30代の転職で役立つ!16の転職サイト&転職エージェント活用法

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

30代は就職から約10年、社会人としての経験を積んだタイミングですよね。管理職への昇進や異動のチャンスを前に、新しいステージとして転職を考える人も増えてきます。

今回は主に30代後半・アラフォー以上歓迎求人に特化した転職サイト「FROM40」が、30代が知っておくべき転職サイトの選び方・活用のコツを解説。

30代転職時に使うべきおすすめのサイトも、自身での求人検索をメインとする転職サイトと各種転職支援が受けられるエージェントに分けて、具体的に紹介していきます。

30代の転職を、その後のキャリアを充実させるターニングポイントにできるかどうかは、あなた次第です。本記事を最後まで読み、30代転職の成功にお役立てください。

目次

30代の転職、転職サイトを選ぶうえで注意すべきポイントは?

30代向け転職サイトの比較 イメージ

雇用の流動化が進み、転職が一般的となりつつ現代では、インターネット上だけでも実に多種多様な転職・求人サイトが存在しています。

一見同じように見えても、各社がメインターゲットとする人材の年齢層、扱う求人の職種・業界は、サイトによって異なるのです。

ここではまず、多様な転職・求人サイトのなかから30代転職者にあったものを選ぶためのポイントとして、選び方の基準を4つ紹介していきます。

◆「サイトが得意とする対象年齢」で選ぶ
転職・求人サイトは、20代・30代・40代など特定の年齢層をターゲットとしたもの、そして全年齢を対象に幅広い求人を掲載するものに大別できます。

特定の年齢層をターゲットとしたサイトでは、基本的に掲載されている求人内容もその年齢層に合ったスキル・人材像を求めるものに設定されているものです。

20代向け ・新卒、または第二新卒を求める
・経験や保有スキル、即戦力性よりもポテンシャルや柔軟性重視
30代向け ・ビジネス経験を持ち、かつ柔軟でチャレンジ精神旺盛な30代を歓迎
・将来的に特定分野の専門家、または管理職になることを前提とした求人が多い
40代向け ・プレーヤーと管理職、両方の経験を積んだ即戦力性の高い人材を求める
・未経験者を敬遠する求人が多く、ポテンシャル採用の求人は減る


30代での転職を検討しているなら、まずは第一候補として、自身の年齢層をメインターゲットとした転職・求人サイトを選ぶのが良いでしょう。

【20代・40代を対象としたサイトに、思いがけない需要がある可能性も】
30代転職者をメインターゲットとした転職・求人サイトでは、30代転職者を強く求める求人だけを効率的に閲覧することができます。

しかし20代・40代など他の年代を対象とした求人のなかにも、20代を束ねるリーダー候補として、30代の採用を検討しているものも存在します。

年齢だけで転職先を決めたくない、転職先の選択肢を狭めたくないと考えているなら、年齢特化型に加え全年齢を対象とした転職・求人サイトも利用してくださいね。



【合わせて読みたい】
転職検討中の30代必見!成功のため知っておくべきポイントを解説

◆「自分の経験・強みの活かし方」で選ぶ
30代以降の転職活動では、過去の仕事経験からくる強み・即戦力性が武器となります。

このため、自分の保有する経験や強みをどのように、またどの程度活かした転職をしたいのかによっても、転職・求人サイトの選び方は変わってきます。

これまでに培ってきた自分の経験・強みを最大限活かした転職をしたいなら、前職と同じ業界・職種に特化したサイトを利用するのがおすすめです。

一方で、培ってきた経験・強みを活かしつつも新しい分野や職種に挑戦したいなら、幅広い業界・職種の求人を扱うサイトを利用しましょう。

◆「ポータブルスキルの有無・質」で選ぶ
ポータブルスキルとは、業界や職種が変わっても通用する、持ち運び可能なスキルのこと。
例えば、所属する業界・職種が変わっても通用する以下のようなスキルが該当します。

【ポータブルスキルの例】
交渉・調整力、課題解決力、提案力、営業力、ビジネスマナー、マーケティングスキル、マネジメントスキル  など



これまでのキャリアでポータブルスキルを養い、これを活かした転職を考えているなら、まったく未経験の業界・職種への転職成功も十分に可能です。

「管理職」「マネージャー候補」「マーケター」など、特定の職種や役職、スキルから求人を検索できるサイトの利用を検討しましょう。

◆「どんなキャリアを望んでいるか」で選ぶ
仕事面だけでなくプライベートでも、30代は変化が起こりやすい時期です。
結婚や妊娠・出産、子育て、介護、配偶者のキャリア都合による転居などをきっかけに、キャリアの変更や転職が必要になるケースもあります。

このため30代の転職は、現時点で考え得るライフイベントを想定したうえで、自身がどのようなキャリアを積んでいきたいのかを考えて進める必要があります。

自身がどんな業界・職種で、どのようなペースで仕事を続けていきたいのか。また、その希望を叶えるためにはどのような転職先を選ぶべきなのか。

5年後、10年後のキャリアまでよく考えたうえで、各自のキャリア設計に合った働き方や求人を紹介するサイトを利用すべきです。

【合わせて読みたい】
40代が自分らしく、幸せなキャリアを築くための考え方とは
40代転職成功の要!5分でできる、キャリアの棚卸し方法を解説!

