30代からの転職を成功させる!おすすめエージェントと活用法

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
2020年08月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

30代からの転職でステップアップを考えたことはありませんか?
30代は即戦力として転職市場では歓迎される年代です。

しかし未経験の仕事への転職は難しいと言えます。
今回は未経験職種での転職しやすい業界や、30代からの転職におすすめの転職エージェントの紹介、エージェントの活用法などをまとめてご紹介します。

最後まで目を通して、転職の参考にしてくださいね。

目次

未経験の仕事への転職は、30代だと難しい?

30代で転職を目指す人

転職市場では、未経験の仕事への転職は20代くらいまでが主流です。
では30代で未経験の職種や業界に転職することはできるのでしょうか。

ここでは、30代から未経験の仕事に転職するにあたっての課題や、採用されるためのポイントを見ていきましょう。

◆30代に多い転職理由
dodaによる「転職理由ランキング2018」によると、「ほかにやりたい仕事がある」「会社の将来性が不安」「給与に不満がある」などが上位にあがっています。

ある程度の経験を積み、本当にやりたい仕事が見つかった人、今後のキャリアや年収のことを考えたい人が転職を希望する傾向にあることがわかります。

◆30代の転職事情
《30代では即戦力が求められる》
転職市場において、30代に求められるものは即戦力です。
20代のようにポテンシャル採用されるケースは少ないでしょう。

メンバーとしての即戦力のほかにも、30代後半になるほどマネジメント能力も求められます。

大手企業なら毎年新卒社員を抱え、順を追ってステップアップしていく仕組みができているため、30代でマネジメントを担う社員もいるでしょう。

しかし中小企業やベンチャー企業では新卒採用の数は少なく、中堅社員が育っていない場合があります。

そんな企業では他の企業で経験を積み、マネジメント経験も持つ30代は歓迎するでしょう。
30代からの転職では、職種や業界を変更しない方が採用の確率は高いと言えます。

《30代から未経験業種に転職するには?》
即戦力やマネジメント能力が求められる30代の転職ですが、未経験の職種や業界への転職が不可能ではありません。

新しい職種や業界の知識を勉強しているかどうかは大きなポイントになります。
その上で、前職の経験を活かしてどれだけ利益をもたらすことができるのかを明確にできれば、転職も不可能ではありません。

ただし、未経験であれば転職活動が長期化する可能性があります。

20代であれば2~3ヵ月程度が平均的な転職活動期間と言われていますが、30代という年齢を考えれば半年から1年、未経験の転職であれば数年かかるかもしれません。

また転職の際はそれまでの収入より低くなることも覚悟しておきましょう。
未経験での採用は企業もリスクがあるため、最初から高い収入を提示されることはなかなかありません。

頑張り次第で入社後に収入を上げていくことは可能です。
採用がゴールではなく、スタートだと思って新たなキャリアを始めることを心がけておきましょう。

◆30代未経験の転職成功のポイント
・実務経験をカバーする知識や視点
即戦力になり得ないデメリットをカバーするためにも、職種や業界に関する勉強は必須です。
「入社後に教えてください」というスタンスでは、20代の若手を採用するでしょう。

知識の習得に加えて、これまでの社会経験を活かした視点や提案力があれば、強い武器になります。

・マネジメント能力
役職としてついていなくても、後輩の指導やプロジェクトリーダーとしての経験があれば、マネジメント経験としてアピールすることができます。

職種や業界が違っても、マネジメント経験を持つ30代は貴重な人材となる可能性があります。

・人脈
これまでの仕事上でできた人脈は、何にも代えがたい財産と言えます。
職種や業界が違っても、人脈を活かした仕事はできます。

今後の事業拡大を目指す企業にとっても、これまでにない人脈を持つ人は歓迎したいところでしょう。

転職の際には、それまでの社内外の人脈を見直し、事前に相談しておくとよいでしょう。

30代が転職しやすい仕事の業種は?

