技術の電機メーカー「パナソニック」に転職する方法

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>「転職活動を検討される際は、転職エージェントの利用をおすすめしています。

転職エージェントはキャリアアドバイザーのサポートの質や求人情報の違いもあるためまずは大手媒体を数社、業界や部門に特化した媒体を登録するのがおすすめです。

まずは様々な業界の求人情報をチェックするために、dodaに登録してみましょう。
求人数は9万件以上あり、キャリアアドバイザーの質の高さも評判であり、初めて転職する方にもおすすめです。
多くの求人を比較したい、高い質のキャリアサポートを受けたい方はぜひ利用してみてください。

doda公式サイトで会員登録

パナソニックと言えば、日本を代表する電機メーカーとしてさまざまな商品を開発しています。

大正時代に創業し、「経営の神様」と言われた松下幸之助が作った経営基盤を基に現在も幅広い分野で活躍しています。

今回は、そんな高い技術を持つパナソニックの歴史から、転職する方法まで詳しくご紹介します。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 「転職サイト」と「転職エージェント」の両方の求人が掲載されているの、求人数が圧倒的に多い
  • 色んな求人を見て働き先を探したい方
    におすすめ
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
全ての転職者
  • 20代向けの求人が多い
  • 中小企業やベンチャーを希望の方におすすめ

パナソニックとは

パナソニックロゴ

「経営の神様」とも呼ばれる松下幸之助氏が始めた松下電気器具製作所からスタートし、日本が誇る電機メーカーとして現在に至るまで歴史を作り続けているパナソニック株式会社。

一般家庭向けの家電からエレクトロニクス分野まで、さまざまな電気製品を開発、生産する日本有数の大手企業です。

まずは、誰もが知るパナソニックという企業について、詳しく見ていきましょう。

◆パナソニックの歴史
パナソニックの創業者である松下幸之助の生い立ちから、松下電気器具製作所の設立、近代の活動や活躍までを時系列でご紹介します。

・パナソニック創業者、松下幸之助の誕生
松下幸之助は1894年、8人兄弟の末っ子として誕生。
4歳の時に父親が米相場で失敗し、9歳で大阪の八幡筋の宮田火鉢店に、その後3ヵ月で船場の五代自転車店に奉公し、利発だった幸之助は主人に可愛がられたと言われています。

丁稚奉公をしていたころ、タバコの買い出しを頼まれて、その度に買いに行くのをやめて箱買いし、オマケ分をお小遣いにしていたというのは松下幸之助のエピソードでも有名な話ですね。

15歳で大阪電灯に転職し、20歳で結婚。
22歳で検査員に昇進し、ソケットの改良に取り組み、試作品を作りました。

その後独立し、1917年にソケットの製造販売をスタートするも、なかなか売れずに生活は困窮。

しかし扇風機のがい盤の注文を受け、出来の良い製品で注文が続きました。

・松下電気器具製作所を設立
1918年、23歳で「松下電気器具製作所」を設立。

扇風機のがい盤を製造する傍ら、最初の製品となる「アタッチメントプラグ」「2灯用差し込みプラグ」を考案します。

設立当初は技術者として生産に携わっていましたが、価格競争に巻き込まれたため問屋と直接取引をし、自ら販路を切り開きました。

ローソクか石油ランプがほとんどだった当時、電池式のランプ「砲弾型電池式ランプ」を考案。

さらに1927年には角形のランプを発明します。
1929年、世界恐慌の影響で売り上げが半減した時にも、従業員を解雇せず給与も全額支給し、社員一丸となって在庫販売に注力し、約2ヵ月で在庫を一掃して生産も元通りに回復しました。

・事業部制の導入
1933年、事業部制を考案し、分野別の自主責任経営体制を導入。
これにより各事業部は開発、生産、販売に至るまで一貫して責任を持つ独立採算制になりました。

