未経験でもセールスエンジニアに転職できる?その仕事内容とは

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

技術職であるエンジニアと、顧客との商談・折衝をメイン業務とする営業職の中間として「セールスエンジニア」という職種があるのをご存知でしょうか。

セールスエンジニアは、エンジニアとしての知識と営業としてのコミュニケーション能力を併せ持つ、企業と取引先双方にとって頼りになる存在です。

今回はセールスエンジニアの仕事内容や魅力、この職種に向いている人の特徴や転職に必要な知識や資格まで、まとめて解説。

セールスエンジニアになりたい人に役立つ情報をまとめてご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

セールスエンジニアの仕事内容

セールスエンジニアの仕事

セールスエンジニアは、企業の商品やサービスを販売するにあたって、ただ単に販売するだけではなく技術面から商品やサービスの説明を行うのが仕事です。

商品やサービスに興味を持った顧客が、それを導入するにあたってどのようなメリットがあるのか、また、どのような問題が生じる可能性があるのかを、技術面からわかりやすく解説するのが、セールスエンジニアの努めです。

通常のセールスマンでは、その商品やサービスのメリットは説明できても、技術的な問題までは詳しく説明できません。

顧客の状況によっては、商品やサービスをそのまま導入できず、一部カスタマイズが必要な場合もあります。

しかし、そういった見極めは、普通のセールスマンにはできません。
そこで、セールスエンジニアという職種が生まれました。

つまり、セールスエンジニアは、普通のセールスマンでは説明しきれない専門的な部分について、顧客にわかりやすく説明するという役目があるのです。

たとえば、ある店舗がPOSシステムを導入するとしましょう。
POSシステムはただ単にレジでバーコードを読み取るだけでなく、集めた顧客データを使って販売戦略を立てることができます。

何時ごろにどんな商品が売れるとか、何曜日にどの商品がよく売れるとか、客層はどんな年代の人が多いとか男女の比率など、いろいろなデータを分析することが可能です。

これにより、いつどんな商品を仕入れればもっとも効率よく売り上げがアップできるかがわかります。

しかし、このシステムを顧客が設置する場合、何台設置すればいいのか、顧客データは何日分保存すればいいのか、そのコストはどれくらいかかってどのくらいのメリットがあるのかなど、専門知識のないセールスマンではうまく説明することができません。

だから、技術的側面を詳しく説明できるセールスエンジニアが必要になるわけです。

普通のセールスマンよりエンジニア寄りなので、通常のセールスマンでは気づけないことも気づくことができます。

たとえば、顧客に潜在的な課題があれば、セールスエンジニアならいち早く気づいて早めに手を打つことが可能となります。

・普通のエンジニアとの違い
セールスエンジニアは、普通のエンジニアとは違います。
セールスエンジニアは、普通のエンジニアのように設計やプログラミングなどの開発業務は行いません。

もちろん、セールスエンジニアは開発経験もありますが、セールスエンジニアとしての勤務では開発は行わず、出来上がった商品やサービスの技術的側面を把握することに終始します。

そのことにより、この顧客であればどうカスタマイズすればいいのかといったことについて、明確な回答を導き出します。

また、商品やサービスを納入するにあたり、セールスエンジニアはその顧客の商売について、深い業務知識を持っていなければなりません。

これは、普通の開発系のエンジニアには要求されないことです。
このように、セールスエンジニアは開発系エンジニアとセールスマンの間に立ち、両方の不足する部分を埋めて業務を円滑に進めるのが務めなのです。

・具体的な仕事内容
セールスエンジニアがいなければ、開発系のエンジニアかセールスマンが顧客と打ち合わせをすることになります。

開発系のエンジニアはどうしても専門用語を多用してしまうために、顧客には十分に理解してもらえない場合があるのです。

また、同時に開発系エンジニアには、顧客が用いる業界の専門用語がわからない場合があります。

セールスマンであれば、業界用語は理解していますが自社の商品やサービスでありながら、技術面になると詳しい説明ができません。

これでは、どちらも顧客にとっては信用に足るものとは言い難いのです。しかし、この場にセールスエンジニアが加われば、打ち合わせはもっとスムーズに進みます。

セールスエンジニアなら業界用語にも精通していますし、技術面の説明も難なくできるからです。

セールスは顧客の信頼を得ることが第一です。
そのためには、打ち合わせをしていて顧客が違和感を抱くような場面は、できるだけ避けなければなりません。

それができるのがセールスエンジニアなのです。

セールスマンが顧客に売り込み、最終的に契約が成立しても、「どれだけのコストで何が便利になり、これまでとどう変わるのか」という、顧客が一番知りたいことについて明確に答えられるのは、セールスエンジニアだけなのです。

