転職検討中の30代必見!成功のため知っておくべきポイントを解説

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

社会人として10年前後のキャリアを積み、結婚や妊娠・出産のライフイベントを迎えることの多い30代は、キャリアの転換・転職を検討しやすい時期です。

いまの働き方・職場環境への疑問や、新天地への憧れなどから、転職に向けて具体的に動き出す人も多いのではないでしょうか。

しかし経験を積み、職場でも家庭でも責任ある立場となる30代だからこそ「失敗するのではないか」「本当に成功できるのか」などと転職への不安も感じるはず。

今回は35歳以上、アラフォー世代歓迎の求人をメインに扱う「FROM40」が、30代転職を成功させるためのポイントを解説!

使い分けるべき転職理由の本音と建て前の例や、未経験職種に挑戦する場合の注意点、おすすめの転職サイトまでまとめてご紹介していきます。

ぜひ具体的に動き始める前に目を通し、あなたの30代での転職成功にお役立てください。

目次

30代の転職、成功のためのポイントは?

転職に成功した30代

キャリアと人生経験の両方を積み、職場でも家庭でも責任ある立場にあることの多い30代は、転職にあたり障害も発生しやすいですよね。

ここではまず、30代が転職を成功させるために押さえるべきポイントとして、想定しておくべき障害とその対処法を簡単にご紹介します。

◆退職の意向を伝えても、なかなか辞めさせてもらえない
30代になると、職場から特定の担当業務や若手の育成・管理を任されるケースも多いです。

会社としては、20代の頃から育成した社員にようやく責任ある仕事・立場を任せられるようになったと、少しずつ業務を増やそうとする時期かもしれません。

しかしこの会社からの期待や信頼は、ときとして30代の転職成功の足かせとなります。

任せている業務の量や責任から、会社側が「辞められては困る」「退職のための引継ぎや、手続きが煩雑だ」と判断し、強く退職を慰留してくる可能性があるのです。

◆退職時期を決めておいたのに、転職先が決まらなかった
職場から退職の許可を得て手続きを進めたものの、退職予定日までに転職先が決まらず、ブランクを作ってしまうパターンです。

予期していなかったブランク期間は、長引けば長引くほど30代転職者を経済的に追い詰め自尊心を傷つけ、人材としての転職市場での価値も低くしていきます。

◆どうしても転職したいが、家族からの強い反対に合っている
30代になると家族を持ち、生活を支える重要な柱として働いている人も多いでしょう。

それゆえに、年収の下落や無職期間など経済的なリスクが伴う転職をすること自体に、家族から強く反対される可能性があります。

【合わせて読みたい】
40代転職の年収下落は防げる!転職後の年収をダウンさせないコツ
不安の先に転職成功がある!40代での転職、不安の原因と解消法

◆30代転職成功のポイントは、計画的に進めていくこと
ここまでに紹介した30代転職で起こりやすいトラブルは、転職に職場・家族からの理解が得られなかった、または転職活動が十分でないために発生するものです。

これら3つを解決するための方法としては、それぞれ以下が挙げられるでしょう。

《退職をさせてもらえないときは…》
時間をかけて現在の勤務先と話し合い、少しずつ業務を整理して、退職のための現実的なスケジュールを提案して納得させる。

《退職日が決まっているのに、転職先が決まらないときは…》
転職先が決まらない原因を洗い出し、退職日までに転職先を決めてブランクをなくすにはどのように動けばいいか、逆算して考える。

《家族から転職への理解が得られないときは…》
なぜ30代のいまのタイミングでの転職が必要なのか、転職に際して家族が不安に思っていることは何か、その不安を解決する方法はないか、徹底的に話し合う。

つまり、これら30代転職の成功を阻むトラブルは、すべて転職への計画性の無さが引き起こすものだと言えます。

現状から退職できる時期を予測し、職場や家族への説明を始めるとともに、退職の目安日に間に合うよう逆算して転職活動をすすめる。

こうして計画的に転職活動を進めることこそ、30代転職成功の最大のポイントなのです。

30代の転職、転職理由の本音と建前

本音と建て前 イメージ

転職のための面接で必ず聞かれる質問の1つに、転職理由があります。

30代は、主にどのような理由で転職を意識するのでしょうか。
dodaが公開している「みんなが転職する理由は?年代別の転職理由ランキング2018」の結果から、30代がどんな理由で転職しているのか見てみましょう。

