年齢は関係ない!30代の女性が、転職を成功させるための考え方

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

仕事の幅を広げてキャリアや年収をアップさせたい、家庭との両立がしやすい職場に移っておきたいなどの理由から、30代で転職を考える女性は多いです。

しかし、社会人としてある程度の経験・スキルはあるものの、結婚や出産を迎える年齢でもある30代女性の転職は、実際のところうまくいくのでしょうか。

今回は、30代の女性が転職する際に前もって知っておきたい年齢やスキル、考え方において「気を付けるべきポイント」をご紹介!

正社員への転職が難しいと考えられる場合のために、契約社員や派遣社員として働くことのメリットやデメリット、そして面接で失敗しないためのテクニックも解説しています。

転職を決断しようとしている30代女性は、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

目次

30代女性の転職って結局のところどうなの?

転職に成功した30代女性

30代になると、20代の頃に比べて企業の見る目が厳しくなり、採用するかどうかの評価基準が以下のように変化してきます。

・20代の頃…自社になじんでくれる素直な人柄、育てれば伸びるポテンシャルがあるか
・30代の頃…自社が求めるスキルを持っていて、指導しなくても利益をあげてくれるか


つまり、30代という年齢や性別とは関係なく、20代の頃にきちんとスキル・キャリアを積んできたビジネスパーソンとしての能力がある人なら転職できる、ということですね。

◆実績やキャリアプランのある30代女性なら、転職は十分可能
さらに言えば、企業側は20代から培ってきたキャリア・スキルをもとにした将来的なキャリアプランまで明確に説明できる30代女性を好む傾向があります。

冒頭でも述べたように、多くの女性は30代で結婚・出産という大きなライフイベントを迎えます。せっかく採用してもすぐ退職されては、企業にとっては損失になりますよね。

このため、将来的な結婚・出産の時期まで含めた長期的なキャリアプランまでしっかりと練っている30代女性の方が、企業にとって安心して採用できる人材なのです。

自らが設定したキャリアプランのために、計画的にスキルや実績を積み重ねて踏み切ったポジティブな転職であれば、30代女性が成功できる可能性は高いと言えます。

◆結婚や出産など自己都合だけの転職なら、30代女性の転職は厳しい
一方で、20代の頃に特に武器になるような経験・スキルを培うことができず、結婚・出産といった自己都合のみで退職した女性の転職は、厳しいものになります。

30代ビジネスパーソンとして相応の経験がないなら、いま一度退職・転職の経緯を振り返って、キャリアプランを考えるところから始めましょう。

【合わせて読みたい】
女性が自分らしく、幸せなキャリアを築くための考え方とは
子持ち女性は必見!転職してキャリアアップするための3つの知識

30代女性が転職するなら、事前に考えて調べておくべきこと

転職する30代女性向け チェックリスト

ここからは、30代女性が転職を成功させるために事前にきちんと考え、調べて準備しておくべきことをご紹介します。

転職活動を始める前、または転職活動に行き詰ったときに、しっかり確認してくださいね。

◆転職する30代女性が、事前に考えておくべきこと
《その1》退職・転職を決めた理由
転職を決断した理由を分析することで、次の職場に求める条件や自分の気持ち、そして本当に転職する必要があったのかというところまでが見えてきます。

【30代女性に多い、転職理由の例】

・業務上の問題や相性の不一致から起こる、いじめや人間関係の不和
・労働時間や業務内容に対し、法主婦が見合ってないと感じる給与面への不満
・残業が多い、ハラスメントがある、有休がとれないなど待遇面への不満
・やりがいのある仕事をまかせてもらえないなど、業務内容への不満
・仕事が正当に評価されないと感じる、企業風土や評価体制への不満  など


改めて転職理由を挙げてみると、転職しなくても自分の考え方次第で解決できたかも、というものも見えてくるでしょう。

そういった反省点も、転職先を探すうえで譲れない条件の選定や、転職先で長期的に仕事を進めていくための糧となるので、しっかり考えてみてくださいね。

【合わせて読みたい】
40代転職の成否を左右する!面接での転職理由の考え方&伝え方
ミドル世代の転職事情と履歴書への「転職理由」書き方のポイント

《その2》自分にどんな実績・スキルがあるか
前項でも述べたように、30代ではいかに自分が応募先企業にとって有用で即戦力性の高い人材であるかをアピールできるかどうかが、転職の成否を分けます。

