「サントリーホールディングス」に転職する方法

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

日本を代表する飲料メーカーとして有名なサントリーホールディングス株式会社。
大手サントリーホールディングスに転職したいと思ったことはありませんか?

サントリーへ理想の転職を実現できるかどうか、平均年収や転職難易度など参考にしていただきたい情報をご紹介しています。

最後まで目を通して、あなたにとって理想的な転職の参考にしてくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 利用したい介護転職支援サービスNo.1サイト(※)
  • 担当キャリアアドバイザーに仕事の紹介から入社後のアフターフォローまで全面的にサポート
  • (※)アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ
コールセンターを希望の方
  • 在宅コールセンターの『コールシェア』
  • 業務内容はリサーチやカスタマーサポートなどさまざま。PCやネット環境がなくても、スマートフォンではじめられます
  • 副業としてお仕事も可能
女性・ママ向け
  • これまで培ったスキルを活かせる時短・在宅勤務の職場を紹介してくれるサービス
  • 仕事内容は企画・マーケティング、営業、人事、秘書、経理、財務、広報、デザイナー、エンジニアなど多岐にわたります

サントリーホールディングスとは

サントリー外観イメージ

1899年、創業者の鳥井信治郎が大阪でぶどう酒の製造販売を始めたところから、サントリーの歴史はスタートしました。

グループ企業は食品、スピリッツ、ビール、ワイン、健康食品などの事業に分かれており、サントリーホールディングスはそのグループ全体の経営戦略を担っています。

まずはサントリーホールディングスの歴史や企業の特徴から詳しく見ていきましょう。

◆サントリーホールディングスの歴史
1899年、大阪市西区に創業者である鳥井信治郎氏が「鳥井商店」を開業。
「日本人の味覚に合う洋酒をつくり、日本の洋酒文化を切り拓きたい」という思いから、ぶどう酒の製造販売を始めます。

何度も失敗を重ねて完成した甘味葡萄酒「赤玉ポートワイン」を1907年に発売。
時代を先駆け、サントリーの礎を築いた商品となります。

1937年には13年かけてつくった「サントリーウイスキー角瓶」を発売。
日本人の繊細な味覚に合った本格国産ウイスキーを誕生させます。

1961年に2代目社長として佐治敬三氏が就任。
文化的な活動で社会に恩返しをするためサントリー美術館を開館します。

1963年にはビール事業へチャレンジし、「サントリービール」を発売。
社名を「サントリー株式会社」に変更して新たなスタートを切ります。

1983年に日本のワイン文化向上を目指して世界でもトップブランドのワイナリーと提携し、シャトー・ラグランジュの経営を開始します。

1986年にはサントリーホールを開館し、音楽業界へも貢献。

1990年に3代目社長として鳥井信一郎氏が就任。
酒類事業と並んで飲料事業もブランドを拡充し、市場をけん引する企業へ。

2001年、4代目社長として佐治信忠氏が就任。

「人と自然と響き合う」という企業理念のもと、環境経営を推進。
2004年には次世代環境教育サントリー「水育(みずいく)」をスタートします。

2009年にオランジーナ・シュウェップス・グループの全株を取得。
2014年、ビームサントリーを設立し、5代目社長に新浪剛史氏が就任。

飲料・食品メーカーとして、グローバルな展開をし続けています。

◆サントリーホールディングスの特徴
《企業情報》
男性平均年齢:41歳
女性平均年齢:38歳
平均勤続年数:17年
男性社員の平均勤続年数:17年
女性社員の平均勤続年数:15年
離職率:1.5%
3年以内の離職率:6.3%
年間の有給休暇取得日数:15日
月の平均残業時間:19時間
となっています。

※就職四季報参照

《企業の特徴》
・売上比率
ビールやウイスキーなど酒類の会社という印象が強いサントリーですが、売上約2.7兆円のうち、酒類が38%であり、清涼飲料水などが38%、その他11%という構成になっています。

