得。
(※1:近年は資格取得にかかる費用を負担する会社も増えているので、一度調べてみると良いでしょう。)

◆【設備管理/ビルメンテナンス業界の場合】採用ポイントや就職後の展望 
【設備管理/ビルメンテナンス業界】
・業務内容
ビルや施設等での点検や監視、設備管理、清掃や設備管理、建物設備の保全業務、警備業務 など

「技術職」が必要な場合もありますが、特に重要とされる事は
・コミュニケーション能力
・チームワーク
です。

会社によっては三交代制の勤務体系の場合もありますが、40代50代の採用数の多い業界です。

ハローワークの職業訓練で、
・危険物取扱者乙種第4類
・2級ボイラー技士
・第二種電気工事士
・第三種冷凍機械
などを取得できる
ので、先に資格を取得しても良いかもしれませんね。

◎入社後ステップアップ
例:建物総合管理会社で警備や清掃から仕事を開始。ボイラー技士または電気関係の資格取得。
(注)未経験であっても取得できる資格は取得してから仕事探しをする方が有利です。

◆【飲食/アパレル業界の場合】採用ポイントや就職後の展望 
【飲食/アパレル業界】
店長候補の40代50代向けの求人は少なくありません。

一般的に研修期間やトライアル期間が設けられ、セミナーや学習会へ参加し、マネジメントや仕事の知識を習得するという教育体制を持つ企業が多いため、未経験でもチャレンジしやすい業界です。

◆【運輸/タクシー業界の場合】採用ポイントや就職後の展望
【運輸/タクシー業界】
求人に年齢や経験の制限はほとんどありません。

運輸業界では体力が必要な場合が多いでしょう。

タクシー乗務員に必要な2種免許取得の費用を負担してくれる企業もあります。

教育期間のある企業も多いので、初心者でも安心ですね。

近年では、子どもやお年寄り、妊婦向けのサービスなど、女性ドライバーのニーズの高まりにより活躍中の女性が増えてきている業界です。

どの業界であっても、未経験の業界に挑戦する場合は『取り組む姿勢や努力、人柄』がとても大切です。

是非とも最大限のアピールをして正社員を目指してくださいね。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

転職成功へ!ミドル世代が気をつけるべき「注意点」

転職とは、これまで培ったキャリアを再スタートさせることです。

自分の強みや注意点を改めて理解することは、転職を成功させるための大切なポイントになります。

以下に、ミドル世代の転職活動で意識してほしい「注意点」を2つ紹介します。

◆多少の収入減、変化を受け入れる
・例え正社員であっても、多少の収入減は覚悟する
・同じ職種でもイチからのスタートだということを理解し、給料や環境の変化も受け入れる

◆謙虚な心と姿勢を示す
・ミドルの転職は、上司が年下であることも多い
・年齢関係なく、転職先では自分が「新人」であることを忘れない
向上心を持って仕事に取り組む決意を持っておく

ミドル世代が持つ知識や経験は、企業にとって価値があるものです。

あわせて読みたい:
40代50代が正社員になるために、知っておきたいコト!今さら聞けない『派遣社員』と『紹介予定派遣』の違い
40代転職で知っておきたい契約社員と正社員はどこが違うの?
中高年の転職を成功へ導くカギ!正社員の仕事探しの方法とコツ
医療事務はミドルも活躍!正社員・派遣・パート・バイトの働き方

培ってきた力を十分にアピールできれば、正社員はもちろん、管理職での転職も可能です。

今回ご紹介した記事を参考に、今後の活躍につなげてください。

まとめ

40代50代から未経験の職種で転職を目指す場合は、経験を積んでから正社員登用を目指すなど、方法はさまざまあります。

これまでの経験を活かして、正社員として新しい仕事にチャレンジすることも可能になるでしょう。

特に毎年新卒採用をしていない中小企業やベンチャー企業などでは、業界や職種は違っても、それまでの豊富な実務経験や人脈などを求める企業も多いからです。

転職は大きな変化を伴いますが、新しい活躍の場を求めるあなたを応援しています。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new