40代の大型ドライバー転職を成功へ導く!口コミの収集&活用方法

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

資格さえ取得すれば年齢・性別を問わず挑戦可能で、人材需要も高い大型ドライバーの仕事は、40代転職者からも人気があります。

しかし一方で「ブラック」「離職率が高い」といったマイナスイメージがあるのも事実。

そんな漠然としたイメージから、大型ドライバーへの転職活動・求人への応募をためらっている人も多いのではないでしょうか。

今回は大型ドライバーへの転職を検討中の40代に向け、転職成功のために知っておくべき口コミの重要性と、そのチェック方法を解説。

求人を出している企業の口コミを調査・活用し、あなたの大型ドライバーへの転職を成功に導くためのポイントをまとめていますので、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

目次

大型ドライバー転職での口コミの重要性と収集方法

運送会社の口コミ イメージ

広告代理店や転職サイトなどを通して企業側が出す求人情報には、企業側にとって都合の良いこと、嘘の情報ばかりを掲載しているものもあります。

このため、選考を経て入社してから「聞いていた条件と違う」「イメージとかけ離れた勤務体制・待遇だった」という悲しいミスマッチが起こり得るのです。

40代の転職は、自分や家族の生活・将来を左右する重要なもの。
早く、確実に成功させるためには、求人に掲載されていない部分も含めて企業と勤務の実態を知り、転職後のミスマッチ発生リスクを減らすことが求められます。

この「求人に掲載されていない部分も含めて企業と勤務の実態」を知るのに有効な手段が、企業の口コミを知ることなのです。

以下からは、大型ドライバー転職にかかわる企業の口コミ収集方法を3つご紹介します。

◆その1:企業に勤める友人・知人に聞く
応募・転職を検討している企業に勤めている友人・知人に、直接評価を聞く方法です。

ざっくばらんに、その企業での仕事内容・やりがい・待遇などのリアルな情報を聞き出すことができるため、有用な口コミを得ることができるでしょう。

ただし、この方法では口コミの質・内容が情報提供者の職種や部署、勤務先、人柄により大きく左右されます。

正確な口コミを得るには信頼に値する人物を探し出すこと、そして、あくまで情報提供者の主観に基づく口コミだと理解して聞く姿勢が必要です。

◆その2:口コミサイトから情報を得る
退職者、または現役の従業員が記入した企業口コミを、専門のサイトで閲覧する方法です。

ネットでの転職活動が一般的となった昨今、転職後のミスマッチを防ぎ成功へ導くためのサービスとして、企業や求人の口コミ情報に特化したサイト・ページも存在しています。

有料のものもありますが、自宅にいながら気軽に企業の口コミを収集できる便利なサービスです。

ただし、なかにはイタズラで書かれたものや個人的な感情で書かれたものなど、信頼性の低い情報も含まれているので要注意。

◆その3:転職エージェントに相談する
各サイトが提供する転職支援サービスに登録し、担当のエージェントやキャリアコンサルタント、アドバイザーから情報をもらう方法です。

サイト利用者の転職をサポートする担当者は、転職活動のプロ。
当然、運送業界の傾向や実情、各企業の情報や評判の良し悪しも把握しているでしょう。

利用には登録や事前の相談・面談が必要ですが、時間と手間をかけてでも確実な口コミを得たいならおすすめです。

【合わせて読みたい】
40代転職成功への近道!エージェントを味方にする上手な使い方とは?
《スカウト&エージェント》2大転職サービスの賢い利用法とは?

元従業員や現従業員など当事者からの体験談、または企業を観察・評価するプロから得る情報である口コミは、求人から企業側の嘘や見栄を取り除く武器となります。

40代での大型ドライバー転職を後悔なく、胸を張って「成功」と言えるものにするために、口コミの収集と活用は不可欠だと心得ましょう。

口コミから見えてくる、大型ドライバーの労働実態

大型ドライバーの労働 実態

友人・知人や専門サイト、転職エージェントから得られる口コミからは、その運送会社で働く大型ドライバーの実情が見えてきます。

ここからは各ジャンルで見られる口コミと、そこから推測できる大型ドライバーの労働実態について、具体例を挙げながら見ていきましょう。

◆勤務体制の実態に関する口コミ
「入社以来、有給休暇の取得を許可されたことがない」
「荷主の都合として、深夜を含む長距離・長時間の運転を求められる」
「求人に書かれていた休暇や勤務の制度と、入社後の働き方が全然違う」
「業務量に対して従業員数が少なく、時間的・体力的余裕なく勤務している」
「昼間に乗務した後、ほとんど休みなく夜間の乗務も求められた」
「長時間労働で心身を壊して退職した人がいた」 など