セールスエンジニアを置かない会社では、セールスマンがノルマ達成を先走って失敗することがあります。

技術的背景もわからないまま顧客の言いなりで安請け合いをして、いざ作ろうとするととんでもない手間と費用がかかって、赤字になるケースも少なくありません。

このような状況になると納期の遅れも発生するため、顧客の信用を失うことにもなりかねません。

こういう事態を未然に防ぎ、顧客と良好な関係を維持するために、セールスエンジニアは欠かせない存在となっています。

ちなみに、セールスエンジニアの仕事はプロジェクト単位で動きます。
プロジェクトの大きさによってかかる日数は違いますが、短いもので数日から長い場合は1カ月以上かかることもあります。

そのため、セールスエンジニアの仕事は毎日決まった作業があるわけではなく、今日の作業は昨日の続きで毎日これを繰り返していきます。

また、途中で顧客の新たな要望が入ることもありますが、その場合はその要望を入れつつ対応していくことになります。

セールスエンジニアは営業も兼ねているため、営業部の朝のミーティングに出席して1日のスケジュールを決めて動くこともあります。

いろいろな場面で臨機応変に対応するのがセールスエンジニアの仕事といえるでしょう。

セールスエンジニアに向いている人

セールスエンジニアに向いている人

セールスエンジニアには、セールスマンとエンジニアの両方の能力が求められます。しかし、エンジニアとしてはそれほど深い知識や経験は要求されません。

そのため、実際に開発できるだけのスキルは必要なく、自社の商品やサービスについて、技術面での把握ができれば問題ありません。

実際に、セールスエンジニアには開発系エンジニアの経験者が多いようですが、セールスマンを経験した人が転職してくる場合も少なくないのです。

つまり、前職がどちらであっても、セールスエンジニアには向いているということでしょう。

セールスエンジニアに求められるのは、技術面よりむしろコミュニケーション能力です。

顧客との折衝はもちろん、社内の関連部署との調整役を務めるのも、セールスエンジニアの重要な仕事といえるでしょう。

開発部門と営業部と顧客の間を走り回って、問題や困りごとを解決するのがセールスエンジニアの役目なのです。

いわば「縁の下の力持ち」といった立場なのですが、これを「損な役回り」と感じるような人は、セールスエンジニアには向いていません。

仕事は、縁の下の力持ちがいないと成り立たないことが多いものです。セールスエンジニアのおかげで業務が円滑に進められるのですから、それを喜びと感じられる人が、この仕事に向いているといえるでしょう。

また、セールスエンジニアは業務の切り分けもしっかりできないと務まりません。

顧客から何か依頼があった場合、自社でどこまで受けられるのか、どこからは別のコストがかかってどのくらいの開発期間が必要かなどについて、正確に答える必要があります。

また、セールスエンジニアは、好奇心旺盛な人に向いているともいえます。
常に新しい技術に興味を持ち、自社の商品やその商品のジャンルについて、業界の新しい動向を知ろうとするような人でないとセールスエンジニアは務まりません。

