ハイキャリアを目指す50代が転職を成功させるコツとは

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

50代にとっての仕事は、キャリアの集大成と言えます。
有終の美を飾るのにぴったりな職場で働きたいと思ったことはありませんか?

今回はハイキャリアでの転職を目指す50代向けに、転職を成功させるコツやおすすめの転職サービスをご紹介します。

最後まで目を通して、転職の参考にしてくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • 未経験でも安心の大手派遣会社
  • 特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • 正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • 半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

50代が目指したいハイキャリアとは

50代でキャリアを考える人

そもそもハイキャリアとは、どういう類のものか、概要から見ていきましょう。

◆ハイキャリアの定義とは
ハイキャリアに明確な定義はありません。

しかしハイキャリア求人に共通する特徴はいくつかあります。
まずはそこから詳しく見ていきましょう。

・高学歴
仕事で優秀な実績を残している人の多くは、高学歴です。
50代であれば高学歴で大手企業に就職した人も多いのではないでしょうか。

大手企業に就職して順調にキャリアを重ねてきた人は、すでにある程度の実績を持っている人もいるでしょう。

もちろん高学歴だからといって、誰でも仕事ができるとは限りません。
しかし大手企業や老舗企業では学歴にこだわる社風があり、ハイスペックな人材の一つの条件として高学歴を掲げる場合もあります。

・多くのスキルを持っている
ハイキャリアに求められる条件に、高いスキルを持っていることが挙げられます。
しかし50代という年代に求められるスキルは一つではありません。

専門性の高いスキルや知識はもちろん、マネジメントやコミュニケーション能力、プレゼン能力など多彩なスキルが必要です。

豊富な社会人経験を経て、それらを身につけている50代こそ、企業が高い年収を払ってでも欲しい人材と言えます。

・環境に左右されない実績
ハイキャリアと呼ばれる人の多くは、確かな実績を残しています。

例えば誰もが知っている大手企業なら、業務フローができていたり、人材が豊富だったり、会社としてのネームバリューから仕事の話がスムーズに進んだりします。

一方、中小企業やベンチャー企業では、人材も最小限、業務フローも明確でないため自分でやり方を考えたり、人に教えたりする必要があるかもしれません。

社外でも知られていない企業の場合は、一から関係性を作っていく必要があります。
実績を残す前に、仕事に取り掛かるまでの手間や労力が全く違ってきます。

しかし環境が整っていないからといって成果を出せない人は、転職しても成果を出すことはできません。

本当のハイキャリアは、どんな環境でも成果を出すことができる人材のことです。
だからこそ、どんな環境でどんな実績を残したのかが重要視されます。

・年齢に関係なく活躍できる
年功序列、終身雇用が当たり前だった時代は過ぎ去り、今は実力主義へのシフトする企業が増えています。

労働力不足も重なり、年齢に関係なく実力があれば重要なプロジェクトも任されることが多い時代です。

これまでにどんな活躍をしてきたのか、そしてこれから50代という年齢でどんな活躍ができるのかを明確にアピールすることがハイキャリア転職へのカギになります。

・高収入
高いスキルや実績を求めるハイキャリア求人だからこそ、企業も高い年収を用意して採用しようと考えています。

50代である程度のポジションを任せたいなら、年収800万円以上は設定されていると考えられます。

ただし、高収入のハイキャリア求人に応募するには、求職者も同等の年収をもらっていることが応募の目安になります。

今より収入をアップさせることもできますが、今以上の評価を得る必要があります。

◆50代でハイキャリアと言われる経歴
・年収の目安は800万円以上
ハイキャリアに特化した転職サイトを見ても、求人の特徴の一つとして年収が挙げられています。

その中でも50代のハイキャリアと言われる求人の多くは、年収800万円以上で設定されていることがほとんどです。

それだけの年収を払ってでもハイキャリアの求人を欲しがる企業が多いということがわかります。

・管理職やマネジメント経験
50代なら社内でもある程度、責任あるポジションを任されている人が多いのではないでしょうか。

管理職やマネジメント職の経験を持っている人材なら、ハイキャリア求人として採用される可能性が高いと言えます。

特に中小企業やベンチャー企業では新卒採用がない年もある企業が多く、企業の中核を担う人材が不足している場合があります。

そうした企業では、豊富な管理職経験も持つ50代を高待遇で採用したいと考える可能性があります。

・大手企業などでの勤務経験
誰もが知っているような大手企業や、業界屈指の企業での勤務経験を持つ50代は、社会人としての基礎から段階を経た成長をしてきているため、人材としての市場価値が高いと言えます。