1位 ほかにやりたい仕事がある(13.7%)
2位 会社の将来が不安(13.5%)
3位 給与に不満がある(11.3%)
4位 残業が多い/休日が少ない(7.1%)
5位 専門知識・技術を習得したい(5.4%)
6位 U・Iターンしたい(4.1%)
7位 幅広い経験・知識を積みたい(4.0%)
8位 会社の評価方法に不満がある(3.7%)
9位 業界の先行きが不安(3.3%)
10位 市場価値を上げたい(3.3%)


1位は他の会社や業界への憧れ、2位・3位は現状への不満という結果になっています。

心から挑戦してみたい業界・職種があって、そのために30代での転職を決断するなら、転職理由をそのまま伝えても「熱意」としてプラスに捉えられるかもしれません。

しかし将来や給与・待遇への漠然とした不満や不安が転職理由である場合、それをそのまま伝えると「ただのグチ」と捉えられてしまうことも。

正直に話しすぎると、面接官の反感や不安を買い不採用になることも考えられます。

TPOに合わせ、適切なかたちで伝えられるよう転職理由を用意しておくことも、30代の転職成功のためにしておくべき準備のうちの1つでしょう。

どんな「本音」の転職理由も、転職によってどのように活躍したいか、どんなことを実現したいかを盛り込むことで面接で使える「建前」に変えることができます。

ここからは、30代に多い転職理由のうちトップ5の本音を例題に、建前への言い換え例をご紹介していきます。

◆「ほかにやりたい仕事がある」
この転職理由の場合は、熱意を持って本音を伝えても問題はないでしょう。

ただ、本音の転職理由に将来への目標や転職先での活躍を予感させる要素を盛り込めば、ベターです。

「子どもの頃から○○が好きで、現職での▼▼の経験を活かし、携わりたいと思った」
「○○業界に憧れがあり、社会人経験を積んだ30代のいま、挑戦・貢献したい」
「御社の○○の□□に非常に強い魅力を感じていて、自分の▼▼のスキルを活かして商品の魅力を伝え、会社と業界に貢献したいと思った」


◆「会社の将来が不安」
この場合は、まずなぜ会社の将来に不安を感じているのか、考える必要があります。

そのうえで、事実として会社の業績や社員数、支給される給与額が目減りしているような状況であれば、本音のまま転職理由を伝えてみるのも良いでしょう。

対して、会社の将来に不安を感じている理由がネガティブなものだった場合、以下のように言い換えてみてください。

「経営方針が変わりやすく、年齢を重ね長期的に働くビジョンが見えない」
「40代、50代で昇給している同僚がおらず、今後のキャリアに不安を感じた」
「○○という分野で長きにわたり顧客の信頼を勝ち取っている御社(転職先)でなら、自分の▼▼のスキルを活かし、長く働き続けるビジョンを持てた」


◆「給与に不満がある」
給与額や昇給への不満・不安は、以下のように言い換えできるでしょう。

「年功序列ではなく、努力や実力で評価し昇給できるところで働きたい」
「給与額を自分の努力、会社への貢献の成果として実感しつつ働きたい」
「自分の努力や実績を、給与金額というかたちで評価してほしい」


◆「残業が多い/休日が少ない」
労働環境への不満は、以下のように言い換えることが可能です。

「効率的に働き、仕事上の成果を上げていきたい」
「メリハリを持って働くことで、公私ともに充実させたい」
「年齢や慣例ではなく、努力や成果に応じて評価される環境に移りたい」
「長く働いていきたいので、年齢を重ねても続けられる環境に身を置きたい」


◆「専門知識・技術を習得したい」
この場合も、基本的には本音のまま熱意を伝えればOKです。

ただ本音だけでは「熱意だけの人」と受け取られる可能性があるので、いまできることと組み合わせてどう活躍できるかに焦点を当て、一緒に伝えると良いでしょう。

「現職で▼▼のスキルを習得するなかで、より専門的な□□の分野にも強い興味を抱いた」
「30代のいま、御社で□□のスキルを身に着けることで、将来的に○○(具体的な将来像)として活躍・貢献したい」
「私の身に着けた▼▼のスキルを持ち込むことで、御社の□□にこれまでなかったシステム(製造や販売方法など)を構築し、後見したい」


【合わせて読みたい】
40代の転職が有利になる!知っておきたい高評価を得る転職理由とは
40代転職の成否を左右する!面接での転職理由の考え方&伝え方

◆転職理由によっては、思いとどまった方が良い場合も
本音から建前の転職理由を考えるなかで「どうしても良い伝え方が思いつかない」「具体的に書けない」場合は、漠然と転職に憧れや希望を抱いているだけかもしれません。

30代は「このままでいいのか」「他社の空気を知ってみたい」などという想いから、まだ知らぬ世界に漠然とした憧れを抱きやすくなります。

どの年齢にも言えることですが、漠然とした理由から行う計画性のない転職は、うまくいかないことの方が多いです。

どうしてもうまく転職理由を言い換えられないあなたには、転職は不要かもしれません。

いま一度じっくり転職の必要性・転職理由を考えるとともに、私生活など仕事以外のところに変化をつけて、様子を見てみましょう。

30代の転職、未経験の職種でも大丈夫?

