介護の資格を活かして転職成功へ!転職を有利に進めるコツを解説

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

介護の仕事で資格取得を目指そうと思ったことはありませんか?
介護系の資格は、働きながら資格取得の勉強ができるものが多々あります。

資格があれば収入アップが見込めるほか、勤務先で資格支援のサポートをしてくれる場合もあります。

資格を活かして転職し、収入やキャリアアップを目指すことも不可能ではありません。

今回は介護の資格の種類や通信教育で資格取得を目指す方法、さらに未経験から取得するのにおすすめの資格などを詳しくご紹介します。

資格を活かした転職成功のコツも解説しています。
最後まで目を通して、あなたのキャリアに合う資格を見つけて転職成功の参考にしてくださいね。

目次

介護の資格の種類

介護の資格

介護業界にはさまざまな資格があります。
まずは、主な資格の種類について詳しく見ていきましょう。

◆介護の主な資格
・介護職員初任者研修
介護の資格の中でも取得しやすく、介護の仕事を始める人が最初に取得する資格と言えます。

介護の仕事には掃除や洗濯、調理などを行う「生活援助」と、利用者の体に直接触れて食事や入浴、排せつなどを行う「身体介護」の2種類があります。

後者の「身体介護」は介護の資格を取得する必要があります。

この介護職員初任者研修は未経験からでも受験することができ、3ヵ月程度で取得することができるため、最初に取るべき資格と言われています。

・介護職員実務者研修
初心者向けの「介護職員初任者研修」から、ランクアップした資格で、幅広い利用者への介護を提供できる知識や技術を身につけることができます。

介護の知識や技術も広がり、たん吸引や経管栄養の実務も学ぶことができます。

450時間と研修が長時間ですが、数年かけて少しずつ修了していくことができるため、働きながら資格取得を目指すことができます。

国家資格である「介護福祉士」を取得するために必要な資格でもあります。
今後のキャリアアップを検討するなら、取得を目指しておきましょう。

・介護福祉士
介護福祉士は数多い介護の資格の中でも唯一の国家資格で、介護職の最上位の資格に位置づけられています。

利用者の食事や排せつ、入浴などの日常生活の援助はもちろん、利用者本人や家族の自立支援のための指導やアドバイスも行います。

総合的なサービス提供も求められるため、福祉関係者とも連携を取りながら利用者の環境を整えていきます。

受験資格には専門学校などで専門の教育課程を2年以上もしくは実務者研修の450時間の受講と修了が必要となっており、難易度は高めの資格です。

難易度が高いからこそ資格の価値は高く、高い知識と技術を身につけることができます。
国家資格を取得していることで、給与や待遇などでもメリットがある場合もあります。

・認定介護福祉士
介護福祉士の上位資格としてできた民間資格です。
介護福祉士よりさらに多様化する利用者に対応するための知識や技術を学びます。

サービスの質向上のための役割が大きくなり、利用者への直接の介護業務がより少なくなる傾向にあります。

試験はなく、養成研修を受講・修了して申請が受理されれば資格取得となります。

・介護支援専門員(ケアマネージャー)
2000年に施行された介護保険法に基づき、介護や支援を必要とする人や家族の相談を受け、適切なサービスが受けられるように支援をします。

介護者のケアプランを作成し、各機関と連携を取りながらサービスを提供します。

このケアマネージャーの資格は難易度が高く、受験資格に介護や福祉などの実務経験が5ン以上必要です。

資格を取得すれば仕事の幅も広がり、高い専門知識や技術を持っていると評価されるため、転職にも有利になるでしょう。

・介護事務
老人ホームやデイサービスなど、介護関連の事業所で事務をする仕事です。
介護保険サービスを利用すると、8~9割は国や都道府県の負担となります。

そのため介護報酬のルールにしたがって介護給付費明細書「レセプト」を書き、各都道府県に請求する事務職です。

介護保険制度の知識や、基本的なパソコンスキルも必要になります。
資格は民間資格で似た内容のものが複数あり、試験内容に多少の違いがあります。

資格は短期間での取得を目指すことができ、年に数回受験のチャンスがあります。
資格がなくても介護事務の仕事はできますが、資格を取得しておくとより転職に有利になります。