ビール事業が黒字化したのは実は2008年以降なのだとか。

・非上場企業
日本でも有数の大手企業でありながら非上場。
上場することでのメリットもありますが、さまざまなデメリットもあります。

非上場でありながら大手企業だから銀行からの資金調達もでき、上場するより自由な経営体制を保つことができています。

・強いブランド力
酒類では「プレミアムモルツ」「山崎」、清涼飲料水では「伊右衛門」や「BOSS」など、名だたる商品で業界でもトップクラスのシェアを誇るサントリー。

高いブランド力と安定した事業基盤も、サントリーの大きな特徴と言えます。

・広告戦略に強い
創業初期のころから広告戦略に力を入れていたことでも有名です。

サントリーの宣伝部からは後に芥川賞や直木賞を受賞した作家、著名なコピーライターなどを多く生み出しています。

《働き方の特徴》
・社員一丸となってゴールを目指す社風
新商品開発の場合、企画・開発の段階で、営業担当やマーケティング、宣伝など部門を超えて意見を出し合います。

社員が一丸となって設定したゴールを目指し、実現に向けて進んでいく仕事の進め方がサントリーの会社全体に浸透しています。

・社員のキャリアを伸ばす仕組み
サントリーの人材育成制度には、社員、上司、人事が一体となって行うキャリアビジョンがあります。

社員が自らのキャリアを考え、10年後の姿を思い描いて経験したい業務を希望。
上司と面談を行い、将来のキャリア実現に向けたプランを設定していきます。

年1回のキャリアビジョンの他にも、年4回、上司と部下で面談を実施。
社員一人ひとりが納得のいく評価やキャリアを進んでいける仕組みがあります。

・ダイバーシティの推進
年齢、性別、国境、ハンディキャップという4つを重点領域とし、その課題解決に取り組んでいます。

例えばLGTBの取り組みでは、相談窓口を開設したり、社内規定の定義に同性パートナーも加えたり、多目的トイレマークの表示など、身近なところから会社全体で実施しています。

同社のこうした取り組みは、日本経済新聞社が実施する「日経Smart Work経営調査2019」において最高評価を獲得するなど、社外からも高い評価を得ています。

サントリーホールディングスに転職、気になる年収は?

サントリー年収イメージ

次に、サントリー ホールディングスの気になる年収はどれくらいか、年代別の年収や、初任給など詳しく見ていきましょう。

◆サントリーホールディングスの平均年収は?
サントリーの新卒の初任給は、大卒で21.2万円となっています。
ここでは年代別、業種別、役職別の平均年収の違いを見ていきましょう。

《年代別の平均年収》
20~24歳:309万円:21万円
25~29歳:787万円:52万円
30~34歳:860万円:60万円
35~39歳:890万円:62万円
40~44歳:996万円:70万円
45~49歳:1129万円:78万円
50~54歳:1230万円:84万円
55~59歳:1219万円:83万円
60~65歳:804万円:57万円
40代で1000万円超え、ピーク時は50~54歳で1230万円ほどとなっています。

《職種別の平均年収》
総合職:1463万円~1563万円
技術職:994万円~1094万円
一般職:1017万円~1117万円

《役職者の平均年収》
主任:1088万円
係長:1228万円
課長:1623万円
部長:1794万円

◆サントリーホールディングスとライバル企業との年収比較
ライバル企業の年収と比較してみましょう。

《飲料業界の年収ランキング》
1位:アサヒ:1250万円
2位:サントリー:1150万円
3位:キリン:896万円
4位:サッポロ:760万円
5位:ダイドー:723万円
6位:伊藤園:566万円
1位のアサヒグループホールディングスには届きませんが、平均年収1000万円を超えている企業は少なく、高収入と言えます。

サントリーホールディングスの評判は?