転職希望者必見!30代向け転職サイトの活用方法

転職サイトを活用する30代男女

転職・求人サイトには大きく、キーワードなどを使い自分で求人を探し応募する「直接応募型」と、求人紹介や転職支援を受けられる「エージェント型」があります。

ここでは直接応募型・エージェント型それぞれのサイトの特徴について、基本的な利用方法と一緒に解説していきます。

◆直接応募型転職サイトの特徴は?
転職に対して重視する条件やキーワードを使い、自身で求人を検索し応募する「直接応募型」転職サイト利用のメリットは、自分の都合に合わせ転職活動を進められるところ。

いつでも、どこでも気が向いたときや手が空いたときに求人を検索でき、気に入った求人があれば気軽にすぐ応募できます。

デメリットとしては、まず検索の方法が適切でなければマッチング度の高い求人と出会える可能性が低いこと。

そして、書類の準備や選考日時の調整など、転職にかかわるすべての作業を1人で行わなければならない点だと言えます。

【こんな30代におすすめ!】
・自分のペースで、空いた時間に転職活動を進めたい!
・転職先やキャリアの構築に、他者の客観的意見は必要としていない!
・たくさんの求人を閲覧し、豊富な選択肢から求人を選定したい!



《直接応募型転職サイトの基本的な利用方法》
1. 転職サイトの利用者として、サイトに会員登録
2. 転職先に設定する条件や、基準とするスキルや資格・職種をキーワードに求人検索
3. 気に入った求人が見つかったら、必要項目を入力してエントリー
4. 応募先企業からの連絡を待って、必要なら選考書類を送付
5. 日時を調整のうえ、面接などの選考に進む
6. 採用


【合わせて読みたい】
30代向け求人はこう見る!転職を成功させるための探し方と視点

◆エージェント型転職サイトの特徴は?
サイト専任、またはサイトから認定を受けたキャリアアドバイザーやエージェントからの求人紹介やアドバイスを受けながら転職活動を進められるのが、最大の特徴です。

受けられる転職支援はキャリアの分析や、転職市場での人材としての価値、転職成功の可否、書類の添削、面接や退職のための対策まで、実にさまざま。

サイト利用者には非公開となっている求人のなかから、その人のスキルや希望にあった求人を紹介してもらえます。

利用のデメリットとしては、エージェントから転職を思いとどまるよう説得されたり、相性が合わないなどの理由から、転職活動が難航する可能性が挙げられます。

また地方在住者の場合、エージェントとの面談や求人紹介のために遠出が必要となり、利用に経済的・時間的負担がかかるかもしれません。

【こんな30代におすすめ!】
・自分ひとりで、転職活動を完遂できる自信がない!
・どんな転職先が良いかわからないので、誰かのアドバイスが欲しい!
・忙しいので、選考にかかわる調整を誰かに頼みたい!



《エージェント型転職サイトの基本的な利用方法》
1. 転職サイトの利用者として、サイトに会員登録
2. エージェントサービスの利用に必要な情報を追加登録
3. 登録情報を見たエージェントからの連絡を待つ
4. エージェントからの連絡がきたら、面談をする
5. 面談の内容を踏まえ、キャリア分析や求人の紹介を受ける
6. 気に入った求人があれば、日時を調整してもらい書類選考や面接に進む
7. 書類添削や面接対策を受けたうえで選考へ
8. 採用


【合わせて読みたい】
30代はキャリアのわかれ道!30代から転職成功するポイントを解説

【両タイプの機能を併せ持つ、ハイブリッド型転職サイトも多い】
近年では、特に豊富な求人を保有する大手転職サイトにおいて、直接応募型とエージェント型の両機能を持つハイブリッド型の転職サイトも増えています。

基本的には、会員登録をした時点で求人検索・直接応募の利用が可能になりますが、エージェントサービスの利用には追加で情報を登録する必要があります。

サイト内の案内をよく読んだうえで、受けたいサービスに応じて情報を登録しましょう。



◆第三形態「スカウト型」の転職サイトとは? 直接応募型、エージェント型以外に近年注目されている形態として、スカウト型の転職サイトが挙げられます。

必要項目として経歴や保有スキルなど、履歴書・職務経歴書に記載するような内容を登録しておけば、興味を持った企業の採用担当者からスカウトを受けられるサービスです。

利用のメリットとしては、自分がどのような企業・業界から需要があるのかを知ることができ、マッチング度の高い出会いを期待できます。

一方でデメリットとしては、採用する側にとって魅力的な情報を登録できない限り、求人との出会いが見込めない点が挙げられるでしょう。

【合わせて読みたい】
経歴や希望条件を登録するだけ!40代歓迎のスカウト型転職サイト
《スカウト&エージェント》2大転職サービスの賢い利用法とは?