▼合わせて読みたい!
介護・福祉業界への40代転職を有利にする!資格の種類と選び方

通信教育で介護の資格を取得する方法

通信教育で介護資格を勉強する人

次に、通信教育で介護系の資格を取得する方法について、見ていきましょう。

◆働きながら資格取得するなら、通信講座がおすすめ
介護系の資格のほとんどは、通信講座だけでは資格取得はできません。

ただ、通信講座を選ぶことで完全通学制よりも通学する期間が短くて済むため、働きながら資格取得を目指したい人にはおすすめです。

例えば介護職員初任者研修では、130時間の研修を受講する必要がありますが、最大40.5時間を通信で受講することができます。

自宅学習とスクーリングがスムーズに進めば最短1ヵ月での取得が可能になります。

◆通信講座の選び方
介護系の資格が数多くあるため、通信講座も多数あります。
ここでは、通信講座の選び方を見ていきましょう。

・受講サポートが充実しているかどうか
通信講座では基本的に自宅学習のため、自分のモチベーションをいかに維持できるかが重要です。

勉強する中でわからないことがあった時に、質問しやすい環境が整っているかどうかや、開講講座に参加できるかどうか、など自分のスタイルに合っているか確認しておきましょう。

単にテキストが送られてくるだけの講座ではなく、受験までの間にどれだけサポートが受けられるかもチェックしておきたいところです。

・教材はどんなものを使うか
テキストや問題集のほか、DVDやeラーニングなどさまざまな学習ツールを取り入れている通信講座もあります。

電車での移動中に勉強したい場合はスマホやタブレットで学習できる教材や、自宅でじっくり勉強したい場合は充実したテキストを選ぶなど、自分の学習環境に合わせた教材を選ぶのも重要です。

・スクール実績はどうか
筆記試験の合格率など、そのスクールの合格実績や実際に受講した生徒の口コミなどもチェックしておくとよいでしょう。

合格実績が高いスクールであれば、教材やサポートが充実していると判断できる材料のひとつになります。

・費用は総額でいくらかかるか
最短で確実に合格するためとは言っても、高い費用を払うには負担がかかります。

かといって安すぎる講座は、サポートなどが手厚くない場合もあるため、一人での学習に不安がある人にはおすすめできない場合もあります。

自分の性格や学習環境に合った教材やサポートが得られるスクールを選び、納得できる金額かどうかを見極めましょう。

▼合わせて読みたい!
40代の介護資格取得を効率的にする!転職に役立つ学校選びのコツ

どの介護資格から取得するのがおすすめ?

介護で取得したい資格

介護資格の種類や通信で資格取得する方法を見てきました。
ここでは、どの介護資格から取得していくのがいいのか、順番に見ていきましょう。

◆実務経験を積みながら資格取得していく
介護の仕事に従事する人が最初に取得すると言われる介護職員初任者研修から取得していくのが一般的です。

まずは受験資格のない資格からスタートし、実際の現場で働きながら実務経験を積み、ステップアップしていくのが効率的です。

次に取得しておきたいのが、介護職員実務者研修です。
介護職員初任者研修の修了者は受験科目が一部免除されるため、次のステップとしておすすめです。

そして実務経験を3年以上積んだあとに、国家資格である介護福祉士を目指しましょう。

介護福祉士が取得できれば、その上位資格である認定介護福祉士や、実務経験5年以上で受験することができるケアマネージャーの資格取得を目指すのもいいでしょう。

そのほか、自分のキャリアに合わせてさらに業務の幅を広げる資格を取得していくことをおすすめします。

◆介護で役立つ資格
・福祉用具専門相談員
福祉用具の選び方や使い方のアドバイスをします。

介護保険の指定を受けている福祉用具貸与・販売事業所では、常勤で2名以上の相談員の配置が義務付けられています。

・喀痰吸引等研修
たんの吸引(口腔内、鼻腔内、気管カニューレ内部)と経管栄養(胃ろう、腸ろう、経鼻経管栄養)を行うことができる介護職員などを養成するための研修です。

医師の指示や看護師との連携のもと、たんの吸引や経管栄養を行います。
より幅広い利用者に対応できるスキルが身につきます。

・同行援護従業者養成研修
視覚障害により移動が困難な利用者に対して、外出時に同行して移動、代読や代筆、排せつおよび食事などの介助などのサポートを行います。

視覚障害者の自立と社会への参加を支援する重要な仕事です。

・レクリエーション介護士
レクリエーションを通じて、高齢者とスムーズなコミュニケーションを取ることができる知識や技術が身につきます。

1級と2級があり、1級を取得すると高齢者の状態に合わせてレクリエーションをアレンジしたり、施設や事業所の方針に合わせた介護レクリエーションをプログラムすることができます。