サントリーの仕事のやりがい

就・転職の会社選びは、どんなに大手企業や評判のいい企業でも、不安になることがあります。

そんな転職の不安を解消するため、ホワイト企業かブラック企業かをしっかりチェックしておきましょう。

◆サントリーホールディングスの仕事のやりがい
サントリーの業務内容は職種ごとに異なります。
ここでは職種別の主な業務内容と、各部門での目的ややりがいを詳しく見ていきましょう。

《職種別の業務内容》
・ビジネス部門
国内・海外に向け、酒類や食品、健康食品のマーケティング、
国内・海外での経営企画、人事、広報、法務、知財、財務、経理、SCM、原料や包材調達などの専門スタッフ、
家庭用営業、業務用営業、営業企画などの国内酒類提供、
いずれかの職種に携わります。

・財務部門
国内、海外の財務・経理担当として専門性を磨き、幅広く活躍するチャンスがあります。

・デジタルテクノロジー部門
酒類、食品、健康食品のデジタルマーケティング、ITコンサルタント、営業推進のいずれかに配属になります。

将来は専門性を磨いて幅広く活躍できるチャンスがあります。

・生産研究部門
基盤研究、商品開発、技術開発のいずれかに携わります。

《仕事のやりがい》
サントリーでは少数精鋭のチームで商品開発などに取り組む風土があります。

一致団結して製品を作ったり、新しいプロモーションをしたり、チームでの達成感は大きなやりがいの一つと言えます。

またサントリーというブランドは、人々の生活に浸透しています。
自分が関わった商品をお客様が手に取ってくれている光景を見ることも、やりがいにつながるでしょう。

《充実の研修制度》
入社当初から、大小さまざまな研修が用意されています。
全員参加しなければならない研修のほかにも、「サントリー大学」という仕組みがあります。

格安で研修を受けたり、自己啓発のための費用を補助してくれたり、海外での実務経験を積むためのプログラムに参加できたり、スキルアップのための環境が充実しています。

決まった業務内容、決まった資格を取得するのではなく、自分のキャリアを考え、足りないスキルを身につけたいという人に向いています。

◆サントリーホールディングスの残業時間や福利厚生をチェック
《残業時間》
サントリーの残業時間は、平均月25時間。
部署や携わっている業務によっても差はあるかもしれませんが、1日1~2時間程度と考えてよいでしょう。

業務効率を上げて残業時間の削減をする意識が社内に浸透しています。
残業手当もつくので、そこに不満を感じる社員は多くはないと言えるでしょう。

《休日・有休取得》
働き方改革を人事が推進し、有休は年に16日以上取得することが義務付けられています。
そのため有休消化率は平均70%を超えていると言われています。

商品の発売日などがあれば休日出勤の可能性もありますが、休みはきちんと取れて、仕事とプライベートの切り替えができる職場環境と言えます。

《社風》
社内の風通しはよく、意見や提案も言いやすい雰囲気があります。

主体性が求められており、新しいことへのチャレンジもできる環境があるのは、初代社長の口癖だった「やってみなはれ」の精神が受け継がれていることがうかがえます。

2015年にはグループ全従業員を対象とした「有言実行やってみなはれ大賞」が創設され、従来の方法に捉われず、新しい発想でのチャレンジを実践したチームが表彰される制度があります。

《女性の働きやすさ》
女性の管理職も増えている傾向があり、産休・育休はもちろん、復帰後の時短勤務も可能です。

結婚や出産を機に退職する女性は少なく、周りもサポートする雰囲気があるため、女性が本当に働きやすい環境が整っていると言えます。

《新しい働き方》
フレックスでの勤務やテレワークの導入など、出社しない新しい働き方も推進されています。

部署によっても異なりますが、週に数日のテレワークも認められる傾向が増えています。

《自分に合っているかを見極めよう》
残業時間や休みの取りやすさなど、働きやすい待遇が整っていると言えるサントリー。

多様な働き方も認められていますが、テレワークも「通勤時間がなくていい」という人もいれば、「仕事を自宅に持ち帰りたくない」という人には、逆に働きにくい要素になる場合もあります。

