女性にオススメの転職サイト【上手な活用方法】

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>女性活躍中企業&女性が働きやすい求人アリ◎きめ細やかなサポートで望む転職成功を叶えよう!

自分らしい転職を成功させたい女性にオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

経験豊富なキャリアアドバイザーが、あなたの強みやライフスタイルを考慮し、希望に合う求人を厳選して紹介。遠隔サポートで安全に活動できるのも魅力です。
サポート内容は提出書類の添削から円満退社のアドバイスまで幅広く、初めて転職する方や忙しい方でも安心♪転職のプロによる充実の無料サポートを希望する方は、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

転職する際に多くの人が活用する転職サイト。
希望条件やスキル、経験などから簡単に求人を検索することができる、便利なサービスです。

しかし一言で転職サイトと言っても、サイトに掲載されている求人の傾向、ターゲットにしている年齢など、特徴はさまざまです。

数ある転職サイトの中からどれを使えばいいのか、迷うこともあるのではないでしょうか。

今回は、女性が転職する際に自分にぴったりの転職サイトを選ぶためのコツや、転職サイトを使うメリット・デメリットなどを詳しく解説します。

オススメの女性向けの転職サイトもご紹介していますので、最後まで目を通してくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 利用したい介護転職支援サービスNo.1サイト(※)
  • 担当キャリアアドバイザーに仕事の紹介から入社後のアフターフォローまで全面的にサポート
  • (※)アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ
コールセンターを希望の方
  • 在宅コールセンターの『コールシェア』
  • 業務内容はリサーチやカスタマーサポートなどさまざま。PCやネット環境がなくても、スマートフォンではじめられます
  • 副業としてお仕事も可能
女性・ママ向け
  • これまで培ったスキルを活かせる時短・在宅勤務の職場を紹介してくれるサービス
  • 仕事内容は企画・マーケティング、営業、人事、秘書、経理、財務、広報、デザイナー、エンジニアなど多岐にわたります

女性の転職動向

転職サイトで求人を探す女性のパソコン

まずは、今があなたにとって最適な転職時期なのかどうかを見極めるため、転職市場の動向や転職理由などを見ていきましょう。

◆女性の求人応募数は右肩上がり
《転職に積極的な人が増えている》
マイナビ「転職動向調査2021年版」によると、2016年~2019年までの転職率は増加傾向にありましたが、2020年には減少傾向になっています。

新型コロナウィルスの影響もあり、転職に積極的になった人の割合が36.9%となり、転職に消極的になった割合の19%の約2倍となっています。

また厚労省の「令和2年上半期雇用動向調査結果の概要」によると、入職者数が離職者数を38万8000人上回っています。

性別で見ると、男性の入職率が 14%、離職率が 13.4%、女性の入職率が20%、離職率が 18.2%と女性の方がやや高めとなっています。

前年と比較しても男女ともに入職率は上昇しています。

《転職市場は売り手から買い手へ》
ここ数年は雇用が安定し、転職市場では売り手市場と言われていました。

しかし新型コロナウィルスの影響で採用を大幅に縮小する企業が増え、求人数が激減。
一転して売り手から買い手市場へシフトしています。

今後も景気の低迷が予想される中、これまでのような積極的な採用は見直され、求人の減少は続いていくことでしょう。

《採用ニーズが高い職種》
そんな厳しい状況下でも採用ニーズの高い職種はあります。

新型コロナウィルスの影響をあまり受けていない業界や、逆に業績が伸びている業界などに関わる職種です。

・IT業界
在宅勤務などが増える中、オンラインのサービスやツールなどが仕事にも生活にも浸透しています。

・医療、医薬品系の業界
病院などに勤める医療従事者のほか、医薬品などを扱う企業も採用ニーズが高い業界のひとつです。

軽い風邪くらいなら病院に行かずに市販薬で済ます人も増え、医薬品の需要も高まっています。

・食品メーカーやスーパーなど小売業界
外食することが減り、自宅で食事することが増える中、食品はもちろん弁当や持ち帰りなどのニーズは今後も高まっていくでしょう。

・物流業界
店舗に直接行かず、ネットなどで注文して配達してもらう販売スタイルを利用する人が増え、物流は今後も増加傾向になることが予想されます。

◆女性の転職理由
次に女性に多い転職理由や転職に求めていることなどを詳しく見ていきましょう。

《女性に多い転職理由》
・新しいキャリアを身につけたい
今の会社ではビジネスプランに沿った業務を任せてもらえないなどの不満を抱え、転職で新たなキャリアを築きたいと考える女性が多く転職を検討しています。