その経験を活かして、別企業に転職することも可能です。

大企業ならではのやり方や充実の福利厚生などの制度、仕事の進め方などを転職先でもうまく活かすことができるでしょう。

・数値化できるような実績
即戦力としての活躍を期待されるため、転職では何よりも実績が重視されます。

どんな企業でどんなプロジェクトを動かしたのか、どれくらいの規模か、マネジメントした社員の人数など、具体的に説明できる実績が求められるでしょう。

さらに数値化できる実績であれば、わかりやすく伝えるためにデータとして職務経歴書などに記載しておくと良いでしょう。

50代だからこそ、高いスキルや実績が必要になりますが、それを効果的にアピールすることが転職成功へのカギになります。

50代からハイキャリアになる方法

ハイキャリア転職を目指す50代

これまでの仕事を通して、キャリアの最終形とも言える50代。
ハイキャリアになるための最後の一押しをするための方法を見ていきましょう。

◆市場価値(キャリア)を上げる
今以上のキャリアアップを目指すための方法をご紹介します。

・自己分析
今よりさらにキャリアアップを目指すなら、まずは自己分析からスタートしましょう。

50代という豊富な社会人経験を持つ人なら、なおさら自分を改めて見つめ直す機会が少ないのではないでしょうか。

これまでの経歴やスキルを見直すだけではなく、自分の長所や短所などを見極めておくことも必要です。

また50代であれば家族を持つ人も多いため、キャリアの面からはもちろん経済的な面でも待遇や勤務形態などの優先順位をつけておきましょう。

・キャリアプランを立てる
50代からの転職は、キャリアの集大成です。
これから先でできる仕事、築きたい最後のキャリアの計画をしっかり立てておきましょう。

将来の目標を持ち、常に前向きな人こそハイキャリア求人での価値が高くなります。

・スキルを磨く
成長意欲はキャリアアップに不可欠な要素です。
50代だからと言って学ぶことが何もない人はいません。

キャリアプランを立てたら、それに必要なスキルも明確になります。
自分に足りないスキルや知識があれば身につける努力も必要です。

また、さらに上位の資格取得を目指すなど常にスキルを磨きましょう。

・今の仕事で実績を築く
ハイキャリア転職では実績が採用の大きなポイントになります。
そのため、今の仕事でできるだけ実績を築いておくことも必要です。

ハイキャリアの転職は時間がかかります。
いい求人に出会うまでの間に、実績を積んでおくと転職を有利にすることができます。

◆キャリアになる企業へ転職する
今の会社では、これ以上キャリアアップが望めないと思ったら、キャリアアップの環境がある企業への転職を検討しましょう。

《キャリアアップしやすい企業の特徴》
・研修が充実
50代ともなれば仕事に必要なスキルはたくさん身につけているでしょう。
しかしさらにキャリアアップするためにも、磨くべきスキルはあります。

研修は新入社員や経験の浅い社員向けばかりではありません。
経験豊富なスペシャリストや管理職向けの研修もあります。

社内での研修が難しい場合は、社外で研修や講習を受けるなど、柔軟に対応してくれる企業を探しましょう。

・実力主義
年功序列で昇進していくのではなく、実力主義の企業であれば、今以上のキャリアアップを目指すことができます。

ハイキャリア転職で入社すれば、最初から管理職などある程度のポジションを用意されている可能性がありますが、成果が出なければ逆に降格することもあります。

もちろん実力が認められれば、さらなるキャリアアップも可能です。
厳しい環境だからこそ、充実して働くことができます。

《転職せずにキャリアアップも可能》
転職先を探していたものの、いい求人が見つからない場合は、今いる会社で頑張る選択肢もあります。

転職を見据えてスキルを磨いたり実績を築いたりすることは、現職での評価にもつながります。

それが認められれば転職しなくてもキャリアアップが叶う可能性があります。

転職にはそれなりにリスクも伴うため、どちらにするかは状況を見極めて判断してみてはいかがでしょうか。

50代でハイキャリア転職を成功させるには

ハイキャリア転職を成功させた人

次に、ハイキャリアに相応しい会社へ転職するためのコツを詳しく解説します。

◆求められるスキルをしっかりと身につけておく
《中小企業やベンチャー企業が求めるスキル》
・高いマネジメントスキル
会社設立から間もない企業や中小企業では、現場で活躍する社員の大半が20代や30代の若手ばかりということも多々あります。

