40代未経験でケアマネージャーに転職!資格取得や求人の探し方を解説

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

介護や支援を必要とする人たちやその家族をサポートするケアマネージャーの仕事に、興味を持ったことはありませんか?

少子高齢化社会が進む中、将来的にも需要は増え続ける傾向にある介護業界。
労働力不足の今、介護業界も人手不足になっているのが現状です。

だからこそ、40代で未経験からでも転職成功の可能性が高いとも言えます。
今回は介護業界で働くケアマネージャーの仕事について詳しく解説していきます。

具体的な仕事内容から必要な資格、さらにケアマネージャーのやりがいなど知りたい情報をぎゅっと凝縮してお届けします。

40代で未経験から資格を取得して、転職成功することができるのかどうかも気になるところですよね。

そこで転職成功のコツや、おすすめの求人サイトなど、詳しくご紹介します。

転職活動の参考になる情報が満載ですので、最後まで目を通してくださいね。
これから転職を検討している場合は、選択肢のひとつとして参考にしてみてくださいね。

目次

ケアマネージャーの仕事内容とは

介護の仕事をする人

ケアマネージャーという職種を耳にしたことはあっても、その具体的な仕事内容まで把握しているでしょうか。

まずはケアマネージャーの仕事内容や主な勤務先など、転職を検討する際に知っておきたいケアマネージャーの仕事について、詳しく見ていきましょう。

◆医療・介護・福祉の面から利用者をサポート
ケアマネージャーは、正式名称を介護支援専門員と言います。
通称「ケアマネ」と呼ばれます。

利用者が介護保険を使う際に、心身の状況に応じてケアプランを作成するのが主な仕事です。

・高齢者やその家族の介護相談
介護を必要とする高齢者やその家族からの介護の相談に乗り、よりよい介護サービスが受けられるようサポートします。

適切な援助をするために、利用者本人はもちろん、その家族やかかりつけの病院、すでに介護サービスを受けている場合は事業所などからも情報収集を行います。

さらに利用者、介護サービスの提供者や主治医などを集めた、定期的なサービス担当者会議を開くための調整などもケアマネージャーの大切な仕事のひとつです。

・要介護認定手続きのサポート
新たに介護サービスを利用する、もしくは要介護認定が変わったといった場合には、要介護認定の手続きが必要になります。

利用者は市区町村から要介護認定を受けることで、介護保険の給付を受けることができます。

しかし要介護認定の手続きは専門的な知識や細かな書類作成が必要になるため、ケアマネージャーが利用者本人やその家族に変わって手続きを行います。

・ケアプランの作成
介護サービスを受けるために必要なケアプランは、重要な仕事です。

利用者やその家族の要望を聞き、訪問介護やデイサービスなど多岐に渡るサービスの中からいつどんなサービスを受けるのか、最適なプランを作ります。

プランができたら利用者やその家族に内容を確認してもらいます。
プランに沿ってサービスを提供するために、利用者の希望も考慮して支援を行うサービス事業者を選び、連絡や調整などを行います。

・モニタリング
作成したケアプランに沿った介護サービスが始まった後は、定期的に利用者を訪問してモニタリングを行います。

モニタリングでは、サービスがきちんと提供されているか、利用者の健康状態に変化はないか、利用者やその家族が今のサービスに満足できているかなどを確認します。

必要に応じてケアプランを変更する場合もあります。

◆ケアマネージャーの勤務先
ケアマネージャーの勤務先は、大きく分けて「介護保険施設」もしくは「居宅介護支援事業所」の2つがあります。

・施設ケアマネ
介護保険施設で働くケアマネージャーは通称「施設ケアマネ」と呼ばれ、入居者のケアプランを作成するのが主な仕事になります。

勤務先の施設は、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、介護療養型医療施設の3つがあります。

《介護老人保健施設》
病気などで入院し、退院したもののすぐに自宅での生活に戻るのが不安な人のための施設です。

入所期間が3ヵ月から半年、長くても1年未満という短期間に決められている施設です。

《特別養護老人ホーム》
24時間での介護が必要な人や家庭の事情により、一人での生活が困難な人のための施設です。

入所すると看取りまでその施設で過ごす人が多い施設です。

《介護療養型医療施設》
医療的なケアやリハビリを必要とする人のための施設で、医師によって在宅生活ができると診断されれば退院となります。

こうした介護施設に勤務する場合は、居宅介護支援事業所よりさまざまな利用者を担当するため、より多くの経験を積むことができます。

しかし入居者のいる施設のため、夜勤があったり、状況に応じて介護業務を行う場合もあります。

・居宅ケアマネ
居宅介護支援事業所で働くケアマネージャーは通称「居宅ケアマネ」と呼ばれています。

病気やケガで入院しても、ある程度まで症状がよくなれば退院となります。
しかし一人で生活するまで回復していない場合は、誰かの助けを借りなければ生活することができません。