・年収を上げたい
ある程度のキャリアを積んできた女性なら、次のステップとして昇格や昇給を望む人も少なくありません。

・ゆとりを持って働きたい
入社したばかりの20代前半ごろは仕事が忙しくても充実していた人でも、経験を積んでいくにつれ、結婚や出産を経て長く働きたいと考えている女性は家事や育児との両立を考える人も出てきます。

また条件の優先順位を明確にしている男性に比べて、女性の方が複数の条件を気にする傾向にあります。

女性向けの転職サイトの選び方

働き方に悩む女性

転職サイトは数多くあります。
その中からあなたにぴったりのサイトを選ぶためのポイントを解説します。

◆転職サイト選びが重要な理由
転職サイトと一言で言っても、それぞれ特徴が異なります。

全職種を網羅した総合型の大手サイトや、女性に特化したサイト、職種や業界に特化したサイトまでさまざまです。

さらに求人を掲載するサイトのほか、担当者がついて求人探しや紹介、面接同行や内定後のフォローまで手厚く転職をサポートしてくれるエージェントサービスもあります。

転職したい業界や職種、年齢などによって使うサイトを選ぶことで効率よく転職活動を進めることができます。

また、マイペースに転職活動を進めたい人や、転職に不慣れでプロのアドバイスやサポートが受けたい人など、転職活動の進め方によっても選ぶサイトは異なります。

サイトの特徴を知り、あなたに合うサイトを見つけることが転職成功への第一歩となります。

◆女性の転職サイト選びのポイント
《転職サイトの種類》
まずは転職サイトにはどんな種類があるかを見ていきましょう。

・総合型
大手企業が運営する、全職種を網羅した転職サイトで、知名度が高く掲載されている求人数も豊富です。

求人数が多いため、希望する求人が見つかる可能性が高い反面、マッチしない求人も多数表示される場合があります。

自分で求人を探し、応募するサイトがほとんどです。

・特化型
特定の年齢や職種などに絞った転職サイトで、総合型に比べると求人数は少ないものの希望する求人を見つけやすいメリットがあります。

・ハイキャリア向け
高いキャリアを持つ人向けのサイトもあります。

年収600万円以上の求人などがありますが、登録する側にも高いスペックを求められることが多いため、限られた人をターゲットにしたサイトです。

・エージェント型
求人探しや紹介、面接同行などさまざまな面で手厚いサポートが受けられるサイトです。

一般的な転職サイトと違い、エージェントと二人三脚で進めていくため、求人探しや企業とのやり取りなどの手間を省くことができます。

・スカウト型
登録した情報をもとに、ヘッドハンターからのオファーを受けることができるサイトです。

ヘッドハンターを介してしか進めることができないため、基本的には受け身の転職活動になります。

《ぴったりの転職サイトを選ぶポイント》
・使いやすさ
求人検索やサイトの見やすさなど、使いやすいかどうかは大きなポイントです。

スマホアプリと連動させて、外出先でもスマホから最新情報を確認することができるサイトも多くなっています。

働きながら転職活動を進める上では、この使いやすさはかなり重要と言えます。

・求人数
前述の通り、サイトによって求人数は異なります。

特化型やエージェント型など特徴のあるサイトでは、量より質を重視している場合もあるため、求人数が多ければ良いというわけでもありません。

求人数の多い総合型に加えて、あなたのスキルや希望する条件に強いサイトの複数を選ぶと良いでしょう。

・実績数
得意分野に特化したサイトでは、効率よくマッチした求人を見つけることができる可能性があります。

あなたに合う特徴があるかどうかと、転職の実績も確認しておきましょう。

・サポート体制
スカウトやエージェント型では、具体的にどんなサポートを受けられるのかが重要です。

転職サイトでもキャリア相談を受けてくれるところもありますが、応募書類の見直しや面接対策、企業情報など充実しているかどうかをチェックしておくことをおすすめします。

・機能やサービス
メールで直接企業からのオファーを受けることができるスカウト機能や、内定が決まればお祝い金が支給されるなど、求人検索以外のサービスにも注目しておきたいところです。

