心機一転!30代が未経験の職種・業界への転職を成功させるには?

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

30代になると、新卒で入社した会社で仕事をこなすことにも、社会人として働き生活することにも慣れてきますよね。

今後のキャリアについて真剣に考えたり、結婚や妊娠・出産の経験から、働き方を変える必要性を実感する人も増えるでしょう。

そこで今回は、アラフォー以上歓迎求人をメインに扱う転職サイト「FROM40」が、30代からの転職について解説。

特に、未経験の業界・職種へ30代で転職することの意味や成功率、覚悟しておくべきリスクやおすすめの職種・転職サイトなどに焦点を当て、紹介していきます。


30代で転職したいと考えているものの、成功への期待とリスクへの不安の両方を感じ悩んでいるあなたに役立つ内容です。

ぜひ最後まで読んで、あなたの転職成功と30代以降のキャリア形成にお役立てください。

目次

30代でチャレンジすべき?未経験転職のメリット・デメリット

未経験分野への転職について悩む30代女性

まずは30代で転職すること自体のメリット・デメリットの比較から、30代で未経験の業界・職種への転職にチャレンジすることの意義を考えていきましょう。

◆30代転職のメリット
・自分のスキルや経歴、働き方や仕事の希望をもとに就業する会社を選定できる
・即戦力や管理職、幹部候補として好待遇・高年収で転職できる可能性がある
・前職での経験を活かせる業界や職種への転職の場合、スキルや人脈をそのまま活かせる
・うまく転職活動をすれば、転職先で「自分にしかできない仕事」を任せてもらえる


◆30代転職のデメリット
・20代よりも明確な即戦力性を求められるため、選考では過去の実績が重視される
・やる気や熱意など、ポテンシャルや将来性を基準に採用してもらうのが難しくなる
・実績や即戦力性が重視される分、未経験の分野や職種の採用を勝ち取るのが難しい
・転職活動がうまくいかず、結局、前職より悪い待遇や年収になる可能性もある


30代転職最大のメリットは、これまでの経歴から培ってきたスキルや人脈、また自分の適性を踏まえた就業先選びができるところでしょう。

そして、自分のスキル・適性を踏まえた転職ができるからこそ、前職より良い待遇や年収の会社へ移りキャリアアップできる可能性があるのです。

一方で30代転職最大のデメリットは、ある程度の仕事スキルや人脈を築き、自己理解が進んでいることを前提とするが故に、未経験職種・業界への転職成功ハードルが上がること。

30代になると、入社時点で既に「使える」「会社に利益をもたらす」新人であることが求められます。

基本的な社会人スキルや、ビジネスシーンにふさわしい思考・振る舞いができることが大前提なのです。

基本的な社会人スキルを教えてもらえたり、20代の頃のように「若いから」「新人だから」という理由からくるミスをフォローしてもらうことはできません。

このように30代転職のメリット・デメリットだけを並べて比較すると、30代で未経験の職種・業界に転職するのは、リスクばかり大きいように感じられます。

【合わせて読みたい】
30代はキャリアのわかれ道!30代から転職成功するポイントを解説
転職検討中の30代必見!成功のため知っておくべきポイントを解説

◆リスクがあっても、30代で未経験転職をした方が良い理由
それでも、未経験の職種・業界に30代のうちに転職して負いたい方が良いと考えられる理由は、以下の2つです。

《理由1》年齢を重ねるほど、未経験転職は難しくなるから
年齢を重ねると、過去に働いてきた職種・業界での経験は増えて、その分野での即戦力性は高まります。しかし同時に、新しいやり方や環境への適応性は低くなっていきます。

企業側にとって年齢を重ねた職種・業界未経験人材の採用は「物覚えが悪く」「扱いにくい」ハイリスク案件と認識されるのです。

このため20代に比べて30代の方が、そして30代に比べて40代の方が、未経験の職種・業界への転職成功が難しくなります。

未経験の職種・業界への転職を真剣に考えているなら、少しでも早い30代のうちに済ませる方が、成功確率が高くなるでしょう。

【30代前半よりも、30代後半の方がより即戦力性を求められる】
30代前半なら、熱意や将来的なビジョンを明確に伝えられれば、まだ20代の頃のような「ポテンシャル採用」を受けられる可能性があります。

しかし30代後半になると、何らかのかたちで即戦力性を持っていることを最重視されます。

さらに、将来的な管理職候補として採用されるケースも増えるため、一般的な業務に加え人材の管理・育成能力の有無も問われるようになってきます。



《理由2》キャリアの転換をはかるには良いタイミングだから
仕事の経験をある程度積んだ30代は、どの職種・業界に移るにせよ、まったくの新人ではありません。基本的な社会人スキルがあるという意味では、即戦力人材と言えます。

またプライベートでは、結婚や妊娠・出産・子育てを経験するタイミングでもあるでしょう。

若さと社会経験・人生経験の両方を併せ持ち、仕事観や人生観が見えてくる30代は、キャリアの転換をはかるには良いタイミングなのです。

今後40代、50代と年齢を重ね、会社でも家庭でも負うべき責任が大きくなってくると、転職のハードルはどんどん上がります。

キャリアの転換やキャリアアップのために転職をしたいなら、30代のこのタイミングがベストかもしれません。

次項からは、30代の転職事情や未経験からでも狙えるおすすめの職種・業界など、30代の未経験分野への転職成功に役立つ情報を見ていきましょう。

難しい未経験分野への転職を、30代が成功させるには?

