50代でハイクラス転職を成功させるテクニックとは

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

50代の転職となると、何歳まで働くのかを考えても最後の転職と言ってもいいでしょう。
これまでのスキルやキャリアを活かした集大成とも言えます。

しかし、50代という年齢での転職はハードルが高いのも事実です。
今回は50代でのハイクラスへの転職について、また転職成功のポイントなどを詳しく解説します。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • 未経験でも安心の大手派遣会社
  • 特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • 正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • 半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

50代のハイクラス転職とは

転職を目指す男性

まずは、50代のハイクラス転職とはどんな場合を指すのか、具体的な概要から把握していきましょう。

◆ハイクラス転職の定義とは?
ハイクラス求人やハイクラス転職に、決まった定義は特にありませんが、共通する特徴はあります。

・年収800万円以上
ハイクラスと呼ばれる求人の多くは年収が高く、600~800万円以上がほとんど。
経験豊富な50代ともなれば800万円以上であることがほとんどでしょう。

年収はあくまでも目安です。
ハイクラス求人は経営層やそれに近いポジションでの活躍を期待されているため、想定される年収も高くなります。

そのおおよその目安となるのが800万円前後です。

・役職
部長以上や経営層に近いポジションなど、高い役職での求人がほとんどです。
企業の将来を左右するプロジェクトや業務を遂行していく高い能力が求められます。

・一般には公開されていない
ハイクラス求人は一般に公開されない場合が多い傾向にあります。

企業の中枢を担うポストのため、競合他社に情報を漏らさないため、また社内人事への影響から非公開求人として募集されていることがほとんどです。

◆ハイクラス転職とエグゼクティブ転職との違い
次に、ハイクラスとエグゼクティブ転職の違いについて見ていきましょう。

エグゼクティブという単語は、「(管理・経営などで)実行する・実行力のある」という意味があり、経営幹部を表すことが多いと言えます。

役職としてはCEO(最高経営責任者)、COO(最高執行責任者)、CFO(最高財務責任者)、CTO(最高技術責任者)などが挙げられます。

ハイクラスとの明確な違いはなく、曖昧ではありますが、能力の高い人材であることは共通しています。

50代ハイクラスの転職を成功させるポイント

ハイクラス転職を目指す人

ここでは、転職を成功させるためのポイントを詳しく見ていきましょう。

◆50代ハイクラス転職に必要なスキルとは
・管理職経験
50代のハイクラス転職であれば、企業の中でも高いポジションでの求人が多いでしょう。

管理職経験はもちろん、経営層に近いスキルや企業の経営を考えた事業の進め方などができる人材が求められます。

・マネジメント経験
どれだけの人数のマネジメント経験があるのか、さまざまな個性を持つ社員をまとめて良好な人間関係を築き、チームでどんな実績を残したのかという経験はハイクラス求人でも重要視されます。