・行動援護従業者養成研修
知的障害や精神障害、発達障害のため日常的に介護が必要な人へのサポートを行います。

平成30年4月1日以降より、行動援護従業者養成研修を修了し、知的障害児者もしくは精神障害者の直接業務を1年以上の実務経験が必要になりました。

・移動介護従事者(ガイドヘルパー)
全身障害や視覚障害、知的障害などを持つ人に対して、外出時のサポートや介助を行います。

利用者の障害の特性に合わせた介助をする知識や技術を学ぶことができます。

・介護予防運動指導員
高齢者に対して筋力向上のためのトレーニングなど、介護予防プログラムの作成や運動指導により、自立した日常生活が送れるようサポートを行います。

トレーニングや運動のほか、転倒や失禁予防、栄養改善や認知症予防などの知識を学ぶことができます。

・難病患者等ホームヘルパー
難病や特定疾患を持つ利用者に対して、生活の質の向上のために在宅介護で日常生活のサポートを行います。

利用者の疾患の特徴や注意点をふまえて適切なサポートを行うほか、自立支援や社会参加の支援も行います。

・重度訪問介護従業者
重度の肢体不自由者に対して、利用者宅を訪問して入浴や食事の介助、洗濯や掃除などの家事のサポートを行います。

利用者は障害程度区分4~6で、難病患者や脳性まひ、事故による脊髄損傷などが原因の場合があるため細やかな配慮も求められます。

介護の資格は数多く存在します。
どれでも取得すればいいというものではありません。

まずは基本となる介護の資格を取得していき、実務経験を積んで、自分が広げたい業務に合った資格を取得していくことがキャリアにつながります。

勤務先によっても活躍できる資格は異なる場合があるため、介護の中でもどんな人に対してどんな介護に携わっていきたいのかを見極めておくこともひとつのポイントです。

▼合わせて読みたい!
40代で介護福祉士へ!必要資格や仕事内容、給料アップ方法を解説
40代未経験から介護福祉士の資格取得へ!求人の探し方&転職成功のコツ
40代で転職するなら「人のためになる」国家資格・介護福祉士を目指そう!

転職が有利になる?介護の資格の活用法

介護の仕事に転職した人

介護の資格について、種類や通信講座で取得する方法、どれから取得していくのがいいのかなどを見てきました。

ここでは、資格を活用して転職を有利に進めるコツを見ていきましょう。

◆未経験からでも転職に有利
未経験もしくは実務経験が浅い人でも、何か資格を取得していれば、基本的な知識や技術を持っていることが評価されやすいため、転職に有利と言えます。

介護業界では経験問わない求人も数多くありますが、もちろん経験者や有資格者などの即戦力となる人材がほしいというのが本音にあります。

少しでも転職を有利に進めるには資格取得してから転職する道があります。

また、働きながら資格取得に向けて勉強したいという意欲のある人も、応募の際にぜひ伝えておきましょう。

介護の仕事は無資格でもできますが、今後、資格を取得して頑張ろうという人材は将来有望と見てもらえる可能性が高くなります。

転職サイトや勤務先によっては資格取得を支援してくれる場合もあるため、そういう求人を探すのもひとつの方法です。

◆資格を有効活用して収入アップを狙う
資格があれば、資格手当がついたり、その他年収アップを見込める可能性があります。
転職はあなたの市場価値を再確認できる機会でもあります。

