営業職でハイクラス転職を成功させる方法

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

営業職はさまざまな業界で不可欠な職業であり、どの業界でも共通して結果主義の世界であるといえます。

それだけに営業の成績が良ければ、しっかりと評価される職種でもあるのです。

ある程度のスキルに自信がつき、今の職場でこれ以上の評価が得られないなら、ハイクラス転職を考えてみるのがおすすめです。

この記事では、営業職のハイクラス転職を成功させるテクニックを紹介します。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

営業職のハイクラス転職とは


ハイクラス 営業 転職の画像

そもそもハイクラス転職とは、どういった転職なのでしょうか。

まずはハイクラス転職の定義について解説します。

◆ハイクラス転職の定義とは
ハイクラスという言葉には明確な定義は存在しません。

しかし一般的には「経営者目線で仕事を行える人材」「高度なスキルを持った人材」「年収800万円以上の人材」をハイクラス人材と呼び、ハイクラス人材へ転職またはハイクラス人材が転職することをハイクラス転職と呼びます。

たとえば経営者でなくても同等の目線で物事を捉え、価値を発揮できる人はハイクラス人材と呼ぶでしょう。

また経営に携わっていなくても、なかなか真似できない高度なスキルを持った研究者もハイクラス人材に分類されるのです。

このようなハイクラス人材に当てはまる人は、年収800万円を超えている場合が多い傾向です。

ただし年収800万円に届かないハイクラス求人は多数あるため、年収だけでは判断できません。

詳しくはこちら:40代でハイクラス転職を成功させるテクニックとは

◆エグゼクティブとハイクラスは何が違う?
エグゼクティブ求人は、ハイクラス転職と同様に明確な定義は存在していません。

エグゼクティブ(executive)は「(管理・経営などで)実行する、実行力のある」という意味を持ち、その派生から「役員、管理職、経営者」という意味を併せ持っています。

そのためエグゼクティブ求人は、経営者向けの求人を指すことが一般的です。

ハイクラス転職やエグゼクティブ求人はともに明確な基準はありませんが、どちらとも優秀な人材を確保したい求人に使われる言葉といえます。

営業職のハイクラス求人の特徴


ハイクラス 営業 転職の画像

ここからは、営業職のハイクラス求人の特徴について紹介します。

◆事業拡大を見据えた営業力の拡大
ハイクラス求人の多くは管理職で、一定の職歴やスキルは必須条件となっています。

そのため事業を拡大させたいときは、その分野の営業経験者を採用したり、スキルや経験以外にも人脈を持っている人を採用したりとさまざまなことを期待しています。

またハイクラス求人ではマネジメント力が必ず必要とされ、チームをまとめながら1人ひとりの力を発揮できる人材を求めています。

もちろんほかの従業員と良好なコミュニケーションを取ることは必須です。

しかし企業に属する以上、会社にどのような結果を残せるのかが重要となっているのです。

そのため今までどのぐらいのチームをまとめあげたかといったマネジメント力も期待されています。

詳しくはこちら:40代の営業職に迫る!求められる仕事や転職に有利なスキルは?

◆役員、経営層へのステップアップ
ハイクラス求人は営業から責任者、経営者まで幅広い求人が含まれています。

そのため経営者目線で活躍してくれる人材を確保したい場合や、次の世代をになってくれる人材を見つけたい場合にハイクラス求人が活用されます。

たとえば人数の少ないベンチャー企業へ転職した場合、スキルや経験が認められれば今後のキャリアアップで経営陣に加わることもあり得るでしょう。

その場合、営業職の知識だけではなく、管理部門や技術職、マネジメント力といった経営者と同じ視点に立てるスキルは必要になります。

つまり経営サイドから仕事に貢献にしてくれる優秀な人材を確保したい場合に、ハイクラス求人を出すことがあるのです。

◆新規事業の立ち上げ
ハイクラス求人の中には新規事業を立ち上げるにあたり、管理職クラスを採用したいと求人を出す場合があります。

たとえば新規事業に関する知識が社内にない場合、優秀な人材を外部から採用しようと計画するのです。

ほかにも新しい地域に進出する際、その地域を管理してくれる人材を確保しようとする場合もあるでしょう。

このように企業の中で何か新しいことが始まるときに、ハイクラス求人は出される場合があります。

営業職のハイクラス転職のメリットデメリット


ハイクラス 営業 転職の画像

ハイクラス求人には、メリットとデメリットが存在します。

そのため営業職のハイクラス求人には、どのようなメリットとデメリットがあるのかを理解してから挑戦しましょう。

◆ハイクラス転職のメリット
ハイクラス転職のメリットは、「収入アップやポジションアップ」「経営陣として活躍できる可能性」「ハイキャリアとしての実績」が挙げられます。