《これらの口コミから見えてくること》
・ドライバーが安全に乗務するための、適切な勤務体制が整っていない
・経営状況が悪い、または離職率が高いことによる慢性的な人材不足
・十分な休憩や有休をとらせないなど、労働者の権利が十分に守られていない
・入社時の約束が守られておらず、入社後の勤務実態に反映されていない
・以上複数の理由から、労働基準法に違反している可能性が高い

◆残業の有無・時間に関する口コミ
「80時間以上など、非常に長時間のみなし残業時間がある」
「長時間労働が常態化していて、残業という概念がないようだ」
「自分の業務が終わった後も、手伝いなどと称して居残りを命じられる」 など


《これらの口コミから見えてくること》
・経営状況が悪い、または離職率が高いことによる慢性的な人材不足
・長時間の勤務、残業が常態化しているブラック企業の可能性が高い
・長時間労働のため、心身を壊す可能性の労働環境だと言える
・上下関係を重んじるあまり、パワハラが常態化している恐れがある
・以上複数の理由から、労働基準法に違反している可能性が高い

【合わせて読みたい】
大型ドライバーへの転職成功に役立つ!優良な運送会社の見分け方

◆給与の換算方法、支払いに関する口コミ
「固定給の割合が極端に低く、歩合給の割合が高い」
「タイムカードで労働時間を管理されないため、どう給与を換算しているかわからない」
「みなし時間以上に残業をしているはずなのに、残業代が支払われない」
「給与の一部、または全部の支払いに遅延や滞納がある」 など


《これらの口コミから見えてくること》
・業績が悪いと、最低賃金にも満たない少額の固定給しか得られないことがある
・雇用する従業員を管理し守る感覚が薄く、自社に都合よく給与換算をしている可能性
・長時間の連続勤務、残業が常態化しているため心身を壊しやすい労働環境である
・以上複数の理由から、労働基準法に違反している可能性が高い

【合わせて読みたい】
40代で大型ドライバーへ!転職サイトを賢く使い求人に出会うコツ
大型ドライバー転職成功のコツ!優良求人と便利なサイトの見極め方

◆トラックの整備状況・台数に関する口コミ
「乗務の前に、トラックを洗車・整備する時間も取れないほど忙しい」
「トラックについて傷や汚れが、整備されることなくそのままになっている」
「大型トラックのほとんどに、バックモニターが搭載されていない」
「新車は定期的に入ってくるが、購入後の整備が十分されていない」
「安く使えるが実務経験のない、新人ばかりを採用している」 など


《これらの口コミから見えてくること》
・運送会社の顔であり、ドライバーの安全確保に直結するトラックへの配慮欠如
・事故による損失、また従業員の安全確保への管理意識の低さ
・安全管理に予算をまわせないほどの、余裕のない経営状況
・従業員の利益や労働環境を顧みない、身勝手な経営者の方針

◆雇用契約への考え方、条件に関する口コミ
「雇用契約書に書かれている条件や待遇と、実情があまりにかけ離れている」
「雇用契約を結んでいるにも関わらず、業務委託契約のような扱いをされる」
「規定の時間勤務したにもかかわらず、成果が出ていないとして給与を支払わない」
「業務委託契約を結んでいるが、雇用契約と同等の採用条件が設定されている」 など


【雇用契約と委託・請負・委任契約との違い】
業務委託や請負・委任と呼ばれる労働契約の特徴は、契約の当事者同士である企業・ドライバーが、対等な立場であることです。

雇用契約では、雇用主である企業側に雇用するドライバーを労働基準法に則って保護・管理する義務が生じる代わりに、ドライバー側にも業務命令に従う義務が生じます。

対して委託・請負・委任契約を結んだ場合、企業とドライバーは対等であるため、必ずしも企業側の命令にドライバーが従う必要はありません。

その代わり、病気やケガで急に乗務ができなくなったり、何らかの事情で荷物の配送が間に合わなくても企業はドライバーを守ってはくれません。

運送業界では、長い間委託・請負・委任契約でのドライバー管理が行われてきました。

このため、実際には雇用契約を結んでいるのに委託・請負・委任のような扱いをしたり、委託契約なのに雇用契約のような働き方を強いている運送会社も見られます。



《これらの口コミから見えてくること》
・雇用契約や労働基準法への無理解、配慮の欠如
・古くからの慣習、自社ルールにこだわることによる労働基準法違反
・労働の時間や内容に見合わない給与、待遇しか得られない劣悪な職場環境

