施工管理の転職におすすめの求人サイト

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

施工管理で転職を検討しているなら、転職に失敗しないように市場を知っておくことが重要です。

本来であれば転職は収入アップやステップアップのための手段のひとつですが、転職で待遇や給与がダウンしてしまう場合もあります。

今回は、施工管理の年収の実態や年収アップの方法を詳しく解説しています。
おすすめの求人サイトも紹介しているため、最後まで目を通して転職成功の参考にしてくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 利用したい介護転職支援サービスNo.1サイト(※)
  • 担当キャリアアドバイザーに仕事の紹介から入社後のアフターフォローまで全面的にサポート
  • (※)アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ
コールセンターを希望の方
  • 在宅コールセンターの『コールシェア』
  • 業務内容はリサーチやカスタマーサポートなどさまざま。PCやネット環境がなくても、スマートフォンではじめられます
  • 副業としてお仕事も可能
女性・ママ向け
  • これまで培ったスキルを活かせる時短・在宅勤務の職場を紹介してくれるサービス
  • 仕事内容は企画・マーケティング、営業、人事、秘書、経理、財務、広報、デザイナー、エンジニアなど多岐にわたります

施工管理職の求人状況と将来予測

施工管理の転職を目指す人

施工管理職として転職するにあたって、市場動向を知っておくことは成功への第一歩と言えます。

今のままで施工管理職を続けていけるかどうか、将来性をイメージし、キャリアパスを検討しておきましょう。

◆施工管理職の求人状況
《施工管理の仕事》
施工管理の仕事は大きく4つあります。

納期までに工事が間に合うように作業などのスケジュールを管理する「工程管理」、依頼主からの要望や基準に沿うようにする「品質管理」、予算内に工事を完成させるための「原価管理」、そして現場で働く作業員や現場周辺の地域住民の方々の「安全管理」です。

この4つの管理が施工管理の主な仕事です。
そのための書類作成や依頼主との折衝、作業員との調整や資材発注など、業務内容は多岐に渡ります。

時には施工管理と現場監督を分けて考える企業もありますが、仕事の内容はほとんど同じです。

ただ分けて考えるとすれば、現場監督の方がより現場での工事をメインに管理する役割で、施工管理は工事に関わるすべてのものを管理する役割を負っていると考えておきましょう。

《施工管理の種類》
施工管理と一言で言っても、種類によって仕事内容が異なります。

・建築施工管理
住宅や店舗などの新築やリフォームなどを行います。

施主様との打ち合わせや資材の発注、作業員の手配と調整、予算管理や安全管理などを担っています。

・土木施工管理
道路の舗装や建設、下水道の工事などを行います。
道路、公共工事などの現場監督、工事の進捗や資材の手配などの役割を担っています。

・設備施工管理
住宅や公共施設、ビルなどの空調や給排水などの工事を行います。

依頼主との打ち合わせや設計図通りに施行されているか、納品やアフターフォローまで行う場合もあります。

《求人状況》
現在、コロナの影響で景気が落ち込んでいますが、施工管理の仕事は飲食業界や旅行業界ほど大きな影響は受けていません。

そのため、まだまだ施工管理の仕事は需要が高い状況が続いています。

建築業界に景気の影響が出始めるのは、あと1~2年ほど先と言われています。
それまではすでに受注済の工事が動いていくからです。

しかしその後、つまり2~3年後はどのような影響が出るかは予測がつきません。

その時のことを見据えて、先々の仕事を取っているかどうか、民間や官公庁など幅広い取引先を持っているかどうかを転職の際には見極めておきたいところです。

《異業種からの転職も可能》
人手不足の職種ということも手伝って、施工管理の仕事は異業種からの転職も可能です。
一般的には未経験での転職は30代までが限界と言われています。

