30代男性の転職を成功させるには?転職のコツをまとめて解説

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
2020年05月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

30代男性で転職を検討したことはありませんか?

労働力不足もあり、転職希望者にとって売り手市場になっている今、30代は転職するチャンスでもあります。

しかし誰でも簡単に転職成功できるわけではありません。
自分に合った企業を探し、応募して採用を勝ち取るためにはいくつかのポイントを押さえておく必要があります。

今回は、30代男性向けの転職事情から、企業から求められるスキル、転職成功のためのコツややっておくべきことなどをまとめて解説しています。

今回の記事を参考にして、30代の転職に何が必要か、自分の強みやアピールポイントは何かを明確にしてくださいね。

目次

30代男性の転職は不利なのか?

30代で転職を目指す男性

30代からの転職は20代に比べて年齢的にもハードルが上がると思っていませんか?

30代男性の転職は不利になるのかどうか、「転職35歳限界説」や企業から求められるスキル、さらに転職に向いている人・向いていない人の特徴を見ていきましょう。

◆「転職35歳限界説」はもう古い?
以前から言われている「転職35歳限界説」。
しかし、35歳は以前ほど高い壁ではなくなってきています。

企業によっても異なりますが、30代の転職希望者を積極的に採用する傾向にあります。

大手企業では毎年多くの新卒者を採用し、段階を経てスキルを身につけた社員が育っていきますが、中小企業やベンチャー企業では新卒採用をしていない企業もあります。

そのため、中堅で活躍できる人材が育っていないことが多く、若手社員をまとめるマネジメント能力を持ち、業務も任せることができる30代転職者の戦力に期待しているのです。

もちろん30代後半よりは前半の方が有利になる場合は多いでしょう。
しかし、年相応のスキルや経験があれば30代での転職が不利になることはありません。

◆30代男性に求められるものとは
転職において、採用企業が求めているものを見ていきましょう。

《即戦力》
20代ならポテンシャルで採用されることもありますが、30代に求められるのは即戦力です。

実務経験はもちろん、プロジェクトを任せられるスキルや経験、さらにリーダーとしてチームをまとめていくことができるマネジメント能力などがあればさらに歓迎されるでしょう。

指示されるのを待つのではなく、利益を生み出すために何が必要かを考えて動き、周りも動かすことができる人材が求められる傾向にあります。

《マネジメント能力》
マネジメント経験があれば、なお歓迎されるでしょう。
特に中小企業やベンチャー企業では中堅の人材が不足しがちです。

経験がなくてもマネジメント能力があるとアピールできれば、転職は有利になります。

《コミュニケーション能力》
30代から新しい環境に身を置き、既存社員と円滑にコミュニケーションが取れるかどうかは重要です。

仕事は一人ではできません。
特に大きなプロジェクトなどを動かす際には、多くの人と連携を取る必要があります。

社内外の人と信頼関係を築くことができるコミュニケーション能力は必要不可欠と言えます。

《柔軟な対応力》
ある程度の社会人経験を持つ30代なら、多くの人がすでに身につけている対応力も、転職を有利にしてくれる要素のひとつです。

転職先では自分より年下の上司がいる可能性もあります。
これまでになかった環境にも柔軟に対応し、うまくやっていくだけの対応力も求められます。

とはいえ、30代ならすでに自然に身についている能力がほとんどです。
自分では当たり前と思っているスキルが、転職市場では強い武器になり得ることを覚えておいてくださいね。

◆30代の転職に向いている人・向いていない人
次に30代からの転職に向いている人と向いていない人、それぞれの特徴を見ていきましょう。

《転職に向いている人の特徴》
・現職で成果を出している
今の職場である程度の成果を出している人は、転職に向いています。
転職活動でも即戦力をアピールすることができ、有利に転職を進めることができるでしょう。

逆に思ったような成果が出せず、現状に不満を抱えて逃避することが転職の目的になる人はいったん思いとどまった方がいいかもしれません。

環境だけを変えてもまた不満を抱える可能性が高いからです。

自分の考え方やキャリアをしっかりと見極め、新天地として転職先を求める人は転職後も活躍できる人材となるでしょう。

・転職ではなく、転職後の活躍を描ける人
新卒の就職活動も同様ですが、転職がゴールになっている人は転職に成功する確率は低くなります。

転職することがゴールではなく、転職後にどういった収益を上げられるのか、どんな貢献ができるのかを具体的にイメージできている人は転職に向いています。

・転職で収入アップを狙っていない人
よく転職を機に収入アップする人もいますが、最初から収入アップを目的としている人は転職をもう一度検討し直した方がいいかもしれません。