また、サントリーならではの文化や企業風土は、他の企業での経験を持つ転職者にとって、合うか合わないかが非常に重要になります。

実際に働いている社員の口コミをチェックしたり、転職エージェントに相談してみるなど、広く情報収集を行い、何が自分に合っているのかを見極めることをおすすめします。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 利用したい介護転職支援サービスNo.1サイト(※)
  • 担当キャリアアドバイザーに仕事の紹介から入社後のアフターフォローまで全面的にサポート
  • (※)アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ
コールセンターを希望の方
  • 在宅コールセンターの『コールシェア』
  • 業務内容はリサーチやカスタマーサポートなどさまざま。PCやネット環境がなくても、スマートフォンではじめられます
  • 副業としてお仕事も可能
女性・ママ向け
  • これまで培ったスキルを活かせる時短・在宅勤務の職場を紹介してくれるサービス
  • 仕事内容は企画・マーケティング、営業、人事、秘書、経理、財務、広報、デザイナー、エンジニアなど多岐にわたります

サントリーホールディングスの転職難易度

サントリーへの転職

サントリーに転職を希望する場合には、その難易度をあらかじめ把握しておくことも大切です。

部署ごとに細かく採用基準などが分かれていますので、転職活動を開始する前に事前にチェックしておきましょう。

◆サントリーホールディングスの採用倍率は高い?
サントリーホールディングスの採用倍率は、86~172倍ほどと推測することができます。
この倍率は、エントリー数を1万人~2万人と仮定した時、2018年度採用実績116人で割った数です。

競合他社3社と比較して見てみましょう。
社名:倍率:採用実績
キリン:138倍:72人
アサヒビール:128倍:78人
サントリー:86倍:116人
サントリーは採用人数が多かったため、倍率が低くなっています。

この数字は新卒採用のものです。
中途採用とは異なりますが、応募数から見ても新卒、中途どちらも採用の難易度は高いと言えます。

◆サントリーホールディングスの中途採用の職種と面接対策
《中途採用の職種》
サントリーの採用情報によると、中途採用で携われる職種は以下のようになっています。

・基盤研究
・商品開発
・技術研究
・マーケティング
・営業
・原料調達
・品質管理
・広告宣伝

ただし、これらの職種は随時募集しているというわけではなく、募集している職種はその時の状況によって異なります。

また、サントリーホールディングスでの募集は少ないため、グループ会社で探す方が募集職種を見つける確率が高い場合もあります。

《中途採用での面接対策》
・企業理念や社風の理解
創業者である鳥井信治郎氏が製造・販売をしたぶどう酒のことなど、創業からの大まかな歴史やコーポレートメッセージは把握しておく必要があります。

給与や待遇なども充実しており、業務の中でチャレンジし、スキルアップができる環境が整っています。

チームでプロジェクトに取り組み、社員一丸で目標を目指す社風などをしっかり理解し、その中に入って活躍できるかどうかをアピールすることが重要になるでしょう。

これまでの仕事への取り組み方や考え方、サントリーに入社した後のキャリアプランややってみたい仕事などを明確にアピールできるように考えておく必要があります。

・選考フロー
書類選考、一次面接、二次面接、最終面接と、3度の面接が予定されています。
面接の他にも筆記試験や適性検査なども実施されます。

デザイン関係などの職種を受ける場合は、応募書類にポートフォリオなどがあればアピール材料になります。

・実際に面接で聞かれた質問と回答のポイント
質問:行ってみたい海外
回答のポイント:場所だけではなく、なぜそこに行きたいのかを明確に伝えるようにする。
志向性や価値観を知るための質問もあるため、幅広い質問を想定しておくとよい。

質問:入社後の目標
回答のポイント:自分の経験やスキルなどの強みや、新しい発想力や行動力などをアピールできるように、回答をいくつかのパターンで準備しておくとよい。