そうした自宅での介護サービスを必要とする人の相談に乗り、最適なケアプランを作成するのが居宅ケアマネの仕事です。

利用者のケアプランの作成から、訪問看護や訪問介護、デイサービスなどの介護サービスの日程調整、連携を行います。

基本的に日勤のみとなるため、施設ケアマネと比べて生活リズムが取りやすい働き方ができると言えます。

【一日のタイムスケジュール一例】
居宅ケアマネ
8:30 出社。朝礼と当日の業務の準備
9:00 事務作業や電話での問い合わせ対応など
11:00 利用者宅へ訪問。介護に必要な車いすの相談に乗る
12:30 昼休憩
13:30 サービス担当者会議の準備
14:00 サービス担当者会議。サービスを受けている利用者の様子や健康状態、利用者と家族の意見などを聞き、翌月のサービス利用表を確認してもらう
17:00 事務作業など
18:00 退社

施設ケアマネ
9:00 出社。朝礼
9:30 夜勤スタッフからの申し送りなどを受け、入居者の状態などを共有
10:00 電話対応、ケアプランの作成や書類作成など
12:00 入居者の食事介助
14:00 交代で昼休憩
15:00 入居者のモニタリング、サービス担当者会議
18:00 ケア記録の記入、その他事務業務など
19:00 退社

居宅ケアマネは利用者宅へ訪問することが多くなるため、フットワークの軽さも求められます。

施設ケアマネは基本的に施設内での仕事がメインとなりますが、夜勤があったり、介護業務もしたり、幅広い業務に携わることが求められます。

仕事内容や勤務時間など、自分の希望に合う勤務先を検討することが必要です。

▼合わせて読みたい!
40代が転職するとどうなる?ケアマネージャーの仕事・給料・資格

ケアマネージャーに必要な資格とは

資格取得を目指す人

ケアマネージャーとして働くには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格する必要があります。

ケアマネージャーに必要な介護支援専門員は、国家資格ではなく公的資格です。
各都道府県が管轄し、実施する試験に合格する必要があります。

試験は毎年1回、例年通りなら10月に実施されており、居住する都道府県で受験します。

しかし、勉強すれば誰でもすぐに試験を受けられるわけではありません。
ここでは、ケアマネージャーに必要な資格と受験資格について、見ていきましょう。

◆受験資格
ケアマネージャーの試験を受けるには、以下の業務で5年以上の実務経験が必要になります。

・保健・福祉・医療分野の国家資格を有する業務
該当する保健・福祉・医療分野での国家資格をすでに持っている場合は、5年以上、900日の実務経験が必要になります。

《該当する国家資格》
医師
歯科医師
薬剤師
保健師
助産師
看護師
准看護師
理学療法士
作業療法士
社会福祉士
介護福祉士
視能訓練士
義肢装具士
歯科衛生士
言語聴覚士
あん摩マッサージ指圧師
はり師
きゅう師
柔道整復師
栄養士
管理栄養士
精神保健福祉士

有資格者の中でも、介護福祉士や社会福祉士からケアマネージャーの資格取得を目指す人が多い傾向にあります。

・生活相談員
特定施設入居者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、介護老人福祉施設、介護予防特定施設入居者生活介護などでの生活相談員としての経験が必要になります。

・支援相談員
介護老人保健施設での支援相談員としての経験が必要になります。

・相談支援専門員
計画相談支援、障害児相談支援での相談支援専門員としての経験が必要になります。

・主任相談支援員
生活困窮者自立相談支援事業などでの主任相談支援員としての経験が必要になります。

該当する業務が通算5年以上であれば受験資格を得ることができます。

また実務経験の日数は試験前日までカウントできるため、申込の時点で足りていなくても「実務経験見込証明書」を提出することで、受験することができます。

◆試験合格後に研修が必要
試験に合格しても、すぐにケアマネージャーになれるわけではありません。

合格後に行われる「介護支援専門員実務研修」の32時間以上の研修をすべて受講すれば修了となります。

研修を修了後に各都道府県に登録申請を出し、受理されれば介護支援専門員証が交付され、ケアマネージャーとして働くことができます。

◆試験の難易度
次に、ケアマネージャーの試験の合格率を見てみましょう。

厚生労働省の「第20回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について」によると、平成29年度に実施された試験の合格率は21.5%となっています。

