30代からの転職に知っておきたい!求人サイト・転職エージェントの活用法

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

キャリアを築いた30代という年代は、転職を機にさらなるステップアップを目指したいという人が多い年代です。

即戦力となる30代は、企業も採用したい年代です。
しかし働きながら転職活動をするのは負担が大きいですよね。

今回は転職活動を効率よく進めることができる、求人サイトや転職エージェントの選び方や活用法などを詳しく解説します。

目次

《30代の転職》求人サイトの選び方

30代転職先を探す人

30代はある程度の社会人経験を経て、仕事にも自信が持てるようになり、今後のキャリアや収入、ライフステージなどを考える年代です。

その時に転職を検討する人も多いのではないでしょうか。
まずは、30代の転職に欠かせない求人サイトについて詳しく見ていきましょう。

◆求人サイトの選び方
まずはあなたにぴったりの求人サイトを選ぶ方法から見ていきましょう。

・サイトの種類
求人サイトにはさまざまな種類があります。

主に全業界・全職種を網羅した総合型のサイト、業界や職種に特化したサイト、年代に特化したサイトなどが挙げられます。

これまでの経歴から業界や職種を絞り込んで求人検索したいなら、特化型のサイトを選ぶとよいでしょう。

・求人数と質
掲載されている求人数の多い求人サイトは、企業から信頼されているサイトと言えます。

掲載料をかけても求人広告を出すことで、よりよい人材が採用できると考えている企業が多いサイトは、それだけ信頼に足る実績があるからです。

ただし、求人サイトには有料で掲載できるものと、無料で掲載できるものがあるので注意が必要です。

無料で掲載できるサイトには、さまざまな企業が求人を掲載しています。

優良のサイトであれば、掲載前に企業や原稿の審査がありますが、無料の場合はそこまで厳しい審査をせずに掲載されている可能性もあります。

そこで求人数と同様に重要なのが求人の質です。
とは言っても、求人票だけで質を判断するのは難しい場合もあります。

無料サイトの求人で一番注意すべきは、どれくらいの期間掲載されているかです。

長期間にわたって常に求人を募集している企業や、他の無料求人サイトにも掲載している求人は離職率が高い企業の可能性があります。

求人数とその質はサイトを見極めるポイントとして注意してくださいね。

・見やすさ、使いやすさ
サイトの検索のしやすさやデザインの見やすさなども求人サイト選びでは重要です。

求人探しの手間を最小限にしてより多くの情報収集をする上で、できるだけシンプルで見やすいサイト、検索しやすいサイトを選ぶことがストレスなく転職活動を進めるコツです。

また履歴書や職務経歴書、スキルなどの登録ができ、求人への応募ややり取りなどが一括でできるシステムのあるサイトがおすすめです。

・スカウト機能
求人サイトでも企業からのオファーを受けることができるスカウト機能がついている場合があります。

登録した経歴やスキルを見た企業が直接オファーをくれるシステムだから、スカウトメールが届いた時点で面接が確約されていることがほとんどです。

自分から求人を検索して応募する手間が省けるため、便利なツールと言えます。

その他にも、応募書類のチェックや転職相談などのサービスがあるサイトもあり、こうした独自のサービスで選ぶのもひとつの方法です。

◆求人サイトの活用法
選び方がわかったところで、次に求人サイトの活用法を見ていきましょう。

・30代に特化した求人サイトを使う
30代の転職は20代と違って、これまでの経歴やスキルなどが重視されます。
20代のようなポテンシャル採用はほとんどないと言ってもいいでしょう。

もちろん未経験からの転職も不可能ではありませんが、ほとんどの企業が30代を中途採用する理由は即戦力です。

そのため、30代に特化したサイトを使うことは重要です。

・職種や業界に特化した求人サイトを使う
同様に、これまでの経験を活かして転職をする場合は、職種や業界に特化したサイトも見ておきたいところです。

他の種類のサイトにはない求人が掲載されている可能性が高いからです。

業界に特化したサイトは企業も把握しているため、経験重視の採用を希望している人は職種特化型のサイトを活用しておきましょう。

・種類の異なるサイトを複数活用する
前述でも説明したように、求人サイトには総合型、職種特化型、年代特化型などサイトによって特徴があります。

業界や職種を絞って検索するなら職種に特化したサイトがおすすめですが、広く転職活動をするなら、種類の異なるサイトを複数使うことをおすすめします。

年代や職種に特化したサイトで絞り込んで求人を探すのもひとつの方法ですが、同時に総合型で広く情報収集をすることで思わぬ良い求人と巡り合える可能性もあります。

転職市場を知る上でも、複数のサイトを活用しておくとよいでしょう。
現状を知ることで、今転職市場でどんな人材が求められているのかを把握することができます。

また応募する企業の競合他社の情報も知ることができ、転職の際に役立つ知識となり得ます。

▼合わせて読みたい!
30代転職がうまくいく!利用すべきおすすめサイト&エージェント
30代の就職に使いたい!求人サイト&エージェントはコレ!