30代の転職で狙い目の仕事

次に、30代が未経験から転職しやすい業種と、転職しにくい業種をそれぞれ見ていきましょう。

◆未経験でも転職しやすい業種
・美容、ホテル業界
美容関係やホテル業界は今後のサービス拡充のためにも未経験からの採用率が高い業界です。

美容関係では資格が必要になりますが、ホテルやブライダルなどの職種なら資格が要らない仕事も多々あります。

接客やコミュニケーション能力に長けた人であれば、向いている職種と言えます。

・販売、アミューズメント業界
店舗での販売やアミューズメント業界での接客なども、コミュニケーション能力のある人なら採用されやすい職種です。

人と接することが好きな人に向いています。

・ドライバー業界
タクシーやトラック、宅配などのドライバー業界も人手不足のため未経験採用の多い業界です。

ネットでの買い物が当たり前になった今、個人宅への宅配を支えるドライバーや、日本社会を支えるトラックドライバーやタクシードライバーは必要不可欠。

ただし車の運転が仕事になるため、免許の取得はもちろん、運転する車によってさらに別の免許が必要になる場合もあります。

車の運転が好きな人や、自分のペースで働きたい人に向いている職種です。

・介護、福祉業界
介護や福祉業界も人手不足の業界のひとつです。

無資格から働くことができ、働きながら資格取得を目指すことができるため、転職後のキャリアをイメージしやすい業界です。

高齢化社会になくてはならない仕事で、社会貢献度も高く、やりがいのある仕事です。
人の役に立ちたい人や社会貢献したい人に向いています。

・保険の営業
営業職の中でも、保険の営業は未経験からの採用の多い職種です。
保険の知識や営業スキルも入社後に一から研修をしてくれる企業が多く、活躍の場もあります。

しかしやはり営業のため、ノルマがあり、個人宅へ訪問営業などもしなければいけないため、向き不向きはあります。

◆未経験でも転職しにくい業種
・IT業界
IT業界も人手不足と言われていますが、未経験からの転職は難しいでしょう。

新卒や20代なら一から育てていく企業もありますが、30代を一から育ててくれる企業はほとんどありません。

IT業界でも前職と同じ職種を狙うのであれば別ですが、まったくの未経験からプログラマやエンジニアを目指すのは至難の業です。

転職前にスクールに通ってプログラミングを学び、即戦力となるだけのスキルを身につけておけば、実務経験がなくても採用される可能性はあります。

・経営企画
企業の中枢を担う経営企画も、まったくの未経験からの転職は難しい職種です。
毎月の経費精算や伝票整理、決算業務など、知識だけではなく経験も求められます。

日商簿記検定2級以上の資格を持っていても、実務経験がなければ難しいでしょう。

未経験から転職しやすい業界は、基本的に人材不足が懸念されている業界が多いと言えます。

30代から取得できる!仕事に使える実用的な資格

30代の転職でのキャリアアップ

ここでは仕事に使える必要的な資格を見ておきましょう。
30代の資格は、取得するだけでは役に立ちません。

本当に仕事に役立つ資格は、即戦力で活躍できるものか、もしくは今のあなたのスキルや経歴にプラスアルファで効果を発揮するものになります。

◆30代におすすめ!実用的な資格
・ファイナンシャルプランナー
個人の収入や家族構成、資産などをもとに、今後のライフプランを提案する仕事です。
マネープランにも詳しくなるため、保険や金融業界で取得する人が多い資格です。

