ビズリーチの評価、上手な活用方法を検証

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>求人数は約10万件!専任のキャリアアドバイザーが40代のあなたの転職をしっかりサポートしてくれます。

40代で後悔のない転職をするためには、自分に合った求人を見つけることが大切です。より多くの求人情報からあなたにピッタリの会社と出会うために、まずは『doda』に登録しましょう。

非公開求人を含む求人数は約10万件!専任のキャリアアドバイザーによるサポートの質の高さも評判で、あなたの適性や希望に合った求人を紹介してくれます。
多くの求人を比較したい、高い質のキャリアサポートを受けたい方はぜひ利用してみてください。

doda公式サイトで会員登録

転職を機に年収やキャリアアップを図るなら、ハイクラス求人を扱う「ビズリーチ」は利用を検討したことがあるのではないでしょうか。

今回は事前に知っておきたいビズリーチの特徴や利用する上での注意点、ビズリーチならではの有料会員について、詳しく解説していきます。

どの転職サービスを使うかで、転職活動は大きく左右されます。
何も知らないままサービスを選ぶことなく、事前にある程度知った上で活用することをおすすめします。

最後まで目を通して、転職を成功させる参考にしてくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 「転職サイト」と「転職エージェント」の両方の求人が掲載されているの、求人数が圧倒的に多い
  • 色んな求人を見て働き先を探したい方
    におすすめ
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 利用したい介護転職支援サービスNo.1サイト(※)
  • 担当キャリアアドバイザーに仕事の紹介から入社後のアフターフォローまで全面的にサポート
  • (※)アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ
管理部門・士業向け
  • 管理部門(経理、総務など)やスペシャリスト(弁護士、税理士など)向けのサービス
  • 大手上場企業や金融機関など幅広い求人があり、扱う求人数は業界トップクラス
コールセンターを希望の方
  • 在宅コールセンターの『コールシェア』
  • 業務内容はリサーチやカスタマーサポートなどさまざま。PCやネット環境がなくても、スマートフォンではじめられます
  • 副業としてお仕事も可能
女性・ママ向け
  • これまで培ったスキルを活かせる時短・在宅勤務の職場を紹介してくれるサービス
  • 仕事内容は企画・マーケティング、営業、人事、秘書、経理、財務、広報、デザイナー、エンジニアなど多岐にわたります

ビズリーチとは?

ビズリーチで転職を目指す人

まずは、ビズリーチとはどういったサービスなのかを詳しく見ていきましょう。

◆ビズリーチの概要
・ハイクラス求人特化型サイト
ビズリーチはハイクラス求人ばかりに特化した転職支援サービスのサイトです。

メインターゲットの年収目安を600万円以上と絞り込んでおり、求人もそれに見合った年収やキャリアを求める企業のものばかりです。

転職後のキャリアアップはもちろん、現職でのキャリアも重要なサイトです。

・年収1000万円以上の求人が多い
公開されている求人数だけでも9万6000件で、その3分の1以上が年収1000万円以上の求人です。

非公開求人もあるため、その数はさらに多いと想像できます。

・ヘッドハンティングがメイン
気になった求人を見つけて応募する転職サイトとは異なり、登録した内容を見た企業やヘッドハンターからのオファーを受ける仕組みです。

国内外の優良企業と厳しい審査をクリアした一流のヘッドハンターが、登録者の経歴を見てスカウトをします。

求人紹介や面談などの転職支援はありませんが、直接のスカウトがあるため転職活動はスムーズに進むことが多いでしょう。

・無料会員と有料会員がある
スカウトを待つだけなら無料会員でも登録することが可能です。

さらにヘッドハンターに相談したり、自分から求人に応募したりする場合は定額制の有料会員を選択すると良いでしょう。

◆ビズリーチに向いている人
・現在の年収が600万円以上
掲載されている求人が年収600万円以上を目安に設定されているため、応募する側も同等の年収レベルが求められます。