これまでの経験を棚卸しておけば自分の武器がはっきりする他、求人内容にあわせて魅力的に見えるよう、見せ方を工夫することも可能になるのです。

以下に、あなたのビジネスパーソンとしての実績・スキルを洗い出す手順をご紹介しますので、参考にしてくださいね。

《1》最初の就職から前職までの職歴を、役職や業務なども含めて詳細に書き出す
《2》書き出した職歴に対して、他者から受けた評価と自己評価を書き込む
《3》書き出した内容をもとに、自分の仕事観・強み・弱み・能力を分析する



【合わせて読みたい】
40代転職成功の要!5分でできる、キャリアの棚卸し方法を解説!

《その3》転職先に求める「譲れない条件」はなにか
給与や業務内容、企業風土から休暇・労働時間などの待遇面まで、制限を付けなければ、転職先に求める条件はたくさん出てくることと思います。

ただ、あれもこれもと欲張っていては、転職先はいつまでも決まりません。

なかなか転職先が決まらない、または妥協して転職した結果後悔したという事態を避けるために、転職先に求める条件は絶対に譲れない「上位3つまで」に絞りましょう。

なかなか転職先が決まらないと、焦って転職を失敗しやすくなってしまうので、譲れない3つの条件はあらかじめしっかり考えてくださいね。

【合わせて読みたい】
40代の転職はうまくいく!成功のためにおさえるべき3つの秘訣
40代女性の転職に役立つ!成功事例と進め方のポイント&心得3つ

《その4》現状にあわない職種・雇用形態への転職を希望してないか
自分のビジネスパーソンとしての市場価値を正しく理解できず、身の丈に合わない職種・待遇の転職先を探しても、採用は得られません。

例えば、簡単な事務作業の経験しか無い30代の女性が、いきなり管理部門を束ねる管理職募集の求人に応募しても、採用してもらえませんよね。

ここまでに考えてきた転職理由・実績とスキル・譲れない条件を振り返り、現状のあなたが活躍するにふさわしい求人のラインを考えてみてください。

【合わせて読みたい】
女性の転職を成功に導く!効率良く正社員の仕事を探せるサイト7選

◆転職する30代女性が、事前に調べておくべきこと
《その1》いまの自分の実績・スキルにあった求人はどのようなものか
自分の市場価値と身の丈にあった求人について考えたら、インターネット検索を利用してその認識が正しいのかどうか、確かめてみましょう。

自分のスキルと譲れない条件に「転職」というキーワードを添えて、検索してみてください。

表示された求人内容を見て、およそ自分が想定した通りの業務内容・待遇と一致しているなら、あなたは自分の市場価値に合った転職先を探しているということです。

一方で、自分が想定していたような求人が出てこない、または一致する求人がほとんど表示されないなら、身の丈にあわない転職先を探しているということになります。

その場合は、自分のキャリア分析と条件の絞り込み方をやり直してみましょう。

《その2》30代という年齢で転職することの現実
年齢が変わると企業からの見られ方も変わるため、30代女性の方が20代よりも確実に転職成功が難しくなります。

30代で転職するなら、現実として以下のような厳しさはき最低でも知っておきましょう。

【30代女性、転職の厳しい現実】

・求人数そのものが20代より30代前半、30代前半より後半の方が少なくなる
・特に30代後半になるにつれ、即戦力性を求められる傾向が顕著になる
・過去に全く経験のない業種・職種への未経験からの転職は、かなり難しい


しかし、言い換えれば武器となる実績やスキル・資格をもつ女性にとっては、30代での転職はキャリアや年収をアップさせられる大きなチャンスにもなります。

実際に転職活動を始める前に、女性の30代転職の良い面・悪い面療法の現実については、しっかり調べて理解しておいてくださいね。

【合わせて読みたい】
30代後半の女性が転職で失敗しないために知っておきたいこと
30代女性が未経験の仕事に転職!事前準備と成功のためのコツ

《その3》応募を検討している企業の実態が、どのようなものか
求人を掲載する企業のなかには、実態とは違う良いことばかりを書いて求職者を募ろうという悪質なところも、残念ながら存在します。

