大型トラックドライバー必見!求人サイト選び&厳選サイトを解説

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

大型トラックドライバーの転職に不安を感じることはありませか?

今回は大型トラックドライバーの転職におすすめの求人サイトの紹介から、求人サイト選びや求人を見る時のポイントまで、詳しく解説します。

最後まで目を通して、転職活動の参考にしてくださいね。

目次

《大型トラックドライバー》おすすめ求人サイトは?

大型トラックドライバーの求人サイトを選ぶ人

転職する時にもっとも必要なのが、求人検索ができるサイトではないでしょうか。

まずは大型トラックドライバーに転職したい人や、今の会社から転職したいという人におすすめしたい、大型トラックドライバーの転職にぴったりの求人サイトをご紹介します。

・ドライバージョブ
豊富な求人数を誇る求人サイト。
求人検索のほか、希望年収や保有資格などから求人を紹介してくれます。

トラック業界に精通したスタッフが電話やメール、LINEなどで対応してくれるため、働きながら転職活動を行うには便利で使いやすいサイトです。

アルバイトの求人は少なく、正社員での募集がほとんどのため、安定して働きたい人にぴったりです。

・マイナビエージェント
全職種を網羅した総合型の転職エージェントサイト。
転職アドバイザーが求職者の要望やスキル、経歴を把握し、仕事を紹介してくれます。

求人数は豊富とは言えないかもしれませんが、アドバイザーのサポートが丁寧で、しっかりとマッチングした求人を探してくれるのが特徴です。

ただし初めての転職や20代の人をメインターゲットにしているため、40代や50代の人には不向きと言えます。

しかしトラックドライバーは人手不足のため、採用してくれる可能性もあります。

・indeed
求人数が多い求人サイト。
ほかの求人サイトの情報がまとめて検索できるため、情報収集には便利です。

基本的に掲載料が無料のため、大手の求人サイトには掲載されていない求人も多数掲載されています。

ただし上位には有料広告が表示されたり、募集が終了している求人も検索結果に表示されたりすることもあるため、注意が必要です。

・ドラEVER
ドライバーに特化した転職サイト。

長距離やルート配送、センター便など職種から検索できるほか、タンクローリーやキャリアカーなどトラックの形状からの検索も可能です。

福利厚生や給与から求人を探すこともできるため、自分の条件に合う求人を探しやすいサイトです。

一度登録すれば一括で複数の求人に応募ができ、働きながら転職活動をする時には手間を省くことができます。

企業からオファーを受け取ることができるスカウト機能も付いています。

・リクナビNEXT
転職成功者の8割が登録しているという大手転職サイト。
求人数が豊富で情報収集には最適と言えます。

他の職種も多数掲載されているため、まずは「ドライバー」の職種で検索をする必要はありますが、ドライバーの求人もあります。

大手サイトのため、掲載には審査があり、原稿掲載にも厳しいチェックがあるため、優良企業の求人が多く、ブラック企業や条件が違うといった差異などの可能性は低いでしょう。