年収はその人の経験やスキル、実績を反映している数字のため、力量を推しはかる目安になります。

・ステップアップを目指している
現在もある程度の収入を得ている人が、さらに高待遇ややりがい、役職などステップアップを目指すためのチャンスとなり得ます。

即戦力になり得ることを伝えられれば、今よりワンランク上の待遇で転職できる可能性が高くなります。

・管理職経験がある
管理職や役職など企業の中枢を担うポジションの募集も、ビズリーチで多く扱う求人です。

特に中小企業では社内の中堅となるべき人材の育成が追い付いていない場合があり、中途採用で管理職経験のある人材を求めています。

管理職とまでいかなくても、プロジェクトリーダーや何らかのマネジメント経験がある人ならステップアップが狙える可能性があります。

・専門性の高いスキルや経験、国家資格を持っている
ハイクラス求人で求められているのはジェネラリストだけではありません。
専門性の高い知識やスキルを持つスペシャリストも高く評価されます。

国家資格を保有しているかどうかも高い評価基準になります。

常に第一線で活躍し、新しい知識や技術を追求し続ける人も、ビズリーチを利用する人に向いています。

・大企業や外資系企業への転職を目指している
一般では公開されていない非公開求人も多数扱っているサイトのため、大手企業や外資系企業などのレアな求人と出会える可能性があります。

大手企業などでは競合他社に募集内容を知られたくないなどの理由から、求人を公開していない場合があるため、非公開求人には隠れた好条件の求人が多い傾向にあります。

自分の現状も合わせて、向いているサイトかどうかをしっかり見極めてくださいね。

ビズリーチの評価は?

ビズリーチのいい評価イメージ

ビズリーチの概要や向いている人の特徴が分かったところで、ビズリーチの評価について詳しく見ていきましょう。

メリット・デメリットを踏まえて解説していきます。

◆ビズリーチの良い評価
・ヘッドハンティングを待つだけでいい
無料会員に登録すると、企業やヘッドハンターからのスカウトが届く仕組みになっています。

登録するだけであとはオファーを待つだけなので、働きながら転職活動する人も手間がかかりません。

登録した情報をしっかりチェックしてからスカウトがあるため、企業と求職者のマッチする確率が高くなります。

・有料会員なら求人応募もできる
有料会員になれば気になる求人に自分から応募することができます。
オファーに加えて応募もできれば、転職先の幅を広がります。

・一流のヘッドハンターが在籍している
ビズリーチのヘッドハンターは厳しい審査をパスした質の高い人がそろっています。

ヘッドハンターは一般公開されていない秘匿性の高い求人を抱えており、条件が合えばそうした好条件の求人を紹介してもらうことができます。

ただし、それぞれサポートの仕方や得意分野なども異なります。
ヘッドハンターは求職者が指名することもできるため、合う人を探すと良いでしょう。

またヘッドハンターはビズリーチだけではなく、他のサイトでも登録している人もいます。

・ヘッドハンターが手厚く転職をサポート
応募する前に、ヘッドハンターが履歴書や職務経歴書の見直しをしてくれ、企業に合わせた面接対策などもしてくれます。

オファーから内定を獲得するまで、エージェントのような手厚いサポートをしてくれます。

・好条件の求人が多数ある
待遇や年収など好条件のハイクラス求人が多いから、ステップアップを目指すことができます。

非公開求人も多く、登録しなければ知ることができない好条件の求人があります。

・職務経歴書の転記をしてくれる
会員登録をする際に履歴書や職務経歴書を記入しますが、一から入力しなくても、すでに自分で作ったことのある職務経歴書をアップロードすることができます。

また内容の転記を依頼することもでき、忙しくて時間がない場合は嬉しいサービスです。

・女性向けの「ビズリーチ・ウーマン」もある
産休・育休制度があり、女性が長く勤務してキャリアアップできる企業の求人が集まる女性向けサイトもあります。

通常のサイトでも問題ありませんが、女性を積極採用している企業が集まるため、女性はこちらも活用しておくことをおすすめします。

・アプリからもさまざまな機能が使える
アプリには検索機能やメッセージが読めるなど、外出先でも確認できるようになっています。

働きながら活動をする人には便利です。

◆ビズリーチの悪い評価
・転職を急いでいる人には向かない
基本的にヘッドハンターからのスカウトを待つ受け身のスタイルのため、期限を決めて転職したい場合や転職を急いでいる場合には不向きなサービスです。