・調整力と協調性
ハイクラス求人では個人の能力はもちろん、チームをいかにまとめて大きな結果につなげられるかが重要です。

そのための調整力や協調性なども必要です。

・人脈
経験豊富な50代という年代なら、これまで培ってきた人脈も大きな武器になります。

企業側もこれまでにない社外とのつながりは事業を大きく進展させるチャンスがあるため、広い人脈を持つ人材は貴重です。

・専門性の高いスキル
管理職経験がなくても、高い専門性が求められる分野での転職では、高いスキルがあればハイクラスの転職を目指すことも不可能ではありません。

エンジニアや研究職、技術系の上位資格取得者など、経験と実績を積まなければ身につけられない高いスキルが必要です。

《スキルを活かした転職のコツ》
・職務経歴書を充実させる
高いスキルをより効果的にアピールするためには、職務経歴書が重要です。

多くの実績の中から応募する企業の事業内容や方向性に合うものを選び、具体的かつわかりやすく記載します。

時系列にこだわる必要はないため、たくさんある実績を長々と記載するのではなく、特にアピールするべき案件をいくつか抜き出して強調すると効果的です。

・転職サービスを活用する
あなたの高いスキルを企業にしっかり評価してもらった上で転職したいなら、やはり転職サイトやエージェントの活用は不可欠です。

スカウトやヘッドハンティングなら登録情報を見た上でオファーがあるため、お互いにミスマッチが起こりにくく、転職成功の可能性が高くなります。

◆50代がハイクラス転職をするメリットとデメリット
《転職のメリット・デメリット》
・年収が上がる
転職を機に年収がアップするのは、ハイクラス転職の大きなメリットの一つです。

同じ企業に勤めていると、昇給は社内規定に沿ったベースアップですが、転職のタイミングなら入社前に年収の交渉が可能です。

・キャリアアップができる
現職ではできなかった業務に携わることで、新たなキャリアを積むことができます。

同じ企業で業務領域に限界を感じている人なら、やりがいある企業に転職することで充実して働ける可能性があります。

・退職金が少なくなる
退職金は勤務年数が長ければ長いほど多くもらえる仕組みになっているため、退職金制度がある企業ではもらえる額が少なくなります。

ただし、最近では退職金制度のない企業も増えており、その分給与に還元されることもあるため一概にデメリットとは言い切れません。

・新しい環境に慣れるのに時間がかかる
豊富な経験や高いスキルを持っていても、新しい環境に慣れたり、一から人間関係を作ったりするのには時間がかかります。

新しい環境やルールにも柔軟に対応し、それを楽しめる人であれば大きな問題ではないでしょう。

《企業別のメリット・デメリット》
・大企業
大企業へ転職する最大のメリットは、給与や福利厚生などが充実し、安定しているところでしょう。

ただし社風や文化のカラーが強かったり、人事では新卒入社が優先されたりすることが多く、転職者にはなじみにくい環境がある場合があります。

・中小企業
給与や安定性という意味では大手企業には叶わないかもしれませんが、社長との距離が近く、スピード感を持って仕事をしたい人には向いています。

大手企業のように分担されていないため、幅広い業務に携わることができます。

・ベンチャー企業
仕事のやり方から任せてもらえることが多く、そこにやりがいを感じる人も多いでしょう。
大手などではチャレンジできなかったこともできる可能性があります。

若い人材が多く、豊富な経験を持つ人は貴重な戦力となるでしょう。
ただし年下の上司や経営者の下で働く可能性も高くなります。

福利厚生などが充実していなかったり、業績も不安定になりやすかったりすることもあるため、経済的に一定以上の金額が必要な人には向いていません。

転職する際は、こうしたメリットとデメリットをしっかり把握した上で転職を検討することをおすすめします。

50代ハイクラス転職サービスの活用方法

ハイクラス転職を探す人

次に、50代の転職を成功させるための転職サービス活用法を見ていきましょう。

◆ハイクラス転職サービスとは
ハイクラス転職は一般的な転職と違い、難易度が高くなるため、転職サービスの活用が有効になります。

《ハイクラス層に転職サービスがおすすめの理由》
・求人が一般には公開されない
ハイクラス層の求人は企業の事業や経営戦略に関わる重要なポジションであることが多いため、公開するリスクを避ける傾向にあります。