転職の際に収入が上がらなくても、転職後の活躍次第で収入を徐々に上げていくことは可能です。

収入は下がらなければいいと思っておく方がいいかもしれません。

《転職に向いていない人の特徴》
・転職回数が多い人
あまりにたくさん転職を繰り返している人は、企業からの信用が低くなってしまいます。

転職回数が多いと「長続きしないのではないか」「何も身についていないのではないか」と思われてしまいます。

3回程度なら問題ないと言われていますが、それ以上の場合は納得のいく転職理由を伝えられるようにしておきましょう。

・キャリアプランがない人
30代で転職して、「何歳くらいまでにこうなっていたい」「こんな役職を目指して頑張りたい」など明確なキャリアプランは面接などで企業から確認されることが多いでしょう。

しかし転職に向いていない人は、このキャリアプランが明確になっていないことが多い傾向にあります。

企業としても、将来的に社内で社員をリードしていってくれる人材を求めています。
即戦力だけではなく、将来のキャリアプランも立てておくことをおすすめします。

・年相応のスキルがない人
30代での転職では、社会人としてのマナーや業務スキル、コミュニケーション能力など、年齢相応のものを求められます。

そのスキルが20代程度では魅力的な人材とは思ってもらえません。
スキルを持ち、かつそれを裏付けることができるエピソードを持っていることが必要になります。

30代男性は未経験の転職はできるか

30代で未経験から転職を目指す男性

次に、30代男性が未経験の業界や職種に転職できるかどうか、さらに未経験から転職しやすい業界を見ていきましょう。

◆未経験分野での転職はかなり難しい
即戦力が求められる30代では、未経験分野への転職はかなり難しいと言わざるを得ません。
その理由は、即戦力にならないからです。

30代に求められるスキル、即戦力という武器が使えません。
業務内容や仕事の進め方をイチから指導しなければいけません。

最初から研修を実施するなら、順応性の高い20代を採用するでしょう。
わざわざ30代を採用する意味がないと思われてしまいます。

◆未経験分野でも前職の経験を活かす
未経験分野では転職は不利になりますが、前職の経験をうまく活かすことができれば大きな強みにすることができます。

接客や販売の経験を活かした営業職への転職や、営業経験を活かしたマーケティングへの転職など、職種経験を活かすことで未経験をカバーすることも可能になります。

異業界での勤務経験を活かして、新たな人脈を紹介したり新たな事業を提案するなど、自分の得意としていた仕事を活かす方法もあります。

30代男性でも、未経験分野への転職は決して不可能ではありません。

◆未経験からでも転職しやすい業界
次に、未経験30代男性でも転職しやすい業界を見ておきましょう。

・介護業界
介護業界で活躍する年代は幅広く、40代や50代、60代の人も現役で働いています。
ミドル層から未経験で転職する人も多く、30代なら若手として重宝されるでしょう。

介護業界では実務経験に伴って資格取得というステップアップが可能です。
新たなキャリアを築きたい人にとって、転職先の候補のひとつに入れてもいいのではないでしょうか。

・ドライバー業界
ドライバー業界も労働力不足と言われる業界のひとつです。

その職種は広く、配送などを行うトラックドライバーから、タクシードライバー、役員の送迎などを行うドライバーなど多岐に渡ります。

現在の日本に不可欠なドライバーの仕事は、社会貢献度も高く長く働くことのできる仕事でもあります。

・IT業界
IT業界も成長著しい業界のため人材不足の企業が多く、未経験から狙い目の業界のひとつです。

もちろん全くの未経験では採用される可能性は低いでしょう。
事前にプログラミングスクールなどで知識や技術を身につけているなどの付加価値は必要になります。

しかし技術や知識を見込まれて転職に成功すれば、キャリアアップしやすい業界です。

30代で未経験分野へ転職するには、かなりの覚悟が必要です。

しかし諦めずに自分の前職の経験を活かす道を模索したり、勉強して新しい知識を取り入れたりすることで転職を成功させることができます。

30代男性が転職を成功させるためにやっておくこと

30代で未経験から転職を目指す人のやることリスト

次に、30代男性が転職を成功させるためにやっておくべきことを見ていきましょう。
まずは30代男性の主な転職理由から探っていきましょう。

◆30代男性が転職する理由とは
社内で自分の地位を築き、知識や経験を積んだ30代男性が、その地位や収入を捨ててまで転職する理由はどこにあるのでしょうか。

ここではdodaの「転職理由ランキング2018」の調査結果から転職理由を年代別に比較して見ていきましょう。

《年代別の転職理由TOP5》

20代 30代 40代
ほかにやりたい仕事がある ほかにやりたい仕事がある 会社の将来性が不安
給与に不満がある 会社の将来性が不安 ほかにやりたい仕事がある
残業が多い/休日が少ない 給与に不満がある 給与に不満がある
会社の将来性が不安 残業が多い/休日が少ない 倒産/リストラ/契約期間の満了
専門知識・技術力を習得したい 専門知識・技術力を習得したい 専門知識・技術力を習得したい