しかし施工管理では40代でもやる気があれば未経験でも採用するという企業はあります。
もちろんハードルが高い上に勉強も必要ですが、不可能ではありません。

ただし、施工管理として独り立ちするまでは早くて2年、遅ければ5年かかると言われているため、転職するなら早い方がいいでしょう。

《転職で年収アップも狙える》
売り手市場のため、施工管理は転職を機に年収アップを狙いやすい職種です。
施工管理技士の資格を取得している人なら、転職市場では引く手あまたとも言われています。

資格と即戦力としてのスキルがあれば、前職の給与を考慮し、それを上回る金額を提示してもらえる可能性は十分にあります。

◆施工管理職の未来は明るい?
今では「建設バブル・不動産バブル」などと言われるほど建設ラッシュが進んでいます。

ビルや施設のほか、少子高齢化と言われる今でも住宅やマンションはあちこちで建てられています。

建設工事の屋台骨を担う施工管理技士の需要は今後も増えていく傾向にあります。

コロナの影響がどれくらい出るのか予測できない部分はありますが、これからオリンピックや大阪万博、IRリゾートなど国を挙げての大規模なプロジェクトも控えています。

これらのプロジェクトの際にはインフラの整備や新たな施設の建設など、工事の数も増えていくことが見込まれています。

また、AIの発達や普及でロボットに代わられる仕事は多々あると言われていますが、複雑な業務を一手に担う施工管理の仕事はなくなることはないでしょう。

施工管理職の年収実態

施工管理職の年収実態

業務は多岐に渡り、責任の重い施工管理職は、大変な反面やりがいのある仕事です。
果たしてその年収はどれくらいなのか、平均年収と比較して見ていきましょう。

◆施工管理職の年収は他よりも高い?
《平均年収比較》
・全職種の平均と比べると高い
施行管理の平均年収は450万円と言われています。

総務省統計局「賃金構造基本統計調査」によると、全職種の平均年収は440万円となっているため、平均よりは少し高めと言えます。

しかしこれはあくまでも平均の金額です。
勤務先が大手か中小企業か、施工管理技士の資格が1級か2級かなど、さまざまな条件によって異なります。

・地域差はあまりない
地域別の年収を比較すると、全職種では関東や関西で働く人の平均年収は高く、東北や九州などの地域の方が低い数字になっています。

しかし施工管理に限っていうと、地域差は低く、全国どこでも需要があることがわかります。

《稼げる施工管理の特徴》
・上位資格を取得する
施工管理として稼ごうと思ったら、まずは上位資格を取得することは必要です。

施工管理の仕事は無資格でもできますが、やはり給与の違いは国家資格を持っているかどうかによって変わるからです。

受験資格には実務経験が必要になるため、1級の施工管理技士の資格を持っていれば、それだけの実務経験があることの裏付けにもなります。

・大手ゼネコンに転職する
稼げる施工管理になるには、大手と呼ばれるスーパーゼネコンに転職するのが手っ取り早い方法です。

中小企業から大手へ転職すれば、大幅な年収アップも実現可能です。

大手企業なら手当などの待遇が充実しており、基本給に加えて収入に加算される額が大きくなります。

しかし大手ゼネコンに転職するには、ある程度の経験やスキルが求められるため、ハードルは高くなります。

・実績を給与に反映してくれる企業を探す
大手ゼネコンではなくても、携わった案件を給与や賞与に還元してくれる企業を探すのも方法のひとつです。

これは、現場にも出る社長と少人数の社員で施工を回しているような中小企業に見られる傾向があります。

◆年齢、業種、資格別の年収比較
・年齢別の年収
ここでは年齢別での年収の推移を見ていきましょう。

20代前半:150万円~800万円程度
20代後半:170万円~1300万円程度
30代:200万円~1100万円程度
40代:200万円~1500万円程度