30代におすすめの転職サイト一覧

30代向け転職サイトのイメージ

ここからは、転職検討中・活動中の30代におすすめの転職・求人サイトを、直接応募型がメインのもの、エージェント型がメインのものの2つのカテゴリ別に紹介します。

まずは直接応募型、または直接応募型+スカウト型の機能をメインとする6つの転職・求人サイトから見ていきましょう。

◆まずは大手サイトで、豊富な求人情報に触れたいなら
《リクナビNEXT》
非公開分も含め、業界トップクラスの求人数を誇る転職サイトです。株式会社リクルートキャリアが運営しています。

転職活動を進めたいけど何から始めたらいいのかわからない、自分がどんな求人に応募できそうか知りたいという30代は、希望する職種と勤務地から検索してみてください。

豊富な求人を細かな条件、キーワードで絞り込んでいくなかで、自身が転職先に望む条件や強み・弱みも見えてきますよ。

スカウト機能もついているので、必要に応じて利用するのも良いでしょう。

《マイナビ転職》
リクナビと1・2を争う、転職業界の大手サイト。株式会社マイナビが運営しています。

トップ画面から職種や勤務地に合わせ、求人の対象年齢や未経験者の応募可否、具体的な条件などをキーワードで組み合わせて求人を絞り込むことができます。

求人数豊富で、自己分析や書類作成、面接対策を助けてくれるコンテンツも定期的に更新。
たくさんの選択肢や情報を集めたうえで、自分のペースで転職活動を進めていきたい30代なら、ぜひ利用したいサイトです。

◆管理職・役職者へのキャリアアップをめざすなら
《ビズリーチ》
年収600万円以上の専門職、または管理職といったいわゆる「ハイクラス求人」に特化した転職サイトです。

求人検索も可能ですが、基本的にはサイトに登録した採用企業側のヘッドハンターからのオファーを待つ、スカウト型に近い仕組みになっています。

こちらの経歴や強み、希望に納得し魅力を感じた採用担当からのオファーを受け取れるため、面接することを前提とした連絡も多いとか。

30代の転職を契機に昇給・昇進したいと考えていて、自身の能力を高く評価してくれる企業との出会いを期待するなら、ぜひ利用しましょう。

《LinkedIn》
もともとはビジネス特化型SNSとして始まったサイト。近年では日本でも、求人の掲載・応募ができる仕組みを持つサイトとして注目されています。

うまく使えば、まったくコネクションのない有名海外企業の採用担当者やCEOと直接連絡を取れる可能性もあります。

いわゆる日本式の転職サイトとは異なりますが、特に海外企業や外資系企業が多く登録しているため、海外や外国語を使って活躍したい30代なら登録必須でしょう。

転職において「海外」のキーワードを大切にしているなら、ぜひ登録してください。

◆30代を若手として歓迎してくれる転職先を探すなら
《FROM40》
30代後半~40代・50代まで、アラフォー以上の年代をメインターゲットとした転職サイト。さまざまな雇用形態の求人を検索、直接応募できます。