転職について心配する30代女性

熱意やポテンシャルを根拠に採用してもらえる20代に比べ、30代になると、採用をする企業側からは「即戦力性」が重視されるようになります。

その一方で、まだまだ若く新しいことの習得も早いため、30代求職者の立場としては「いまから新しい仕事に挑戦したい」と考える年齢でもあるでしょう。

30代で未経験の職種に転職し、まったく新しい環境に身を置くのは可能でしょうか。

◆30代から、未経験の職種への転職は可能
結論から言うと、未経験の状態から新しい業界・職種へ、30代で転職することは十分可能です。

ただし、20代の頃より即戦力性の問われる30代が未経験職種への転職をするなら、以下のリスクを覚悟しなければなりません。

《30代、未経験の職種への転職で生じるリスク》
・即戦力性が低いため、新卒と同等にまで年収がダウンする可能性が高い
・完全な新人という扱いになるため、待遇や役職も現職より悪くなる
・働きだした後、理想と現実の間に大きなギャップを感じる可能性がある



◆現状維持が条件なら、30代転職で未経験職種を選ぶのは得策ではない
前項で述べた通り、即戦力性が求められるようになる30代の転職で未経験職種に挑戦するには、リスクが伴います。

待遇や役職、給与の現状維持を転職先に求める最低条件にするなら、30代で未経験職種への転職をめざすのは、得策とは言えないでしょう。

30代が可能な限り自身の希望を満たし、転職を成功させるには、しっかりと自己分析をして自分の要望・保有スキルを確認する必要があります。

◆30代がめざすべきは、スキルを活かした新しい環境への挑戦
一般的に未経験職種と言うと、これまで一度もかかわったことのない「異業界・異職種」をイメージしますよね。

即戦力性を求められる30代が、完全なる異業界・異職種に転職するにはリスクを伴いますが、過去の経歴を活かせる領域への転職なら成功の可能性は高くなります。

以下のいずれかであれば、過去の経験から来る30代の即戦力性を活かしたまま、転職によって働く業界や職種・環境を変えることができるでしょう。

《異業界・同職種への転職》
前職と同じ職種のまま、これまでかかわったことのない業界へ転職すること。

《同業界・異職種への転職》
前職と同じ業界に属したまま、まだ経験のない職種へ転職する。

例えば、金融関係企業の事務職として働いてきた人が、製造業界の事務職になる。食品業界で営業をしていた人が、車業界の営業に転職する。

これらはどちらも、異業界・同職種への転職です。

また、建築業界で作業員として働いていた人が建築会社の営業に転職する。レストランで接客業をしていた人が、別のレストランに移ってシェフとして働き始める。

これらは同業界・異職種への転職例です。

この方法なら、30代になるまでに培ってきた経験・スキルを活かした即戦力性の高い人材として、未経験の業界・職種への転職成功できる可能性がグッと高くなります。

◆30代転職成功のため、自分の強みや転職条件を洗い出してみよう
転職を希望する業界・職種での経験があるかどうかにかかわらず、自身がどのような転職を望んでいるかを知ることが、30代転職成功のカギを握っています。

まずはキャリアの棚卸をして、過去の仕事の内容や実績、自分の保有スキルを書き出し、整理してみましょう。

具体的には、以下の手順で書き出していきます。

【1】就職してから現在までの職歴を、すべて書き出す
【2】各職歴に対し、周囲から受けた評価を書き足していく
【3】他者からの評価に加え、職歴への自分の評価・当時の感情も書き足す
【4】書き出した職歴から、自分の強みや弱み、保有スキルを分析する
【5】自分の武器となるものを考え、即戦力性につながる要素を書き出す



キャリアの棚卸についてより詳しく知りたいなら、以下記事もチェックしてくださいね。

【合わせて読みたい】
40代転職成功の要!5分でできる、キャリアの棚卸し方法を解説!