質問:過去の成功体験
回答のポイント:過去の体験を数値などを交えて具体的に回答。会社の理念やビジョンに即したエピソードがあればなお良い。

質問:自分の人柄
回答のポイント:第三者から見た自分の人柄はどうか、客観的な視点を求められる傾向がある。
話し方でも人柄を伝えることができるため、ざっくばらんに、明るく話すと好印象。

質問:なぜサントリーなのか
回答のポイント:他社にない強みや愛社精神を伝える。

会社やその会社の商品がどれだけ好きか、また競合他社にない魅力があることを伝えられれば、長く活躍できる人材だとアピールできる。

質問:好きな言葉
回答のポイント:その言葉を選んだ理由も重要。それによって仕事に対する考え方や価値観を伝えることができる。

《面接は事前の準備が重要》
サントリーの面接では、一般的な質問はもちろんですが、特にしっかりと答えられるようにしておきたいのが、志望動機です。

企業理念や商品理解を深めて、自分のスキルと合わせて具体的な目標まで落とし込んでおくと良いでしょう。

志向性や人柄を見るべく、変わった質問をされることもあります。
今回の質問を参考にして、面接の前にどんな質問にもテキパキと答えられるように準備をしておいてくださいね。
面接も3度予定されていることもあり、意図がわからず答えにくい場合もあるかもしれません。

そんな時は無理せず、自分なりに質問を受けとめた回答だったり、「質問の答えとして合っているかどうかわかりませんが」と正直に伝えて、思うところを話したりしましょう。

受け答えの誠実さも、面接でのポイントになります。

《中途採用は転職エージェントがおすすめ》
サントリーの中途採用の募集は、その都度職種が異なるため、随時コーポレートサイトをチェックしておく必要があります。

しかし、働きながら転職活動をする場合は、なかなかチェックが難しい場合もあります。
そこで、中途採用を狙うなら転職エージェントを活用することをおすすめします。

・サントリーの求人があれば教えてくれる
転職エージェントに登録し、転職したい企業がサントリーであることを伝えておけば、サントリーで募集があれば教えてもらえます。

また企業の中には募集していることをあえて伏せておきたい場合もあるため、非公開求人での募集もあります。

非公開求人を多く扱う転職エージェントを探して、登録しておきましょう。

・求人を紹介してもらえたら、採用の可能性が高くなる
タイミングよくサントリーの募集があり、求人とマッチすれば紹介してもらえます。
エージェントが求職者に紹介する時は、採用の可能性が高いと言えます。

応募書類の見直しや面接での受け答えのアドバイス、入社後のキャリア相談や待遇の交渉など、採用に向けて手厚いサポートを受けることができます。

一人で転職活動をするより効率よく、採用への道も近づくでしょう。

・ハイクラスやヘッドハンティングもエージェントもおすすめ
サントリーほどの大手企業であれば、ハイクラス求人ばかり扱うエージェントに登録しておくのもおすすめです。

また、ヘッドハンターが登録するサイトもあり、そこでヘッドハンティングを待つという方法もあります。

スカウトやヘッドハンティングは自分から活動する必要がなく、手間はかかりませんが、いつ声がかかるかわからないというデメリットもあります。

異なる強みを持つエージェントを複数活用しながら、転職の道を探すと良いでしょう。

まとめ

サントリーまとめ

サントリーという大手企業への転職を成功するためには、事前に準備しておくことが重要です。

特に3度行われる面接対策は、万全にしておく必要があります。

サントリーは社員満足度が高く、離職率が低いことは働く人にとっては嬉しい情報ですが、転職希望者にとっては、なかなか中途採用の空きが出ないというマイナスな情報でもあります。

募集が出たタイミングを逃さず、応募するためにも転職のプロのサポートを受けることをおすすめします。

今回の記事を、サントリーへの転職活動の参考にしてくださいね。

年収

新着記事

関連する記事