どの業界でも技術は日々進歩しているので、新しい情報を積極的に吸収しようとする姿勢が何より大切です。

また、広い視野を持つこともセールスエンジニアにとって大切なことです。

何か問題が起きた時、解決の方法はひとつとは限りません。
ですから、自分の考えだけで事を解決しようとするのはよくないでしょう。

セールスエンジニアは、開発部門と営業部門をつなぐ橋のような役割を担っています。さらに、会社と顧客をつなぐ橋でもあります。

いろいろな部署とつながりができると、当然ながらいろいろな人がいます。
自分と同じ考えの人もいれば、まったく違う人もいます。

セールスと名のつく職業である以上、人と接するのも大切な仕事のうちですから、人と協調することを第一と考えなければいけません。

それができる人が、セールスエンジニアにふさわしい人といえるでしょう。

また、マニュアルを読みこなす努力を惜しまないことも重要です。

顧客がこちらの説明に納得しない場合など、「マニュアルにこう書いてあります」と言って見せるだけで納得してもらえる場合もあります。

セールスエンジニアに限りませんが、地道にコツコツやる人でないと成功するのは難しいのではないでしょうか。

未経験からセールスエンジニアに就職は可能か

セールスエンジニアへの転向を考えているエンジニア

これまで見てきたように、セールスエンジニアの仕事は、セールスマンと開発系エンジニアの2つの要素を兼ね合わせています。

そのため、セールスエンジニアに転職する人の前職は、ほとんどがセールスマンか開発系エンジニアです。

中でも、開発系エンジニアからセールスエンジニアに転職する人が多いようです。

それは、開発系エンジニアとして顧客と打ち合わせをするうちに、セールスマンという職業の面白さや、やりがいに気づいて転職を考えるようになったのかもしれません。

この場合は、もうすでに開発系エンジニアとしての知識とスキルがありますから、そのままセールスエンジニアに移行することができます。

しかし、セールスマンからセールスエンジニアになる場合は、少し事情が違います。それは、開発系エンジニアとしての知識とスキルがないため、解決系の基礎的な知識だけでも身に付けなければならないからです。

また、中にはセールスも開発系エンジニアの経験もないのに、セールスエンジニアを目指す人もいるようです。

このように、開発系エンジニアの知識と経験がない人は、まずそれを身に付けなければならないのですが、そのためにはどうすればいいのでしょうか。

・ITスクールに通う
開発系エンジニアの基礎的な知識は、ITスクールで学ぶことができます。
ITスクールにはいろいろな種類がありますが、開発系エンジニアのための講座は多いので、どれか選んで受講してみるのもいいでしょう。

ITスクールでは、パソコンの知識がなくても学ぶことができます。しかも、ITの知識がなくても学べるので、基礎から覚えたい人はぜひ利用してみましょう。

セールスエンジニアになるために開発系エンジニアの知識を身に付けたければ、ITスクールで学習するのが手っ取り早い方法です。

しかし、スクールで学んだことは、実機を使って実際に動作させてみないと実感がわかないものです。自宅学習では、なかなか実機を使う機会はありませんが、OSだけでもできる限り実地で使用するものを入手して、使ってみるといいでしょう。

・独学で知識を身に付ける
開発系エンジニアとしての知識を身に付けるには、独学で学ぶこともできます。まず、どの開発言語を学習したいのかを決めましょう。

開発言語にはC言語OraclePHPPearlJavaなどがあります。どれを選べばいいかわからなければ、C言語なら多くの開発環境で使えます。

開発言語を決めたら、その入門書を買って学習すれば、初歩的な知識と技能が身に付きます。

実地で役立てるには実際にプログラムを組んでみる必要がありますが、C言語であればパソコン上で動作させることができるので、プログラミングしてみるといいでしょう。

実際にプログラムを組んで動かしてみると、開発系の仕事を実感することができます。

・通信教育を受ける
開発系エンジニアの知識は、通信教育で学ぶことができます。
IT系の通信教育講座は多いので、開発言語を決めたらそれに合った科目を受講しましょう。

通信教育にはスクーリングがあるので、実機を使ってトレーニングすることができます。通信教育だと普段はテキスト中心の授業ですから、実機を扱えるのは貴重な体験となります。

しかし、通信教育といっても、昔のようにテキストだけの学習ではありません。インターネットで動画を見ながら学習したり、わからないことがあればメールやチャットで質問できるので、スムーズに学習を進めることができます。

・転職エージェントに相談する
未経験でセールスエンジニアに転職するには、転職エージェントに相談する方法もあります。

転職エージェントは数多くの求人を抱えていますから、その中から未経験可のセールスエンジニアの求人を紹介してもらうこともできます。

未経験可でも、応募者が多い場合はどうしても経験者のほうが有利になりますが、そこは辛抱強く待つしかありません。

同じ未経験でも、IT関連の仕事をした経験があれば、他の人より優遇される場合もあります。もしそういう経験がなければ、まず手始めに何でもいいのでIT関連の仕事を紹介してもらうのもひとつの方法です。