いいスカウトがきたら転職する、くらいの余裕を持って活動する人に向いています。

また、ハイクラスでの転職は失敗するとそれまで築いてきたキャリアが台無しになってしまうため、いいスカウトがきても一旦じっくり検討しましょう。

ヘッドハンターに企業の詳細や条件について細かく確認してから選考を進めることをおすすめします。

・ヘッドハンターに依存してしまう
スカウトがくる求人は非公開求人のため、企業や今回の募集の背景など、情報収集がヘッドハンター頼りになってしまいます。

ヘッドハンターはその企業のことを詳しく知っていてアドバイスも的確ですが、採用を成功させなければ利益にならないため、都合の悪い情報をすべて教えてくれない場合もあります。

ヘッドハンターばかりに頼りすぎることなく、自分でも企業について調べたり、他の転職エージェントから情報を得たりするなど情報収集が偏らないように気を付けましょう。

・ヘッドハンターは相性がある
ビズリーチに登録しているヘッドハンターは優秀ですが、人との相性はあります。

スカウトがきたら、そのヘッドハンターを通して選考を進めていくことになりますが、自分から担当を指名することもできます。

しかし指名すると、その人が担当している求人の紹介になるため、求人の幅が限られる可能性があります。

良い評価、悪い評価の両面をしっかりと把握し、自分にあっているサービスかどうかを見極めて活用してくださいね。

ビズリーチの活用方法

ビズリーチで転職先を探す人

次にビズリーチは実際どのような使い方ができるのかをご紹介します。
ビズリーチの利用を検討している人は、ぜひ参考にしてくださいね。

◆ビズリーチの使い方は?
・職務経歴を充実させる
ビズリーチを活用する際に、職務経歴を充実させることが最も重要と言えます。
基本的な情報のほかに、希望条件や保有資格などの項目がありますが、特に職務経歴が大切です。

企業の採用担当者やヘッドハンターは、どんな経歴を持っているのかで判断してスカウトするため、より良い求人に出会うためにも職務経歴は自分の経歴や強みが伝わる内容にしておきましょう。

特に重要視されるのが、企業名や役職名です。
どんな企業でどのようなポジションにいたのか、必ず正確に記載しておきましょう。

・こまめにログインする
ビズリーチでは個人の「最終ログイン日」がわかるようになっています。
特にスカウトなどが届いていなくても、ログインだけでもしておきましょう。

ログイン日が浅いと、転職意欲が高いことをアピールできるため、毎日もしくは2~3日に一度はログインすることをおすすめします。

アプリなどを活用すれば、移動中などでもログインするくらいはできます。

・なるべくスカウトに返信する
多くのスカウトメールをもらうためには、企業やヘッドハンターに自分のプロフィールを見てもらう必要があります。

スカウト側でプロフィールを上位表示させるために、スカウトに返信する方法があります。
そうすることでビズリーチのシステム上で「積極的で転職意欲が高い」と認識され、上位表示されやすくなります。

・興味ある案件にはなるべく早く返信する
スカウトが届いてその求人内容に興味を持ったら、なるべく早く返信しておきましょう。
スカウト側は、あなた以外にも数名にスカウトメールを送っている場合もあります。

他の候補者が先に返信して選考が進んでしまった場合、せっかくのチャンスを逃しかねません。

もちろん先着順で採用が決まるわけではありませんが、早いレスポンスは印象も良くなります。

・有料会員になって自分から応募する
自分に合ったスカウトがなかなか届かない場合は、有料会員になって自分から求人に応募することも検討してみましょう。

スカウト側も、すべての会員の登録情報をチェックできるわけではありません。
時には自分からアピールする必要もあります。

・複数のヘッドハンターとコンタクトを取る
前述の通り、ビズリーチのヘッドハンターはさまざまで相性もあります。
ヘッドハンティング会社に在籍している人もいれば、フリーで活躍している人もいます。