かなり年収に幅がありますが、保有資格や雇用形態が年収の差に大きな影響を与えています。

・業種別の年収
業種別に比較すると、プラント・エネルギーの年収が725万円と高く、次いでゼネコンの664万円、ディベロッパーの660万円が続きます。

全職種の平均年収を下回っていたのは、建築・土木や不動産管理会社などで、工事の規模が年収にも影響していることがわかります。

・資格別の年収
無資格と有資格では当然年収にも差が出てきますが、1級と2級でも差がつきます。
大きな違いは資格手当です。

1級と2級では携わることができる工事の規模が異なるため、手当や基本給でも年収は違ってきます。

▼合わせて読みたい!
施工管理は本当に高収入なのか?求人データを調査してみた
施工管理技士の仕事とは?求人に応募する前に知っておきたいこと

施工管理職で年収をアップさせるオススメの方法

年収アップさせる方法を探す施工管理の人

次に、施工管理技士はどうすれば年収を今よりアップできるのか、その方法を見ていきましょう。

◆資格手当で年収をアップさせる
施工管理技士の資格では、より上位の1級の資格取得を目指して年収アップを狙う方法があります。

2級資格では扱えない工事を任されることもあり、企業にとっても有益な人材になるからです。

また、施工管理技士以外の資格を取得することで、さらに年収に上乗せすることもできます。

・建築CAD
CADの資格があれば図面作成ができるため、施工管理としてさらに仕事の幅が広がります。

・建築士
建築や設計に関わる国家資格です。
難易度が高く取得はかなり困難ですが、実務経験を積んでさらに構造設計や設備設計などの資格取得も可能になります。

・電気工事士
電気関係の施工に携わるなら持っておくとよい資格です。
何度は比較的低い部類のため、勉強のためにも取得しておくことをおすすめします。

・電気主任技術者
電気工作物の工事や運用などができる資格です。
第一種から三種まであり、扱える電圧が異なります。

・福祉住環境コーディネータ
高齢者や障害者が快適な生活を送るための環境を提案するための資格です。
バリアフリーが当たり前になっている今、ビルや施設などでも重宝される資格です。

・建築設備士
建築士に空調や給排水などの設備に関する設計や工事のアドバイスを行う資格です。
設備に関する施工管理をするなら、取得しておいてもよいでしょう。

◆スキルを磨いて年収をアップさせる
施工管理としての能力を高めると、実際に給与アップのチャンスは広がります。
ここでは資格取得以外にどんなスキルを磨けばいいのか、詳しく見ていきましょう。

・施工管理の技術力を磨く
施工管理の業務は同じでも、施工管理の方法は人それぞれ異なります。
その能力差は、施工する建物や工事の結果に表れます。

この施工管理能力が低い人であれば、後からいろいろと問題が起こることもあります。

逆に高い施工管理能力を持っている人なら、依頼主の希望に沿う品質の高いもので、納期や予算通りに工事を完了できます。

まずは施工管理としての能力を磨くことで、給与アップを図ることは王道でしょう。

・コミュニケーション能力を磨く
依頼主や設計士との打ち合わせに加え、現場で多くの作業員を束ね、さらに周辺住民への説明など、施工管理は多くの人とコミュニケーションを取り、信頼関係を築く必要があります。

また現場を明るく活気ある雰囲気にするのも、施工管理の大切や役割です。
ただ現場の管理だけすればいいのではなく、こうしたコミュニケーションは施工管理にとって必要なスキルと言えるでしょう。

気持ちよく働ける現場を作ってくれる人に、次の工事もお任せしたいと思わせるような施工管理になれば、雇い主も給料を上げてずっとここで働いてもらおうと思うはずです。

・フリーランスや派遣で年収をアップさせる道も
施工管理の仕事はフリーランスや派遣といった雇用形態で働くことも可能です。
実際に現場ではそうした働き方で稼ぐ人もいます。

