未経験からインフラエンジニアに転職するにはどうすればいい?

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

私たちの暮らしを支えるさまざまなIT技術は、インフラエンジニアと呼ばれる人たちが作った基盤をもとに構築・運用されています。

今回は、顧客の要望にあったIT基盤(インフラ)をオーダーメイドで作るインフラエンジニアの仕事の魅力や向いている人の特徴、必要な技術やトレンドについてご紹介。

これからインフラエンジニアをめざす人はもちろん、現職のインフラエンジニアにも役立つ情報をまとめていますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

目次

インフラエンジニアの仕事内容

仕事中のインフラエンジニア イメージ

インフラエンジニアとは、IT業界で基盤になる仕事をする人のことですが、その仕事はどんなものでしょうか。

ITインフラとは、ITの基盤になる部分を顧客のニーズに対応して構築し、正常に運用することを指します。

そして、その業務に携わる人がインフラエンジニアなのです。

では、インフラエンジニアは具体的にどんな仕事をするのでしょうか。
インフラエンジニアの仕事は大きく分けると「設計」「構築」「運用」の3つあります。

・設計の作業内容
設計とは、データ処理などのプログラムを作る場合の指示書を作成することです。

システム構築はまず顧客の要望を聞いて、それに応えるためのプログラミングの指示書を作成し、プログラマに渡します。

この設計書を作るのも、インフラエンジニアの重要な仕事です。
エンジニアやプログラマは、通常複数で作業しますので、全員が統一された設計書を見て作業することになります。

そのため、この設計書が作業の要となりますので、設計書の出来如何でそのあとの作業がスムーズにいくかどうかが決まってしまいます。

インフラエンジニアの作成する設計書とは、それほど重要なものなのです。

設計書に記述する内容は、顧客の要望をエンジニアにわかるように説明するものです。
顧客の要望をかなえるにはどんな機能を持たせるのか、どのような業務を実現するのかを記述します。