また社内の人事にも影響を及ぼすため、非公開で応募する企業がほとんどです。

転職エージェントやヘッドハンティングなどの転職サービスを通してしか、情報が得られない場合が多いため、転職サービスの活用が必要です。

・交渉を代行してもらえる
ハイクラス転職は高収入・高待遇がほとんどですが、さらに交渉次第で待遇をよくすることができます。

自分一人で交渉するより、企業と深くつながりを持つエージェントなどプロに代行してもらう方が成功の可能性はあります。

理想に近い転職を成功させたいなら、転職サービスを活用して手厚いサポートを受けることをおすすめします。

《転職サービスのタイプ》
ハイクラス転職をサポートするサービスは、総合型とヘッドハンティング型の2つのタイプに分類されます。

総合型は、転職希望者に担当のコンサルタントがつき、公開、非公開どちらの求人にも対応し、条件や希望から求人を紹介してくれるサービスです。

一から転職活動をサポートしてくれ、またキャリアの相談などもしやすいでしょう。

一方でヘッドハンティング型はヘッドハンターが保有する非公開求人に合う転職希望者を見つけて、スカウトするサービスです。

求人条件に合う人材でなければスカウトされることはありません。
範囲は狭くなってしまいますが、紹介してもらえる求人は優良求人が多い傾向にあります。

これらのタイプを把握して活用することをおすすめします。
次に、転職サービスの活用法を詳しく解説します。

◆ハイクラス転職サービスの上手な使い方
《転職サービスの活用法》
・転職サービスは複数を併用する
転職サイトや転職エージェント、ヘッドハンティングなど、異なる転職サービスを併用して使うことをおすすめします。

非公開求人でも転職サービスを利用すると費用がかかるため、一つのサイトだけを使って採用活動を行う企業もあります。

理想の転職先を見つけるためにも、ジャンルの異なるサービスに複数登録してアンテナを広げておきましょう。

・転職活動用のメールアドレスを使う
転職サービスの登録にはメールアドレスが必要です。
アドレスは転職活動用のものを使うことをおすすめします。

応募や選考連絡、エージェントや企業とのやり取り、さらにスカウトメールを含めると毎日のように大量のメールが届きます。

普段使っているメールの中に重要なメールが埋もれてしまわないように、転職活動用のアドレスを取得しておきましょう。

・メルマガ設定もしておく
メルマガを初期設定のままにしておくと、不必要なメールまですべて送られてしまうため、本当に必要なメールが埋もれてしまいます。

登録の際に設定を確認し、不要と思われるメールは外しておきましょう。

・自分でも求人を探す
サイトによって新しい求人が更新されるタイミングが異なるため、転職サイトで探すなら更新日は最新の求人をチェックすると良いでしょう。

ネット以外にも、信頼できる知人に転職活動中ということを伝えておくと思いがけずいい情報が得られることもあります。

求人は自分でも探す努力を怠ってはいけません。

・気になる求人や企業はエージェントで調べてもらう
興味を持った求人や、募集はなくても転職したいと思う企業があれば、一度エージェントで相談してみましょう。

公開されている求人は掲載期間が終了していても、実はいい人材がいれば採用したいと思っている場合があります。

非公開で募集していたり、その時点で募集していなくても、募集を出したタイミングで教えてもらえたりする可能性もあります。

最新の求人情報や個人では知り得ない企業の情報を知るには、転職エージェントの活用が欠かせません。

・スカウト機能を有効活用する
転職サイトにはスカウト機能がついていることがほとんどです。
これは転職希望者がサイトに登録した経歴などを見て、企業が直接オファーする機能です。

一斉送信されるスカウトメールが多い中、採用担当がきちんとチェックしてからスカウトメールを送る場合もあります。

どんな業種のどんな企業から必要とされているのかを知るきっかけにもなるため、スカウト機能は活用しておきましょう。

《転職サービス以外のサイトの活用もおすすめ》
・企業の口コミサイト
企業の評判が書き込まれているサイトで、実際に働いた社員の口コミを見ておくのもいいでしょう。

現場での雰囲気や人間関係など、求人情報だけではわからない実際の姿の一端を知ることができる可能性があります。

入社後のミスマッチを防ぎ、転職に失敗しないためにも、ぜひチェックしておきたいサイトです。

・今の自分を客観的に見るサイト
あなたの市場価値を見出す転職アプリ「ミイダス」や、キャリアのパーソナルトレーニングを受けることができる「ポジウィルキャリア」など、求人紹介以外のサービスの活用も時間がある人にはおすすめです。