また最近ではライフプランに関する記事の執筆やセミナーの講演などの仕事を得ることもでき、将来的に独立することも可能です。

3級であれば通信教育や独学でチャレンジすることができます。
2級以上になると実務経験を求められ、キャリアアップを目指すことができます。

・社会保険労務士
企業の労務や社会保険に関するコンサルティング業務を担う仕事です。
給与計算や退職金、制度の構築なども行います。

社内で労務などの仕事をしている人には強い武器となる国家資格です。
難易度も高いため、取得していれば転職の際にもアピール材料になります。

また顧問先を獲得できれば独立することも可能。
収入アップを図ることもできる資格です。

・中小企業診断士
企業の会計や財務状況、組織やマーケティングなど幅広い観点から、経営を分析し、課題を洗い出し、解決策を提案する仕事です。

経営コンサルタントとしては唯一の国家資格です。
知識はもちろん企業の経営状況に対する問題分析や提案力が求められるため、資格の難易度は高めです。

国からの補助金の申請を提案する場合もあり、国の制度にも精通している必要があります。
常に最新の情報をインプットすることが求められます。

保険や金融業界の人が取得を目指すことが多く、マーケティングやコンサルティング会社でも役に立つ資格です。

顧問先を獲得できれば独立することも可能です。

・宅地建物取引主任者
不動産の売買や賃貸契約の際に仲介業務を行う、「宅建」とも呼ばれる資格です。

契約の際のトラブル回避のため、契約書類の署名や捺印、契約時効の説明などの手続きは宅地建物取引士を介して行う必要があるため、需要は高い資格です。

不動産業界では従業員の5人に1人は宅建の資格を保有していなければいけないため、不動産業界への転職を考えているなら取得しておくとよいでしょう。

国家資格の中では比較的取りやすく、独学でもチャレンジできます。

・日商簿記
財務や経理担当であれば取得しておきたい資格です。
3級であれば独学でも取得できるレベルですが、2級以上になると実務経験も求められます。

1級になると必要とされる学習時間は約500時間とも言われており、かなり難易度が高く、スクールに通う人も多く計画的に勉強しなければいけません。

2級や3級なら取得している人も多いかもしれませんが、1級を取得すれば強い武器になるでしょう。

・公認会計士
企業の監査や会計、税務処理を行う仕事です。
会計や財務の分野では最高峰の国家資格であり、3大難関の資格のひとつとも言われています。

企業に属するのではなく独立して、監査や会計などの業務を担っており、企業運営に欠かせないため需要は今後も高くなります。

短答式と論文式の試験の合格し、監査法人で実務経験を2年積み、終了考査に合格する必要があるため、公認会計士となるには長い道のりです。

その難易度は医師や弁護士と並んで最難関と言われています。

・税理士
税金に関する業務を請け負う、税金のスペシャリスト。
税に関するコンサルティングやアドバイスなどが主な仕事で、企業の財務面からのアドバイスもします。

資格取得には1年から3年ほどかかると言われており、すべての科目を一度で合格するのは至難の業です。

働きながら少しずつ合格を目指すように計画的に勉強を進める必要があります。
税理士事務所への転職や、将来的には独立することも可能です。

・行政書士
個人の遺産相続協議書の作成から会社の設立まで、幅広い分野で法律に関わる書類を作成する仕事です。

資格取得の難易度は高くなっていますが受験資格は幅広いため、チャレンジしやすい資格と言えます。

転職の際にはもちろん、将来独立することも可能です。

・ケアマネジャー
介護を必要とする人に適切なサービスの選定や、各機関への調整や連絡などのサポートを行う仕事です。

受験資格には社会福祉士や介護福祉士、保健師などで5年の実務経験が必要です。

さらに介護支援専門員実務研修受講試験に合格する必要があり、さらに実務研修を経てケアマネジャーとしての登録が必要になります。

介護業界ではキャリアアップとして目指す人の多い資格で、未経験から介護業界に転職した人も目指すことができます。

30代の仕事探しにおすすめ!転職エージェントまとめ

30代転職でおすすめの転職エージェント

30代からの転職先探しにおすすめの転職エージェントや、エージェントやサイトの選び方のコツを詳しく見ていきましょう。

◆30代の転職にはエージェントがおすすめ!その理由とは?
社会人経験が豊富で、スキルや知識などを有する30代の需要は高まっています。
しかし、働きながら転職活動をするには忙しい年代でもあります。

効率よく満足のいく転職を成功させるためにも、30代の転職にはエージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントで受けられるサポートはさまざまあります。
・応募書類の見直し
・希望に合う求人探しや提案
・非公開求人の紹介
・企業情報
・面接日の調整や連絡
・応募の際のフォロー
・待遇の交渉
・退職の際のアドバイス など
無料でさまざまなサポートを受けることができます。

◆失敗しない!エージェントの選び方のコツ
・自分に合うアドバイザーを見つける
エージェントのアドバイザーは、面談や求人の提案など、あなたにぴったりの転職支援をしてくれる存在です。

希望する職種や業界に関する知識が豊富な人や、企業へしっかりと売り込んでくれる人が望ましいでしょう。

また、しっかり話を聞いてくれることも重要です。

もし自分に合わないと思ったら、別のエージェントを探すか、担当のアドバイザーを変えてもらう方法もあります。

・非公開求人の数
エージェントを活用する大きなメリットのひとつが、非公開求人の紹介です。

非公開求人は、一般には公開されていない求人のことで、主に競合他社に自社の求人情報を知られたくない場合や、既存社員に求人情報を公開したくない場合に使われています。

アドバイザーが求職者と企業の双方の情報から合うと思った場合に紹介してくれるため、採用の可能性が高い求人です。

非公開求人の数は、いいエージェントのバロメーターとも言えます。

・複数エージェントに登録する
エージェントにも、全職種を網羅した総合型と、職種や業界に特化したエージェントがあります。
またハイクラス求人に特化したエージェントもあり、最初は複数のエージェントに登録しておくことをおすすめします。

複数登録することでより多くの情報を集めることができ、また複数のアドバイザーと関わることができ、自分に合うアドバイザーを見つける可能性が高くなります。

・スカウト機能など付随サービスがある
転職サイトやエージェントには、企業からのオファーを直接受けることができるスカウト機能や、応募書類の添削、入社後のアフターフォローなどのサービスもあります。

サービスの内容はサイトによってさまざまですが、できるだけ多くのサービスを扱うサイトを選ぶことをおすすめします。

◆エージェント利用で注意するべきこと
・面談で嘘をつかない
最初の面談の際に、これまでの経歴やスキル、保有資格、希望条件などを聞かれます。
その際にアドバイザーに嘘をつかないように注意してください。

例えば転職経験があるなら退職理由を偽るなど、マイナスに捉えられることは言いたくないと思うかもしれませんが、アドバイザーはすべてを聞いた上で必要な情報しか企業に伝えません。