毎年新卒採用をしていない企業も多く、段階を経た人材を育成できていない場合もあります。

そのため、他社でマネジメント経験を豊富に積んだ50代に、現場の社員をまとめてもらい事業をけん引してもらいたいと期待する傾向にあります。

・専門性の高い知識やスキル
豊富な経験から得た知識や視点は、他の社員にはないスキルです。

業界の知識や仕事内容で求められる高い知識やスキルを持っていれば、どの企業でも採用したいと思う人材と言えます。

・広い人脈
長い社会人経験で培ってきた広い人脈も転職で求められるスキルの一つです。
それまでの企業にはなかった他社とのつながりで、事業領域が広がる可能性があります。

また広い人脈を持っているということは、良好な人間関係を築くことができるという判断材料にもなり、人柄という面でも良い印象を持ってもらうことができるでしょう。

《新規事業を始めようとしている企業》
・豊富な実績
新規事業を立ち上げようとしている企業では、業界の知識やスキルはもちろん、その分野で実績のある人材を求めています。

そのため、豊富な実績を持っている50代なら好条件で採用される可能性があります。

・新規事業に一から携わった経験
豊富な実績の中でも、新規事業の立ち上げから業務フローの確率、人員や設備の整備など一から携わった経験のある人が求められます。

社内の整備に加えて、社外の人との折衝もできれば優遇されるでしょう。

《事業継承も視野に入れた人材を求める企業》
・企業理念に共感できる
会社を誰に託すのか、事業継承は経営者にとって大きな問題です。

将来の時期経営者と目論んでいた人材が他社に転職してしまったり、社員が若手中心で経営を任せられる人材が見当たらなかったりする場合、幹部候補として優秀な人材を引き抜きたいと考えています。

しかし優秀なら誰でもいいわけではありません。
企業理念に共感し、それまでの方針を引き継いでくれる人でなければいけません。

・経営者が「この人!」と思える人材
スキルも企業理念への共感、さらに人柄も見て「この人なら任せてもいい」と思える人材なら、次期経営者として採用される可能性が高くなります。

こればかりは相性の問題でもあるため、出会いをより多くするなどの努力が必要です。

◆どのように貢献できるかを具体的に伝える
・実績を数値化する
一般的な転職であれば、どんな経験をしてきたのかを伝えればいいところかもしれませんが、ハイキャリア転職では、より具体的に伝える必要があります。

仕事内容にもよりますが、数値化できる実績であれば数値化してわかりやすく伝えるようにしましょう。

もしエンジニアやクリエイティブ系など数値化しにくい職種であれば、ポートフォリオを作成するなど伝わりやすい資料を用意しておきましょう。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • 未経験でも安心の大手派遣会社
  • 特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • 正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • 半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

