複数活用で成功へ!施工管理転職で自分に合うサイトを選ぶには?

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

施工管理とは、建物やインフラ設備をつくる現場において工事が速やかに、かつ安全に進むよう調整・管理する仕事。

一緒に働く作業員の安全や、案件全体の責任を背負う大変な仕事である一方で、社会的意義ややりがいも大きいため、人気がある職種のひとつです。

今回は、建築・建設関係職の花形である施工管理への転職を検討中の40代に向けて、転職成功に役立つサイトの選び方・有効活用の方法を解説。

入社後に後悔しないためにサイト上で確認しておくべき情報や、数ある転職サイトから自分に合うサイトを見極めるポイントまで、役立つ情報をまとめてご紹介します。


施工管理への転職成功をめざすうえでチェックしてほしい具体的なサイト名も例示していますので、ぜひ最後まで目を通してくださいね!

【合わせて読みたい】
アラフォー以上歓迎!FROM40の建設・建築・土木系求人情報はコチラ!

目次

施工管理への転職、自分に合うサイトはどう選ぶ?

40代の施工管理転職 イメージ

1人1台以上スマートフォンやパソコンを持っている現代、職種にかかわらず、転職活動もインターネット上で進めるのが一般的になっています。

このためインターネット上には、施工管理という職種や建築・建設・土木業界に特化したものも含め、無数の転職・求人サイトが存在しているわけです。

そんな中で40代が施工管理への転職を成功させるには、どんなサイトを選ぶべきなのでしょうか。

まずは、施工管理への転職を志す40代が自分に合う転職サイトを選ぶための5つのポイントを見ていきましょう。

◆その1:勤務希望地・居住地に強いサイトを選ぶ
多くの転職サイトには、希望勤務地や現住地から求人を絞り込める機能があります。

ただ、関東や関西など一部の大都市圏の求人にのみ強いサイトだと、他地域・地方都市を勤務地とする求人がほとんど掲載されていないことも。

実際の勤務・就業が不可能な地域の求人ばかり閲覧できても、転職活動は進みません。

施工管理の求人を探すときは、自分が勤務可能な求人が多数掲載されているサイト、居住する地域の求人に強い転職サイトを選ぶべきです。

◆その2:自分の年代の転職成功に強いサイトを選ぶ
各転職サイトには、それぞれに得意とするターゲット層があります。

転職が一般的となり、年齢を問わず転職する機会が増えたここ数年は、20代・30代向けだけでなく40~60代のミドル・シニア層をターゲットとするサイトも出てきました。

若年層をメインターゲットとするサイトの求人は、基本的に20代・30代人材を採用するためのもの。

若年層向けのサイトの求人に40代が応募しても、「求める人物像に合わない」として不採用を言い渡される可能性が高いでしょう。

40代が効率よく施工管理への転職を成功させるなら、自分の年齢層に強いサイトを選んで求人の検索・応募を続けてください。

【合わせて読みたい】
効率的に転職を成功させたいなら!知っておくべき中高年に最適な転職方法6選

◆その3:自分の経歴や保有スキルに合ったサイトを選ぶ
年齢と同様に、各転職サイトには得意とする人材像があります。

例えば「資格取得応援制度アリ」「実務未経験者歓迎」求人を多く扱うサイトなら、得意とする人材像は「熱意はあるけど経験のない初心者」。

「ステップアップを応援」「即戦力歓迎」求人を多く扱うサイトなら、その職種・分野での実務経験のある「実務経験者、即戦力人材」がメインターゲットとなります。

あなたは、施工管理を志す人材としてどのようなスキル・経験を持っているでしょうか。

人材としての自身の経験・実力に合ったサイトを利用することも、40代が効率的に転職活動を進めるうえで重要になってきますよ。

【合わせて読みたい】
自分の『強み』を活かして転職成功!今すぐできるキャリアの棚卸し方法とは?
結果が変わる!転職に役立つ自己分析&職務経歴書作成ツールとは

◆その4:転職の目的・譲れない条件に強いサイトを選ぶ
給与や待遇への不満、勤務時間の長さや仕事内容の負担が大きすぎるなど、退職・転職を決める理由は人それぞれです。