それぞれのメリットを詳しく確認しましょう。

・収入アップやポジションアップ
ハイクラス転職は管理職である場合が多いため、今までのスキルや経験を活かした転職先を見つけられれば、収入アップやポジションアップが期待できます。

またハイクラス転職に定義はありませんが、年収800万円を超えることが少なくありません。

もし今持っているスキルや経験が企業にとってほしいものであれば、さらに上の年収を目指せる場合もあるのです。

大幅な収入アップやポジションアップは、ハイクラス求人ならではのメリットとといえるでしょう。

・経営陣として活躍できる可能性
ハイクラス転職の中には、経営陣として活躍できる可能性がある求人も存在します。

特に成長段階であるベンチャー企業では少ない人数で運営している場合もあり、経営者と同じ視点に立って仕事を行うこともあるでしょう。

経営者の視点を間近で学び、考え方や価値観を身に付けることで、今後経営陣として活躍できるチャンスが広がり、収入アップも実現できます。

・ハイキャリアとしての実績
ハイクラス転職に成功すれば、企業の中でも優秀な人材が集まった中で仕事を行えたり、経営陣を近くで観察することでさまざまな知識を得たりと、ハイキャリアとしての実績を積むことができます。

ハイクラス転職する前には、考えもしなかった収入やポジションも見込めるようになる人もいるでしょう。

一度ハイクラス転職に成功すれば、今後のキャリアプランが大きく変わることもあります。

また転職後に実績を残した場合は、異なる業種に転職できる可能性も出てくるのです。

◆ハイクラス転職のデメリット
ハイクラス転職は、「転職までの敷居が高い」「予想していない条件を提示される可能性がある」「実績を残せない場合は失業の可能性がある」の3つがデメリットといえるでしょう。

それぞれのポイントを詳しく解説します。

・転職までの敷居が高い
ハイクラス求人は求められるスキルや経験が高いため、転職までの敷居が高いと感じる場合が少なくありません。

たとえば求人の条件に「日常会話レベルの英語力」と記されていた場合に、「ある程度英語や中国語を話せる」とアピールしても、あまり印象に残らないのです。

外資系企業のハイクラス求人の場合では、ビジネスレベルの英語力は必須ともいえます。

特に40代~50代よりも経験が浅い30代がハイクラス転職しようと思った場合は、スキルや経験が足りないこともあります。

そのためハイクラス転職をする際は、企業が何を求めているのか、どんなスキルや経験が必要なのかなどを事前に調べておき、スキルアップしておくのがよいでしょう。

・予想していない条件を提示される可能性がある
ハイクラス求人を出している企業の中には、海外に進出している企業も多くあり、年代を問わず海外勤務を命じられる場合があります。

そのためハイクラス転職をする際は海外へ進出している企業なのかも確認しておくと安心です。

また今の段階で海外へ進出していなくても、いずれ海外勤務の可能性があることを頭に置いておくとよいでしょう。

・実績を残せない場合は失業の可能性がある
ハイクラス求人を出す企業の多くは外資系企業で、終身雇用型の企業とは報酬システムが異なります。

終身雇用型の企業の場合、20代~30代である程度活躍していればポジションが用意されていることが一般的で、外部から新たにポジションを埋めようとはしません。

しかしハイクラス求人を出す企業の多くは、結果がともわなければ給料の削減や降格、最悪の場合には解雇まであり得る仕組みなのです。

ポジションもご褒美のように用意しておくのではなく、必要であれば外部から補充すればよいという考えなので、成果が出なければそれなりの結果が返ってきます。

そのため「今より年収が大幅にアップするから」と安易な考えで転職すると、実績が伴わなかった場合、のちのち大変な思いをするかもしれません。

年収が大幅にアップする、ということは、それだけのリスクがあるということにつながるからです。

つまりハイクラス転職には大きな責任と重圧があり、リスクも伴う転職であるともいえます。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

まとめ
ハイクラス 営業 転職の画像

ハイクラス転職という言葉は、転職サイトでもよく使用されますが、明確な定義はありません。

しかし経営者目線で物事を考えられる人材や優秀なスキルや経験を持っている人材、年収800万円を超える人材は、ハイクラスな人材と呼ばれることが一般的です。

そのため上記に該当にする転職先を見つけた場合に、ハイクラス転職と呼ばれることが多いでしょう。

ハイクラス転職にはメリットやデメリットがあるため、それぞれを理解したうえで転職活動を開始する必要があります。

収入やポジションだけに捕らわれずに、自分の希望に沿った転職先を見つけましょう。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new