この設計書には、大きく分けて3つあります。
「要件定義書」「基本設計書」「詳細設計書」の3つです。


要件定義書は顧客の要望をそのまま記述したもので、これがすべての基本となります。

最終的には、要件定義書に書かれたことを遂行するシステムを構築するわけです。

基本設計書には、要件定義書の内容を実現するためには、どのデータベースからどのような条件でデータを抽出するかなど、具体的なシステム構築の手順を記述します。

詳細設計書は、基本設計書に基づいて1本1本のプログラム内容を説明するものです。

設計書を作成する際に考慮すべきことは、予算とシステムの構築期間です。
まず、どのくらいの規模のプログラム構築が必要になるかを明確にします。

そのためにはプログラマが何人必要で、人件費などの費用がどれくらいかかるのかを、まず算出しなければなりません。

それと並行して、各プログラムの細かい設計をしていきます。

・構築の作業内容
設計書が完成したら、次はその設計書に基づいてプログラムを作成します。

プログラムを構築するにあたって、新たな機器やソフトウェアが必要なら、発注して現場に設置しなければなりません。

そして、場合によってはソフトウェアのインストールや設定なども行います。
この場合は、機器設置やインストールに関する知識や経験も必要になるでしょう。

これらの作業をインフラエンジニアが行うかどうかは、会社の規模と導入する機器やソフトウェアの種類によって決まります。

というのは、これらの作業は専門業者に依頼することも多いからです。

機器やソフトウェアが整ったら、次はいよいよプログラムの構築です。

プログラムはすべて設計書に沿って構築していきます。
設計書には詳細設計書と基本設計書がありますが、通常は詳細設計書に従って1本1本のプログラムを作っていきます。

基本設計書はプログラム数本から10数本分の業務処理の流れを説明するものです。

そのため、全体でどういう処理をするのかを把握する場合に、基本設計書を見ることになります。

・運用の作業内容
運用とは、出来上がったシステムを日々稼働してトラブルが起きないように監視する作業です。

もしトラブルが起きたらすぐに対処しなければなりませんが、これもインフラエンジニアの重要な仕事です。

通常、会社のサーバは24時間365日稼働していますから、ハードウェアの故障やプログラムの障害などに、的確に対応していかなくてはなりません。

ハードウェアの故障は専門業者を呼んで修理してもらう場合がほとんどですが、それでも原因を調査してどの機器の故障なのかを見極めるのは、インフラエンジニアの努めです。

プログラムに障害が発生すると、プログラムに問題があるのか、それとも設計段階でミスがあったのかを調査しなければなりません。

設計書にミスがあれば、その設計書どおりに作ればプログラムにミスが出るのは当たり前です。

そのため、この場合は設計書から書き直してすぐにプログラムの修正を行います。

また、設計書にミスがなければプログラミングの過程でミスが起きたことになりますから、この場合はミスが起きた個所を特定して修正しなければなりません。

プログラムの修正はプログラマが行うことが多いのですが、インフラエンジニアも現場でプログラマに指示を出すなどして事態の収拾に努めます。

大きなシステムであれば、ITインフラの障害は珍しいことではありません。

そのため、インフラシステムが正常に作動しているかどうかを常に監視するのも、インフラエンジニアの重要な仕事です。

といっても、1人のインフラエンジニアが、これだけの業務をこなすわけではありません。

多くの場合複数のエンジニアと協力し、各部署と連携しながら作業を行います。

何か問題が発生した場合、解決策は1つとは限りません。
いくつかある解決策のうち、目の前のトラブルを解消するのに最善の方法はどれかを見極めるのも、インフラエンジニアの重要な役目です。

ちなみに、インフラエンジニアの仕事はプロジェクト単位で動きます。
プロジェクトの大きさによってかかる日数は違いますが、短いもので数日から長い場合は1カ月以上かかることもあります。

そのため、インフラエンジニアの仕事は毎日決まった作業があるわけではなく、今日の作業は昨日の続きで毎日これを繰り返していきます。

インフラエンジニアに向いている人

インフラエンジニアに適性がある女性

インフラエンジニアに向いている人の条件はいろいろあります。
たとえば、その場の状況を見て今後起こりそうなトラブルを予想し、それに対して事前に手を打つこともインフラエンジニアの重要な仕事です。

機器の故障やソフトウェアの障害など、インフラエンジニアが対応すべき事案はさまざまですが、中には今後起こりそうなトラブルを予見できる場合も少なくありません。

そのため、予見できるトラブルをいかに未然に防げるかも、インフラエンジニアにとって重要なことです。

これ以外にも、インフラエンジニアに向いている人の条件はいくつかあります。

・コンピュータが好きな人
これは絶対条件といっていいでしょう。
コンピュータが嫌いだったら、インフラエンジニアには向きません。

インフラエンジニアになるには、覚えなくてはならないコンピュータ関連の知識がたくさんあります。

これらを積極的に吸収するには、やはりコンピュータが好きなことは絶対条件となるでしょう。

IT業界は進歩がめざましく、知識やノウハウは一度覚えたらそれでいいということはありません。

常に新しい知識を身に付けていくことを喜びとするような人でないと、途中で挫折してしまうでしょう。

・論理的な思考が得意な人
インフラエンジニアの仕事は、顧客の要望をコンピュータ上に置き換えることです。

顧客の要望を聞いて、それをコンピュータ上で再現するには、論理的な思考を必要とします。

機器の設定やソフトウェアのインストール、運用などはすべて論理的な思考に基づいて行われる作業ばかりです。

インスピレーションやひらめきで行える仕事ではないので、何事にも筋道を立てて行動する人に向いているといえるでしょう。

インフラエンジニアになるには、必ずしも理系の学校を出る必要はありませんが、理系的な思考が必要な場面が多いのは事実です。

・コミュニケーション能力が高い人
インフラエンジニアは、人と接することが多い職業です。
顧客との打ち合わせはもちろん、エンジニアも複数いますから、その間のコミュニケーションは重要です。

また、インフラエンジニアが働く現場は会社の一部門ですから、当然ながら他の部門と協力しあいながら業務を進めることになります。

プロジェクトの規模が大きくなれば、それに関わる人も多くなります。
それぞれ、考え方も立場も異なる人が集まって1つの仕事をするわけです。

また、顧客は必ずしもITに詳しいわけではないので、丁寧な説明が必要な場合もあります。

そのため、どんな場面でもまずインフラエンジニアに求められるのは、高いコミュニケーション能力です。

意思の疎通ができなければ、どんな仕事もうまくいきません。
それはインフラエンジニアも例外ではありませんから、コミュニケーション能力が求められるのは当然といえるでしょう。