事業部制を戦前から取り入れていたのは画期的なことだったと言われています。

1938年には12インチブラウン管のテレビ試作品を作り、無線伝送試験に成功。
一般にも公開しました。

1941年に太平洋戦争が勃発。
資材不足になっても「製品自体を劣化させてはいけない」と社内に通達。

戦後は世界的な視点から経営をしなければいけないと考え、海外視察を行いました。
戦前から取引のあったオランダのフィリップ社と交渉し、松下電子工業が誕生。

1951年、洗濯機の製造販売を開始。
白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫が「三種の神器」と呼ばれる家電ブームが起こりました。

1961年、輸出活動とともに海外への技術援助や工場建設を進めました。
海外生産会社として初となる「ナショナル・タイ」を設立し、乾電池の現地生産を開始。

同年、社長職を松下正治氏に譲り、自身は会長職となりました。
高度成長を遂げた日本は海外から注目されるようになり、世界的な雑誌で紹介されるようになりました。

一から立ち上げ、多くの製品を生み出してきた幸之助は1989年に逝去しました。

国内や海外企業とも合併することで事業拡大をし、ソニーや東芝などとも提携するなど、ライバル企業と一緒に日本の発展に貢献し続けてきた企業と言えます。

◆パナソニックの特徴
現在はBtoB事業に大きく舵を取っているパナソニック。
ここでは主な事業内容や、車載事業で複数の世界No.1製品を提供するなど、他社との違いを見ていきましょう。

《主な事業内容》
・家電事業
空調や調理・家事家電、美容や健康家電、AV家電など

・住宅事業
住宅設備やリフォーム、エネルギーマネジメント、エウジフリーなど

・車載事業
インフォテインメントシステム、電装エレクトロニクス、車載電池など

・B2B事業
アビオニクス、ファクトリー向けソリューション、食品流通向けソリューション、社会インフラなど

パナソニックは家庭用の家電だけではなく幅広い事業で活躍している企業だということがわかります。

《特徴》
社会生活の改善と向上を事業主旨に掲げ、国名はもちろん世界も視野に入れていることが大きな特徴の一つです。

この趣旨は創業者である松下幸之助の経営理念に基づいたもので、それを叶えるために、前述の4分野での事業展開をしています。

またパナソニックは既存商品に新たな付加価値を生み出すことにも長けています。

家電事業では付加価値をつけることが難しい場合もありますが、BtoB事業ではまだまだ付加価値をつける余地があり、さらに収益を拡大させやすいとされています。

車載事業では世界No.1製品を複数提供しており、自動車市場は今後さらに成長していく分野と言われているため、さらにこの事業を発展させていくことが見込まれます。

家電のイメージが強い同社ですが、現在はBtoB事業に力を入れており、売上の半数以上がBtoBになっています。

パナソニックに転職、気になる年収は?

パナソニックの給与

パナソニックの平均年収は760万円ほどで、日本の平均年収440万円よりもかなり高い金額になっています。

ここではパナソニックの気になる年収について、年齢や役職での違いなどを詳しく解説していきます。

◆パナソニックの平均年収は?
《年代別の平均年収》
20代:580万円
30代:750万円
40代:900万円
50代:960万円
パナソニックの年収は30代で600万円以上、50代で最も高い年収となります。

《業種別の平均年収》
パナソニックでは一般職と総合職の2種類があります。

総合職は管理職候補として採用されるため業務責任も重く、海外転勤などもあります。

そのため年収も高めに設定されており、総合職なら30代後半から40代くらいまでの間に年収1000万円を超える可能性もあります。

一般職では総合職のアシスタント的な業務を担うことが多く、一般的な事務やルーティンワークがメインとなります。

重要な業務や責任を負うことがないぶん年収は総合職に比べて低く、平均年収は750万円ほどです。

また工場などの技能職では平均年収500万円ほどとなっています。

大卒の一般職より低い年収になっていますが、日本の平均年収より高く、福利厚生などが充実しています。

《初任給》
大学院卒:約23万円
大卒:約21万円
高専卒:約18万円
初任給としては、同規模の企業とほぼ同じ金額となっています。

《役職ごとの年収》
主任:750万円
係長:850万円
課長:1000万円
部長:1200万円
課長以上になると年収1000万円を超え、年齢に関係なく実力が認められれば年収を上げることができます。