全体の2割程度となっているため、難易度の高い試験と言えます。

また、医療や介護関係の仕事に従事している人の合格者は2割以上となっており、介護福祉士や相談援助業務従事者・介護等業務従事者が多い傾向にあります。

◆資格は更新手続きが必要
介護支援専門員の資格は、一度試験に合格すればいいというわけではありません。
5年おきに更新手続きをし、更新の前年に研修を受けることが必要です。

受験資格には実務経験が求められ、試験の難易度が高く、さらに更新もしなければならないケアマネージャーは、それだけ社会でも重要視されている仕事と言えます。

40代未経験からケアマネージャーに転職するコツ

介護の仕事をする人

ケアマネージャーの仕事内容や必要な資格を把握できたところで、未経験からケアマネージャーに転職するコツを見ていきましょう。

◆実務経験を積む
未経験からケアマネージャーに転職するには、まずは資格取得が必要になります。

医療や介護などの国家資格がなく、介護業界での経験もまったくない場合はまずはいずれかの業務につき、実務経験を積まなければいけません。

資格取得に向けて実務経験を積みながら、勉強も同時平行で行うことをおすすめします。

未経験から正社員は難しくても、まずは派遣社員やパート・アルバイトなどで働きながら実際の現場で経験を積み、知識も増やしていくことができます。

◆志望動機の書き方に注意する
ケアマネージャーとして転職するには、経験年数が有利になります。

そのため、初めてケアマネージャーの試験に合格したばかりの人は、志望動機の書き方を工夫する必要があります。

あまりに過大な目標を語るのではなく、転職して新たな仕事への抱負や意気込み、またケアマネージャーを目指してどんな業務に携わってきたのかなどを書くとよいでしょう。

《志望動機一例》
「これまでは介護福祉士として高齢者の支援に携わってきました。その中で介護保険制度のことや介護サービスについてもっと知識を身につけて役に立ちたいと思い、ケアマネージャーの資格取得を目指して勉強してきました。 これまでの経験と新たな知識を活かして、人に信頼されるケアマネージャーになりたいと思って応募いたしました。」

「自宅で長年、実の母の介護をしておりました。その時は私たちもケアマネージャーや介護の方たちのサポートを受ける側でしたが、昨年その母が亡くなり、今度は少しでも他の高齢者やそのご家族の役に立ちたいと思い、ケアマネージャーを目指しました。
業務としては未経験ですが、介護の経験を活かして人に寄り添うサポートをしていきたいと思っております。」

ケアマネージャーを目指す人の中には、自分の介護の経験から転職を決意する人もいます。
実務経験はなくても、そういった経験や理由は必ず書いておくようにしましょう。

◆豊富な経験と柔軟な対応力をアピールする
超高齢社会に伴い、ケアマネージャーの仕事は今後もニーズ拡大の見込みがあります。
また労働力不足から人手不足となっている企業も少なくありません。

特に施設ケアマネの場合は、入居者のケアプラン作成やモニタリングなどだけではなく、介護業務や夜勤などさまざまな業務も行います。

入居者や家族と接する機会も多く、高いコミュニケーション能力が求められます。

そのため、実務経験はなくても40代という年齢を武器に変え、豊富な経験や柔軟な対応力があることをアピールすることができます。

また、高齢者向けの施設では、認知症実践者研修を修了している人が歓迎される場合もあります。

ケアマネージャーの資格だけではなく、幅広く知識や研修を受けておくとさらに転職成功の可能性が高くなります。

◆介護業界に特化した求人サイトを利用する
求人サイトや転職サイトは数多くありますが、今回のように職種が決まっている場合は、介護業界に特化したサイトを利用することをおすすめします。

効率よく求人を探すことができるほか、さまざまなお役立ち情報を得ることもできます。
さらにスカウト機能がついているサイトであれば、登録しておくだけで希望に合った企業からオファーを受けることもできます。

《介護業界に特化したサイト》
介護求人パーク
正社員や契約社員、派遣やパート・アルバイトまで幅広い雇用形態の求人が掲載されており、希望条件に合った検索ができます。

勤務シフトなどもわかりやすく、求人応募の前に興味のある企業の見学や説明会に申し込むことができます。

カイゴジョブ
幅広い雇用形態はもちろん、豊富な求人が掲載されています。

未経験から介護業界で働きたい人向けに、資格取得の支援制度もあるため、未経験から介護業界へ転職を目指すにおすすめです。

介護求人ナビ
雇用形態や希望勤務地から検索することはもちろん、職種や保有する資格から求人を探すことができます。

「面接レポート」では、他の人が実際に受けた面接での様子や質問内容などが口コミ形式で記載されていて、転職活動の参考にもできる情報があります。

ジョブメドレー
幅広い職種や雇用形態の求人検索ができるほか、カスタマーサポートで応募から合格までを支えてくれるサービスもあります。

介護業界への転職が初めてで戸惑う人には、サポート体制が充実したおすすめのサイトです。

ケアマネージャーとして40代未経験から転職するには、ちょっとしたコツを押さえておくことも必要です。

介護業界に特化したサイトも活用しながら、効率よく情報収集をし、自分にぴったりの転職先を見つけてくださいね。

▼合わせて読みたい!
40代から介護職へ!キャリアアップの方法&使える求人サイト6つ
もっと知ってほしい!需要が高まり続ける介護業界への転職を解説
未経験の40代女性への需要大!ヘルパーなど介護職への転職とは?