未経験分野への30代転職 成功のイメージ

厳しい状況のなかで、30代が未経験の職種・業界への転職を成功させるコツは以下の4つです。

【1】転職の目的・動機を自分の中ではっきりさせておく
【2】自分の持っているスキル、人材としての魅力を把握する
【3】転職をめざす職種・業界についてリサーチし、よく理解する
【4】自分の経歴を、転職をめざす職種・業界で活かす方法を考える



以下にひとつずつ解説していきますので、理解・実践していきましょう。

◆転職の目的・動機を自分の中ではっきりさせておく
いまの仕事を辞めてまでなぜ、未経験の職種や業界に転職したいのか。

自分の中で転職の目的や動悸を明確にしておくと、応募先選びや、転職活動が長引いたときのモチベーション維持に役立ちます。

逆に、目的や動悸がはっきりしない退職・転職は非常にリスキーです。

「なんとなく嫌だ」「不安」という漠然とした動機や憧れだけで退職・転職をすると、転職に失敗したり、転職活動が長引いて経済的に困窮する恐れがあります。

漠然と転職したいと考えている場合でも、その根拠となる理由があるはず。とことん突き詰めて考え、自分のなかではっきりさせておいてください。

考えて導き出した目的・動機によっては、退職や転職の必要がないかもしれません。
そのときは異動や休暇の希望を出すなど、別の方法で解決をめざすのもひとつの道です。


【合わせて読みたい】
書類選考を突破したい!中高年のための履歴書の基本と書き方完璧マニュアル
40代転職の成否を左右する!面接での転職理由の考え方&伝え方

◆自分の持っているスキル、人材としての魅力を把握する
たとえ経験のない職種・業界への転職だとしても、過去の経歴・経験から得たスキルのうち、活かせるものは少なからずあるはずです。

例えば、営業職から事務職への転職をめざす場合。営業の仕事に必要なコミュニケーション能力やスケジュール管理、数値管理の能力は事務職でも活かせるでしょう。

これまでどのように仕事をしてきたか、スムーズに仕事を進めるために意識したり、工夫したことは何か。

自分の仕事の取り組み方や周囲からの評価、仕事をするうえでの心持ちを基準に考えてみると、転職活動で自分の武器になる強みや魅力が見えてきますよ。

以下記事も参考にしながら、徹底的に自己分析して自分の強み、人材としての魅力をよく理解しておいてください。

【合わせて読みたい】
自分の『強み』を活かして転職成功!今すぐできるキャリアの棚卸し方法とは?
40代転職成功の要!5分でできる、キャリアの棚卸し方法を解説!

【汎用性の高いポータブルスキルは、どの職種・業界でも活かせる!】
社会人の多くが持っている以下のようなスキルは、持ち運びができるスキル=ポータブルスキルと言われ、どの職種・業界でも何らかのかたちで役立ちます。

・敬語や名刺交換の作法など、基本的なビジネスマナー
・コミュニケーション能力、提案力、交渉力、営業力
・ビジネスを円滑に進めるための論理的な思考力、企画力
・仕事に対する真摯な姿勢
・人材の指導、育成、管理能力   など


人材としての自分の強み、魅力を考えるときの参考にしてくださいね。



◆転職をめざす職種・業界についてリサーチし、よく理解する
自分のことを知ったら、次は、転職候補先について知っていきましょう。転職を希望する職種、業界、企業について調べて分析していくのです。

職種や業界には、それぞれ特徴的な風土や傾向が見られます。以下のようなサイトから、各職種・業界の情報を集めてみましょう。

・転職情報サイト、求人サイトの業界や職種の紹介ページ
・応募を検討している企業が出す求人、企業サイトの募集要項ページ
・転職を希望する職種、業界で実際に働いている人のブログページ など


求める人材像や具体的な業務内容、採用時の給与額・待遇、勤務体制などを比較することで、あなたが転職先に求める諸条件や、その仕事への適性の有無が見えてくるはずです。

もし、転職を考えている職種・業界の実情が、あなたが望む働き方やライフスタイルとあまりにもかけ離れているなら、別の職種・業界へ転職した方が良いかもしれません。

◆自分の経歴を、転職をめざす職種・業界で活かす方法を考える
自己分析と企業分析の両方が終わったら、人材としての自分と転職を希望する職種・業界・企業とのマッチング度を高めていきましょう。