いざ選考に参加してから、または転職してしまってから「聞いていた話と違う」と後悔しないために、企業の情報収集はしっかりと行ってください。

企業の情報収集に使えるサイトとしては、以下があります。

・転職会議
・カイシャの評判
・Vorkers

いずれも、求人を出している企業名に「転職 口コミ」のキーワードを添えて検索すればヒットします。複数の媒体を活用して、多くの情報を集めましょう。

《その4》1人で悩んだときに、頼れる媒体はどこにあるか
自分1人での転職活動に行き詰ったときは、第三者から意見をもらうのが効果的です。

相談相手としては、転職を応援してくれるパートナーや家族、かつての上司・同僚などの信頼できる友人・知人の他、転職エージェントも適任と言えます。

転職エージェントは、求職者のスキルや長所・短所などを客観的に分析して、応募書類の添削や面接のアドバイス、求人紹介までしてくれる転職の専門家です。

エージェントサービスを併設する転職サイトの他、ネットで「30代女性向け 転職エージェント」と検索してもヒットしますので、相談できそうなところを探しておきましょう。

【合わせて読みたい】
40代転職成功への近道!エージェントを味方にする上手な使い方とは?

《その5》転職活動中にかかる生活費は貯金で賄えそうか
転職活動中は無職であるケースが多いので、次が決まるまでの金銭事情も心配ですよね。

少しでも不安を少なくし、スムーズな転職活動を行うためにも、転職活動中にかかる期間・お金の想定と貯金額は、前もって調べておきましょう。

ちなみに、30代女性の転職成功までにかかる期間は3か月~半年と言われています。
この期間を目安に、月々の生活費を調べて、現在の貯金額と照らし合わせてみてくださいね。

【合わせて読みたい】
不安の先に転職成功がある!40代での転職、不安の原因と解消法
40代転職の年収下落は防げる!転職後の年収をダウンさせないコツ

30代女性が転職するなら正社員?契約社員や派遣社員の特徴は?

正社員と派遣・契約社員の違い イメージ

転職をする30代女性のなかには、先々の結婚・出産の予定を見越して「正社員は大変だから、派遣や契約でもいいか」と考えている人も多いでしょう。

しかし、一度派遣や契約社員のなどの非正規雇用に就くと、その後再び正社員として働くのは以前よりも難しくなります。

仮に本当に1~2年以内に結婚・出産できたとしても、その後離婚する可能性も、事故や病気で夫が収入を得られなくなる可能性だってあります。

確定していないライフイベントのために、労働時間や体力面への不安から正社員への転職を安易にあきらめてしまうのは、非常にリスキーなのです。

30代での転職にあたり、女性が正社員・派遣社員・契約社員のいずれの雇用形態を選ぶかは、よく考えて決めなければなりません。

ここからは、転職活動中の30代女性が知っておくべき派遣社員・契約社員として働くことのメリット・デメリットを解説していきます。

◆30代女性が、派遣・契約社員に転職するのってどう?
《派遣・契約社員として働くことのメリット》
・雇用期間が限定されている代わりに採用されやすく、転職成功しやすい
・特に女性に人気がある事務・総務系の仕事において、求人がみつけやすい
・30代からでも、未経験の業界・職種に採用してもらえる可能性が高い
・期間限定だから、もし人間関係がこじれても割り切りやすい
・基本的に残業を強要されることがないため、定時で変えれて私生活を充実できる

まとめると、正社員に比べて採用のハードルが低いので挑戦しやすく、業務内容や人間関係に不満があっても気になりにくいところが、メリットと言えるでしょう。

《派遣・契約社員として働くことのデメリット》
・昇給や上位ランクの仕事を任されないので、やりがいに欠ける部分がある
・どんなに業務の効率化や利益拡大に取り組んでも、直接的な評価は受けられない
・正社員には適用される会社負担のスキルアップの機会などを受けられない
・正社員を対象に設定された産休・育休などの福利厚生制度を利用しづらい
・交通費は時給に含まれており、ボーナスの支給もない
・正社員登用されない限り、同じ職場にいられるのは派遣で3年、契約で5年まで

まとめると、給与面や待遇面において正社員と差をつけられること、そして最大でも3~5年までしか同じ職場に在籍できないところが、デメリットと言えるでしょう。

【合わせて読みたい】
派遣の仕事!メリット・デメリット&業界別おすすめ派遣会社20選
40代転職で知っておきたい契約社員と正社員はどこが違うの?