同じ企業が運営するリクルートエージェントは転職エージェントがサポートしてくれるため、同時に活用するのもおすすめです。

・doda
全職種を網羅した、大手転職エージェントサイト。
求人数も豊富で情報収集のためにも使っておいて損はないでしょう。

特に面接サポートが充実しており、通常の面接対策はもちろん、ZoomやSkype などを使ったオンライン面接の注意点などもアドバイスしてくれます。

面接はどんなに自分で気を付けていても、難しい部分があります。
客観的かつプロの意見を取り入れることでかなり向上させることができます。

面接に不安がある人は、登録してサポートを受けてみることをおすすめします。

・はたらいく
希望勤務地から求人を検索する、地域密着型の求人サイト。

実際に転職成功した先輩のインタビューや写真などの情報が豊富で、転職希望者にはかなり参考になります。

大手サイトと比較すると全体の求人数は少なめですが、地方に特化しているから大手サイトにはない求人が多く掲載されています。

こだわり検索に「40代以上活躍中」や「60代以上応援」などの条件があり、年齢を理由に書類審査が通らないという人は利用する価値があるサイトと言えます。

・トラックマンジョブ
トラックドライバーに特化した求人サイト。

小型から大型トラック、トレーラーや引っ越しドライバーなどドライバーの職種を細かくわけて検索することができます。

また冷凍や冷蔵、食品、衣料品、機械やイベント用品など運ぶモノからも検索することができるのが特徴のひとつ。

ドライバー以外の倉庫管理や運行管理などの求人も掲載されており、トラック業界に転職するなら使っておきたいサイトと言えます。

・ランクリードドライバー
ドライバーに特化した求人サイト。

トラックドライバーのほか、タクシードライバーやバス運転手、新聞配達やロードサービスなど幅広いドライバーの求人が掲載されています。

会社の雰囲気や先輩社員の顔やコメントが掲載されている「だれどこ?」で、企業の素顔を覗くことができます。

応募の前に自分に合いそうな雰囲気の企業かどうかを判断しやすく、マッチングの可能性が高くなります。

・ハローワーク
ハローワークのインターネットサービスも求人探しにはおすすめのサイトのひとつです。

全国、すべての職種が網羅されており、掲載が無料のため大手サイトには掲載されていない中小企業の求人も探すことができます。

急募の求人など、広い条件から探すことができます。

ただし企業情報は少ないため、応募の際にはハローワークに直接問い合わせたり、自分で検索してみたりすることをおすすめします。

《大型トラックドライバー》求人サイトの選び方

大型トラックドライバーの求人サイトを選ぶ人

トラックドライバーにおすすめの求人サイトを厳選してご紹介しました。
ここでは、自分にぴったりの求人サイトを選ぶポイントについて見ていきましょう。

◆求人サイトを選ぶ5つのコツ
今や自分に合う企業を探すためには、求人サイトの情報は欠かせません。
ここではサイトを選ぶための基準となる5つのコツを詳しく解説しています。

こちらの基準を参考にして、自分の中で優先度を考えて選んでみてくださいね。

《求人情報数が多いかどうか》
まずは求人数の多さが基準のひとつになります。
求人数が多いサイトは、大手企業が運営しているサイトか、職種に特化したサイトが多くなります。

大手企業が運営するサイトは、掲載にあたって掲載企業の審査や原稿のチェックも厳密に行われ、掲載料もかかります。

そのため採用にコストをかけることができる企業であると判断でき、ブラック企業に応募してしまう可能性も低いと言えます。

またドライバーなど職種に特化したサイトでは、大手サイトに掲載されていない求人も多数ある可能性があります。

数あるドライバーの求人の中から絞り込んで探すことができるため、自分に合う求人を見つけやすいでしょう。

求人数が多ければ、それだけ自分に合う求人を見つける確率が高くなります。

《自分が働きたい勤務地の情報があるかどうか》
求人はどうしても都心部に集まりがちですが、今住んでいる地域で探したい、U・Iターンで遠方の地域の求人を見つけたいなど勤務地から検索できなければ意味がありません。

どこで働くのか、その地域の求人が掲載されているのかどうかも基準に入れてサイトを選びましょう。

《情報が更新されているかどうか》
大手サイトの平均的な更新頻度は1週間に2度程度となっています。

更新する曜日などを決めているサイトもありますが、中には更新日が決まっていないサイトもあります。

中には古い情報をそのまま掲載している場合もあるため、定期的に更新されているかはチェックしておきましょう。

《非公開求人があるかどうか》
転職サイトには、一般に公開されている求人のほか、企業名が伏せられた非公開求人もあります。

一般的な求人では、年収や細かな仕事内容などを公開する必要があります。

こうした社内の採用情報を他社に知られたくない企業は、非公開求人という形で募集をかけることがあります。

また公開されている求人なら応募者全員に何らかの対応をしなければいけませんが、非公開求人ならエージェントを通した応募の場合にのみ対応すればよく、採用の手間やコストを省くことができます。

非公開求人を抱えていることは、企業とのつながりが深いサイトである目安のひとつと考えられます。

ただし非公開求人はスキルや経験を持った人材を募集している企業が多いため、未経験からの転職の際はあまり活用できないかもしれないことを心に留めておきましょう。

《コンテンツが充実しているかどうか》
転職成功のポイントや応募書類の書き方、面接対策についてなど求人以外の情報が豊富なサイトであることもポイントのひとつです。

トラックドライバーに特化したサイトなら、トラックドライバーとして働く時の注意点や最新の現場事情、ステップアップの道など、ドライバーについてのコンテンツが多く掲載されています。

こうしたコンテンツが充実しているというころは、そのサイトやサイトの運営をしている企業やスタッフがドライバーに詳しいという目安にもなります。

求人の紹介や相談をするなら、その道に詳しい人にすると転職成功の可能性は高くなります。

ここで紹介した5つのコツを、ドライバーに詳しいサイトを探すポイントとして覚えておいてくださいね。

《大型トラックドライバー》求人で見るべきポイント

大型トラックドライバーの求人をチェック

トラックドライバーにおすすめの求人サイトと、サイトを選ぶ時のコツについて詳しく見てきました。

ここでは求人情報の中で見ておくべきポイントについて解説していきます。

◆求人情報で見るべきポイントはここ!
働く上で重要な条件としては、給与や待遇などが挙げられます。
そうした希望条件はライフスタイルによって異なります。

ここでは、待遇などの条件面以外で、見ておきたいポイントをまとめて見ていきましょう。

《運転したいトラックの車種があるかどうか》
ドライバーに特化した求人サイトでも、車種や職種での検索項目が設けられているように、運転するトラックや運ぶ荷物が希望に沿っているかどうかは重要なポイントです。