ということは当然、転職先に求める働き方や待遇、給与への条件にも個人差が出てきます。

転職サイトの中には特定の地域、転職後の待遇や給与アップに強いなど、転職者が掲げる条件面に強みを持つものもあります。

施工管理へ転職するにあたり、譲れない条件は何なのか。その条件によって利用する転職サイトを使い分けるのも、転職成功の近道のひとつです。

【合わせて読みたい】
40代転職成功の要!5分でできる、キャリアの棚卸し方法を解説!

◆その5:自分の転職活動のスタイルに合うサイトを選ぶ
転職サイトのサービス内容は、おおまかに以下のように分けることができます。

《1》自分のペースで求人を検索・絞り込み、ひとりで転職活動を進めるサイト
《2》エージェントなど担当者に相談し、サポートを受けつつ転職活動を進めるサイト
《3》自身の経歴や想いを登録しておき、採用担当からのスカウトを待つサイト

※近年では、上記のサービス内容を併設する転職サイトも多いです。

その人の考え方や性格によって、適した転職活動の方法も変わってきます。

自分の思い描くペース、心地よい転職活動に見合ったサービスを提供するサイトを選べば、転職に伴うストレスを低減できるでしょう。

【合わせて読みたい】
登録するだけ!企業の採用担当に声掛けしてもらえる「FROM40スカウト」

本音を探ろう!施工管理の求人で見るべきポイント

求人情報を読み込む女性

転職に伴う代表的なトラブルのひとつが、入社後に「ミスマッチ」が発覚するケースです。

ミスマッチとは、企業と転職者の希望や思惑が一致しておらず、不満が大きくなった状態。
その多くは、選考段階での互いの条件・情報の確認不足や思い込みから発生しています。

ここからは、40代での施工管理への転職を「失敗」「こんなはずじゃなかった」と後悔しないために、転職サイト上の求人情報から読み取るべきことを解説していきます。

◆具体的に、どんな仕事を期待されているのか
まずは、企業側が応募者に求めている具体的な仕事内容について把握しましょう。

求人を出している企業が専門とする分野、これから広げていきたい分野などにより、企業側が転職者に求める仕事の内容・レベルは大きく変わってきます。

施工管理の場合、工事分野の分類だけでも建築・土木・造園・管工事と4分野あります。

建築施工管理が対象とする工事分野 ビル、マンション、戸建て住宅、商業施設など建物づくり
土木施工管理が対象とする工事分野 鉄道、上下水道、道路、河川、港湾などインフラの構築・整備
造園施工管理が対象とする工事分野 緑地や公園を新規造成、または安全に利用できるよう整備する
管工事施工管理が対象とする工事分野 電気、上下水道、ガス、空調のための配管設備を整備する


また、求められる即戦力性のレベルもさまざまです。
転職サイトで施工管理の求人を見るときは、以下項目の内容から「期待される具体的な仕事内容・レベル」を図り、自分に対応可能かを考えてみしょう。

「具体的な仕事内容」
「求人を出した理由」「採用活動に至った理由」
「求める人材像」「こんな人は歓迎」「こんな人活躍中」


【合わせて読みたい】
施工管理の仕事を解説!40代転職成功と求人応募のポイントとは?