ケアマネージャーのやりがい&キャリアアップ

サポートとハート

ケアマネージャーの仕事内容や必要な資格、40代未経験から転職するコツなどを見てきました。

ここでは、ケアマネージャーの仕事のやりがいや将来性についてご紹介していきます。

◆ケアマネージャーの仕事のやりがい
介護サービスを受ける時に不可欠なケアマネージャーは、利用者やその家族から感謝されるやりがいのある仕事です。

そんなケアマネージャーの仕事のやりがいや魅力を詳しく見ていきましょう。

・利用者と信頼関係が築ける
ケアマネージャーは、利用者やその家族と面談を行って悩みなどを把握し、希望などに合わせたケアプランを作成します。

しかし初対面の人に最初から本心を打ち明けられる人はなかなかいません。

そんな人と信頼関係を築き、心を開いて悩みや不安を打ち明けてくれた時、ケアマネージャーとしてのやりがいを感じる瞬間でもあります。

・責任感のある仕事
ケアマネージャーは難関と言われる試験に合格し、研修を終えなければなれない仕事です。
さらに介護制度の改定などもあるため、常に学び続けなければ務まりません。

そのため責任感のある仕事と言えます。

利用者やその家族の悩みを聞き、サポートできるようプランを考えたり、病院や行政との連携を取ったりするなど、大変な面もありますが、その責任こそケアマネージャーとしてのやりがいにつながっています。

◆ケアマネージャーのキャリア
日本はますます高齢化社会となっていくため、介護ビジネスは今後もますます発展していく可能性があります。

そんな中、専門性の高いケアマネージャーは社会的にも知名度が高くなっています。

主任ケアマネージャーや、事業所の管理職など、将来のキャリアアップを目指す道も広がっていくことでしょう。

他の専門的な知識や資格取得、研修などで自分にしかない付加価値をつけて、キャリアをさらに広げていくことも可能です。

◆ケアマネージャーに向いている人
次に、ケアマネージャーに向いている人の特徴を見ていきましょう。

・高いコミュニケーション能力を持っている人
ケアマネージャーは常に人と接する仕事です。

利用者やその家族だけではなく、医療機関や介護施設、行政など実にさまざまな人とのネットワークを使って業務にあたります。

連携を取り、時には調整役を務めることもあるため、たくさんの人と円滑にコミュニケーションが取れる人に向いています。

また、介護や福祉といった専門的なことをわかりやすく利用者に伝えるスキルも求められます。

・セルフマネジメントができる人
施設ケアマネでも居宅ケアマネでも、ケアマネージャーの仕事には事務作業も必要になります。

利用者宅への訪問や他機関の人との連携をしながら、事務作業も同時に進められるスキルも必要です。

効率よく業務を進められるように、常に自分でタスク管理を行えるセルフマネジメントのできる人が望ましいでしょう。

また、ケアマネージャーは利用者の個人情報も細かく知る立場にあります。
書類はもちろんメモなど、利用者の個人情報やプライバシーの管理も重要です。

自分のプライベートと利用者の個人情報をわけて管理することも必要です。

まとめ

いかがでしょうか。
ケアマネージャーは、介護を必要とする人の生活を支える大切な仕事です。

利用者本人だけではなく、その家族のサポートもできるため、人から感謝され、社会貢献度も高いやりがいのある仕事と言えます。

しかしそれだけ大切な仕事であるため、ケアマネージャーになるためには長い実務経験や難易度の高い試験や研修が求められます。

これから超高齢化社会になる時代には必要不可欠な職種となるでしょう。

今後はAIなどが導入されると言われていますが、こうした介護サービスや相談などは、やはり人の手が必要です。

したがって、今後なくなる可能性の低い職種と言えます。

将来のキャリアアップも目指せるため、これから資格取得や転職を狙うにはおすすめの仕事です。

雇用形態も幅広く、自分のライフスタイルに合わせて働き方も選びやすく、40代未経験からでも転職成功の可能性が高い職種です。

これからのキャリアを考えた時に、転職先の選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

Banner neo column 01

新着記事

関連する記事