未経験からインフラエンジニアに就職は可能か

インフラエンジニア挑戦を悩む女性

未経験からインフラエンジニアになることは十分可能です。
一番手っ取り早いのは、「未経験可」でインフラエンジニアを募集している企業に応募することです。

しかし、インフラエンジニアはIT系の高度な専門職ですから、それなりに身に付けておいたほうがいい知識もあります。 ここでは、未経験からインフラエンジニアになる方法について、さまざまな角度から見ていきましょう。

・ITスクールで知識を身に付ける
最近は、さまざまな種類のITスクールがあります。ア もちろん、インフラエンジニアの知識を教えてくれるITスクールもあるので、そこで知識を身に付けるといいでしょう。

ITスクールに通うのに、パソコンやWebなどの知識は必要ありません。
ITに関して何も知らなくても学べるので、ぜひ利用してみるといいでしょう。

IT関連の仕事にはそれぞれに対応した資格がありますが、それらを取得しておくことも転職に役立ちます。

ITスクールはネットで申し込みができるうえに、自宅で学習することが可能なので、働きながらでも学べるのが大きなメリットです。

IT関連の知識とスキルを身に付けるには、できるだけ実機を使うことが大切です。

そのため、自宅で学ぶ場合はOSだけでも、可能な限り実機に近いものを使って慣れるようにしましょう。

・まずサーバ関連の仕事に就く
インフラエンジニアは未経験でも求人がありますので、何も経験がなくても応募できますが、応募者が多数の場合はどうしても経験者が有利となります。

そこで、インフラエンジニアとしての経験はなくても、何かしらIT関連の業務経験があれば、それをアピールすることができます。

そのため、まずはインフラエンジニアより就職しやすい、サーバやネットワーク関連の仕事に就いて経験を積むのもいいでしょう。

それは、インフラエンジニアがサーバを扱うサーバエンジニアと、ネットワークに関わるネットワークエンジニアに大別されるからです。

そのため、インフラエンジニアを目指すなら、このうちどちらかの知識と実務経験があれば転職に有利となります。

サーバエンジニアは、メールサーバやWebサーバに関する設計や構築、テスト、運用などを行うのが仕事です。

そのため、これらの仕事に就けば具体的なサーバ設計や構築、運用のノウハウを実地に学べるわけです。

トラブルが発生した際に、それをどのように解決していくのか、そのプロセスを学ぶことは非常に重要です。

目の前の状況を見て的確な判断をする能力を身に付ければ、インフラエンジニアになったときに役に立ちます。

ネットワークエンジニアは、ネットワーク機器の設置や設定、ネットワーク環境などを構築したり運用するのが仕事です。

顧客のニーズを聞き出してそれに合ったシステムを設計し構築して運用するのが、ネットワークエンジニアの役目なのです。

導入する機器やその設定方法、使用するソフトウエアなど、ネットワークエンジニアが知っておかなければならない知識はたくさんあります。

これらの知識は、インフラエンジニアになっても必ず必要となるものです。
インフラエンジニアの仕事とは違いますが、非常に関連のある仕事ですから、これらの現場に入って知識と経験を積めば必ず役に立ちます。

もちろん、目標はインフラエンジニアになることですから、サーバエンジニアやネットワークエンジニアの仕事をしながら、知識を身に付けることが大切です。

このように実務で知識と経験を身に付けながら、ITスクールで勉強するとさらにいいでしょう。

・独学で知識を身に着ける
インフラエンジニアを目指すにはいろいろな知識や経験が必要になりますが、これらの知識は独学でも十分に習得することができます。

まず身に付けたいのは、プログラミングの知識です。
それほど高度なプログラミング技術は必要ありませんが、ある程度の知識と経験はあったほうがいいでしょう。

SQLORACLEC言語PHPPealなどのプログラミング言語について、少しでも知っておくと必ず役に立ちます。

また、サーバの知識も必要です。インフラエンジニアにとってサーバの知識や経験は重要ですから、ぜひ学んでおくようにしたいものです。

また、今後はクラウドサーバも増えますから、クラウドの知識もあったほうがいいでしょう。

さらに、ネットワークの知識もある程度必要となります。
ネットワークエンジニアほどの知識はいりませんが、基本的なことは知っておいたほうがいいでしょう。

ネットワークはサーバとサーバをつなぐもので、インフラエンジニアとも密接な関係があります。

・転職エージェントに相談する
最近は、IT関連の転職エージェントも増えてきました。
インフラエンジニア未経験でも、転職エージェントに相談すると求人を見つけてもらえる可能性があります。