◆派遣・契約だからと言って、正社員よりラクできるとは限らない
企業は、基本的には派遣・契約社員など非正規雇用の従業員よりも、正規雇用の従業員の方を重視し、大切にする傾向があります。

これは、企業から見て正社員と派遣・契約社員に、以下の違いがあるためです。

【企業から見た正社員と派遣・契約社員の違い】

正社員 ・何十年にもわたって自社に貢献してくれる可能性の高い人材
・在籍数が長くなるほど、自社のやり方や業務への習熟度が上がっていく
・習熟度を高めて貢献し続けてもらうため、大切に守るべき存在
派遣・契約社員 ・最長でも派遣で3年、契約で5年までしか自社で働かない人材
・育てても、数年在籍しただけではあまり習熟度も上がらないだろう
・期間限定の雇用だから、こちらのやってほしい仕事だけ手伝ってほしい


もちろん、正社員登用を前提とした派遣・契約社員の採用を行う企業もありますが、上記のような使い捨て感覚で、非正規社員を採用する企業が多いのも事実です。

さらに、勤務先によっては正社員とまったく変わらない業務内容なのに、給与や待遇面は非正規社員で使おうとする企業も存在します。

正社員がしんどいからと非正規社員になっても、ラクになれるわけではないのです。

今後40代・50代と年齢を重ねて、さらに転職や正社員へのハードルが高くなることを考えると、30代転職で非正規社員になるのがベストとは言えません。

30代での転職は、職種などと同じくらい、雇用形態も熟考してから決めてくださいね。

書類・面接で失敗しない!30代女性のためのアピールテクニック

転職面接に臨む30代女性

ここからは、転職活動中の30代女性が応募書類や面接で落とされないための採用担当者に響く自己アピールの伝え方について、解説していきます。

4つのポイントそれぞれに、具体例となる例文もご紹介しているので、応募書類作成や面接での受け答えを考えるのに、ぜひお役立てくださいね。

◆仕事・応募先への熱意アピールはとことん「具体的」に!
30代の転職活動では「大好き」や「何でもやります」といった漠然なアピールよりも、より具体的な内容の方が、採用担当者に入社したいという熱意が伝わります。

入社への熱意を伝えるなら、以下のポイントを参考に具体的な内容にしてください。

・結婚や出産を懸念される可能性が高いので、当分は仕事を頑張る意思を伝える
・応募先企業への熱意は、どこにどんな魅力を感じたのかを具体的に述べて伝える
・業務内容への熱意は、入社後どんな仕事をして会社に貢献したいかで伝える


《例文1》
「御社は私の前職場と同業界ですが、業界内でもいち早く○○の分野への参入を開始し、常に新しいことにチャレンジしてこられました。私は前職場で○○、そして▼▼の分野で計5年経験を積んできましたが、御社の同分野の事業展開の早さにはいつも驚き、尊敬の念を抱いてきたんです。そこで私も、過去の同業界・同分野の経験を活かし、御社の企業理念にもある「スピード感をもって働く」を実践して御社に貢献したいと応募いたしました。また、女性として御社が産休・育休制度の整備に力を入れておられるのも魅力的に感じます。私自身にはまだ結婚などの予定はありませんが、この制度があることで、将来的に結婚や出産をしても働き続けられるという安心感があります」

《例文2》
「私は新卒から今日まで2回転職を経験し、人事・総務として働いてきました。そのなかで採用業務にもっと携わりたいという想いを強め、人材業界の大手である御社に応募した次第です。御社は10年以上業界トップクラスの業績を上げながら、積極的に自社内の労働環境の整備にも取り組まれています。自社の従業員を大切にする姿勢がある御社ならきっと、私のめざす利用者様への手厚いサポートを実践でき、やりがいを持って働けるものと考えています。また現時点で予定はありませんが、いつか私も子供が欲しいと考えているので、産休・育休制度が整っていて子供ができても継続勤務できる御社で、長く貢献させていただければと考えています」