どの年代でも「ほかにやりたい仕事がある」理由が1位か2位にランクインしており、現職の仕事内容に不満を感じて転職を決意する人が多いことがわかります。

その他、年代別に比較してみると、20代の転職理由は給与や休日などの働き方に不満を感じて転職を希望する傾向があります。

30代では、会社の将来性や給与への不満などがあり、20代より収入面に意識が向けられています。

40代では、会社の将来性や倒産やリストラへの不安などが5位以内にランクインしており、雇用環境の改善に理由が多いことがわかります。

◆30代男性が転職を成功させるポイント
30代男性は現状の仕事内容への不満、それに伴う収入などの転職理由が多いことがわかりました。

では次に、30代男性が転職を成功させるポイントを見ていきましょう。

《仕事内容を確認する》
求人票に記載されている仕事内容はもちろん、応募する企業についてできる限り詳しく調べて分析を行うことは必要です。

これまでの経験を活かして転職先でさらなる活躍ができるように、詳しい仕事内容を把握し、その企業の業界での立ち位置などを確認しておきましょう。

その上でどんな貢献ができるのかをイメージします。
そうすることで企業にも明確なアピールができ、また自分の将来のキャリアの形も明確になります。

《最低限必要な収入が得られるかどうかを確認する》
転職理由に収入面での不満が挙がっていましたが、転職において何を優先するのかを明確にしておく必要があります。

収入に重きを置くのであれば給与は重要な項目になります。
しかし転職で大幅な収入アップは見込めない場合もあります。

転職時の給与額が高くなくても、昇給や賞与、評価制度などを確認しておき、転職後の活躍次第で収入アップの見込みがある企業かどうかを見極めるようにしましょう。

また家族手当や住宅手当なども確認しておくことをおすすめします。
月給以外に会社が支給してくれる手当は収入面に大きく影響します。

手当が充実している企業は、社員を大切にしてくれるという目安にもなります。

《優先順位を明確にしておく》
仕事内容や給与、その他の働きやすさなど、転職に求める条件は人それぞれです。
その中で、優先順位を明確にしておくことは重要です。

例えば給与が高ければ仕事内容はどこまで妥協できるのか、逆に仕事内容が合わなければ給与が高くても転職しない、といった基準をはっきりさせておく必要があります。

ここが曖昧なまま転職活動をすると、例え採用されても「思っていた仕事ではない」と悔やむことになりかねません。

せっかく時間も労力もかけて転職できても、転職成功とは言えない結果になってしまいます。

何を一番優先させるのか、どこまでなら妥協できるのか、諦めてもいいことなど、一度書き出して順位付けをしておきましょう。

◆30代男性が転職活動でやっておくべきこと
・転職サイトを活用する
30代男性が転職を成功させるためにやっておくべきこととして、転職サイトの活用は不可欠と言えます。

今や情報収集はネットの時代です。
効率よく求人を検索し、なるべく手間を省いて転職活動を進めるためには便利な転職サイトを複数活用するのがおすすめです。

転職サイトだけではなく、転職サポートの手厚い転職エージェントも併用するとさらに効率が上がります。

転職エージェントでは担当のアドバイザーから最新の知識や企業に関する情報ももらうことができるため、利用しない手はありません。

30代向けの転職サイトは数多くあります。
その中から自分に合ったサイトを選び、情報収集や転職活動を進めてくださいね。

・口コミサイトで企業の評判をチェックする
サイトを使ってやっておきたいことは、情報収集だけではありません。
口コミサイトなどで、応募しようとしている企業の評判もチェックしてみましょう。

口コミサイトには求人票や企業のサイトには掲載されていない、社員の生の声が書かれています。

その中で気になった書き込みがあれば、面接などで確認してみてもいいでしょう。
ただしその際には「口コミサイトに載っていた」とは言わず、自分からの質問として聞いてくださいね。

退職した社員の口コミが多く、マイナスな書き込みが多いため、あくまでも参考程度にとどめておきましょう。

・応募書類、面接対策をする
30代になると、応募する際に履歴書に加えて職務経歴書も提出します。
その職務経歴書も、30代男性が押さえておくべきポイントがあります。