フリーランスで働くと、施工会社と直接やり取りをして報酬金額を交渉できるため、金額を多めに提示したり希望する勤務地での工事を優先させたりすることができます。

スケジュール調整も自分の希望に沿わせることができ、マイペースに働くことができるところが大きなメリットです。

派遣で働くと、給与交渉や社会保険の手続きなどを派遣会社にすべて任せることができ、派遣期間が終われば次の仕事先も探してくれます。

大手ゼネコンの現場にも正社員より派遣社員が働く人も増えており、派遣社員で働く方が高い収入を得られる場合もあります。

ただしフリーランスや派遣で働くには、ある程度のスキルが求められるため、経験を積んでからチャレンジしてみてくださいね。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 利用したい介護転職支援サービスNo.1サイト(※)
  • 担当キャリアアドバイザーに仕事の紹介から入社後のアフターフォローまで全面的にサポート
  • (※)アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ
コールセンターを希望の方
  • 在宅コールセンターの『コールシェア』
  • 業務内容はリサーチやカスタマーサポートなどさまざま。PCやネット環境がなくても、スマートフォンではじめられます
  • 副業としてお仕事も可能
女性・ママ向け
  • これまで培ったスキルを活かせる時短・在宅勤務の職場を紹介してくれるサービス
  • 仕事内容は企画・マーケティング、営業、人事、秘書、経理、財務、広報、デザイナー、エンジニアなど多岐にわたります

施工管理職におすすめの求人サイト

施工管理職におすすめの求人サイトをチェックする人

建築・建設業界の情報を集めるために、転職サイトや転職エージェントのサービスを利用するのは、転職活動では基本的な方法です。

数あるサイトやエージェントの中から自分に合うものを選ぶにはコツがあります。
ここでは、迷いがちな転職サイトやエージェント選びを解消する方法をご紹介します。

◆施工管理職に特化した求人サイト
今やどの職種でもインターネットを使った転職活動が主流となっています。
ここでは、施工管理に特化したサイトとそれぞれの特徴を見ていきましょう。

・建設求人ナビ
施工管理や設備管理など、建設技術職をメインに扱うサイト。

業界出身の専任コンサルタントからの転職サポートを受けることができます。
実際に働いた経験があるからこそ、求職者の悩みやキャリアの相談にも親身に応じてくれます。

非公開求人も多く、自分一人では見つけられなかった優良企業を紹介してもらえる可能性もあります。

・エーワーカー(A-worker)
施工管理や設計、CADオペレーターなど幅広い職種を扱うサイト。
正社員から派遣、業務委託など雇用形態もさまざまです。

採用のマッチングを最適化するシステムがあり、企業からの満足度も高いサイトです。
スカウト機能もついており、転職活動にかかる時間や負担を少しでも減らしたい人におすすめです。

・俺の夢
豊富な求人を扱うサイト。
業界や職種未経験でも採用してくれる求人も多く、50代や60代での転職も可能です。

スキルと経験がある人なら、高収入での転職を目指すこともできます。

・施工管理job
大手ゼネコンからサブコン、工務店まで幅広い求人が多数掲載されているサイト。
未経験でも研修制度が充実している求人もあるから、未経験からベテランまで探すことができます。

専任のコンサルタントが希望条件などのヒアリングから転職をサポートしてくれます。

・施工管理求人ナビ
施工管理に関する職種にすべて対応しているサイト。
アドバイザーが求人紹介から転職サポートまでしてくれます。

非公開求人も多く扱っており、希望の条件から求人を紹介してもらえます。
登録後2ヵ月以内に入社が決まればお祝い金がもらえます。

・ヒューマンタッチキャリアエージェント
建築・技術職専門の転職エージェント。

大手や中小企業の優良求人が多く、コンサルタントの多くは建設や設備などの職種経験者のため、キャリアの相談もしやすいサイトです。

◆条件が厳しいならエージェントもおすすめ
施工管理や建築業界に特化したサイトやエージェントは、条件が絞り込めているから求人を探しやすく、エージェントも業界に特化しているから的確なアドバイスをもらえるメリットがあります。

しかし、もっと幅広い視野を持つエージェントを活用することで、転職市場や業界動向を知ることができ、さらに待遇・給与・雇用形態・勤務地などの条件交渉を有利に進めることもできます。