《30代の転職》求人サイトとエージェントの違いを知っておこう

30代で転職を考えている人

次に、求人サイトとエージェントの違いについて見ていきましょう。

◆転職エージェントとは
・成約率が高い
転職を希望する人に最適な求人を紹介し、採用が決まるまでサポートしてくれるのが転職エージェントです。

求人サイトのように転職希望者が求人を検索して応募するのではなく、まずプロのコンサルタントが面談して、経歴やスキル、希望条件などをヒアリングし、最適な求人の紹介をしてくれます。

コンサルタントは企業とのつながりも強く、その企業がどんな人材を求めているのか、経歴やスキルだけではなく人柄や社内の雰囲気なども把握した上でマッチングしそうな人に紹介してくれるから、成約率が高いと言えます。

・応募から入社後のアフターフォローまで手厚くサポート
応募や面接のサポートも手厚く、面接に同行してフォローもしてもらえます。
内定が決まれば、給与など自分では言いにくい待遇面の交渉もお任せできます。

さらに入社後の様子を見に来て不安なことはないかなど、アフターフォローが充実しているエージェントも多く、転職活動をする上で心強い味方になってくれるでしょう。

・マイペースに転職活動ができない面も
転職エージェントは、求職者が採用になって初めて企業から利益を受けることができます。

転職が決まらなければ収益にならないため、一人でも多くの求職者の転職を成功させたいという思いもあります。

そのため、マッチングしそうな求人があればどんどん紹介してくれるでしょう。

しかし転職を急いでいない人やマイペースに転職活動をしたい人には不向きな面もあるかもしれません。

また複数の求人に同時に応募することができない場合もあります。

「あまり転職を急いでいない」「条件にぴったり一致する求人だけを紹介してほしい」など転職のペースを伝えておくとよいでしょう。

◆求人サイトと転職エージェントの違い
・転職のプロに相談できるかどうかの違い
求人サイトは情報量や検索のしやすさが重要な、自分で検索して応募するタイプのサイトです。

これに対して、プロのコンサルタントに相談し、サポートを受けながら転職活動を進めるのが転職エージェント。

転職のプロに相談できるかどうかが大きな違いとなっています。

初めての転職で一人では不安がある人や、キャリアについて相談したい人、プロのアドバイスや知識がほしい人などは、エージェントを活用するとよいでしょう。

・非公開求人の違い
求人サイトでも転職エージェントでも非公開求人の扱いはあります。

求人サイトの非公開求人は、掲載企業が競合他社に募集の詳しい内容を知られたくない場合や、既存社員に給与や待遇などを知らせたくないといった場合に使われることがあります。

これに対して転職エージェントの非公開求人は、応募者を絞りたい企業が活用することが多い場合があります。

求人サイトなら応募者を制限することは難しく、興味を持った人が応募できるため、採用担当が応募書類から選定し、面接へ進むかどうかを判断しなければいけません。

しかし転職エージェントを通すと企業が希望する人材を紹介してもらえるため、ある程度の経歴を持つ人材をじっくりと判断することができます。

さらに非公開求人にしておくことで社内外に募集の情報が洩れることを防ぐことができます。

・収益方法の違い
求人サイトも転職エージェントも企業からの収益を得ていますが、求人サイトは求人広告を掲載することで収益を得ています。

人材を採用できたかどうかに関係なく収益を上げることができます。
これに対して転職エージェントは成果報酬がほとんどのため、求職者の入社が決まらなければ収益につながりません。

こうした違いがあるからこそ、転職エージェントは転職活動のサポートに力を入れているのです。

《30代の転職》求人サイトとエージェントのどっちがおすすめ?

30代転職でサイトを選ぶ人

求人サイトと転職エージェントの違いがわかったところで、どちらがおすすめなのか、タイプ別に見ていきましょう。

◆タイプ別!おすすめサイト
《マイペース型・経歴に自信あり》
一人でマイペースに転職活動がしたい人には、求人サイトの方がおすすめです。
時間がある時に求人を検索し、興味を持った求人に応募する、というスタイルがぴったりです。

またある程度の経験を積み、その分野や職種でキャリアアップを目指している人も、求人サイトで広く探す方が向いているでしょう。

《働きながら転職したい・効率よく転職活動がしたい》
現職で働きながらではどうしても時間に限りがあります。

そこで求人探しや応募にかかる手間を省いて効率よく転職活動を進めたい人は、求人サイトと転職エージェントどちらも併用するのがおすすめです。

転職エージェントも登録の際にはコンサルタントによる面談などがあり、最初は時間がかかってしまいますが、その後は求人の紹介から面接の調整など手厚いサポートを受けることができます。