これまでの勤務経験で積み上げてきた実績を具体的に記載し、正しく評価をしてもらえる内容にします。

そのためにはこれまでの経験やスキルの棚卸が必要になります。
応募書類は読みやすくわかりやすい書式を心がけます。

また面接対策も必要です。
応募書類に基づいて、その内容をさらに具体的に掘り下げられるようにある程度回答をいくつか用意しておくとよいでしょう。

また企業ごとに志望動機を変更し、こちらから質問する項目も考えておきましょう。

・転職先が決まるまで現職は続ける
30代では転職にかかる期間が長くなる可能性があります。
早ければ3ヵ月から半年程度、長ければ数年かかる場合もあります。

現職を続けながら転職活動をすると、かなり忙しくなります。

仕事の合間や休みの日を使って求人検索や応募書類の作成をし、採用担当者とのやり取りを行います。

転職サイトやエージェントを活用して、できるだけ手間を省いたとしても、忙しくなることは必至です。

それでも、転職先が決まるまでは現職を続けることをおすすめします。

退職してからの方がじっくり転職活動ができる上、面接などの時間も取りやすくスムーズに進みますが、万が一転職活動が長期化した場合、経済的なリスクを伴います。

焦ってミスマッチな企業に転職を決めてしまい、転職後に後悔することにならないためにも、現職は続けておきましょう。

採用する企業も、転職者を募集しているのですから、面接日の調整や連絡には気を使ってくれます。

また入社日の相談もできます。
焦らず、自分に合う転職先を見つけるためにも、働きながら転職活動を進めるようにしましょう。

30代男性が転職で有利に見せるアピールポイントは?

30代で未経験から転職を目指す人もアピールポイント

これから転職活動をするにあたって、30代男性が何をアピールしていけばいいのか、詳しく見ていきましょう。

◆30代男性のアピールポイント
・これまでに培ってきたスキルをどう活かすか
30代ならある程度の経験を持ち、培ってきたスキルもあります。
しかしスキルを持っているというだけではアピール材料になりません。

そのスキルや経験を活かして、どんな貢献ができるかどうかを具体的にアピールする必要があります。

30代前半では即戦力となる経験やスキル、そして30代後半ではそれに加えてマネジメント能力が問われることが多くなります。

自分にどんな強みがあって、どう活かすかを積極的にアピールできるようにしておきましょう。

・提案力
転職者のメリットのひとつは、別の職場環境を知っていることです。

外から転職してきた人にとって、転職先の企業の業務の進め方や会社の方針、社風などはすべて新しいものです。

前職と比較して見ることができ、効率が悪い業務フローの改善や新しい事業の提案などがしやすいでしょう。

こうした新しい提案を期待している企業もあります。
広く意見を募ってくれる企業であれば、あなたの提案力は強い武器になるでしょう。

ただし、時には新しい提案を歓迎しない企業もあるため、経営陣の考え方や価値観を把握する必要があります。

・人脈
30代ともなれば、それまでの社会人経験の中で培ってきた人脈もあるでしょう。
人脈が広ければ、直接の取引につながらなくてもさまざまな意見を外部から求めることができます。

たとえ会社として何らかの形でビジネス展開できなくても、個人としての幅の広さはアピール材料になります。

◆30代男性はライフステージを意識した転職活動を
20代では独身の人も多く、自分一人の希望や条件で企業選びをすることができます。
しかし30代は、結婚や出産、育児といったライフステージに大きな変化が伴う年代。

結婚を考えているならパートナーのことを、結婚しているなら子どもが生まれた時のことを考えて転職活動をする必要があります。

月給や賞与、手当などを含めた年収はもちろん、転勤の有無や子育て支援などの福利厚生も重要です。

また家族を養うなら、企業の安定性や将来性にも着目したいところです。
こうした情報は転職サイトやエージェントを通してある程度は事前に確認することができます。

さらに詳しく聞きたい場合は、面接の際に遠慮せずに確認するようにしましょう。

▼合わせて読みたい!
30代男性の就職事情を解説!転職先選びのポイント&おすすめサイト
30代転職がうまくいく!利用すべきおすすめサイト&エージェント
30代の転職に使いたい!おすすめのエージェントと賢い活用法
30代はキャリアのわかれ道!30代から転職成功するポイントを解説

まとめ

30代男性の転職について詳しく解説しました。
30代での転職は、20代に比べて確かにハードルは高くなります。

しかし決して不可能ではありません。
自分の経験やスキルを活かし、転職してさらに活躍の幅を広げることは十分に可能です。

そして30代という年代は、転職して新たなキャリアを築くチャンスでもあります。
それには、何を求めて転職するのかを明確にする必要があります。

諦めることなく、転職成功のコツを押さえながら活動をすれば、希望に沿った企業に転職することはできるでしょう。

今回の記事を参考にして、今後の人生をより豊かにするための転職にチャレンジしてみてくださいね。

Banner neo column 01

新着記事

関連する記事