40代の転職、資格が無くても転職ができるか?

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

40代になってからの転職を考えた時に、転職を少しでも有利に進めるには、やはり資格がなければ厳しいのではないかと不安に思ったことはありませんか?

しかし40代の武器は資格だけなのでしょうか。
今回は、40代の転職に資格が必要かどうかを解説します。

転職に悩んでいる人は、最後まで目を通して参考にしてくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

40代だからといって資格が必要とは限らない

40代の転職に資格が必要か

「資格を取得しておけば転職が有利」と一度や二度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

自分の能力や経歴を表現するのに資格は有効な手段のひとつです。
しかし、本当に資格が必要な業種は、かなり限られていることも事実です。

ここでは資格が不要な業界と、40代に本当に求められるスキルをご紹介します。

◆資格が必要な業種は限られている
・医療系の仕事
医師や看護師、薬剤師、リハビリ関係の職種など、医療系の仕事には資格が不可欠です。
専門の学校に通って知識や実技を身につけ、国家試験に合格しなければ資格取得ができません。

専門性が高く、資格がなければ応募することもできない職種です。

・介護の仕事
介護の仕事自体は無資格でもできますが、国家資格である介護福祉士の資格を取得すると介護職のスペシャリストとして活躍できる道が開けます。

・建築の仕事
住宅やマンション、道路や施設など大小さまざまな建築に関わる仕事にも、建築士や施工管理、電気工事士といった資格が必要な職種があります。

ただし施工管理は無資格でも仕事をすることができ、未経験からスタートして働きながら資格取得を目指す人の多い職種です。

・食の専門家
健康状態に合わせて食事のアドバイスや献立を考える管理栄養士や、食事を作る調理師など、医療とも関わる食の専門家も資格が求められます。

・美容師
美容学校に通って国家資格の取得をしなければできない仕事のひとつです。
美容室やまつ毛エクステなどの施術にも美容師資格が求められます。

サロンに勤務する他、経験を積めば自分のお店を開いたりフリーランスで働くことも可能です。

・教師や保育士など
学校の教師や幼稚園の教諭、保育士なども資格が必要な仕事です。

教師なら、教員免許のほかに公立校で教えるには教員採用試験に合格し、採用されなければ働くことができません。

・初生雛鑑別師(ひよこ鑑定士)
ちょっと珍しい資格では、鶏のオスとメスを見分ける専門職があります。
少し前はかなり稼ぐことができたそうですが、最近では仕事が減少しつつあるようです。

しかし海外では需要が高く、高収入も目指せる資格です。

このように、身近なものから珍しいものまで、資格が必要な仕事は多々あります。
専門的な知識も求められるため、40代から目指すには不向きな職種とも言えます。

◆40代に求められるスキル、経験とは
次に、実際に40代の転職で求められるスキルや経験を詳しく見ていきましょう。

・即戦力となり得る知識やスキル
企業が40代に求めるもののひとつが、即戦力としてのスキルです。
業界や職種問わず、40代を中途採用して未経験から育てたいと思っている企業はありません。

細かく指導しなくても自分で考えて仕事を進めることができ、会社に収益をもたらしてくれる人材であることが求められます。

・マネジメント経験
40代ともなると、部下や後輩の指導経験のある人も多くなります。
役職がついていればさらに有効的にアピールできます。

役職がなくても経験がある、またプロジェクトで責任ある仕事を任されたなどの経験は転職に有利になります。

転職市場でマネジメント経験のある人はかなり重宝される傾向にあります。

・柔軟性
40代で転職すると、転職先に年下の上司や先輩もいる場合があります。
会社によって社風も異なるため、採用する側は「自社の雰囲気になじめるかどうか」も選考でチェックします。

同時に円滑に人間関係を構築できるかどうかもポイントのひとつ。
新しい環境になじめる柔軟性もアピールしておきたいところです。

《転職失敗事例》
企業が40代の転職希望者に求めるポイントが把握できたところで、転職失敗事例から40代の転職に必要な環境を見ていきましょう。

・退職理由で失敗
応募書類や面接の場で、現職の不満を退職理由にするのはNGです。
そもそも転職活動をしている時点で、現職に何らかの不満を抱えていることは企業側も了承済です。

そんなマイナス面ではなく、転職でどんなことができるか、今後のビジネスプランを前向きに語る方が転職成功は近くなります。

・企業研究を怠った
即戦力となれると思って企業研究を怠って面接に臨むと、面接で企業研究ができていないことを悟られてしまいます。

本当にその会社に転職したいのであれば、企業概要や理念だけではなく、業界の動向や競合他社、企業の立ち位置まで下調べが必要です。

その上で自分のスキルを活かして活躍できることをアピールすることが必要です。

40代、資格がなくても転職しやすい業界

40代の転職に資格なしで転職

前述の通り、資格が必要な業種は多々ありますが、なくても転職しやすい業界はあります。

ここでは40代から無資格でも転職しやすい仕事や、無資格でもしっかり稼げる仕事を見ていきましょう。

◆資格がなくても転職しやすい職種
・営業職
営業は資格がなくてもできる仕事です。
しかし業界の知識や高いコミュニケーション能力、ヒアリング能力など多岐に渡るスキルが求められます。

豊富な経験を持つ40代であれば、第一線で活躍する営業として重宝される可能性があります。

・プログラマ
IT関係のSEやプログラマなども、資格がなくても経験があれば転職しやすい職種です。

最近ではシステム開発を外部委託せず、社内でやりたいという企業も増えているため、転職先は幅広く探すことができるでしょう。

・クリエイティブ系の仕事
編集やライター、カメラマンなどクリエイティブ系の仕事にも資格は求められません。
経験が評価されるため転職もしやすい職種です。

経験を積めば独立という道もあります。

・キャリアカウンセラーなどの仕事
仕事を探している人のキャリア相談に乗ったり、希望に合う求人を紹介するキャリアカウンセラーやアドバイザーなどの仕事も、資格はなくてもできる仕事です。