◆教育・研修制度の有無と内容、評価方針について書かれているか
施工管理を募集する求人のなかには、昇給・昇格の過去実績や資格取得応援制度の有無、その他教育・研修制度について書かれていることがあります。

これらの項目は、それぞれ企業の人事の本音や職場の雰囲気を探るヒントになってくれます。

昇給・昇格の実績からわかること ・その会社の人事評価制度、評価の基準・項目
・企業や現場内の人間関係、雰囲気について
取得応援制度の有無からわかること ・実務未経験者、異業種からの転職の可否
・入社後、ステップアップのために受けられる支援内容
教育・研修制度からわかること ・企業としての人材教育、管理への考え方
・従業員への待遇や職場の雰囲気


施工管理の求人をチェックするときは、以下の項目を読み込んで企業側の従業員管理への考え方、昇給・昇格見込みなどを推測してみましょう。

「過去の昇給・昇進の実績」「社内の評価制度について」
「中途入社した人の過去の昇給・昇進実績の例」
「資格取得応援制度アリ」「求める人材像」「歓迎する人材像」「応募条件」
「入社後〇か月間研修アリ」「初心者でも、先輩がしっかり教えます」
「社長または取締役の経歴」「創業の経緯や時期」


その結果、見えてきた企業風土や職場の雰囲気が自分の価値観に近いと感じたなら、あなたとマッチング度の高い求人だと考えられます。

【合わせて読みたい】
40代転職の年収下落は防げる!転職後の年収をダウンさせないコツ

◆その企業や部署、求人を現すため設定された「キーワード」は何か
サイトに掲載されている各求人には、必ずテーマとなるキーワードがあります。

キーワードとは、その求人を一言で表すような単語のこと。例えば、以下のようなものが求人に設定されたキーワードと言えます。

【求人に使われがちな、キーワードの例】
若手ばかりの成長企業、勢いのある会社、アットホームな職場、厳しくも温かい雰囲気、創業から〇年安定経営の老舗、社員同士のつながりが強い、風通しが良い など



いわば、採用担当者か求人作成を担当した転職サイトのライターなどが感じた、その企業の社風や職場の雰囲気を現す言葉のことですね。

これらは、その会社の風土や人間関係を図る指標となります。求人のキーワードに共感、またはポジティブな感情を抱けたなら、あなたにとって魅力ある求人なのでしょう。

逆に、キーワードに対してネガティブな感情しか抱けない求人との相性は良くありません。
その施工管理求人は、条件が良くても転職先の候補から外してOKです。

◆従業員の休日・休暇や働き方について、どう書かれているか
施工管理へ転職するうえでワークライフバランスを重視するなら、休みやすさや毎日の労働時間が気になるところ。

求人内の以下の項目をチェックして、転職後、あなたの望む生活リズムで暮らしていけそうかをイメージしてみてください。

「年間休日数」「休日・休暇」「有給消化率」
「産前産後休暇・育児休暇・介護休暇・病気休暇などの取得率」
「休日出勤、または対応した場合の手当の有無」
「残業手当」「みなし残業の有無・時間数」


これらの項目は、企業が従業員の健康・幸福を守る立場をどう考えているのか、どんな待遇を提供しているのかを知る目安にもなります。

◆その会社に将来性はあるか、また倒産のリスクはないか
40代での転職は、あなたと家族の今後の生活を左右するとても重要なもの。
転職後、経営悪化や倒産など会社都合による失職は、絶対に避けたいですよね。