求人サイトも最初の登録をしておけば、応募はサイトから行うことができます。
効率重視の人なら、求人サイトの情報量も活用しておくことをおすすめします。

《人に相談したい・キャリアに自信なし》
初めての転職で不安がある人や、自分のキャリアに自信がなくて人に相談したい人は、転職エージェントがおすすめです。

転職では新卒の就職活動と違って職務経歴書の提出を求められることがほとんどです。

求人サイトだけでは、例文やサンプルを参考にするだけですが、転職エージェントならコンサルタントが応募書類を確認して的確なアドバイスをしてくれます。

面接の同行やフォローもあり、自己ピーアールが苦手な人も安心ですね。

キャリアに自信がない人も、コンサルタントに相談することでそれまで気づいていなかった自分の強みを再発見することができる可能性があります。

今のあなたの経歴やスキルを把握して求人を紹介してくれる転職エージェントを活用してみてくださいね。

《キャリアに自信あり》
自分のキャリアに自信がある人も、求人サイトより転職エージェント向きと言えます。

求人サイトでは月給が提示されており「経験やスキルにより考慮して決定」となっている場合がほとんどですが、実際には入社当初から高い金額で採用されることは少ないでしょう。

その点、転職エージェントあればエージェントと企業との信頼関係があるため、ある程度の給与を見込めます。

またコンサルタントが待遇に関しても交渉を行ってくれるため、希望に見合った金額で採用される可能性が高いと言えます。

キャリアに自信があるなら、転職エージェントの中でもハイクラス・ハイキャリア向けのエージェントを活用することをおすすめします。

◆いつ、どこで使う?求人サイトとエージェントの活用法
タイプ別のおすすめサイトを見てきましたが、いつ、どのタイミングで使うべきか迷うこともありますよね。

ここでは転職活動のタイミングでの求人サイトとエージェントの活用法についても見ておきましょう。

《転職活動・初期》
転職を考え始めたら、まずは求人サイトをチェックしてみましょう。
できるだけ多くの求人を扱う総合型のサイトがおすすめです。

自分の希望する業界や職種だけではなく、いろいろな職種を見てもいいかもしれません。
他業種の転職事情や、今多い求人の職種、大体の平均給与など転職市場に関しての知識を得ることができます。

他社の採用条件を見て、自分にとって今転職するのが本当にいいのかどうかを判断することもできます。

転職は人生の転機となる出来事です。
軽々しい気持ちで転職するのではなく、どんな目的で転職するのかをこの時点でしっかりと見極めておきましょう。

《転職活動・スタート》
転職を決意したら、自分に合うサイト選びをしていきます。
総合型のサイトや特化型のサイト、転職エージェントもできるだけ多くチェックしてみましょう。

求人サイトなら求人数や検索のしやすさ、転職エージェントなら対応の早さや丁寧さで選ぶとよいでしょう。

転職活動当初は情報をより広く集めておいた方がいいため、エージェントだけでいいという人以外は、求人サイトとエージェント、どちらも活用することをおすすめします。

《転職活動・中期》
いくつかサイトを使っていると、自分に合っているサイトやエージェントが決まってくるかと思います。

サイトが絞り込めたら、多くのサイトは使わず、2~3サイトくらいに限定して応募を進めていくとよいでしょう。

エージェントは複数の応募ができない場合もあるため、コンサルタントと相談しながら進めるようにしてくださいね。

《転職活動・終期》
面接に通って、内定がほぼ確定するころになると、求人サイトの出番はあまりありません。

エージェントで進めている場合は、待遇の交渉や入社日の相談、さらに現職の退職手続きのアドバイスやサポートなどを受けることができます。

《30代の転職》実際に役に立ったおすすめの求人サイト

30代転職でおすすめ求人サイト

ここでは30代の転職に役立つおすすめサイトをご紹介します。

◆おすすめ求人サイト
・リクナビNEXT
求人の情報量が豊富で30代の転職にも強い求人サイトです。
WEB面接や在宅勤務制度のある求人など、時代に合わせた求人を特集しているところも特徴のひとつです。