《年功序列から成果主義へシフト》
現在パナソニックでは年功序列から、成果主義へ移行する動きが見られます。

年に一度の昇給では、実績を上げた人とそうでない人では昇給額に差があり、また昇格も課長以上への昇進は実績が重視されています。

実績次第では年下が上司になる可能性もあります。

◆パナソニックとライバル企業との年収比較
次に、全業種におけるパナソニックの年収ランキング、日本の大手電機会社8社の平均年収を見ていきましょう。

《大手電機企業の年収ランキング》
1位:ソニー:935万円
2位:日立製作所:868万円
3位:日本電気(NEC):833万円
4位:東芝:827万円
5位:富士通:810万円
6位:三菱電機:798万円
7位:パナソニック:789万円
8位:シャープ:633万円
家電事業がメインの企業より、BtoB事業をメインに展開している企業の方が平均年収が高めに設定されている傾向にあります。

《全業種の年収ランキング》
1位:M&Aキャピタルパートナーズ:2478万円
2位:GCA:2063万円
3位:日本商業開発:1921万円
4位:ボストンコンサルティング(BCG):1860万円
5位:キーエンス:1839万円
全業種ではパナソニックのランキングは494位となっています。

パナソニックの評判は?

パナソニックのやりがい

就職や転職の会社選びの時には、「目当ての会社がブラック企業ではないかどうか」「長く働ける会社かかどうか」と不安になりますよね。

応募しようとしている企業がホワイトか、ブラックか、口コミサイトから見ていきましょう。

◆パナソニックのホワイト企業度を口コミでチェック
《仕事のやりがいを感じる企業ランキング》
1位:ソニー
2位:パナソニック
3位:東芝
4位:日立製作所
5位:NEC
6位:キャノン
7位:セイコーエプソン
8位:三菱電機
9位:シャープ
10位:富士ゼロックス
仕事のやりがいを感じる企業として、同業種では2位にランクインしています。

《社員の口コミ》
転職会議の口コミから、パナソニックで働く社員のリアルな声を見ていきましょう。

「幅広い事業を展開しており、事業の成長性も領域も将来性が見込める」
「事業ごとの風土は異なるが、研修も充実していて個人としてのスキルアップが目指せる環境が整っている」
「実力成果主義にシフトしているため、実績を上げれば収入や昇格が早くなり、やりがいにもつながっている」
「多くの人の暮らしを支える製品を提供していて社会貢献度も高い」
「グローバル企業だけど先を行く企業がどんどん増えていくため、最先端の技術導入や戦略を立てる必要がある」

事業の成長性や将来性、仕事のやりがいなどポジティブな印象を持っていることがわかります。

また一方では現在のグローバル戦略を疑問視する社員もいます。

◆パナソニックのブラック企業度を口コミでチェック
《パナソニックの離職率》
パナソニックの新卒3年以内の離職率は未公表ですが、推定では5~10%程度と予想されています。

他の同業種の企業と比較しても差はなく、平均的な数値と言えます。

《口コミから見るパナソニックの働きやすさ》
・残業に関する口コミ
「部署によっては残業が多く、退社が22時などになる日もある」
「月平均30時間程度の残業で、定時退社できる日もあった」
「残業を減らす雰囲気づくりはあった」
残業を減らす社風はあるようですが、部署によって残業時間が多くなる場合があることも伺えます。

・有給休暇に関する口コミ
「休みが多く、有休も取りやすい環境だった」
「退職した時に有給休暇を使うことができなかった」
「管理職以下であれば有休取得率は100%に近く、上司が有休取得を促してくれる」
有休が取りやすいという内容が多いものの、退職の際に有休消化ができなかった人もいるようです。

・給与、ボーナスに関する口コミ
「実績によって異なるが、年に一度月に1万円程度の昇給がある」
「残業はきついが、それに見合う給与がもらえる」
「給与に不満はないが、部署によっては残業も多い」
給与金額に関する不満は少ないものの、その分残業が多い部署があることがわかります。