そうすれば、そこでIT関連の実績を積むことができますから、そのうえでセールスエンジニアとして応募すれば、採用される確率が上がります。

ただし、この方法で就職できたとしても、IT関連の実績はまだ不十分なので、不足している知識は帰宅してから勉強して補うなどの努力が必要です。

ここでは、未経験からセールスエンジニアになる方法の中で、開発系の知識を身に付けるためのノウハウを紹介しました。

セールス未経験の人にとってはセールスを身に付ける方法も必要ですが、セールスについては数多くの書籍が出ていますので、書店で買い求めて勉強するといいでしょう。

セールスエンジニアに必要な技術・資格

商談に臨むセールスエンジニア

セールスエンジニアになるには、どのような技術や資格が必要なのでしょうか。

セールスエンジニアにとって必要な技術は、開発系エンジニアとしての技術です。
実際に設計からプログラミングまでの工程を経験していないと、セールスエンジニアとしてのスキルが十分とはいえません。

開発系といってもいろいろあり、開発言語もさまざまです。
セールスエンジニアになる際は、開発系で経験した言語がC言語なら、同じC言語で作られた商品を扱うほうが理解が深まります。

そのため、セールスエンジニアの求人に応募する際は、先方の開発言語を確かめるほうがいいでしょう。

たとえば、顧客が商品の一部を修正してカスタマイズして欲しいと言ってきた場合、使いなれた開発言語であれば、その修正にどれくらいの工期が必要かすぐに割り出すことができます。

工期がわかればコストも計算できるので、どれくらいの費用でできるかがその場で即答できます。

しかし、開発したことのない言語だとそれがスムーズにできないので、回答が遅くなるために顧客の信頼を損ねることにもなりかねません。

開発系エンジニアとして培った経験を十分に活かすには、同じ開発言語で作られた商品のセールスエンジニアになることがベストでしょう。

セールスエンジニアになるための資格はありませんが、持っておくと転職に有利な資格はいくつかあります。

・情報処理技術者
情報処理関連の資格の中でもっともポピュラーな資格で、情報システムを構築し、運用するエンジニアのための資格です。

特定のソフトウェアに関する資格ではなく、情報処理技術者として知っておくべき基礎的な原理や技能について、幅広い知識を評価するための試験です。

試験内容は12種類あり、初心者から高度なスキルを持っているエンジニアまで受験することができます。

COBOLやC言語など、それぞれの開発言語ごとに問題が出題され、多肢択一・記述式・論述式など、試験よって異なった出題形式があります。

受験資格はないため、ユーザー、ベンダー問わず誰でも受験することが可能です。

・CompTIA
世界中で200万人以上が取得している認定資格です。IT関連の設計、構築、保守に関する資格で、受験資格もないため誰でも受験できます。

ハードウェアやソフトウェアに関係なく、一定のスキルを持っていることが証明される試験です。

しかも、CompTIAの資格をベースにしてさらに上の試験にチャレンジし、スキルアップを目指すこともできます。

そのうち、CompTIAの資格を持っているのは当たり前で、それ以上の資格の有無を問われるようになってくるのかもしれません。

CompTIAは将来IT業界を目指す人たちに、ITスキルを取得する最初のステップとして利用されるケースが増えています。

さらに上のCompTIA認定資格もあるので、それを受験することもできますし、もちろん他のベンダーの認定資格を取得することも可能です。

・基本情報技術者試験
情報処理技術全般に関する基本的な知識と、技能を持つエンジニアを対象にした試験です。

具体的には、プログラム設計書の作成、プログラムの構築、単体テストまでを行った経験のあるエンジニアということになります。

試験の内容は、基本設計書をもとにプログラム設計書を作成し、標準的なアルゴリズムを用いてプログラムを作成して単体テストを行います。

つまり、標準的なバッチ処理プログラム製造の一連の流れをテストするわけです。具体的には、基本的な用語とその使い方を理解しているかを確認する試験です。

また、プログラム言語を理解し、その言語を使ってプログラムを作成できることを試験します。

さらに、単体テストの基本的な手法を理解して、単体テストを実施できることを試験します。

問題は四肢択一で出題され、80問出題して80問回答する形式と、多肢選択式で13問出題中7問回答する形式の2つがあります。

ちなみに、受験できるプログラム言語はC・COBOL・アセンブラ言語・Javaのいずれかです。

・応用情報技術者試験
開発言語に関する応用問題の試験で、基本情報技術者試験に合格した人が受ける試験です。開発系エンジニアとして、一定のスキルを持つ人を対象とした試験ともいえます。