ただ大型トラックといっても種類はさまざまあります。

まだそこまで考えていないという場合は、詳しい仕事内容や勤務時間などをチェックして、自分のライフスタイルに合うかどうかを検討してみてくださいね。

また、オートマ車かマニュアル車かは見落としがちなポイント。
今はほとんどがオートマ車ですが、念のため確認しておきましょう。

《自宅から勤務先までの距離》
トラックドライバーの仕事は、早朝や深夜の勤務の場合もあります。
そのため自宅から勤務先までの距離も見ておくべきポイントとなります。

配送会社などがあるエリアは都心より郊外にあることが多く、公共交通機関も便利とは言えません。

必然的に通勤はマイカーとなる場合が多くなり、日々仕事でトラックを運転しているからこそ、通勤時間は短くしておくことと体力的にも精神的にもおすすめです。

《希望に柔軟に対応してくれるかどうか》
トラックドライバーというと、早朝や深夜勤務などの仕事ばかりではありません。
日勤で配送する仕事もあり、それは大型トラックでも同様です。

例えば「子どもが小さいから定時に帰りたい」「とにかく稼ぎたい」など、一人ひとり希望する働き方は異なります。

働く人の希望をどこまで聞いて柔軟に対応してくれるかどうかも、ポイントのひとつ。

求人情報の中から判断できない場合は、企業のコーポレートサイトで確認したり転職エージェントに聞いてみるのもいいでしょう。

《職場の雰囲気》
トラックドライバーは同じ会社で働くドライバー同士でも接する時間が少なく、挨拶程度という場合もあります。

そのため、他の社員の人間関係をあまり気にする人は多くないかもしれませんが、やはり長く働くためには職場の雰囲気は大切にしておきたいところです。

実際に働いている人の写真やコメントがあれば、どんな人が働く会社なのかを推察でき、自分にも合うかどうか判断の基準になる場合もあります。

《トラックの整備や安全性への配慮》
毎日仕事で使うトラックの整備はもちろんドライブレコーダーや、デジタルタコグラフなどが設置されているかどうかも重要です。

万が一の事故に備えたり環境に配慮したりしてくれる企業かどうかを見極めるポイントになります。

また、合わせてトラックの清掃が行き届いているかどうかもチェックしておくとよいでしょう。

会社の「顔」とも言うべきトラックがキレイに清掃されていなければ、清掃する時間もないほどハードな職場環境という可能性もあります。

トラックの整備や清掃に配慮している企業であれば、トラックを運転する社員も大切にしてくれることがわかります。

《何次請けをしている企業か》
自社で何次請けの仕事の割合が多いかどうかも確認しておくとよいでしょう。

言うまでもなく、下請けになればなるほど企業の利益は低くなり、そこで働くドライバーの収入も低く設定されています。

二次請け、三次請け程度までなら比較的安定していると言えますが、それ以下での案件が多い場合は注意した方が無難かもしれません。

労働力不足のトラック業界では待遇などの見直しが行われ、働きやすい環境が整っている傾向にあります。

こうしたポイントを押さえて求人を探すことで、自分に合う企業を探すことも不可能ではありません。

▼合わせて読みたい!
【大型トラックドライバー必見】ココが違う!優良な運送会社を見分ける方法
大型トラックドライバーは転職におすすめ!その理由と求人探しのコツ

《大型トラックドライバー》求人に迷ったらエージェントもオススメ

大型トラックドライバーの転職でエージェントを活用する人

次に、求人サイトだけでは迷ってしまって決められないという人のために、転職エージェントについて詳しく見ておきましょう。

◆転職エージェントはこんな人におすすめ!
まずは転職活動でエージェントをおすすめしたい人の特徴から見ていきましょう。

《トラックドライバー未経験の人》
トラックドライバーとしての経験がない人は、エージェントを活用することをおすすめします。

トラック業界のことやトラックドライバーの仕事についてなど、詳しく自分で調べることなくエージェントが教えてくれます。

プロの視点から業界の事情や将来性、応募しようとする企業の立ち位置なども知ることができ、転職活動をする上で参考になるでしょう。

《経験はあるけど転職が初めての人》
トラックドライバーとしての実務経験はあるけど、転職をすることが初めての人もエージェントを活用することを考えてもいいでしょう。

転職活動は、いくつかのポイントを押さえておくことで効率が上がります。

情報収集や応募する企業の下調べ、応募書類のチェックや面接対策、待遇の交渉など一人で行うと手間のかかることを、エージェントを活用すれば無料でサポートしてくれます。

自分では気がつかない点を客観的にアドバイスしてくれることもあります。
転職が初めての場合は、一度相談だけでもしておくとよいでしょう。

《今後のキャリアプランに不安を抱えている人》
経験も転職経験もあるけど、今後のキャリアプランに不安を抱えている人も、一度エージェントに相談してみることをおすすめします。