抱えている案件も人それぞれで異なるため、一人ではなく複数のヘッドハンターと連絡を取り、情報収集することをおすすめします。

《やってはいけないNG行動》
次に、ビズリーチを活用する上でやってはいけないNG行動を見ておきましょう。

・経歴やスキルを偽る
ビズリーチではそれまでの経歴が重要視されます。
全くの嘘ではなくても、経験年数や役職を少し上乗せしたりするのもNGです。

強みをアピールするのとは異なるため、気を付けてくださいね。

・同じ案件に複数から応募する
企業はビズリーチ以外のサイトやエージェントでも、同時に求人募集をかけている場合があります。

もし他で見かけても、同じ企業の求人に複数サイトから応募することは控えておきましょう。

ヘッドハンターやエージェントは採用が決まれば収益が得られるため、選考が進んだ場合に弊害が起きてしまいます。

また企業、ヘッドハンターのスカウトする側からしても印象がよくありません。
そこで選考がストップしてしまう可能性もあります。

社会人としてのモラルも問われるため、気を付けておきましょう。

・推薦文を任せっきりにする
ヘッドハンターのスカウトの場合、ヘッドハンターから企業へ推薦文を送ることがあります。

しかし推薦文に時間をかけないヘッドハンターもいるため、推薦文をヘッドハンターに任せっきりにせず、自分でも目を通すと良いでしょう。

◆自分にあったヘッドハンターの選び方
ビズリーチではヘッドハンターからのスカウトが転職成功へのカギとなりますが、ヘッドハンターはどんな人がいるのか気になりますよね。

ここでは、優秀なヘッドハンターの選び方や、ヘッドハンターをフル活用する秘訣を詳しく解説します。

《ヘッドハンターとは》
ビズリーチに登録しているヘッドハンターは、大手転職エージェント所属の社員や、ヘッドハンティング会社の社員、個人でヘッドハントを行っている人などさまざまです。

厳しい審査をクリアした人だけがヘッドハンターとして登録することができ、料金も発生します。

ビズリーチの所属する社員ではないということです。
そのため、保有している求人や転職支援の方法も人それぞれ異なっているのです。

・非公開求人を保有
管理職や役員などの求人は、競合他社に情報を知られたり、社内の人事に関する噂が広まったりすることを防ぐ意味でも一般に公開して行うことがほとんどありません。

そこで企業側が使うのが、転職エージェントやヘッドハンターです。

企業が求めるキャリアを持つ人材を、ピンポイントにスカウトできるヘッドハンターの存在は貴重です。

ヘッドハンターが非公開求人を抱える理由はここにあります。

・ヘッドハンターの評価が可視化されている
ビズリーチに登録しているヘッドハンターは、その評価をランク付けされています。

直近6ヵ月での採用決定人数、採用された会員の年収、送信したプラチナスカウトの返信率から評価されます。

新規登録時はランクがつかず、しばらくしてSからDランクまでのランク付けが行われます。
ランクが上のヘッドハンターほど優秀である可能性が高くなります。

《ヘッドハンター選びのポイント》
・ヘッドハンタースコアをチェックする
前述したヘッドハンターのランクはヘッドハンタースコアで確認することができます。
上位ランクのヘッドハンターを希望するなら、検索条件で設定することができます。

同じく検索条件で、「ヘッドハンター大賞受賞者」をチェックすることもできます。

過去6ヵ月の間に利用者に満足する結果を残したヘッドハンターに贈られる賞で、スコア同様に質の高いヘッドハンターと言えます。

・得意分野をチェックする
自分が希望する転職先の業界や職種に強いかどうかも確認しておきたいところです。
ヘッドハンターが保有している求人も見ることができるため、合わせて確認しておきましょう。

・複数のヘッドハンターを見つける
1人のヘッドハンターでは、保有する求人にもサポートにも限りがあります。
一社がダメな場合、次の求人を紹介してほしくても、マッチする求人がないかもしれません。