現在の職場で収入アップが難しい場合は、思い切って転職を機に収入アップを狙うことも不可能ではありません。

◆キャリアアップの機会にもなる
同様に、さらに別の資格を取得して、業務の幅を広げたい人も転職はいいきっかけになります。

介護の中でも特定の資格がなければできない介護やサポートがあります。

どういう形で介護の仕事でキャリアアップしていきたいのか、検討した上で資格取得を目指しましょう。

キャリアに合った資格があれば志望動機なども必然的に説得力が増し、転職成功につながります。

◆知っ得!資格取得支援制度
次に知っておきたい資格取得の支援制度について見ていきましょう。

ハローワークでは、介護福祉士、介護職員初任者研修、実務者研修などの職業訓練を無料で受けることができます。

また資格試験の受講料の一部を負担してくれる市区町村などもあるため、資格取得をこれから目指したいという人は、最寄のハローワークで確認してみることをおすすめします。

資格があれば収入や仕事のやりがいをアップさせることもできます。
ぜひ資格取得して転職を有利に進めてくださいね。

◆採用担当者が採用したい人の特徴
資格や経験があっても、採用を勝ち取って転職成功するには「採用されやすい人材」になることが近道です。

ここでは、採用担当者が採用したいと思う人の特徴を見ていきましょう。

・応募書類がキレイな人
履歴書や職務経歴書などの応募書類は、最初に企業側が目にするものです。
その書類数枚であなたの印象が決まる可能性もあります。

そこから面接で会ってみたいと思わせるためにも、読みやすく伝わりやすい応募書類を心がけましょう。

履歴書は手書きの方がいいのではないかと思われる人もいるかもしれませんが、字が汚いという人はパソコンを使って応募書類を作成することをおすすめします。

読みにくい履歴書よりも、パソコンで作成したキレイで読みやすい履歴書の方が、採用担当者も読みやすく好印象になります。

・身だしなみが整っている人
どの業界でも言えることですが、介護は人と接する仕事です。
最低限の身だしなみは必須と言えます。

必ずしもスーツである必要はありませんが、面接ではジャケットを羽織ってくるくらいの配慮は必要です。

相手に不快に思わせないよう好印象を与えるような服装や髪形、言葉使いなどができる人が採用へも一歩近づく人と言えます。

・チームで働ける人
介護はチームで行うもののため、周りと助け合いながら、円滑にコミュニケーションを取りながら働ける人が好まれます。

また利用者や家族に寄り添ったサポートをするため、独りよがりのやり方ではなく、相手が何に困っていて、それを解決するにはどうすればいいのかを考えることができるかどうかも採用の大きなポイントです。

・自分の生活も大事にできる人
介護の仕事ではシフト制だったり夜勤があったりと、休みも勤務時間も不規則になりがちです。

そんな中で無理をして働きすぎてしまう人よりも、自分の生活や時間、家族を大切にして休む時はしっかり休む、などの切り替えができる人の方が長く働いてくれると捉えられる傾向があります。

また、自分や家族を大切にできない人に、他人に寄り添った質の高い介護ができるのかという疑問もあります。

介護で人柄重視の採用が多いのは、このためでもあります。
求人に応募する際には、もう一度仕事やプライベートを振り返って、仕事に対する姿勢や価値観などを見直してみてはいかがでしょうか。

《転職成功事例》
次に、資格を活かして転職成功した人の事例を見ていきましょう。

・資格を活かして収入アップした40代男性
30代後半で無資格・未経験から介護業界へ転職。働きながら資格を取得して、介護福祉士の資格を取得。給与に不満があったため40代で転職を決意。
休日や年収などの希望を検討して、当初はなかなか求人が見つからなかったが、転職サイトでプロのエージェントに相談しながら転職活動を進めていき、3社面接を受けて2社から内定を獲得。働きながら取得した資格と経験がマッチングできた。

・資格を取得して正社員へステップアップした40代女性
未経験から介護業界でパート勤務をスタートし、働きながら介護職員初任者研修、実務者研修を修了。さらに実務経験を積んで介護福祉士の資格も取得したが、以前と変わらない業務ばかりで今後のキャリアにつながりそうもない。さらに幅広い利用者への介護ができるように喀痰吸引等研修の資格を取得。資格を活かして業務の幅を広げることができ、転職して正社員として採用され、キャリアアップにもなった。

・資格取得後の転職で責任ある仕事についた50代女性
働きながら介護職員初任者研修、介護福祉士、ケアマネージャーと資格を取得。ケアマネージャーの資格取得後に転職し、事業所の管理者として採用される。直接介護する業務からは離れたが、当時は全国で事業所や老人ホームといった施設が増えていた時期で、実績を出せたあとエリアマネージャーに抜擢。収入も仕事のやりがいも充実させることができた。

この成功事例のように、資格を活かして転職を機にキャリアアップを目指すことも可能です。

まとめ

いかがでしょうか。
介護系の資格は数多くありますが、まずは取得しておきたい資格から、業務の幅を広げてキャリアアップにつなげるための資格もあります。

通信講座で効率よく資格取得を目指すこともできます。
経験を積んで、あなたに合った資格を検討してみてくださいね。

最近では転職サイトなどでも資格取得支援制度を設けていることもあるため、合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

転職サイトは求人を探すだけではなく、今後のキャリアについて相談したり、資格取得をサポートしてもらったり、応募書類のチェックや面接の同行、待遇の交渉などさまざまなサポートを受けることができます。

介護に特化したサイトもたくさんあるため、こうした転職サイトを賢く活用するのも転職を成功させる秘訣です。

今回の記事を参考にして、あなたの希望するキャリアに合う資格を見つけて、転職を成功させてくださいね。

▼合わせて読みたい!
40代未経験でケアマネージャーに転職!資格取得や求人の探し方を解説
40代未経験でもヘルパーになれる!必要資格と利用すべき7サイト
40代が転職するとどうなる?ケアマネージャーの仕事・給料・資格

Banner neo column 01

新着記事

Ttl new

関連する記事