インフラエンジニアの経験がない人でも、IT関連の業務スキルがあれば、直接インフラエンジニアの求人に応募してみるのもいいでしょう。

もしIT関係が初めてなら、サーバかネットワーク関連の仕事を紹介してもらって、少しずつスキルをアップしていく方法もあります。

仕事は実地で覚えるのが一番身に付きますから、転職エージェントで紹介してもらった仕事をこなしながら、スキルを身に付けていくといいでしょう。

インフラエンジニアに必要な技術・トレンドの技術

インフラエンジニアの技術 イメージ

インフラエンジニアにとって、必要な技術はいろいろあります。
もちろん、サーバやネットワーク、ソフトウェアなど、総合的なIT関連技術も必要となります。

また、インフラ全般についての知識と技術も必要です。

・仮想ネットワークの技術
インフラエンジニアの技術で、最近特に注目されるのが仮想ネットワーク技術です。

仮想ネットワークには、Hyper-VやVMwareなどがあります。
Hyper-Vは、マイクロソフト社が提供する仮想システムで、1台のコンピュータで複数のOSを稼働させることができます。

つまり、パソコン上に別のパソコンを作り出して、その作り出したパソコンを本当のパソコンのように稼働させる技術です。

Hyper-Vを使うと複数のOSや環境でのテストを1台のパソコンで実行できるのでとても便利です。 また、OSが壊れてもすぐ元に戻せる機能があるので、過酷なテストを繰り返す場合などにも役立ちます。

VMwareも、Hyper-Vと同様に仮想ネットワークです。
専用のソフトウェアを利用して、サーバ上のCPUやメモリ、ディスクなどを統合、分割して利用するものです。

仮想化しない環境では、Webサーバやメールサーバ、ファイルサーバなどは、それぞれ別の物理サーバ上で管理されています。

つまり、必ず複数のパソコンが必要となるわけです。
ところが、仮想化技術を使えば、1台のサーバ上で複数のサーバを動かすこともできます。

そのため、多くの企業が仮想ネットワークを導入し、あるいは導入を検討しています。このように、仮想ネットワーク技術はいまや当たり前になっているのです。

インフラエンジニアにとって、仮想ネットワーク技術はトレンドであると同時に、スキルとして必ず必要な技術になっていくのは間違いありません。

仮想ネットワークを利用すると、効率的なリソースの活用が可能になります。

異なる物理サーバ上でアプリケーションを稼働すると、業務によって稼働率が変わるため、ピーク時以外はサーバに余裕が生まれます。

つまり、その分だけサーバの稼働が無駄になるわけです。サーバを仮想化すれば1台の物理サーバに集約できるため、この無駄を省くことができます。

このため、今後仮想化ネットワーク技術は、インフラエンジニアにとって不可欠となるのは間違いありません。

・技術者認定資格の取得
CiscoやLinuxの技術者認定資格は、インフラエンジニアにとって取得しておきたい資格です。

サーバやネットワークとの関わりが深いインフラエンジニアにとって、Cisco技術者認定のCCNAやCCNP、CCIE、Linux技術者認定制度のLPICなどの資格を持っていると、転職に役立ちます。

Cisco技術者認定とは、アメリカのネットワーク機器の大手企業が展開している資格試験のことです。

試験は難易度別に分かれていて、自身の知識量やスキルによって受ける試験を選べます。Cisco技術者認定資格を取っておくと、ネットワーク技術者としての信頼が得られるので、転職の際にかなり有利になります。

Linux技術者認定資格は、レベル1~3まであります。
レベル1はLinuxの基本操作が行えるエンジニアです。レベル2はLinuxサーバのネットワーク構築や運用ができるレベルです。