トラックドライバーは40代や50代、60代でも活躍している人の多い業界です。
長く働ける業界ではありますが、自分に合っているかどうか疑問を感じる人もいるでしょう。

そんな時は、プロに相談するのがベスト。

たくさんの求職者を見てキャリアサポートをしてきたエージェントに相談することで、迷いがなくなったり、本当に進みたい道が見つかる可能性もあります。

《転職に失敗したくない人》
転職を絶対に成功させたい人も、エージェントをおすすめしたい人の特徴と言えます。

自分で求人を探して応募する場合と違って、エージェントならある程度応募する企業の情報を事前に教えてくれます。

採用担当者とも面識があることが多いため、どんな人を欲しがっているのかを見極めて求職者に紹介してくれます。

社内の雰囲気なども知っていることが多く、採用の確率が高いと言えます。

逆に、一人で転職活動することに不安がない人や、マイペースに転職活動を進めたい人は必要ないかもしれません。

◆転職エージェントの賢い活用法
ここでは、転職エージェントの利用の流れから活用法まで詳しく見ていきましょう。

《利用の流れ》
1登録
ネット上で登録を行います。
名前や年齢、住所のほか、学歴や職歴、希望する職種や保有資格などを入力します。

2面談
登録後はエージェントと直接会うか、遠方や忙しくて時間がない場合は電話やWebで面談を行います。

面談では登録した内容を基に具体的に条件面やキャリアプランなどの話を行うほか、人柄などを知ってもらう重要な機会となります。

3求人紹介
エージェントがあなたの希望条件や経験にマッチする求人を紹介してくれます。
企業の情報を聞き、興味があれば応募します。合わないと思ったら断っても構いません。

4選考
応募すれば書類審査、次に面接へと進みます。
応募書類は事前にエージェントがチェックしてアドバイスをしてくれます。

エージェントを通しているため、書類選考はかなり高い確率で通ることができるでしょう。
面接にはエージェントが同行してフォローしてくれます。

5内定
内定がもらえたら、入社前に待遇の細かいことを確定します。
ここでもエージェントがあなたに代わってよりよい条件の待遇を交渉してくれます。

《エージェントの活用法》
ここでは、エージェントの活用法を詳しく見ていきましょう。

・複数のエージェントに登録する
エージェントによってアドバイスや業界への詳しさにも差があります。

最初は複数のサイトに登録し、面談などのやり取りであなたに合うエージェントを見つけましょう。

大手サイトやトラックドライバーに特化したサイトなど、タイプの異なるエージェントサイトを複数活用し、情報収集を行うことをおすすめします。

・正直に話す
応募する企業には言えないようなマイナスな点も、エージェントには正直に話しましょう。
そうすることでエージェントとの信頼関係を築くことができます。

あなたが信頼することでエージェントも信頼してくれ、よい転職先を紹介したいと思ってくれます。

また転職理由や前職での悩みなどを正直に話すことで、本当に合う求人を紹介してもらえる確率も上がります。

・転職期間は3ヵ月程度と伝える
ほとんど場合、転職希望期間を聞かれます。
その際、急いでいない場合でも「3ヵ月くらい」と答えておくことをおすすめします。

エージェントには3ヵ月程度と伝えることで転職の意志の強さをアピールでき、優先順位も高くなる可能性があります。

また、転職活動は予想より時間がかかるものです。
例え1年を見込んでいても、実際には2年や3年かかることもあります。

自分の転職活動を円滑に進めるためにも、期限は3ヵ月としておきましょう。

・応募書類や面接対策などのアドバイスをもらう
登録者は応募書類のチェックや面接対策のアドバイスを受けることができるのが大きなメリットのひとつ。

プロの目から見た応募書類の書き方や面接対策は必ず受けるようにしましょう。

もしそのエージェントから紹介してもらわなくても、役立つアドバイスは受けておいて損はありません。

・言いなりにはならない
エージェントは転職のプロではありますが、その意見が絶対とは言い切れません。
その企業が合うかどうかは、最終的には自分で決めなければいけません。

あなたの求めるものと違う場合は、はっきり「違う」と伝えるようにしましょう。

▼合わせて読みたい!
大型トラックドライバーに転職!未経験でも有利に進める条件
大型トラックドライバーへ転職!求人の探し方・見極め方のポイント
大型トラックドライバーの転職に役立つ!エージェント&サイトの活用法

まとめ

大型トラックドライバーへの転職に役立つ求人サイトや転職エージェントの活用法などを詳しく解説しました。

求人サイト選びや求人情報で見るべきポイントなど、参考にして探してみてくださいね。

これからの転職活動に役立つことを祈っています。

Banner neo column 01

新着記事

関連する記事