・社風に関する口コミ
「年功序列で昇給や昇格も年齢で決まる」
「上下関係が結構厳しく、若手や新卒の意見はなかなか聞いてもらえなかった」
「体育会系の社風があるなど、部署や上司によってかなり雰囲気が違う」
成果主義に移行しつつあるものの、まだまだ年功序列の意識が色濃く残っている部署もあるようです。

《口コミサイトからの企業調査のポイント》
口コミサイトを使った企業調査は、実際に勤務した経験を持つ社員が書き込みをしているため、かなり信ぴょう性は高いと言えます。

しかし退職した社員の口コミは、不満があったことを強調して書いていることが多く、マイナスの口コミも目立ちます。

すべてを鵜呑みにするのではなく、個人的な意見として見るようにしましょう。
口コミでどうしても気になる内容があれば、面接などの際に直接聞いてみてもいいでしょう。

パナソニックの転職難易度

パナソニックの転職難易度

パナソニックへの転職難易度は高いと言えます。

転職の際に採用担当が見ている部分はどこなのか、転職を成功させるコツなどを詳しく見ていきましょう。

◆パナソニックの採用倍率は高い?
パナソニックの新卒採用の倍率は20~50倍程度と言われています。
職種別では、技術系よりも事務系がかなり難しく、50倍の倍率は事務系となっています。

日本有数の電機メーカーとして、難易度はかなり高いと言えます。
新卒採用の難易度が高いことと同様に、転職難易度も高い企業であることがわかります。

◆パナソニックの中途採用の職種と面接対策
《中途採用に積極的》
パナソニックでは中途採用を積極的に行っています。

キャリア採用では仕事内容が明確に分類されており、その分野での専門知識や経験を持つスペシャリストが求められています。

《中途採用の職種》
・技術職
研究開発
電気・電子・機械
IT・通信・システム
品質管理・品質保証・生産管理
その他、セールスエンジニアやサービスエンジニアなど

・事務職
営業・マーケティング
経営企画・事業企画・法務・広報・宣伝・経理・生産管理など

現在、事務職やスタッフなどより技術職の採用に力を入れる傾向にあります。

《選考の流れ》
・セミナーなどの実施
パナソニックでは転職希望者に向けて、セミナーや相談会を実施しており、興味のある部門の担当者と直接話す機会があります。

キャリア採用の担当者に質問することもできるため、採用後のミスマッチを減らすことができます。

・採用の流れ
採用はWebなどによるエントリー、書類選考、一次面接、二次面接を経て内定となります。
応募者の数によっても違ってきますが、書類選考だけで2週間~3週間程度かかる見込みです。

面接の合否連絡は1週間程度となっています。

《必要な資格の有無》
キャリア採用では、必須とされる資格や推奨されている資格は特にありません。
しかし学歴は高専・大卒以上となっており、募集職種での実務経験が必要です。

職種によってはTOEIC700点以上が推奨される場合があります。

《面接の傾向と対策》
・求める人物像を把握する
パナソニックのコーポレートサイトによると、
「お客様価値最大化人材であり、常にチャレンジングでタフな人間、お客様の思いをカタチにしていくために、人としての基本を重視し、常にお客様のことを第一と考え、そして、新しいソリューションを創造し続けるヒトを必要としています。」
と記載されています。

そこのマッチしている人材であることをアピールできるように、しっかりと自己アピールを考えておきましょう。

・コーポレートガバナンスを理解する
一般的な質問はもちろん、パナソニックの会社の概要や理念、製品についてしっかり把握して自分のスキルや経験をどう活かせるかを考えていく必要があります。