だからこそ、施工管理の求人をチェックするときには会社の経営状況や将来性を推し量ることも大切です。

以下の項目から企業の競合性や他社への優位性、現在の経営状況や将来的な成長の可能性まで想像してみると良いでしょう。

「こんなものを作っています」
「こんな会社です」
「業界・分野における自社のシェア率」
「成長率」


◆求人だけに頼らず、情報収集することも大切
求人情報の多くは、企業側が転職サイトに掲載料を支払って載せているものです。

このため、基本的に企業側にとって都合の良い情報しか書かれていません。その中には、残念ながら悪意のある嘘の情報が紛れていることもあります。

求人から本当の情報を抽出し、転職を成功させるには、求人内容だけを鵜呑みにしていては危険です。

企業サイトの経営者インタビューや口コミサイトなど、求人以外の情報源にも触れて、企業分析をしましょう。

【合わせて読みたい】
40代の大型ドライバー転職を成功へ導く!口コミの収集&活用方法

施工管理転職成功のカギは、複数サイトの併用にアリ

施工管理に強い転職サイト 併用イメージ

転職サイトを使い、40代での施工管理転職を効率的に成功させるためのコツは「別タイプの転職サイトを複数併用すること」にあります。

いろいろなタイプの転職サイトを併用することが、なぜ40代の施工管理転職成功に役立つのか。以下からは、その理由を見ていきましょう。

◆さまざまなルートから集まる求人に出会えるから
冒頭でも触れたように、転職サイトには以下3つのタイプがあります。

《1》自分で求人を検索・絞り込み、ひとりで転職活動を進める「求人検索型」
《2》専門家に相談し、サポートを受けつつ転職活動を進める「エージェント型」
《3》経歴を登録し、採用担当からの直接声掛けを待つ「スカウト型」


【合わせて読みたい】
40代転職成功への近道!エージェントを味方にする上手な使い方とは?
《スカウト&エージェント》2大転職サービスの賢い利用法とは?

各サイトには、それぞれの求人掲載方法に魅力を感じる企業からの求人が集まります。

求人検索型・エージェント型・スカウト型のすべてを併用することは、異なるタイプや企業規模の求人に効率的に出会い、転職先の選択肢を増やすことにつながるのです。

◆自分では見つけられない、思いがけない求人に出会えるから
エージェント型サイトでは、あなたの経歴・希望とのマッチング度が高い担当者のおすすめ求人、または非公開求人の紹介を受けられます。

そしてスカウト型サイトでは、登録された経歴を見て人材としてのあなたに魅力を感じた企業からの、本気度の高い選考への招待を受けられます。

いろいろなタイプの転職サイトを複数利用することで、自身で検索するだけでは望めない転職との出会いも見込めるようになる、というわけですね。

これは、20代・30代の頃に比べマッチング度の高い求人数が減りがちな40代にとって、とても大きなメリットと言えるでしょう。

【相性が良くないと思ったら、すぐ変更依頼&退会手続きしてOK】
エージェント型の転職サイトを利用するにあたって、ネックとなるのが担当者との相性。

話し方が威圧的、人柄的に相性が良くない、希望に合わない求人ばかり紹介してくる、などなど…。

担当となるエージェント・アドバイザーの質によっては、本来サイト利用によって軽減されるはずの転職活動のストレスが、増大してしまうケースもあります。

イライラやもやもやは、効率よい転職成功の敵です。そんなときは我慢せず、サイト側に申し出て担当エージェントを変更してもらいましょう。

それでも紹介される求人に納得がいかない、ピンと来ない状況が続くなら、サイトそのものとあなたとの相性が悪いのかもしれません。

速やかに退会手続きをして、あなたに合った別の転職サイトを利用してください。



【合わせて読みたい】
施工管理の仕事に役立つ資格はコレ!おすすめ求人サイト5選
施工管理への転職!適性ある女性の特徴と利用すべき求人サイトは?

◆求人探し以外にも、転職成功のためのサポートを得られるから
各転職サイトは、利用者の転職活動を求人情報以外の方法でもサポートしようと、それぞれに合ったかたちで以下のようなコンテンツを提供しています。

・求人検索や選考、面接突破のコツについて書いた記事やコラム
・人事担当者や、エージェントによる特定の業界・職種の転職事情解説
・職務経歴書と履歴書といった、転職に必要な書類の書き方解説 など


自社の求人掲載・紹介方法や、得意とするターゲット層などにより、そのアプローチ方法はさまざま。

転職成功に役立つ情報を幅広く手に入れ、触れ続けることも40代の施工管理転職成功を覆いに助けてくれるはずです。

【合わせて読みたい】
【転職を成功させたい中高年必読!】求人の応募方法と応募後に注意すべきこと
【まとめ】これで完璧!中高年の転職者が必ず読むべき職務経歴書の書き方Q&A