【合わせて読みたい】
面接前の不安を解消!40代転職者向け自己紹介&自己PR文例集

◆初めての転職なら、長期の勤務経験と実績をアピール
30代で初めて転職をするなら、1つの会社で長く働いてスキルを高めてきたことと、そのなかで積み上げてきた実績を具体的な数字を交えてアピールしてください。

《例文1》
「私はお客様と密なコミュニケーションが取れて、かつ目標達成することの喜びを日々感じられる営業という仕事が大好きなんです。そのせいか前職では、新卒で入社してから退職するまでの10年間、15人の営業メンバー中トップ5位以下の成績になったこともありませんでした。若手の育成やマネジメントにも興味がありましたが、前職場では年功序列の風土が強く、30代の私では機会を得ることはできず、それならと転職を決意したのです。御社は社風として「実力主義」を強く押し出されているので、私の経験・スキルを活かして貢献ができれば、年齢に関係なくマネジメントにも挑戦させていただけると考えました。私の経験を活用して御社と、御社のお客様のお役に立てますと幸いです」

◆何度目かの転職なら、転職歴故の多彩な実績とスキルをアピール
これまでに何度か異業種・異業界への転職を経験していて、経歴に一貫性がないなら、職歴が多いが故のスキルや実績を交えてアピールしてください。

職歴の多さを武器に変えてくれるスキルの具体例には、以下が挙げられます。

・いろいろな会社を見たからこその、客観的な視点とバランス感覚
・さまざまな人と接してきたからこその、高いコミュニケーションスキル



《例文1》
「私はこれまでに3回転職を経験し、それぞれ約3年ずつ経理、人事、営業事務兼営業補佐の業務を経験してまいりました。1社1社の経験年数は少ないものの、おかげさまで今は入出金の管理や日々の帳簿付けなどの基本的な経理・事務業務、採用活動における会場手配や求人掲載とスケジューリング、電話による営業活動・アポイント取りもこなせるようになりました。また、いろいろな職場で働くうちに、さまざまな年齢・立場の人との付き合い方に迷うことがなくなり、コミュニケーションを楽しめるようになったと思います。これまでのすべての経験を活かし、御社と御社のお客様に貢献させていただきたく考えています」

【合わせて読みたい】
職歴の多い40歳が、転職回数を市場価値に変えるための3つの秘訣

◆何ができて、採用することで応募先企業にどんなメリットがあるか提示する
30代転職では、何よりも即戦力性のアピールが採用の決め手になり得ます。

選考では「何ができて何ができないか」「自分を雇うことで、企業側にどんなメリットがあるのか」の2点を、具体的に伝えましょう。

《例文1》
「私は前職までは営業として5年、新卒で最初に入社した会社では人事・総務として5年勤務していました。営業時代にはお客様との信頼関係構築やアポ取り、人事・総務時代には採用計画書や企画書などの作成にあたり、それぞれコミュニケーションと事務の能力を磨いてまいりました。今回、御社のコミュニケーション能力と高い事務能力で営業をサポートする営業事務・補佐をお探しという求人を拝見し、私のスキルでお役に立てると考え応募した次第です。」

30代女性の転職がうまくいくかは、スキルとマッチング次第

30代女性の転職はマッチングがカギ

女性の30代転職の成功に大切なのは、求職者本人が自分の武器となるスキルや経験から自分の市場価値を把握し、選考で効果的に伝えることです。

転職活動中の30代女性で採用が決まらない人のなかには、自分の持つスキル・実績・市場価値と、応募する求人に大きなミスマッチが生まれていることが多いとされます。

このような企業にとっても求職者にとっても「不幸なミスマッチ」を防ぐためには、求職者側が自分の過去のキャリアと応募先企業について、よく調べるしかありません。

まずは、自分の武器と応募先企業が求める人物像をそれぞれ徹底的に分析し、マッチする部分を探す作業を行ってください。

そこまでやって初めて、アピールすべき武器の取捨選択が可能になり、応募先の要望に応えながら自分を魅力的に見せる方法がわかってくるのです。

事前の準備と調査をしっかり行い、転職におけるあなたの武器や今後のキャリアプランをよく考えてから、30代での転職活動を開始してくださいね。

Banner neo column 01

新着記事

Ttl new
Ttl new

関連する記事