長年特定の仕事に従事していた経験を活かして、キャリアカウンセラーの仕事に転職することも可能です。

・接客業
飲食店やホテルなどの接客業も、無資格で転職しやすい職種です。
経験さえあれば、管理職などステップアップを目指すこともできます。

・事務系
営業事務や経理などの事務系の職種は、特に女性に人気の職種です。

資格はなくても転職できますが、人気の職種のため40代から転職するとなると、専門性の高い業界での経験や知識が求められるでしょう。

・介護職
介護の仕事も無資格から始めることができ、40代で未経験からでも転職しやすい職種です。
働きながら上位の資格取得を目指すことも可能です。

・ドライバー
タクシードライバーやトラック運転手などは、未経験から転職しやすい職種のひとつです。

仕事をするには二種免許や大型免許などが必要になりますが、入社後に免許取得が可能な企業がほとんどです。

介護やドライバーの仕事は、無資格に加えて未経験からでも転職しやすい仕事と言えます。

◆資格がなくても稼げる仕事
次に、資格がなくても稼げる仕事を見ておきましょう。

・プログラマ
WebやIT業界は技術が常に進化しているため、資格よりも経験や最新の知識を学ぶ姿勢が重視されます。

今やシステムやネットワークの知識や技術は、どの分野にも欠かせないものになっているため、経験があれば転職して収入アップも可能です。

・営業
営業も無資格で稼げる職種のひとつです。

特にインセンティブが出る企業なら、頑張れば頑張るほど収入に還元されるため、稼ぎたい人にとってはモチベーションにもつながります。

・介護職
介護の仕事に資格は必要なく、夜勤や掛け持ちで働く人もいます。
一か所の施設で働くより稼げる場合もあります。

・編集者やライター、カメラマン
紙媒体やWeb媒体の編集者やライターやカメラマンなども、無資格で稼げる仕事のひとつです。

フリーランスで複数の企業と契約を結べば、自分の仕事次第で高収入を目指すこともできます。

・ドライバー
タクシードライバーやトラックドライバーも、頑張り次第で高収入を稼ぐことができます。

タクシードライバーなら夜勤をしたり、トラックドライバーなら長距離トラックを担当するなど、稼げる働き方がさまざまあります。

40代の転職、資格がなくてもアピールできるポイント

資格以外のアピールポイント

40代の転職で、無資格でも転職が有利になるアピールポイントを見ておきましょう。

◆培ってきた経験やマネジメントスキルが求められる
・マネジメント経験
40代の転職で有利になる経験のひとつが、マネジメント経験です。

マネジメント経験の期間や、マネジメントした部下の人数などを具体的に伝えることが重要です。

マネジメント経験があれば、40代で転職成功に至る割合は高くなります。

・これまでの経験
これまで培ってきた経験やスキルが、有益になることをアピールできるように整理しておくことも重要です。

これまでの経験を活かして、異業界で働くという手段もあります。

◆マネジメント経験がなくてもアピールポイントはある
たとえ管理職としてのマネジメント経験がなくても、後輩や部下を指導してきた経験やプロジェクトのリーダーの経験などがあれば、十分アピールポイントになります。

多岐に渡る業務や複数のスタッフを取りまとめるスキルがあれば、マネジメント経験同様に転職に有利になる可能性があります。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

40代の転職、有利になる資格とは

40代の転職、有利になる資格

資格がなくても転職に失敗するわけではありませんが、役立つ資格があるとやはり転職を有利に進めることができます。

ここでは持っていると有利な資格と、今から取得するのにオススメの資格をご紹介します。

◆転職が有利になる資格一覧
看護師、公認会計士、税理士、1級建築士、弁護士など、転職が有利になる資格はあります。
しかし、これらの資格は難易度が高く、受験資格も必要です。

中には専門学校などに通う必要がある資格もあるため、40代から資格取得を目指すにはハードルが高いと言えます。

◆40代からでも間に合うオススメの資格
・宅地建物取引士
宅建とも呼ばれる不動産売買や分譲仲介などに必要な資格です。
不動産業界に転職する際に持っていると転職が有利になります。

・社会保険労務士
社会保険や年金、パワハラやセクハラなどのトラブル解決などで役立つ職種です。
労務などの仕事に転職する際に有利になるほか、独立することも可能です。

・中小企業診断士
企業の経営に関する幅広い知識を持ち、経営に関するアドバイスができます。
金融やコンサルタントの企業に転職する際に役立つ資格です。

また、将来コンサルタントとして独立することも可能です。

・ファイナンシャルプランナー
個人や家庭の状況を踏まえて、資産計画を提案したりサポートする、お金に関するプロフェッショナルの仕事です。

保険会社の営業や金融関係の企業に転職する際に有利になります。

・キャリアコンサルタント
求職者のキャリアに関するアドバイスをする国家資格です。

これまでの経験を活かして、転職エージェントのキャリアコンサルタントとして活躍することも可能です。

40代から取得するなら、このように働きながら取得できる資格がおすすめです。

また、資格はあれば何でもいいというわけではありません。
これまでのあなたの経験に加えてステップアップが目指せる資格を見つけると良いでしょう。

まとめ

40代の転職と資格

40代からの転職は、資格がなくても豊富な社会人経験やマネジメント経験があれば転職を成功させることはできます。

無資格でも即戦力となる経験やスキルをしっかりと活かすことができる企業を選んで応募すれば、希望に見合った転職が可能になるでしょう。

今回の記事を参考にして、40代からの転職を成功させてくださいね。

年収

新着記事

関連する記事