施工管理転職に役立てて!建築・建設業界に強いサイト

施工管理の仕事 イメージ

最後に、施工管理を含む建築・建設業界に強いサイトを4つ、それぞれの特徴と一緒に紹介していきます。

ここまでに見てきたサイトの見極め方、活用のコツを参考にしながら、あなたに合ったサイトを最低でも3つピックアップし登録・利用してくださいね。

◆施工管理求人ナビ
施工管理や設計事務所勤務など、建築・建設に関係する職種に特化した転職サイト。

2,000件以上の求人を公開しているうえ、その中心職種は施工管理。都市部だけでなく、地方を含む全国の求人から希望に合うものを検索できる仕組みです。

さらに希望者には、建築・建設業界を熟知したアドバイザーによる相談機会も無料で提供。なおサービスの利用はすべて無料、条件を満たせば、転職成功後にお祝い金をもらえるケースもあります。

◆RSG
建築・建設業界特化型転職サイトのなかでも、正社員雇用に強いとされるサイト。

担当者が個別に転職支援を提供するエージェントサービスがメインとなり、非公開求人を含む約5,000件の求人から、マッチング度の高いものを紹介してもらえます。

転職者は、前職に比べ平均で1.2~1.5倍の収入アップを実現させるほど、条件交渉やキャリアアップに強みを持つのも特徴。

この転職で収入アップ、待遇アップを狙いたいなら、ぜひ利用してください。

◆建設転職ナビ
施工管理など、特に建築・建設業界の技術職の求人に強みを持つサイト。

扱う求人数は、地方勤務を含む7,000件以上。U・Iターンを伴う施工管理転職を控える40代も、利用しやすいサイトと言えます。

働き方や研修・教育制度にかかわることなど、幅広い条件から求人検索できる他、業界関係の有資格者による転職支援サービスも併設。

施工管理への転職に漠然とした不安を感じているなら、一度求人検索や相談利用してみることをおすすめします。

◆フリーランチ
無料での求人検索と、有料でのキャリア相談の両サービスを提供しているサイト。

東京のオフィス、またはオンラインにて1回あたり75分間のキャリア相談を受けられます。応じてくれるのは、建築・建設業界の経験者や有資格者たちです。

数千円程度の料金で、現職に抱えている不安や悩み、独立も含めた転職へのアドバイスももらえます。

独立開業、このまま現職場にのこることも含め転職について悩んでいて、専門家の意見を聞きたいと考えているなら、料金を支払ってでも利用する価値があるでしょう。

◆大手&年齢特化型もチェック!
以下のような幅広い業界・職種の求人を多数扱う大手サイトや、アラフォー以上の年齢層に強いサイトも40代の施工管理転職成功に役立ちます。

建築・建設業界や施工管理に特化した転職サイトと合わせて、利用しましょう。

《大手転職サイト》
リクナビNEXTリクルートエージェントdodaPASONA CAREER

《アラフォー以上に強いサイト》
FROM40FROM40スカウトミドルの転職マイナビミドルシニアビズリーチ

サイトをうまく選び、活用して施工管理転職を成功へ

施工管理転職に強いサイトへの登録

ネットで転職活動を行うのが一般的になったいまだからこそ、自分に合った転職サイトをうまく活用することで、効率的な転職成功が可能になります。

あなたの性格、転職への考え方に合ったサイトを複数利用し、たくさんの求人に触れてみてください。

徐々に、あなたとマッチング度の高い求人の見極め方もわかってくるはずです。

まずはスキマ時間に無理のない範囲で始め、本気度が高くなってきたら有料サイトも活用しながら、あなたの施工管理転職を成功させてくださいね。

Banner neo column 01

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new