ここでは大手エージェントの特徴を見ておきましょう。

・リクルートエージェント
アドバイザーの面談から始まり、求人紹介から転職サポートまで受けられるサイト。

全職種を扱う大手サイトだからこそ、客観的に企業や求人情報を把握しており、的確なアドバイスをもらえます。

施工管理に捉われることなく、その知識を活かせる求人を広く探してくれる可能性があります。

・パソナキャリア
非公開求人や独占求人など質の良い求人が多く、転職サポートはもちろん、収入アップも目指せるエージェントです。

平日や土曜日は昼間だけではなく夜間でも面談してくれるため、働きながら転職活動をする人にぴったりです。

・JACリクルートメント
管理職や技術職に特化したミドル・ハイクラス向けの転職エージェント。
豊富なスキルを持つ年齢層求職者に最適です。

・doda
専門性の高いスペシャリストの求人が多く、業界専任のアドバイザーが転職をサポートしてくれます。

サポートが手厚いエージェントサービスと、企業からのオファーを待つスカウトサービス、自分の希望に合わせて選ぶこともできます。

・ビズリーチ
業界や職種はさまざまですが、管理職や専門職、管理職などハイクラス求人ばかりを扱う転職サイトです。

求職者が求人に応募するのではなく、登録した職務経歴書などを見た優良企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く仕組みになっています。

自分で求人を探すことなく、条件のいいスカウトがきた時だけ動けばいいため、手間はかかりません。

しかしある程度のスキルやマネジメント経験がなければ、登録してもスカウトが届かない場合もあります。

《転職エージェントを活用するメリットとデメリット》
・メリット
転職サイトなら自分で求人を検索し、気になった求人に応募、書類選考や面接を経て内定を目指します。

すべて自分一人で行う必要があり、それなりに時間も手間もかかるため働きながら転職活動をするのはかなり忙しくなることを覚悟しておかなければいけません。

しかし転職エージェントサービスを活用すれば、最初の登録で少し時間をかけた丁寧なヒアリングを経て、求人探しや紹介、面接日の調整など、ほぼお任せすることができます。

アドバイザーが企業との間に入って調整役を務めてくれるため、必要なことを確認したり書類を提出したりするだけと、負担が軽くなります。

実際の業務内容や出張の頻度といった求人票には記載されていない企業情報などを教えてもらえ、選考中にはフォローをしてくれるなど、かなり手厚いサポートを受けることができます。

また、現職の退職がスムーズに進まない場合は的確なアドバイスもしてくれる場合があります。

・デメリット
便利でありがたい反面、デメリットもあります。

アドバイザーは早く転職を決めたいという思いもあるため、マッチングしそうな求人があればどんどん紹介してきたり、まだ決めかねているのに話を進めようとしたりすることがあります。

マイペースに転職活動をしたい人には合わない部分もあるかもしれません。

また、1つの求人に応募していると、他の求人に同時に応募することができない場合もあります。

同時に複数社に応募して、並行して進めていきたい人には、窮屈に感じることもあるかもしれません。

しかしそれは、自分の希望をしっかり伝えることである程度解消はできます。
転職活動の時期や希望の優先順位を明確にしておきましょう。

▼合わせて読みたい!
施工管理職に転職!求人内容から見破る会社の実態
施工管理の転職で企業選びに迷ったら見るべき口コミサイトと活用法

まとめ

施工管理の求人を探す人

建築・建設業界は、人手不足のためスキルや資格を持つ人材は、転職市場でも引く手あまたです。

しかし、経験やスキルがあるからといって転職のポイントを把握して活動しなければ、成功するとは限りません。

そこで知っておきたいのが、業界の将来性や平均年収の実態です。

現状を知ることで自分の市場価値を見極めることができ、自分のキャリアアップになる企業はどんなところなのかが明確になります。

自分のキャリアをしっかりと見つめ直し、最適な転職サイトやエージェントを見つけて転職を成功させてくださいね。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new