サイトの性質上、30代後半を若手として歓迎する求人も豊富に見られます。未経験応募OKの、契約社員や派遣社員求人も多いです。

未経験の業界・職種への転職に際し、30代という年齢が一番の不安要素だと感じている30代におすすめです。ぜひ登録・利用してみてください。

《enミドルの転職》
主に30代後半をターゲットとした、ハイクラス求人を扱うサイトです。専門職や役職、年収1,000万円以上の求人も豊富に見られます。

自分で検索・応募できる直接応募型とあわせ、スカウトサービスも併設。必要情報を登録すれば、企業の採用担当者からのオファーが受けられます。

【合わせて読みたい】
経歴や希望条件を登録するだけ!40代歓迎のスカウト型転職サイト
40代向け転職サイト「ミドルの転職」の評判から見る賢い活用法

30代におすすめの転職エージェント一覧

転職エージェントのイメージ

次に、計10のエージェント型の転職サイトを紹介していきます。
直接応募の機能を併設しているサイトもありますが、参考にしてくださいね。

◆大手エージェントで幅広く求人紹介が欲しいなら
《マイナビエージェント》
マイナビ転職と同じ会社が運営する、エージェントサービスに特化したサイトです。

求人紹介、書類添削、面接対策はもちろん、業界についての基礎知識も教えてくれます。特に20代・30代向け、中小企業の案件に強いのが特徴です。

《パソナキャリア》
初めての転職で不安を抱える人をはじめ、ハイクラス転職をめざす人まで、転職に臨む30代転職者を幅広くサポートしてくれるサイトです。

運営は株式会社パソナ。「利益よりも社会貢献」という考えのもと、転職を親身に支援してくれるとの口コミが多数見られます。

《エン エージェント》
ミドルの転職と同じ、エン・ジャパン株式会社が運営するエージェントサービスに特化したサイトです。

利用者の適性に合わせ、キャリア設計から転職成功のためのサポートをしてくれますが、他のエージェントに比べ保有求人数が少ないとの声も。

利用するなら、他のエージェントと組み合わせうまく併用するのがおすすめです。

《Spring転職エージェント》
Adecco Groupが運営するエージェント型転職サイト。職種ごとに、それぞれの分野に専門性をもったコンサルタントが転職の相談・支援にあたってくれます。

他のエージェントから「紹介できる求人がない」と言われたのに対応してくれた、という口コミが見られるので、エージェント利用に不安のある30代にもおすすめです。

◆プレーヤー、または未経験職種に転職したいなら
《type転職エージェント》
1994年から転職支援を続けてきた、業界では老舗のエージェント。幅広い年齢層に対し転職サポート提供してきた、実績あるサイトと言えます。

未経験OK、女性歓迎の求人も多数保有。職歴に自身がない、これまでとは畑違いの未経験職種に挑戦したい30代にもおすすめです。

《doda》
パーソルキャリアが運営するサイトで、直接応募型機能とエージェント型機能を1つのサイトで併設しています。

勤務地も企業規模のさまざまな、20代・30代向けの求人が豊富なサイトだとされています。
登録・利用すれば、あなたに合った求人との出会いと手厚いサポートが期待できるでしょう。

《ワークポート》
東京・大阪・福岡の3か所のみを拠点に、対面での手厚い転職サポートを提供するエージェント型転職サイトです。運営は株式会社ワークポート。

プルダウンで簡単に経歴を登録するだけで、コンシェルジュと呼ばれるエージェントが面談のうえ、転職サポートをしてくれます。

エージェントを使って転職したいけど、経歴の登録や面談への心理的ハードルが高いという東京・大阪・福岡在住の30代にはおすすめです。

◆海外・外資系、ハイクラス転職に興味があるなら
《JACリクルートメント》
株式会社ジェイ エイ シー リクルートメントが運営するエージェント型サイト。特に大手の日系企業、または外資系企業のハイクラス求人の紹介を得意としています。

直接応募型の転職サイトに載っていない、30代向けハイクラス求人も多数見られます。

これまでのキャリアに自信があり、年収600万円以上も稼げるような会社に転職したいと望んでいるなら、利用を検討しましょう。

《プロフェッショナルバンク》
非公開分も含め、多数の30代向けハイクラス求人を抱えるエージェントサイト。
エージェントによる求人紹介や転職支援とあわせ、企業側からヘッドハンティングを受けられる場も提供しています。

自分とマッチング度の高い企業からの声掛けを待って、紹介や転職支援を受けることも可能です。あなたの転職条件や現状に合わせ、賢く利用してくださいね。

《ランスタッド》
世界39の国と地域で、人材派遣や転職支援サービスを提供するエージェントサイト。このため、特に外資系企業やグローバル転職に強いのが特徴です。

海外、または外国語を使った活躍や、高年収での外資系企業への転職成功を目標としている30代に、ぜひ利用してほしいサイトです。

【合わせて読みたい】
40代転職成功への近道!エージェントを味方にする上手な使い方とは?

30代のあなたの希望条件や状況にマッチするサイトを利用して

転職のために踏み出す30代女性

過去の経歴と転職先の業界・職種により、若手にも中堅の立場にもなれる30代は、その後のキャリアをいかようにも構築していけます。

30代の転職を成功させ、有意義なキャリアの転換期とするためには、あなたの経歴・キャリア設計・転職先に求める条件にあった転職サイトの利用が必須です。

本記事を参考に、あなたの経歴やキャリア志向にあった転職サイトやエージェントを複数選び、利用してください。

複数の経路や視点から求人に接していけば、マッチング度の高い転職先にきっと出会えるでしょう。あなたの30代での転職が成功することを、心から祈っています。

Banner neo column 01

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new
Ttl new