転職成功のノウハウや応募書類のダウンロードなど、転職活動をする上で便利なツールも用意されています。

・ミドルの転職
30代、40代向けの管理職や部長クラスなどハイクラス求人に特化した転職サイト。

特化したサイトのため求人数は多くありませんが、質の高い求人が探せるためキャリアアップを目指す人にはおすすめのサイトです。

スカウト機能や転職ノウハウ、転職市場に関する情報も多く、求人探し以外にも役立ちます。

・キャリア転職サイトtype
30代向けの求人数が豊富な転職サイト。
検索もしやすい作りになっており、100%取材を行ったリアルな情報が掲載されています。

スカウト機能も充実で、企業から直接面接の連絡が届くこともあり、転職活動には便利です。

◆おすすめ転職エージェント
・リクルートエージェント
30代の管理職や高待遇の求人を多く扱っているエージェント。
年収アップの交渉に長けたコンサルタントが多く在籍し、30代のキャリアアップを後押ししてくれるでしょう。

また年収650万円以上であればエグゼクティブエージェントがつき、ハイクラスを専門に扱うチームが対応してくれます。

同じ会社が運営する転職サイト、リクナビNEXTと併用するのもおすすめです。

・ビスリーチ
年収600万円以上の人をターゲットにした、ハイクラス求人を扱う転職エージェント。

求人数はそれほど多くはありませんが、求人のレベルや質は高く、大手企業や外資系企業などのマネジメントクラスの求人があります。

・JACリクルートメント>
30代向けの役職ポジションの求人が豊富な転職エージェント。
年収も600万円以上の案件を多く扱っており、大手企業のハイクラス求人が多数。

転職サイトには掲載されていない求人を紹介してもらえる可能性があります。

面接の前には企業情報や求める人材などを詳しく教えてくれるため、マッチングの確率も高いと言えます。

・doda転職エージェント
希望する職種だけではなく、幅広い求人を紹介してくれる転職エージェント。
自分で応募できる求人もあれば、エージェントを通して応募する求人もあります。

より多くの求人を見て判断したいという人にはおすすめのサイトです。

・パソナキャリア
こちらも幅広い求人を紹介してくれる転職エージェント。
転職市場の動向や企業に関する情報を詳しく知って転職活動をするにはおすすめです。

登録して求人を紹介してもらうだけでも価値があるサイトと言えます。

・クライス&カンパニー
ハイクラス求人を多く扱う転職エージェント。

コンサルタントによる面談が丁寧で求人の質もよく、年収アップの交渉やキャリアの相談にも親切に対応してくれます。

ハイクラス求人が多いため、ある程度キャリアのある人向けになりますが、いつかは転職を考えている人向けのプレエントリーと、今すぐ転職を考えている人向けのエントリーにわかれており、転職のタイミングも考えてくれます。

・プロフェッショナルバンク
幅広い業界・職種の求人を扱っており、30代のハイクラス求人が豊富な転職エージェント。

ヘッドハンティングや非公開求人の扱いもあり、今すぐ転職したい人ではなくても、良い案件があった時に声をかけてもらえるため登録しておいて損はないでしょう。

◆上記以外にも見ておきたい!おすすめサイト
・LinkedIn
求人検索以外の機能が多く、登録しておいてもよいサイトのひとつです。

求人のほか、同級生や同僚などとつながるネットワークや、スキルアップのための講座を検索できるなど、幅広く情報を見ることができます。

企業からのスカウトを受けることもできます。

・NewsPicks
ニュースアプリがメインのサイトですが、求人を掲載している企業の代表や社員インタビューなどを読んでから応募することができます。

求人数は少ないため、情報を集める意味で見ておいてもいいでしょう。

・ミイダス
現在の自分にどれくらいの市場価値があるのかを調べることができるサイトです。

いくつかの質問に答えると、おおよその年収やオファーがくる企業レベルなどがわかる仕組みになっています。

参考程度にチェックしておいてもいいでしょう。

・転職会議
求人掲載のほか、企業の口コミが掲載されているサイトです。

30代の転職はキャリアへの影響が大きいため、転職に失敗しないためにも事前に企業のことをできる限り知っておきたいところです。

このサイトでは実際にその企業で働いた経験のある社員が書き込んでいるため、現場の生の様子をうかがうことができます。

ただし退職した社員の口コミが圧倒的に多いため、悪い内容のものが多い傾向にあります。
こちらも参考程度に見ておくとよいでしょう。

▼合わせて読みたい!
30代の転職で役立つ!16の転職サイト&転職エージェント活用法
企業・求人の実態が見える!30代転職を成功させる口コミ活用法

まとめ

30代の転職は、ある程度のキャリアを築いた人にはキャリアアップのチャンスとなります。
しかし20代のように引く手あまたというわけではありません。

自分のスキルや転職市場での価値を知ることで、企業の求める人材かどうかを見極め、応募することが重要です。

マッチングする求人を探すには、求人サイトや転職エージェントを活用するとより効率よく進めることができます。

サイトやエージェントの選び方、活用法など、今回の記事を参考にして、転職活動を進めてみてくださいね。

Banner neo column 01

新着記事

関連する記事