同じようなサイトで迷っている場合は、この付加価値で決めるという方法もあります。

転職サイトを使うメリットとデメリット

メリット・デメリット

次に、転職サイトを活用する際に知っておきたい転職サイトのメリット・デメリットを見ておきましょう。

これらをしっかり理解した上で活用することで、より転職サイトを有効に利用することができます。

◆転職サイトを使うメリット
・求人検索がすぐにできる
サイトに登録していなくても求人検索だけならすぐにできます。

まだ本格的に転職活動を進めたい人でなくても、とりあえず求人だけ見てみたいという人でも気軽に始められるところが大きなメリットのひとつです。

・一度登録すれば応募が楽になる
最初に会員登録する際に、経歴やスキルなど細かい情報を入力する必要があります。

しかし一度登録さえすれば、次からの応募はそのレジュメを使うことができるため、応募ごとに応募書類を用意する手間を省くことができます。

・マイペースに活動できる
エージェント型ではなく転職サイトでは自分で求人を探して応募するため、いい求人が見つかった時に応募するなど、自分のペースで転職活動を進めることができます。

・求人数が豊富
転職サイトは求人数が多く、検索して希望に合う求人が見つかる可能性が高いと言えます。

・スカウト機能がある
転職サイトの多くにあるのが、スカウト機能です。

サイトに登録したキャリアに興味を持った企業から直接オファーを受けることができるため、自分が思ってもいなかった業界や企業の求人と出会える可能性があります。

・すべてのサービスが無料で利用できる
転職サイトのほとんどは、求人を掲載している企業から広告収入を得ているため、サイトを利用する求職者はほとんどのサービスを無料で利用することができます。

ただし一部サイトには有料のサービスもあります。

◆転職サイトを使うデメリット
・すべて自分で対応しなければならない
サイトへの登録から応募、応募の管理、企業との連絡など、すべて自分で対応しなければならないため、働きながら転職活動をする際にはかなり忙しくなります。

・求人数が多すぎる
求人数の多さはメリットでもありますが、逆にマッチしない求人も表示されるためデメリットにもなり得ます。

このデメリットを解消するため、総合型サイトでは検索項目を細かく設定するなど改善されているサイトもあります。

・転職サポートがない
エージェント型などと違い、転職サイトには手厚いサポートがありません。
志望動機や面接対策、詳しい企業情報なども自分で考えたり調べたりして進めていかなければいけません。

・競争率が高い
転職サイトは誰でも応募することができるため、競争率は高くなります。

人気の求人であれば数百件の応募数が集まるため、書類選考で落とされることも多くなります。

・落ちた理由が不明
書類選考や面接で落ちても、不採用のメールには理由が明記されません。
落ちた理由がわからないため、次の応募への対策が困難になります。

・入社後のミスマッチがある
求人にはいい内容が多く書かれているため、入社後に「こんな雰囲気だったのか」「面接では説明がなかった」などのミスマッチが起こる可能性もあります。

このように転職サイトの活用にはメリット・デメリットの両方があります。
これらを理解した上で、サイトを使うようにしましょう。

また転職サイトと並行してエージェント型のサイトを活用しても良いでしょう。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 利用したい介護転職支援サービスNo.1サイト(※)
  • 担当キャリアアドバイザーに仕事の紹介から入社後のアフターフォローまで全面的にサポート
  • (※)アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ
コールセンターを希望の方
  • 在宅コールセンターの『コールシェア』
  • 業務内容はリサーチやカスタマーサポートなどさまざま。PCやネット環境がなくても、スマートフォンではじめられます
  • 副業としてお仕事も可能
女性・ママ向け
  • これまで培ったスキルを活かせる時短・在宅勤務の職場を紹介してくれるサービス
  • 仕事内容は企画・マーケティング、営業、人事、秘書、経理、財務、広報、デザイナー、エンジニアなど多岐にわたります