50代の転職では高いスキルや経歴も必要ですが、新しい環境に対応する柔軟性も求められます。

これまでの経験に固執するのではなく、今の自分を客観的に見つめ直し、新たな視野を持つことも大切です。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • 未経験でも安心の大手派遣会社
  • 特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • 正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • 半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

50代ハイクラス転職にオススメの転職サイト・エージェント

握手する転職希望者

ここでは登録しておくと良い転職サイトやエージェントをご紹介します。
サイトの特徴も詳しく解説するため、自分に合っているかどうかの参考にしてくださいね。

◆ビズリーチ
管理職やグローバル人材などハイクラスに特化した転職エージェント。

転職希望者が登録する際にも審査が必要になり、一定以上の年収や経歴が求められます。
50代であれば、いきなり役員待遇での転職も不可能ではありません。

通常の転職サイト同様に求人検索して自分で応募することもできますが、ビズリーチに登録している外部のエージェントからスカウトを受けることができるのが大きな特徴のひとつです。

スカウトを受けると面接や内定まで手厚くサポートしてもらえます。
無料でサービスを受けることもできますが、使える機能が制限されています。

サービスをフルに活用したい場合は有料プランをおすすめします。

◆キャリアカーバー
リクルートが運営する、ハイクラス転職に特化した転職エージェント。
転職希望者が匿名で自分のレジュメを公開し、ヘッドハンターからのスカウトを待つサービスです。

一方的にスカウトを待つだけではなく、所属するヘッドハンターのプロフィールからコンサルタントを指名することもできます。

またビズリーチと同様に年収が600万円以下の人は登録してもスカウトがこない場合もあります。

急いで転職したい人には向かないサービスなので、「いい求人があれば」というくらいの人におすすめです。

◆JACリクルートメント
ハイクラスや技術職のスペシャリストなどに特化した、イギリス発の外資系転職エージェント。

もともとイギリス発祥のため外資系に強く、グローバル企業への転職を目指す人にはおすすめです。

一般的な転職エージェントと違い、企業も応募者もどちらも同じコンサルタントが担当します。

マッチングする確率も高い反面、一度に紹介してもらえる求人は多くはありません。
5件前後の厳選された求人の中から、希望に合う求人を選んで応募するスタイルです。

また社内教育が徹底しているため、コンサルタントの質が高いと定評があります。
無料でサービスを受けることができるため、相談してみても良いでしょう。

◆リクルートエージェント
リクルートが運営する転職エージェント。
求人件数が豊富で非公開求人も多く扱っています。

また質の高い職務経歴書の作成ができる「職務経歴書エディター」は企業が注目する項目に焦点を当てるなど、転職活動に役立つツールを使うことができます。

キャリアアドバイザーが応募したい企業の選考ポイントなどをまとめた「エージェントレポート」などもあり、情報収集のために登録しておくだけでもおすすめのサイトと言えます。

◆Spring転職エージェント
世界26ヵ国にオフィスを展開するアデコグループの転職エージェント。

大手企業や外資系、グローバル転職に強く、20代の若手からハイクラス求人まで幅広く扱っています。

コンサルタントとの相性が悪かったという声もよく聞きますが、合わないと思ったら早めに担当を変えてもらうことをおすすめします。

求人数は多くはないものの、外資系に強い特徴があるため、求人数は他のサイトで集めるなど併用すると良いでしょう。

◆マイナビエージェント
新卒から中途採用まで幅広い人材を扱うマイナビが運営する転職エージェント。
豊富な求人数やサービスの仕組みなどがリクルートエージェントと似ています。