【合わせて読みたい】
委託と比べメリットが多い?正社員の大型ドライバー求人を探すには

◆求人内容と口コミにギャップが大きい企業はヤバい!
企業が出す求人には良い魅力的なことがたくさん書かれているのに、口コミは上記のような内容ばかり…。

そんな求人内容と口コミにギャップが大きい運送会社は、自社にとって都合の悪い事実を隠し、理想的な嘘だけを表に出すブラック企業の可能性が高いです。

口コミには、その企業で働く大型ドライバーの実態を推測するヒントが隠されています。

その重要性と一緒に、口コミからどんな労働実態が推測できるのかについても、覚えておいてくださいね。

おすすめの口コミサイト3つ&情報閲覧の心得

口コミ閲覧の心得 イメージ

ここからは、主に口コミサイトから運送会社の口コミを収集する場合に利用してほしい、おすすめの口コミサイトを3つご紹介します。

◆転職前にチェックすべき、口コミサイト3つ
《OpenWork》
転職市場の透明性を高めることを目的に運営されている、企業口コミサイト。

大企業を中心にさまざまな企業の口コミが集まり、退職者・現役従業員による企業への評価を数値で全10項目を通して確認できる仕組みになっています。

《カイシャの評判》
転職サイトを運営するエン・ジャパングループが運営する、企業口コミページ。

Open Workに劣らない口コミ数を誇り、内容はもちろん口コミを投稿した人の平均的な勤務時間や給与額まで、複数社の口コミを比較しやすい作りになっています。

《キャリコネ》
退職者・現役社員のに加え、中途入社した人の体験談や口コミも見られるサイト。

項目ごとにランキング化されており、自身が転職先に対して重視する条件・メリットから、その項目の口コミ評価の高い企業を表示できる作りになっています。

上記3つは、いずれも無料ながら書き込み・閲覧に会員登録が必要なサイトです。

このためイタズラや誹謗中傷目的の口コミ数が少なく、信頼性の高い情報を得られると考えられます。転職活動前の企業の情報収集に、ぜひお役立てください。

【合わせて読みたい】
40代の退職・転職の決断を応援!成功のために起こすべき行動4つ

《参考にするといいかも!》
口コミサイトではありませんが、以下の2サイトも企業評価を知る参考になりますよ。

・ブラック企業大賞
独自の基準に則り「ブラック企業」を認定し、その理由とともに社名を公開しているサイト。
サイト側の認定を鵜呑みにするのは危険だが、認定理由として近々の事件や根拠を示してくれているので、企業風土を知る参考にはなるでしょう。

・SNSのタイムラインやニュース
TwitterやFacebookなどのSNSは、個人の体験談の宝庫。
企業や仕事に関する口コミもたくさん投稿されているので、転職を検討する企業名でタイムラインを検索すれば、有益な情報がみつかるかもしれません。

ただし、情報の真偽を確認する方法がないため、参考程度にとどめておいてくださいね。

◆悪意ある口コミに惑わされないための心得
続いて、サイトに掲載された口コミの嘘にまどわされず、あなたの転職成功に活かすための心得を理解していきましょう。

《1》どんな口コミも、鵜呑みにはしない!
サイトに書き込まれている口コミには、いずれも書き込んだ個人の体験談という「事実」とその人の価値観・感情からくる「主観」が混在しています。

このため、すべてを「事実」として受け取って鵜呑みにするのは非常に危険です。
誤った企業評価を自分の中に植え付ける原因となり、転職先の選択肢を狭めてしまいかねません。