企業側は、転職者の保有スキルや人柄が「どの程度、自社が求める人材像に近いか」で評価し、採用するか否かを判断します。

つまり、選考や面接で担当者に「自社が欲しい人材に近い」「即戦力性が高い」と感じさせることができれば、未経験であろうと採用を勝ち取れるというわけです。

過去に培ってきた経験やスキルのうち、転職したい職種・業界・企業で役立つものはどれか。

実務経験がないなか、その職種・業界・企業で働くうえで役に立つ、即戦力性につながるスキルはどれなのか。上位3つまで選定して、志望動機や自己PRに組み込んでください。

これにより転職希望先とあなたのマッチング度が高まり、未経験分野への転職成功率もアップするでしょう。

【転職成功に足りないものを、補うための努力も有効】
即戦力性をアピールしたり、転職希望先とのマッチング度を高める材料が少ないときは、足りないものを補うための努力も必要です。

具体的には関連資格の取得や、現職で転職希望先でも通用する、または親和性の高い分野での経験・実績を積むなど。

ただしマッチング度を高めるための努力は、しっかり自己分析と企業分析をし、必要なものが何かを見極めたうえで行ってくださいね。



実務未経験の30代も歓迎、転職しやすい5つの職種・業界

5つの職種 イメージ

社会的意義が高い、または人材需要の大きい以下のような職種・業界は、実務経験のない30代転職者も歓迎される傾向があります。

◆交通・運輸業界
タクシー、バス、トラックなどのドライバー職は深刻な人手不足が続いています。

このため、就業意欲と最低限必要な免許・資格を持っている30代なら、実務経験の有無を問わず歓迎されるでしょう。

【合わせて読みたい】
運転好き40代に一生ものの仕事を!大型ドライバーへの転職を解説
大型ドライバー転職成功のコツ!優良求人と便利なサイトの見極め方

◆IT、通信業界
1人あたり1台以上スマホ、パソコンを保有している現代において、ネット環境は水道や電気と並ぶ基本的なインフラ設備と言っても過言ではありません。

このため、ITや通信にかかわる職種・業界も、常に人手を欲しています。 就業するにはプログラミング言語など、エンジニアとしての専門的な知識が必要ですが、技術と意欲さえあれば30代未経験者でも転職成功が可能です。

【合わせて読みたい】
IT業界で働く40代は必見!転職事情と転職成功の秘訣に迫る!

◆福祉・医療業界
少子高齢化や、共働き世代増加による保育施設需要の高まりを受けて、介護や保育、医療関係の現場では慢性的な人手不足が続いています。

基本的には、介護・保育・医療に関する資格を持ったプロフェッショナルが必要とされますが、非正規雇用であれば無資格から実務経験を積むことも可能です。

社会的意義の大きい仕事ですから、将来的な資格取得やキャリアアップを前提に30代から挑戦するのもアリでしょう。

【合わせて読みたい】
40代未経験から福祉の仕事に転職するには?必要な資格&求人の探し方
もっと知ってほしい!需要が高まり続ける介護業界への転職を解説

◆接客・サービス業
一般的にサービス業と呼ばれる以下のような職種・業界の多くは、常に一定数の新規採用を行っています。

・ホテル、観光関係施設
・ブライダルや葬儀などを行う、冠婚葬祭業
・接客が求められる飲食店、販売店  など


特に、基本的なマナーが身についていてまだまだ体力のある30代は、これらサービス業からの需要大。
経験がなくとも、熱意と人柄があれば採用してもらえる可能性が高いです。