企画、導入、トラブル対応ができるエンジニアであることを証明してもらえます。レベル3は各分野において最高レベルのエンジニアである証明となります。

Linux、Windows、Unixが混在するシステムの設計や構築、運用ができるエンジニアとして認められます。

・LL言語・C言語を習得する
初歩的なレベルのLL言語やC言語が使えると、シェルプログラミングが作成できます。
シェルプログラミングは、ちょっとした処理をするためのプログラム作りに適しています。

シェルプログラムが作れると、頼もしいインフラエンジニアになれるでしょう。

・DB2やOracleのデータベースをマスター
国内のデータベースは、DB2とOracleの2つだけでかなりのシェアを占めます。
そのため、この2つのデータベースをマスターしておけば、ほとんどの企業のデータベースが扱えるわけです。

どちらか1つでもいいのでマスターすれば、転職にもかなり有利になります。

DB2はIBM社が提供するリレーショナルデータベース管理システムのことで、管理ツールと開発ツールを含めた製品の総称です。

当初は汎用機用に開発されましたが、のちにUnixやLinux、Windowsなどのオープン系でも広く使われるようになりました。

データベース言語としてSQLが使われているため、DB2の技術者はSQLの習得が必須となります。

OracleはOracle社が提供するデータベースで、どのプラットフォームからでも使えるのが特徴です。

また、Oracleはあらゆる形式のデータに対応しており、C言語やCOBOLなどをはじめ、ほとんどのアプリケーション開発言語で使うことができます。

データベースへのアクセスはSQLで行えるため、扱いやすいこともOracleの特徴といえるでしょう。

AWSはアマゾンが提供するクラウドサービスですが、その画期的なシステムに注目が集まっています。

サービスの種類は100以上あり、ネットワークやデータベース構築だけでなく、データ分析も可能で人工知能の分野にまで進出しています。

AWSを導入する企業はますます増えていくと思われますから、これからインフラエンジニアを目指す人にとって、AWSのようなトレンド技術は習得が必須となっていくでしょう。

未経験からインフラエンジニアになるには

インフラエンジニアをめざす男性

インフラエンジニアは、IT業界で基盤となる部分の構築と運用を担当する仕事です。
インフラエンジニアにふさわしい人は、今後起こりそうなトラブルを予想して、未然に防ぐようすぐに手を打てる人です。

インフラエンジニアが対応すべき事案は、機器の故障からソフトウェアの障害までさまざまです。

また、トラブルにはなっていなくても、これを放置しておくといずれ障害が起きると予見できる場合もあります。

インフラエンジニアは起きてしまったトラブルに対処するのはもちろんですが、これから起こるトラブルを未然に防ぐのも重要な仕事です。

ちなみに、インフラエンジニアに向いている人は、コンピュータが好きな人や論理的な思考が得意な人です。

インフラエンジニアの仕事は、顧客の要望をコンピュータのソフトウェアに置き換えなくてはなりません。

この作業のためには論理的な思考が必要となります。
インフラエンジニアは、必ずしも理系の学校を出ている必要はありませんが、理系的な思考を必要とする仕事です。

また、インフラエンジニアの仕事を遂行するには、コミュニケーション能力が必須となります。

顧客との打ち合わせはもちろん、インフラエンジニアの仕事は複数のエンジニアとの共同作業ですから、協調性を第一に求められます。

インフラエンジニアの仕事は、会社の各部署と連携して行われますから、それらのスタッフの協力も必要です。

プロジェクトの規模が大きくなればそれに関わる人数も多くなり、それぞれ考え方も立場も違う人と円滑に仕事を進められるスキルが求められます。

ちなみに、インフラエンジニアの仕事は、未経験から始めることも可能です。
インフラエンジニアになるにはサーバやネットワークの知識と経験が必要ですが、知識を身に付けるには、ITスクールで学んだり独学で習得することもできます。

しかし、一番手っ取り早い方法は「未経験可」の求人を探して応募することです。

そのためには、FROM40などの転職サイトを活用していい案件を見つけるのもひとつの方法です。

未経験からインフラエンジニアを目指したいなら、多くの求人からご希望の求人を探してみてはいかがでしょうか。

Banner neo column 01

新着記事

関連する記事