マイナビエージェントの特徴としては、豊富な案件紹介のほか、若手向けの求人が多いことが挙げられます。

またITや通信系の分野に強く、ハイクラス求人も扱っているため、一度見ておいて損はないでしょう。

◆ワークポート
IT・Web系の求人に強い転職エージェント。
対応も早いため、転職時期を決めている人にはおすすめのサービスです。

転職未経験の人にも対応しているだけあって、50代向けのハイクラス求人数は少ないかもしれません。

IT・Web系での転職を検討している人なら、登録しておいても良いでしょう。

◆レバテックキャリア
IT・Web系の求人に強い転職エージェント。

一人ひとりの希望を丁寧にヒアリングして対応してくれるため、ミスマッチが少なく満足度も高いと定評があります。

ハイクラス求人が600万円以上となっているため、50代でのステップアップとしては物足りないと感じる人もいるかもしれません。

◆パソナキャリア
幅広い職種を扱う転職エージェント。
利用者の満足度が高く、丁寧なサポートに定評があります。

第二新卒から20代、30代、40代をメインに扱っているため、50代のハイクラス転職には向かないかもしれません。

◆from40
40代、50代に特化した転職サイト。
登録した情報を基に企業から直接オファーが届くスカウト機能が便利です。

ハイクラス求人も扱っているため、50代の転職にもおすすめです。
オファー率は約85%と高く、中には面接確約のオファーもあり、効率よく転職活動を進めることができます。

《50代の転職活動の注意点》
・転職先が決まるまで辞めない
50代で転職するとなると、どんなに豊富な経歴とスキルを持っていてもすぐに転職先が決まるとは限りません。

30代や40代でも半年から1年ほどの期間が目安と言われているため、50代となるともっと長い期間が必要になるかもしれません。

非公開求人やヘッドハンティング型の転職サービスを活用する場合は、合う求人や企業がなければオファーすら届きません。

どれくらいかかるかわからないからこそ、現職で働きながら転職活動を進めることで、経済的なリスクを減らしましょう。

・事前に家族に相談する
配偶者や子どもがいる場合は、必ず家族に相談しておきましょう。
転職することで、収入や勤務スタイルが大きく変わる場合もあります。

もし希望に近い転職先が見つかったり、内定をもらえたりしても、最後に家族に反対されて説得に時間がかかるということも起こり得るからです。

なぜ安定して勤めていた会社を退職して50代という年齢で転職したいのか、家族に納得してもらった上で転職活動を進めることをおすすめします。

・転職活動にかかる費用を用意しておく
多くの転職サービスは無料でサポートを受けることができますが、一部サービスでは有料のものもあります。

無料でも問題はありませんが、より充実したサポートを受けるには有料プランの利用も有効的です。

また面接などの交通費も必要です。
普段よりも少し出費が多くなることを想定して、事前に転職活動費を用意しておきましょう。

・現職の会社にばれないように気を付ける
転職活動していることをが、現職の会社にばれないように気を付けましょう。

ハイクラス転職をする50代という人材は、社内でも高いポジションに就いている人が多いのではないでしょうか。

そんな貴重な人材がいなくなれば会社としても大打撃になるため、退職しにくくなる可能性があります。

また会社の人と気まずくなる場合もあり、働きにくくなります。
内定を得るまで伏せておき、円満に退職できるようにしておきましょう。

・結果的に転職しないケースもある
転職活動をしていても、進める中で現職の良さに気づいたり、環境ではなく自分を変えたりすることで再度今の会社でチャレンジしたいと思う場合もあります。

50代ともなれば転職への強い意志がなければ転職を成功させることは難しいかもしれませんが、結果的に転職しないという選択肢もあることを心にとどめておきましょう。

まとめ

まとめの黒板

今や多くの人が転職する時代になっています。
その中でも経験豊富な50代は転職市場でも引く手あまたの人材。

しかしいくら経歴が優れていても、それだけで転職を成功させることはできません。

今回の記事で紹介したような、ハイクラス求人に特化したサイトやエージェントをうまく活用して、転職を成功させてくださいね。

年収

新着記事

関連する記事