どんな共感性・信頼性が高いと感じる口コミも決して鵜呑みにはせず、あくまでその企業にかかわった人に起きた出来事の一つとして、受け取るクセをつけておきましょう。

《2》具体性にかける、抽象的・感情的な口コミは受け流そう!
口コミは、具体的な内容のものほど信頼性が高くなります。

逆に「最低」「最悪」「つまらない」「休めない」などと、個人の感情が全面に出ていたり、抽象的な説明のみの口コミは信頼性が低いと言えます。

悪いことも良いことも、以下のように具体的に書かれている口コミのみを参考にしましょう。

例)
・休めない
⇒休めない理由、とりにくい休暇の種類や理由の具体例、休暇や自単精度の具体例

・待遇がよくない
⇒給与、休憩、勤務体制、休暇制度、福利厚生など、具体的にどの面の待遇に不満があるか

・給与が低い
⇒給与制度の実態がどうなっているのか、給与が低いと感じる理由はなぜか など



《3》具体的な退職理由は要確認!参考になると心得よ
サイトに掲載されている口コミのうち、退職理由が具体的に書かれているものは要チェックです。

なぜなら、その退職理由に自分がどの程度共感できるかで、企業とのマッチング度がある程度図れるため。

口コミに書かれた退職理由に共感ポイントが多く、過去の自分の体験談などと重なる場合は、口コミを書いた人とあなたの価値観が近いと考えられます。

その場合、あなたがその企業に転職しても、似たような不満・トラブルから長続きしない可能性が高いも高いでしょう。

もちろん断言はできませんが、あなたが転職先に求める社風・条件を再確認したり、マッチング度の高い企業求人を見極めるためのひとつの目安にはなるはずです。

良い点を評価する口コミと合わせて、参考にしてくださいね。

大型ドライバー転職を成功へ導く、役立つ口コミの見極め方



役立つ口コミ イメージ

ここからは、あなたの大型ドライバー転職に役立つ口コミを見極めるために、理解しておくべき情報精査のポイントをご紹介します。

◆できるだけ、投稿日時が新しいものを参考にする
サイトに投稿されている口コミのうち、古いものはあまり参考になりません。

例えば、5年前に起きた業務上のトラブルが退職理由として口コミに書かれていたとします。
しかし5年も前に起きた問題は、健全な職場環境であれば既に解決されている可能性が高いでしょう。

転職活動中の口コミ収集において、重視すべきなのは企業の「いま」です。数年前の問題・会社風土ではありません。

口コミをチェックするときはできるだけ新しい投稿日時のもの、最低でも直近の半年以内に投稿されたものを参考にしてくださいね。

◆複数投稿されている、同じ様な内容は事実である可能性が高い
サイトに複数回、別人から同じような内容で投稿されている口コミは、それだけ多くの人が経験した出来事・問題だということになります。

つまり、重複が多い内容ほど企業の本質に近い問題点、または良いところとであり、参考にすべき情報だと言えますね。

良い評価・悪い評価ともに、複数の人が別々に投稿する似た内容のものは信頼性の高い情報として、注目するようにしましょう。

◆評価軸がはっきりしない数値よりも、文章に注目しよう
口コミサイトには一般的に、以下の基準で会社への評価が点数・数値化され、よりわかりやすいようレーダーチャートとあわせて掲載されています。

【転職口コミサイトでの、一般的な企業の評価項目】
・社風(風通しの良し悪しなど)
・仕事を通して得られるやりがいの程度
・仕事を通して得られる成長、その実感程度
・具体的な仕事内容
・賞与を含めた給与額
・仕事内容と給与額のバランスについて
・プライベートと仕事時間のバランスについて
・休暇など、福利厚生の充実度と実態
・職場での人間関係



口コミでの数値やレーダーチャートは、これらそれぞれの項目に対し投稿者に5段階で評価してもらい作られています。このため、点数付けの基準は完全に個人にゆだねられます。

数値やレーダーチャートの方が、文章よりも一見してわかりやすいかもしれません。

しかし個人の価値観が大きく影響した数値であるため、閲覧時には注意が必要です

数値やチャートの小ささで「良くない会社」と判断するのではなく、必ず文章もあわせて確認し、口コミの内容全体を精査してくださいね。

◆フラットな目線で「自分ならどう思うか」を基準に読んでいこう
口コミを投稿した人にとっての「企業の悪いところ」が、あなたにとって必ずしも「悪いところ」だとは限りませんよね。

投稿者の主観に引っ張られてしまうと、適切な情報の精査ができなくなってしまいます。
個人の主観が入っている口コミの確認時には、フラットな視線で内容を確認する必要があるのです。

企業の口コミ確認は、良いところ・悪いところのどちらも「自分にとってはどうか」という基準のもと、フラットな目線で行いましょう。

◆大企業の口コミは、自分の希望所属先のもののみ参考にする
国内外に複数の拠点と部署をもつ大企業の場合、その支社や部署ごとに風土が違うこともままあります。

地方支社の口コミが多く書かれていたとしても、東京本社を知る参考にはならないのです。

このため、大規模な運送会社の口コミを転職に役立てたいときは、勤務希望地の支社・部署について書かれたもののみ抽出し、確認しなければなりません。

もし、勤務希望地の口コミがサイト上にみつからないときは、本社をはじめグループ会社全体の方針と、希望勤務地周辺の近隣の口コミを集めてみましょう。

【合わせて読みたい】
運転好き40代に一生ものの仕事を!大型ドライバーへの転職を解説

大型ドライバーになる前に、複数の口コミから情報を精査して!

口コミの比較 イメージ

情報源を問わず、口コミはその人の体験・感情からできた主観的なもの。

妄信し、必要以上に惑わされる必要はありませんが、なかには客観的事実やあなたの転職活動を助け、成功に導く情報もふくまれているはずです。

企業が出す求人情報には、基本的にプラスの情報しか書かれていません。

友人・知人やサイト、転職エージェントなど複数の情報源から口コミを集めて情報を精査し、あなたの転職活動や企業とのマッチングに役立てる必要があるのです。

応募書類作成や面接対策と同じくらい、口コミの報収集は転職活動において重要です。

本記事で紹介したポイントを理解し、口コミを収集・活用して転職活動を成功させてくださいね。

Banner neo column 01

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事