これまでチャレンジしてきたこと、新しい技術開発など、またトラブルをどう乗り越えたかなどのエピソードでパナソニックでの貢献度をアピールすることができます。

大企業だからこそできる事業への貢献、地域やたくさんの人々への貢献への思いを、これまでの経験を交えてアピールすると良いでしょう。

・受け答えは的確な対応を心がける
面接は配属先の管理職や人事担当者など大人数で行われるため、厳しい質問をされる場合もあります。

どんな時でも落ち着いて、質問の意味をきちんと理解して的確に対応することが求められます。

・競合他社の研究も必要
採用担当者は、転職希望者がパナソニックで何がしたいのか、スキルや経験を活かせるのかどうかを知るために、「なぜパナソニックに転職したいのか」を聞いてきます。

パナソニックという企業はもちろん他社との違いなど、業界や職種の枠を超えて理解しておく必要があります。

同時に競合他社の情報としては、キーエンスや三洋電機、シャープなどの企業研究をしておくと良いでしょう。

《転職で求められる人物とは》
・組織として動ける人物
自分で考えて行動できる主体性のある人はもちろんですが、やはり大企業ということもあり、組織のことを考えて行動できるかどうかも重要なポイントです。

また既存の社員や社内の雰囲気になじめるかどうかも重視されます。
あまりにクセの強い人は敬遠されるかもしれません。

いろんな人とコミュニケーションを取り、信頼関係を築ける人かどうかを求められます。

・スキルと経験を持ち、自己実現できる人
パナソニックの企業理念を理解し、自分のスキルや経験を活かして貢献できる人、転職して自己実現ができる人が求められます。

前例や過去に捉われることなく、新しい価値や技術を生み提供できることをアピールすると良いでしょう。

・高い目標を持ち、チャレンジできる人
大企業だからこそできることも多々ある企業です。

転職してお客様のことを第一に考え、会社と一緒に社会貢献できる人、いろんなことにチャレンジできるかどうかをアピールしておくことも大切です。

《転職を成功させるには》
・転職サイト、エージェントを活用する
事務職、技術職のどちらも専門職ポジションの採用がほとんどです。
専門職は非公開求人が多いため、転職サイトや転職エージェントを活用しておきましょう。

パナソニックのような大手企業への転職となれば、よほどスキルや経験に自信のある人以外は転職のプロのサポートを受けることをおすすめします。

応募書類の見直しや面接対策、面接への同行やフォロー、さらに入社前には条件面の交渉などもお任せできます。

転職成功は採用を勝ち取るだけではなく、入社後に自分のスキルを発揮して活躍できるかどうか、待遇に満足できるかなども大切なポイントです。

それらを維持するためにも、転職のプロのサポートは大きな戦力になってくれるでしょう。

・複数サイトやエージェントに登録する
幅広く多くの求人を扱う転職サイトやエージェントを複数活用しておくのも転職成功のポイントです。

コーポレートサイトから応募する方法もありますが、転職サイトを介して活動すると転職サポートを受けたり、書類選考を省くことができたりするなどメリットもあります。

登録しておいて、パナソニックの求人が出たら応募するというやり方も、余計な手間がかかりません。

ハイクラス求人を扱うサイトや、ヘッドハンティングのサイトへ登録するのもおすすめです。

また、こうしたサイトやエージェントを活用することで転職市場での自分の価値や業界の動き、競合他社の情報なども知ることができるため、面接の際に役立つ知識を得ることができる可能性があります。

まとめ

パナソニックへの転職を希望する人

日本有数の電機メーカーであるパナソニックは、入社する難易度が高い企業のひとつです。
もしかしたら新卒の就職活動で、入社が叶わなかった人もいるかもしれません。

一度はあきらめたものの、他の企業で十分な経験を積み、高い専門性やスキルを磨いた人であれば、転職という形で入社できる可能性は十分にあります。

しかしそのスキルや経験を活かして転職を成功させるには、今回紹介したようなポイントを押さえておく必要があります。

パナソニックという企業について把握し、自分が企業理念に合うかどうかを考えること。
パナソニックが求める人物に当てはまるかどうか、明確にすること。

そしてどんなアピールをすればいいかを考えて実行できれば、採用を勝ち取ることができるでしょう。

自分一人で自信のない場合は、転職のプロのサポートも受けながら、転職を成功させてくださいね。

年収

新着記事

関連する記事