複数のヘッドハンターと連絡を取っていれば、停滞する心配が少なくなります。
自分と合うヘッドハンターを、少なくても2~3人見つけておきましょう。

・最初は限定して検索する
ヘッドハンターを検索する際、最初はヘッドハンタースコアや受賞の有無など、細かいところも絞り込んで検索してみましょう。

自分に合うヘッドハンターが見つからなければ、受賞の有無のチェックを外したり、スコアを下げたりしていきましょう。

こうして検索していくことで、自分に合うヘッドハンターを見逃すことなく探すことができます。

他の転職サイトとの評価比較

ビズリーチの評価比較

ビズリーチの概要や評価、活用法やヘッドハンターの選び方などは把握できたでしょうか。
ここでは、他社サイトと比較して見ていきましょう。

◆求人数、年齢層、サポートの違い
ハイクラスに特化したビズリーチとキャリアカーバー、さらに比較対象としてリクルートエージェントの3つのサイトを比較してみましょう。

サイト ヘッドハンターの数 求人数 ターゲット層 サポート体制 利用料金
ビズリーチ 4700人 9万6000件以上(2021年1月時点) 30代~50代 スカウトもしくは直接応募が可能(直接応募は有料) 無料と有料が選べる
キャリアカーバー 2500名以上(2020年10月時点) 5万件以上(2020年10月時点) 20代~50代 スカウトもしくは直接応募が可能 無料
リクルートエージェント アドバイザー470名以上 10万件以上(2020年8月時点) 20代~50代 アドバイザーからの求人紹介 無料


《比較概要》
・求人数
上記表から分かる通り、求人数という点ではリクルートエージェントが抜きん出ています。
しかしリクルートエージェントはハイクラス以外の求人も扱っているため、その数が多くなっています。

特にハイクラス求人となると、その数は限られてきます。

・ヘッドハンターの数
ヘッドハンターの数ではビズリーチが多くなっています。
ビズリーチは他社や個人で活動しているヘッドハンターが登録しているため、その数も多い傾向にあります。

・システム
仕組みとしては、基本的にスカウト待つ点が共通しているものの、自分から直接応募することもできます。

ただしビズリーチで直接応募する場合は有料会員になる必要があります。

・利用料金
ビズリーチのみ有料プランがあります。
無料会員で登録すると、有料プランの無料体験期間が7日間設定されます。

その期間を利用して多くのヘッドハンターとコンタクトを取り、自分に合う人を数人見つけておくこともできます。

次に、有料会員サービスについて詳しく見ていきましょう。

◆プレミアム(有料サービス)について
まずは、有料会員のランクと料金について見ていきましょう。

・タレント会員とハイクラス会員の2つがある
有料のプレミアムプランは、さらに2種類に分かれています。
タレント会員は30日間で2980円、ハイクラス会員は4980円となっています。

ハイクラス会員は年収1000万円以上の求人に応募することができますが、タレント会員はできないようになっています。

またハイクラス専門のヘッドハンターとコンタクトを取ることができるのも、ハイクラス会員だけとなっています。

以前は年収750万円が2つの会員の目安となっていましたが、現在はビズリーチ独自の審査基準で決められるため、会員が希望して選ぶことはできません。

・無料会員に比べてスカウトの量が倍になる
無料会員ではプラチナスカウトにしか返信することができませんが、有料会員なら一般のスカウトメールも閲覧、返信することが可能です。

プラチナスカウトは面談が確約されている特別なスカウトのため数が少なく、全体の4割程度と言われています。

有料会員になればさらに一般のスカウトにも返信できるため、倍以上のスカウトを利用することができます。

・ハイクラス会員はさらに有利
ハイクラス会員なら、ハイクラス専門のヘッドハンターに相談することができます。

役員や経営者クラスの、一般では扱わない求人もあるため、ハイクラス会員になれば、さらなるステップアップを目指した転職が可能になります。

有料会員の特徴は把握できたでしょうか。

年収1000万円以上のスカウトを受けるためにはハイクラス会員であることが必須となりますが、同等の年収やスキルが求められる上、利用料金も高くなります。

まとめ

ビズリーチを使って転職活動をする人

ハイクラス求人に特化したスカウト型の転職支援サービス、ビズリーチの特徴や活用法を詳しく解説してきました。

今よりワンランク上の待遇を目指す人や、キャリアアップを目指したい人にはおすすめのサイトです。

しかしスカウトを受けるにあたってはメリット・デメリットもあるため、自分に合うかどうかをまずは見極めて、上手に活用していってくださいね。

年収

新着記事

関連する記事