すべて正直に話す方が、アドバイザーも求人を提供しやすくなります。

・転職希望時期は明確に伝える
なるべく早く転職したい人や、急いでいないけどいい求人があれば転職したい人など、人によって転職したい時期はさまざまです。

その希望時期ははっきりと伝えておくことをおすすめします。
その方がアドバイザーも求人選びがしやすく、より最適な求人を紹介してもらえます。

・連絡をこまめに取る
アドバイザーとの連絡は、できるだけこまめに取るようにしましょう。

転職に関する相談や、求人についての問い合わせなど、週に一度くらいは連絡を取るように心がけることをおすすめします。

アドバイザーは何人もの登録者を担当しているため、頻繁に連絡を取って存在をアピールし、よりよい求人を紹介してもらえるようにしておくことが大切です。

・同じ求人に別のサービスから応募しない
気を付けなければいけないのは、複数の転職サイトやエージェントを利用している場合、同じ求人に別のサービスから重複して応募しないことです。

自分でサイトから応募して、さらにエージェントからの紹介にも応募したりすると、企業から「他のサイトからも同じ人から応募があった」と連絡がくるかもしれません。

他のサービスから重複して応募したことがわかると、エージェント側に不信感を持たれる可能性があります。

もし他のサービスからも応募していた場合は、その旨をエージェントに伝えて改めて応募できるかどうかを相談しましょう。

◆30代におすすめ!転職エージェント
・マイナビエージェント
20代、30代に強い総合型の転職エージェント。
大手企業からベンチャーまで扱う求人の幅が広く、数も豊富です。

エンジニアに特化したITエンジニア専門サービスや、銀行や証券会社に特化した金融業界向けサービスなど、業界に特化したサイトもあります。

サポート体制が充実しているため、転職が初めての人は利用しておいて損はないサイトです。

・doda
こちらも20代、30代の転職に強い総合型のエージェント。
アドバイザーの評判がよく、当たりはずれの少ないエージェントです。

大手から中小企業、地方の企業まで充実しており、幅広い案件から探したい人におすすめです。

全職種を網羅していますが、エンジニアの求人が多く、エンジニアへの転職にぴったりのサイト。

doda独自の年収査定では、それまでの経歴から適性年収を知ることができ、転職の際の参考にできます。

・キャリアカーバー
ハイクラス、エグゼクティブに特化した転職エージェントです。

他のエージェントとは少し異なる仕組みで、登録すると匿名のレジュメが作成され、それを見たヘッドハンターからスカウトを受ける仕組みになっています。

担当のコンサルタントを自分で選んで相談することもでき、自分から動く転職活動とスカウトを待つ活動の両方を同時に進めることができます。

ただ情報収集がコンサルタント任せの部分が大きく、早く転職したい人よりは、いい求人が見つかれば転職するという人に向いています。

・リクルートエージェント
求人数の豊富な総合型の転職エージェント。
30代向けの求人も多く掲載されており、キャリアアップも目指すことができます。

応募書類や面接対策なども手厚く、企業への交渉力も高いと評判です。

ただし、面談から転職までの目安を3ヵ月として、転職支援サービスは3ヵ月までと制限されています。

早く転職を決めたい人にはおすすめのエージェントです。

・パソナキャリア
求人数が豊富で非公開求人も多数扱っている転職エージェント。
丁寧なサポートと提案力に定評があり、転職活動に不安な人にはおすすめのサイトです。

電話やメールでのレスポンスが早いのも安心です。
特に30代の転職に強く、登録しておいて損はありません。

・JACリクルートメント
外資系企業に強いハイクラスに特化した転職エージェント。
キャリアや経験に自信がある人におすすめのサイトです。

年収600万円以上でなければ求人を紹介してもらえない可能性もあるため、注意が必要です。

▼合わせて読みたい!
30代からの転職に知っておきたい!求人サイト・転職エージェントの活用法
必見!30代の就職・転職を効率的に叶える、おすすめのサイト一覧
30代の転職に使いたい!おすすめのエージェントと賢い活用法
30代の就職先探しにお役立ち!転職口コミサイトを徹底解説!

まとめ

転職エージェントは、自分に合うエージェントを選ぶのが転職成功のコツです。

スキルや経験も豊富な30代は、30代は即戦力として歓迎される一方、未経験の職種や業界への転職は難しいと言えます。

また実務で役に立つ資格を取得しておけば、転職をさらに有利に進める武器になります。

しかしやはり20代と違って求人選びは慎重にならなければいけません。
転職サイトやエージェントをうまく活用して、転職を成功させてくださいね。

Banner column01
Banner neo column 01

新着記事

関連する記事