職歴とスキルの分析が終わったら、次は将来に目を向け、自分が転職先に求める条件が何かを見極めていきましょう。

自分が転職先について譲れない最低条件と、譲歩しても良いと思える条件を、例を参考にそれぞれ3つずつ書き出してみてください。

例)
【譲れない条件】
・専門的な知識、技術を身に着けられること
・サービス残業がなく、現在より労働環境が改善すること
・法定通り、有給休暇を取得できること

【譲歩できる条件】
・50万円以内なら、現在より収入が落ちても構わない
・きちんと手当が支払われるなら、残業や転勤にも対応可能



自分の強みとともに転職先に求める条件が明確にわかれば、マッチング度・志望度ともに高い求人を、効率的に絞り込めるようになってきます。

残念ですが、あなたの希望条件をすべて叶えてくれる転職先は存在しません。

譲れない条件をすべて満たす求人は応募を検討する、譲れない条件を一部満たし譲歩できる条件をすべて満たす求人はキープする、という風に求人を選別しましょう。

【合わせて読みたい】
40代女性の仕事探しを成功させる!探し方やコツ、心構えを解説!

30代の転職、おすすめしたい求人サイト

30代におすすめの求人サイト イメージ

ここまでの内容で30代での転職成功への経路、必要な準備が見えてきたら、実際にサイトに登録し求人を探してみましょう。

以下に、30代の転職希望者におすすめしたいサイトを6つご紹介しますので、特徴を読み、自分に合いそうなところを複数利用してみてください。

◆豊富な求人を誇る最大手「リクナビNEXT」
更新頻度が高く、幅広い年齢を対象とした求人を豊富に掲載する業界最大手のサイト。
たくさんの求人のなかから条件に応じて求人を検索できる他、経歴を登録しておくことで、企業の採用担当やエージェントからスカウトを受けられるシステムもあります。

また、登録者の転職市場での価値を「職業別注目度」としてランキング化するので、自身の人材としての価値を確かめることも可能です。

◆数万件規模の非公開求人を持つ「リクルートエージェント」
リクナビNEXTと同じグループ会社が運営する、転職エージェントに特化したサイト。

公開されている求人の検索もできますが、それ以外に数万件を超える件数の非公開求人を保有していて、エージェントサービスを利用することで紹介をしてもらえます。

非公開分を含む幅広い求人のなかから、転職の専門家の手も借りつつ転職活動したい30代におすすめ。

◆転職観を具体化してくれる「doda」
迷える転職者を助ける仕組みが、随所に配置されているサイト。

豊富な求人を細かい検索条件で絞り込める他、アドバイザーによるカウンセリングや、スカウト機能も利用できます。

具体的な求人検索の条件を見たり、サイト内のキャリアタイプ診断を使えば、自分の転職観が見えてくるでしょう。

◆管理職経験者の味方「ビズリーチ」
高年収、管理職などハイクラス求人情報に特化したサイト。

既に管理職の経験があり、転職にあたってはキャリアアップや年収アップを最低条件とする人、特に30代後半におすすめ。

◆IT・Web業界転職に強い「Geekly」
若手が活躍しやすい、IT・Web業界の転職・求人に特化したサイト。

既にIT・Web関連の業界・職種経験のある人はもちろん、未経験からIT・Web業界への転職をめざす人も利用できます。

エージェントサービスを利用すれば、自己分析やキャリアの棚卸など、自分1人では煩雑な作業も一緒に進めてもらえますよ。

【合わせて読みたい】
40代でIT業界に転職!求められている人材とは?求人事情と職種を解説
40代でIT業界への転職!やっておくべきこと&おすすめサイト5選

◆30代後半以上に強い「FROM40」
アラフォー以上、30代後半から40代・50代歓迎求人に特化したサイト。

正社員はもちろん、派遣社員や契約社員を含め幅広い雇用形態・職種のアラフォー以上歓迎求人を検索でき、姉妹サイト「FROM40スカウト」登録でスカウトも受けられます。

転職に当たり年齢や職歴がネックになると感じる方、諸事情により、幅広い働き方・雇用形態のなかから転職先を選びたい30代におすすめ。

成功イメージから逆算して動けば、30代転職は成功できる!

転職に成功した30代 女性

社会人になって10年前後となる30代は、仕事の楽しさややりがい、大人としての責任を実感するようになる一方で、まだ見ぬ未知の世界への憧れが高まる時期でもあります。

現状の不安・不満を理由に「いましかチャンスがないかもしれない」と、真剣に転職を検討する人もいるでしょう。

しかし会社の中核を担う人材であり、家庭を支える経済的柱である30代の転職は、行き当たりばったりではうまくいきません。

明確な成功イメージを持ち、そこから逆算して、計画的に退職・転職のための経路を作って進んでいく必要があります。

本記事を参考にしっかりと準備をして、どうか30代での転職を成功させてくださいね。

Banner neo column 01

新着記事

Ttl new

関連する記事