【合わせて読みたい】
人も自分も笑顔になれる!意外と知らない販売スタッフの仕事とは?
40代の女性の転職!活躍しやすい「セレモニースタッフ」の仕事とは

◆不動産業界
宅建(宅地建物取引士)など、将来的な関連資格取得を前提とした未経験者採用に積極的なのが、不動産業界です。

生活にも役立つ不動産や資産、金融関係の法律に詳しくなれるうえ、将来的な給与アップや開業もめざせる職種でもあります。

【合わせて読みたい】
不動産業界への転職を目指す!有利な資格や求人の探し方を解説
40代から不動産営業に転職!やりがい&キャリアアップに役立つ資格

【労働環境や待遇は、しっかりチェックしたうえで応募を!】
上記に挙げた5つは若い人材が敬遠しがちな、離職率の高い職種・業界であります。

昨今の働き方改革の影響から変わってきてはいますが、未だに劣悪な環境での長時間労働を強いる「ブラック」な会社がのこっているのも事実です。

上記のような30代未経験者を歓迎する職種・業界への転職狙うなら、求人や口コミを隅々までチェックし、待遇や労働環境に納得してから応募しましょう。



【合わせて読みたい】
30代向け求人はこう見る!転職を成功させるための探し方と視点
30代の転職で役立つ!16の転職サイト&転職エージェント活用法

30代の未経験分野への転職に役立つ!4つのおすすめサイト

30代未経験OKの求人がみつかるサイト イメージ

複数の転職サイト・エージェントに登録して効率的に求人と出会い、転職活動を進めるのが30代で未経験分野への転職を成功させるカギです。

そこで最後に、未経験の職種・業界への転職成功をめざす30代にぜひ利用してほしいサイトを、それぞれの特徴とともに5つご紹介していきます。

どのサイトを使えば良いのかわからなくなったら、以下のなかから自分に合うものを3つ以上選んで登録・利用しましょう。

◆リクナビNEXT
業界最大手、幅広い職種・業界・雇用形態の求人を多数掲載している転職サイト。

こちらが登録した情報をもとにAIが分析したおすすめ求人の紹介や、企業担当者からのダイレクトスカウトも受けられるので、さまざまな求人との出会いが期待できる。

企業が転職者に求めるスキルをランキング形式で紹介したり、転職を成功させるために知っておきたい自分の強みを分析するなどのコンテンツも豊富。

「未経験者OK」「未経験者歓迎」「30代」などのキーワードから該当する求人を絞り込めるので、未経験分野への転職をめざす30代も使いやすい。

◆マイナビ転職
リクナビNEXTに次ぐ、転職業界大手のサイト。こちらも幅広い職種・業界・雇用形態の求人を多数保有している。

サイトには年齢や休暇、待遇や職種・業種はもちろん、自分の興味や好きなことから求人を探せる仕組アリ。利用者が楽しく転職活動ができるような工夫が感じられる。

スカウトサービスや適性診断、Web上での業界情報の解説や履歴書添削も無料で提供している。

まずは転職活動について、また転職を希望する職種・業界の情報を幅広く手に入れたい30代はぜひ使ってみては。

◆パソナキャリア
派遣社員の募集・管理なども手掛ける会社が運営する、転職エージェントサイト。

利用者が転職を望む業界ごとに、その業界に詳しい専任キャリアアドバイザーが担当となり、転職支援や求人紹介をしてくれる。

カウンセリングや書類添削、非公開求人を含む数万件からの求人紹介、面接の日程調整や給与・待遇の交渉まで、支援サービスの利用は無料。

自力での求人検索や分析・準備に限界を感じたり、転職活動に疲れて誰かにアドバイスをもらいたくなったときに利用しよう。

◆リクナビエージェント
リクナビNEXTと同じ会社が営むエージェントサービス。転職したい理由から適性のある職種の提案、円満退職のためのアドバイスまで、幅広く転職をサポートする。

各業界に精通したアドバイザーが利用者の経歴や相談内容を分析し、グループが抱える膨大な求人から適性のあるものを紹介。

「自己分析がうまくいかない」「未経験の分野に転職したいけど強みや自信がない」と感じているときに、力になってくれる。

ただ、担当の転職エージェントとの相性も転職の成否に大きく影響する。担当者にきちんと自分の意思を伝えるとともに、他のエージェントサービスと併用し幅広く情報を得よう。

◆FROM40
主に30代後半以上、40代・50代をメインターゲットとする転職サイト。

自分で求人を検索できる他、姉妹サイトとして経歴や強みを登録して採用担当者からの声掛けを待つスカウトサービスのサイトも持つ。

大手サイトに比べると全体の求人件数は少ないが、35歳以上の人材を採用する意欲の高い企業の求人のみを集めているのが特徴。

「年齢がネックで転職がうまくいかない」「雇用形態は問わないので、とにかく転職先を決めたい」と悩む30代におすすめ。

大手サイトと併用すれば、大手には掲載されていない中小企業の求人までチェックできるだろう。

【合わせて読みたい】
《スカウト&エージェント》2大転職サービスの賢い利用法とは?
40代転職成功への近道!エージェントを味方にする上手な使い方とは?

しっかり準備し、未経験分野への30代転職を成功へ

未経験分野への転職に成功した30代男女

ポテンシャル採用される可能性が少なくなり、即戦力性が重視されるようになるという意味では、30代で未経験分野への転職を成功させるのは難しいでしょう。

しかし、年齢を重ねるほど未経験分野への転職が難しくなると考えると、まだまだ若く社会人としての基礎能力を持つ30代での挑戦がベストとも言えます。

本記事を参考に自身と転職先を分析し、効率よく求人に出会って、あなたの30代での転職を成功させてくださいね。

Banner neo column 01

新着記事

関連する記事