オススメの女性向け転職サイト

女性におすすめの転職サイト

転職サイトの選び方やメリット・デメリットが把握できたところで、女性の転職に強い転職サイトを見ていきましょう。

転職エージェントも紹介していくので、自分に合ったサイトを選んでくださいね。

《女性向け転職サイト比較》
・Woman Career(ウーマン・キャリア)
女性の転職に特化した総合型サイト。

育休・産休の制度や支援やリモートワークができる企業など、女性の働きやすさに特化した検索項目が多く、エージェントサービスやスカウトサービスも並行して活用することができるため便利です。

・リクナビNEXT
豊富な求人数の総合型サイト。
検索も細かく設定することができ、女性の転職に特化した求人を集めた特集も組まれています。

リクルートエージェントへの登録も可能で、独自のノウハウを活かした「グッドポイント診断」など独自のコンテンツも豊富です。

・エン転職WOMAN
エン転職の女性版の転職サイトです。
すぐに応募できる「女性歓迎求人」が常時2000件以上あるため、女性の転職を効率よく進める足掛かりになるでしょう。

・女の転職type
女性に特化した転職サイトで、女性積極採用や未経験からキャリアが築ける求人など、女性向けの豊富な求人が多数掲載されています。

《女性向け転職エージェント》
・リブズキャリア
大手総合型サイトに比べれば求人数は多くはありませんが、女性に特化したエージェントサイトです。

キャリア面談や面接対策などコンサルタントによるサポートが充実しています。

・パソナキャリア
人材派遣で培ったネットワークから豊富な企業の求人が集まっているエージェントサイト。
女性の転職に多く関わってきたアドバイザーがサポートしてくれます。

登録に必要なカウンセリングは平日の夜や土曜日も対応可能で、働きながら転職活動を進める女性におすすめです。

・ビズリーチ
ハイクラスに特化したスカウト型の転職サイト。

一定の基準を満たしたヘッドハンターが、登録内容を見てマッチする求人を紹介してくれます。

さらにキャリアを積みたい人や収入アップを目指したい人は、登録しておいて損はありません。

・キャリアスタート
正社員経験のない若い人向けのエージェントサイト。
未経験からでも研修が充実している求人が多数掲載されており、扱う職種も豊富です。

・DYM就職
女性のキャリアアップに強いエージェントサイト。
メインに扱う職種は営業や販売職で、女性のキャリアアドバイザーが多数在籍しています。

《サイト活用のポイント》
・複数サイトを併用する
求人検索だけの転職サイトとエージェントサイト、総合型サイトと特化型サイトなど、ジャンルの違うサイトを併用することをおすすめします。

1つのサイトに絞り込んでしまうと求人に偏りがあるかもしれません。
また、転職サイトの多くはエージェントも運営しているため、両方に登録することをおすすめします。

エージェントサイトと併用すれば、自分では検索もしなかった求人の紹介やオファーを受ける場合もあります。

・求人の更新日は要チェック
サイトは新しい求人が掲載される更新日があります。

人気のある企業は応募が多数集まって、採用が決まれば掲載中でも募集が終わってしまう可能性もあるため、更新日は新着の求人をチェックするようにしましょう。

・口コミサイトやSNSなどでも情報収集をする
転職サイトだけではなく、企業の口コミが掲載されているサイトや、企業のSNSなどでも情報収集を行いましょう。

企業情報は少しでも多い方が入社後のミスマッチが少なくすみます。
また、転職サイトで見つけた企業に関する情報を、エージェントのアドバイザーに聞いてみるという方法もあります。

・非公開求人数の多いエージェントサイトを活用する
エージェントサイトでは、一般には公開されていない非公開求人の数も重要です。
エージェントサイトを併用して活用する場合は、非公開求人数の数もチェックしてみてくださいね。

まとめ

まとめ

女性の転職には、転職サイトの活用は欠かせません。

しかし数あるサイトの中から自分に合うサイトを探すことから始めていると、転職活動がなかなか進みませんよね。

今回の記事を参考にしてあなたにぴったりの転職サイトを見つけて、効率よく転職活動を進めてみてはいかがでしょうか。

年収

新着記事

関連する記事