50代のハイキャリア転職を支援してくれる転職サービス

転職サイトを見る人

ハイキャリア転職を成功させるためには、転職サービスの活用が不可欠です。
最後に、50代におすすめの転職サービスをご紹介します。

それぞれの特徴も詳しく解説していくため、自分に合うかどうかの参考にしてみてくださいね。

◆CAREERCARVER
リクルートが運営する、年収600万円以上の人材に特化したヘッドハンティングサービスです。

最初に登録した情報を基に、コンサルタントからのオファーを待つタイプのサービスで、自分から探して応募することがありません。

求人検索や応募などの手間がかからないため、働きながら転職活動をする人にはおすすめですが、なるべく早く転職したい人には不向きと言えます。

約600名のコンサルタントの中から担当者を指名することもできます。
「いい求人があれば転職したい」と思っている人は、他のサイトと一緒に併用すると良いでしょう。

◆BIZ REACH(ビズリーチ)
優良企業や一流のヘッドハンターから直接スカウトが届く、ハイキャリアに特化した転職エージェントです。

登録しているヘッドハンターは約4600名で、ビズリーチの審査を通った優秀な人がほとんどです。

ハイキャリア転職を手掛けてきたヘッドハンターも多く、50代からの転職を丁寧にサポートしてくれるでしょう。

転職サービスとしては珍しく、無料と有料会員のプランがあり、すべてのツールを使うには有料プランになる必要があります。

◆JAC リクルートメント
外資系のハイキャリア転職に強い転職サービスです。

エージェントでは珍しく、コンサルタントが求職者と企業をどちらも担当しています。
そのため応募後もミスマッチが起こりにくい傾向にあります。

また社内教育が徹底されているため、コンサルタントの質は高く、丁寧な対応に定評があります。

求職者の年齢を30~50代とある程度絞り込んでいるため、高いスキルを持つ50代ならハイキャリアでの転職が叶う可能性があります。

◆パソナキャリア(ハイクラス)
パソナグループが運営する、年収700万円以上に特化したハイキャリア転職サービスです。

管理職や役員クラスなど50代からのハイキャリア転職に近い求人が多く、キャリアアドバイザーが求人を紹介してくれます。

求人数は少ないものの、厳選された求人だけを紹介してもらうことができます。

◆iX(アイエックス)
年収600万円以上のハイキャリア転職に特化した転職エージェントです。
ヘッドハンティング型のサービスのため、急いで転職したい人には不向きです。

希少性の高い厳選求人が多く、レジュメからハイキャリア求人を紹介してもらうことができます。

登録の際に面談がなく、自分で登録したレジュメを見てスカウトがくるため、かなり充実した内容にしておく必要があります。

◆レバテックキャリア
ITエンジニア・デザイナーに特化した転職エージェントです。

幅広い求人を扱っていますが、その中にハイキャリアばかりを扱うサイトがあり、ハイキャリア転職を狙うならレバテックエキスパートがおすすめです。

高い専門性を持つアドバイザーが求人を紹介してくれるため、マッチング率が高いと定評があります。

◆from40
40代、50代という年代に特化した転職サービスです。
登録した情報を基に企業から直接オファーが届くスカウト型のサイトです。

自分から応募しなくてもスカウトが届くため、忙しい人にはおすすめ。

また自分からは応募しようと思ってもいなかった意外な企業からスカウトがくるなど、新しい発見ができる可能性もあります。

スカウトメールでは面接確約の場合が多く、効率よく転職活動を進めることができます。

《50代からの転職活動の注意点》
・在職中に転職先を見つける
働きながら転職活動をすると、負担が大きくなります。
しかし、経済的なことを考えても50代で無職になるのはリスクがあります。

特にハイキャリア求人は、その数自体が少ないため、いい求人と出会うだけでも時間がかかります。

退職するのは内定が出てからでも遅くはありません。

・家族に事前に相談する
50代なら家族を持っている人も多いでしょう。
転職するとなると、収入や働き方が変わるなど家族に大きな影響を及ぼします。

転職活動を始める前に、家族に相談しておくことをおすすめします。

またどんな企業に応募しているか、選考が進んでいる企業についてなどの報告も随時しておくと良いでしょう。

状況の報告があれば、家族も安心でき、サポートもしてもらえます。

・現職に留まる選択肢も残しておく
転職活動を進める中で、現職に留まってキャリアアップを目指そうと思うかもしれません。

絶対に転職する、という強い意志は必要ですが、転職にこだわるあまり判断ミスをしないとも限りません。

広い視野を持って企業を見極めるためにも、転職しない選択肢を持っておくことは必要です。

・内定が決まれば待遇などをしっかり確認する
内定をもらったら、労働条件は全項目確認しておきましょう。

少しでも求人内容や面接時の話と違っていたり、不明瞭な点があったりする場合は、入社前に採用担当に確認しておいてください。

給与交渉に関して、自分からは言いづらいという人は、転職エージェントを活用することをおすすめします。

・円満退職を心がける
内定をもらったら、次は入社日と退職日の調整です。
現職で引き留められて、なかなか退職できない、なんてことになったら転職先にも迷惑をかけてしまいます。

エージェントやヘッドハンティングといった転職のプロなら、円満退職のコツも詳しく知っている人が多いため、相談してみてもいいでしょう。

まとめ

転職成功のポイントまとめ

50代からのハイキャリア転職は、高いスキルが求められます。

求人数も少ないため、焦って探すというよりは、働きながらいい求人があれば転職活動をする、くらい気持ちに余裕を持っておく方がいいでしょう。

非公開求人も多いため、転職エージェントやヘッドハンティングなどの転職サービスをうまく活用するのもおすすめです。

最後の集大成とも言える50代からの転職は、慎重かつ大胆に行動すること成功へのカギとなります。

あなたにぴったりのハイキャリア転職を成功させてくださいね。

年収

新着記事

関連する記事