技術だけでなく管理から経営にいたるまで、幅広い範囲で知識と応用力を問われる試験です。

これは、企業の情報システム部において、多くのシステムエンジニアやプログラマを指揮する立場にあり、経営にも関与する人が受けるべき試験ということもいえます。

この試験に合格すれば、情報技術者として高い応用力を持つことが証明されます。つまり、システム開発やITインフラ構築などの現場で、高い実力を発揮できる人材であることが認められるわけです。

・ITパスポート試験
ITパスポート試験は、ITを利用するすべての人が持っておくべきITに関する基礎的な知識を証明するための試験です。

基礎的な試験ですから、合格率も50%以上と高く、上級の試験を受けるための最初のステップとして受ける人が多い試験でもあります。

これから就職する人は、IT関係でなくても取っておくと役に立つ資格です。
いまや日常生活にITはなくてはならないものであり、たとえITと関係のない仕事であっても、パソコンをまったく使わない仕事はほとんどないでしょう。

そのため、この資格を取得しておけば、ITに関して基礎的なレベルを有していることが証明されるので、必ず就職に役立ちます。

ITパスポートでは、IT管理をはじめIT技術全般について出題されるので、試験に向けて勉強するだけでもITの知識が深まっていきます。

ITが苦手な人でも気軽に受けられる試験ですから、ぜひ挑戦してみるといいでしょう。
もちろん、セールスエンジニアになるために、開発系エンジニアの知識を身に付けたい人にも役に立つ試験です。

未経験でセールスエンジニアになるには

未経験でセールスエンジニアを志す男性

セールスエンジニアの仕事内容はセールスとエンジニアの業務が半々で、顧客に対して自社の商品やサービスの技術的な面を説明するのが主な仕事です。

顧客に対して商品やサービスの説明をする場合、通常のセールスマンでは技術的な部分まではうまく説明できないため、セールスエンジニアが必要になってきます。

商品やサービスを導入するとどのようなメリットがあるのか、またどのような問題が生じる可能性があるのか、技術面からわかりやすく解説するのがセールスエンジニアの仕事です。

通常のセールスマンでは、商品やサービスのメリットは説明できても、技術面から見たメリットや問題点までは説明しきれません。

顧客の状況によっては、商品やサービスをカスタマイズしなくてはならないケースもあります。

その場合、技術的なことがわかっていないと、思わぬトラブルを引き起こすことがあります。

それを未然に防ぐのも、セールスエンジニアの重要な仕事なのです。
未経験からセールスエンジニアに転職する人は、セールスの経験があるか開発系エンジニアの経験がある場合がほとんどです。

どちらかの経験があれば、比較的スムーズにセールスエンジニアに転職できるでしょう。
しかし、どちらの経験もない人は、まず開発系の基礎知識を身に付けてからでないと、セールスエンジニアになるのは困難です。

開発系の基礎的な知識を身に付けるには、ITスクールに通ったり独学で学ぶなどの方法があります。

開発系の知識を身に付けるには、まず開発言語を決めてから、その言語の解説書を購入すれば独学で学ぶことも十分可能です。

また、通信教育で開発系の言語を学習する方法もあります。
通信教育なら、開発言語を初歩から教えてくれるので大変便利です。

通信教育といっても、昔と違ってテキストで勉強するだけではなく、インターネットを使って動画が配信されたり、質問したいときはメールやチャットが使える場合が多いので、非常に利用しやすくなっています。

また、未経験からセールスエンジニアを目指すには、FROM40などの転職サイトを活用していい案件を見つけるのもひとつの方法です。多くの求人からご希望の求人を探してみてはいかがでしょうか。

Banner neo column 01

新着記事

関連する記事