社内外からの転職挨拶メール!40代としての適切な返信の対応は?

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

40代とキャリアが長くなってくると、社内外から転職・退職に伴う挨拶のメールをいただき、返信に困った経験がある人は多いのではないでしょうか。

今回は、40代ならきちんと知っておきたい社内外からの転職挨拶メールへの対応について、返信の必要性や書き方・マナーの注意点を解説していきます。

また、相手との関係性別に転職挨拶メールへの返信文例も3パターンご紹介していますので、あわせて参考にしてくださいね。

目次

社内外からの転職挨拶メール…返信は必要?

転職の挨拶メール

転職挨拶メールをいただいたときの適切な対応は、メールをくれた人の立場や、あなたとの関係性によって変わってきます。

◆社内の人から転職・退職挨拶メールがきた場合
まず、社内の人から転職挨拶メールを受け取った場合は、以下いずれかの条件に当てはまる場合のみ返信すれば十分です。

・CCやBCCでの一斉送信ではなく、あなた個人にメールが届いた場合
・同じ部署であったなど、その人とあなたに仕事上の接点あった場合
・退職される人とあなたに、個人的な交流があった場合
・個人的にお世話になった人物からのメールであった場合
・あなた自身が返信したいと思えた場合



社内向けの転職挨拶メールは、慣例として社員全員に一斉送信するケースもあります。
このため、特に接点がなかった人からのメールには、必ずしも返信しなくてもOKです。

◆社外(取引先)の人から転職・退職挨拶メールがきた場合
一方、取引先や得意先など社外の人から転職挨拶のメールがきた場合は、本文に「返信不要」との記載がない限り、返信をするのがマナーです。

特に、同業界への転職などで、転職後もその人との関係が続くと予想される場合には、きちんと返信しておいた方が無難でしょう。

【合わせて読みたい】
すぐに使える文例も!スカウトメールの使い方と返信文作成のコツ

転職挨拶メールへ返信する場合の注意点

転職挨拶メールへの返信 イメージ

ここからは、転職挨拶メールに返信する場合の書き方やマナーの注意点を3つご紹介します。社内外どちらへの返信にも共通の内容ですので、よく確認してくださいね。

◆返信するなら、できるだけ当日中に!
転職挨拶メールが送られてくるのは、最終出勤日や退職当日の間近であることが多いです。

このため、すぐに返信しないとせっかくのメールに相手が気づかず、内容を呼んでもらえないまま退職してしまう可能性も十分考えられます。

基本的に、転職挨拶メールへの返信は当日中にできるだけ早く行ってくださいね。

《転職・退職後も連絡がつくメールアドレスがわかる場合は?》
挨拶メールに記載されている、または個人的に親しいなどの理由から退職後も連絡可能な連絡先を知っている場合は、個人アドレスへ連絡する方法もあります。

その場合は、挨拶メールを受け取ってから2~3日以内に返せば、原則問題ありません。

◆礼儀を尽くす気持ちを持って、文体は使い分けよう!
いただいた転職挨拶メールへの返信は、こちらからの労いと感謝、そして今後の成功を祈る気持ちが相手に伝わるように書くのが礼儀です。

基本的には、普通のビジネスメールを書くときと同じように丁寧な文面で書くべきですが、その人とあなたが個人的に親しかったなら、多少砕けた表現でもOKですよ。

◆転職挨拶への返信メール、基本の内容!
基本的な転職挨拶メールへの返信文の構成は、以下の通りです。

《1》転職挨拶をいただいたことへのお礼、またそのときの気持ち
《2》その人との思い出や、これまでお世話になったことへの感謝
《3》転職後の成功や、変わらぬお付き合いなどを願う気持ち
《4》これまでの仕事への労いの言葉



なお、詳しい退職理由や転職先、その他プライベートにかかわることを根掘り葉掘り聞くのはマナー違反ですので、気を付けてくださいね。

【合わせて読みたい】
マナーが問われる!40代転職活動中の返信に役立つ、文例7選

社内外向け!転職挨拶メールへの返信文例3選

転職する人への感謝の気持ち 返信

最後に、社内外から転職挨拶メールをいただいた時に使える返信用文例を「上司・先輩」「同僚・後輩」「社外・取引先」の3つの宛先別にご紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。

◆社内の上司・先輩が転職する場合の返信文例
○○課長(または○○さん)

お疲れ様です、△△課の□□(自分の部署と名前)です。
転職挨拶のご連絡をいただき、ありがとうございます。

○○さんには、入社当時のまだ何もできない頃から本当にお世話になり、
社会人として必要な視点や心構えを教えていただきました。

本日で退職・転職されるとのことですが、これからも変わらず
何事にもエネルギッシュな○○さんのままで、ご活躍されることをお祈りしています。

長い間、本当にお疲れ様でした。
今後もし、お目にかかる機会がありましたら、よろしくお願いいたします。

(署名を入れる)

◆社内の同僚・後輩が転職する場合の返信文例
○○さん

お疲れ様です、△△課の□□(自分の部署と名前)です。

本日この転職挨拶のメールをいただいて、一気に○○さんが転職される実感が沸き
もう一緒に働けなくなるのがさみしくなってきました。

同期入社の○○さんとは、新入社員の頃から一緒に頑張ってきましたね。

これからはさみしくなるけれど、○○さんのことですから
転職先でも変わらず、あなたらしいスタイルで活躍されることと信じています。

身体には気を付けて、これからもお互いに頑張っていきましょう。
新しい場所でのより一層のご活躍を、お祈り申し上げます。

(署名を入れる)

◆社外(取引先)の人が転職する場合の返信文例
○○株式会社 ○○様

お世話になっております、
株式会社△△の□□(自分の部署と名前)です。

この度はお忙しい中、ご丁寧に転職・退職のご挨拶をいただき、
誠にありがとうございます。

大変驚くとともに、貴社訪問時にもうお会いできなくなるかと思うと
さみしくも感じております。

もし、また一緒にお仕事させていただける機会や、街中でお会いすることがありましたら
そのときはお気軽にお声がけいただけますとうれしいです。

本日まで、本当にお疲れ様でございました。
○○様の今後ますますのご活躍を、心よりお祈り申し上げます。

(署名を入れる)

【おすすめ!40代以上歓迎求人に特化した転職サービス】
アラフォー歓迎の正社員求人が全国で9,000件!「FROM40」
経歴を登録するだけ!企業から直接スカウトが来る「FROM40ネオ」

いかがでしたか?
この記事を参考に、相手の立場やあなたとの関係性にあわせて、社会経験を積んだ40代として恥ずかしくない返信対応を行ってくださいね。

Banner neo column 01

新着記事

Ttl new
Ttl new