タイミングと配慮が大切!40代転職の決意を円滑に報告する方法

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>求人数は約10万件!専任のキャリアアドバイザーが40代のあなたの転職をしっかりサポートしてくれます。

40代で後悔のない転職をするためには、自分に合った求人を見つけることが大切です。より多くの求人情報からあなたにピッタリの会社と出会うために、まずは『doda』に登録しましょう。

非公開求人を含む求人数は約10万件!専任のキャリアアドバイザーによるサポートの質の高さも評判で、あなたの適性や希望に合った求人を紹介してくれます。
多くの求人を比較したい、高い質のキャリアサポートを受けたい方はぜひ利用してみてください。

doda公式サイトで会員登録

40代での転職を決意したけど、周囲へ報告すべきタイミングや適切な方法がわからず、悩んでいませんか?

今回は40代転職の決意報告を円滑に行うためのタイミングと方法について、職場向けと家族・パートナー向けの2パターンに分けて解説していきます。

あわせて、報告を成功させるコツもご紹介していますので、参考にしてくださいね。

目次

40代転職の決意を、職場に報告するなら

40代 職場への転職報告

まずは、あなたが40代で退職・転職するという決意を職場に報告する場合の、適切な手順やタイミングについて見ていきましょう。

◆最初の報告は、直属の上司に
40代転職を決意したら、まずは転職・退職の意思をあなたの直属の上司に伝えてください。

このとき、まだ確定ではないあなたの退職が他の人に漏れてしまわないよう、上司と2人だけの時間を取ってもらい、以下の内容を順序だてて話すようにしましょう。

《上司に40代転職を報告するときの話の流れ》
【1】まずは穏やかに転職のために退職したい、という意思表示をする
【2】将来の目標や夢の達成のためなど、前向きな転職・退職理由を述べる
【3】自分の希望する退職希望日を伝え、調整をお願いする


話をきちんと聞いてもらい、手続きをスムーズに進めてもらうためにも、話し合いの間は冷静で穏やかな口調になるよう意識してくださいね。

◆報告のタイミングは、退職希望日から逆算して決めよう
転職・退職の決意を直属の上司に申し出るべきタイミングは、以下の点に配慮して決定する必要があります。

・勤め先の就業規則で、退職の申し入れはいつまでにするよう規定されているか
・決算や新人教育など、会社が繁忙期となる時期があるか
・自分の後任探しには、どのくらいの期間がかかりそうか


転職に伴う退職の申し入れは、一般的には希望日の1~3か月前に行えばOKとされていますが、会社によって申し入れるべきタイミングは異なります。

特に40代は、マネジメントなど重要な役職に就いていることも多いです。
後任探しにある程度の時間がかかること、退職に伴う引継ぎや有休消化のことまで考慮すると、最低でも退職希望日の半年前には申し入れることをおすすめします。

《上司以外の同僚には、いつ頃報告すべき?》
基本的には、最初に相談した直属の上司から正式に退職が認められた後に、上司と相談のうえ時期を決定するのが良いとされます。

あなたの独断で軽々しく退職の話を周囲に吹聴するのは、絶対にやめてくださいね。



【合わせて読みたい】
40代の退職・転職の決断を応援!成功のために起こすべき行動4つ
不安の先に転職成功がある!40代での転職、不安の原因と解消法


40代の転職、家族やパートナーに報告するなら

40代 家族への転職報告

次に、あなたの大切な家族やパートナーに40代転職の決意を報告する場合の、適切な手順やタイミングを見ていきましょう。

◆配偶者、またはパートナーには事前報告を
生活の基盤をともに築く妻または夫、パートナーには、必ず40代での転職を決意した時点で、実際に動き出す前に以下の項目について報告・話し合う機会を持ってください。

《配偶者またはパートナーに40代転職を報告するときの話の流れ》
【1】何のための転職なのか、転職の理由や目的を説明
【2】家族の将来のために、転職で一時的な負担をかけることに理解を求める
【3】転職することの是非や転職先の候補について、一緒に検討する


転職成功してからの事後報告だと、大反対を受ける可能性も十分あります。
独断ではなく、必ず一緒に将来を見据えた転職にできるよう話し合ってくださいね。

◆子供や高齢の両親などには、配偶者の同意を得てから報告
夫婦間、またはパートナー間での話し合いがまとまったら、転職による収入減で負担をかけるリスクのある子供や高齢の家族にも、しっかり事情を説明しましょう。

このときには、差し支えのない範囲で転職の理由や目的、予定している期間や起こり得るリスクについて、具体的に説明しておくことをおすすめします。

【合わせて読みたい】
40代転職の年収下落は防げる!転職後の年収をダウンさせないコツ
職歴の多い40歳が、転職回数を市場価値に変えるための3つの秘訣


40代の転職を円満なものにするための報告のコツ

40代転職報告のコツ イメージ

最後に、40代転職の報告を円満なものにするためのコツを、職場と家族・パートナーの相手別にご紹介していきます。しっかり確認し、心に留めておいてくださいね。

◆職場への円満な転職報告のコツ
40代転職の報告を職場で円満に行うには、慰留やトラブルの原因となる以下の項目に気を付けて話をするのがコツです。

・現職場への文句や不満は、絶対口にしない!
・端的に「辞めます」のみなど、配慮に欠ける伝え方をしない!
・感情的になったり、相手を煽るような態度を出さない!
・退職の時期や準備について、会社の意向を無視して動かない!
・現職場での仕事をおろそかにしたり、手を抜かない!


◆家族・パートナーへの円満な転職報告のコツ
40代転職の報告を家族に対して円満に行うには、家族からの反発や疑いの原因となる以下の項目に気を付けて話をするのがコツです。

・「とにかく辞めるんだ!」などと、強硬な姿勢を取らない!
・転職の理由や目的は、具体例を挙げてきちんと説明する!
・報告の時期は、家族のライフイベントや体調を考慮して決める!
・転職への想いやビジョンを、理解してもらえるよう努力する!
・すぐに理解されないからと言って、独断で突っ走らない!


【おすすめ!40代以上歓迎求人に特化した転職サービス】
アラフォー歓迎の正社員求人が全国で9,000件!「FROM40」
経歴を登録するだけ!企業から直接スカウトが来る「FROM40ネオ」

いかがでしたか?
40代での転職報告は、職場にも家庭にも配慮が必要となります。

この記事を参考に、あなたの転職報告がつつがないものとなるよう祈っています。

年収

新着記事

関連する記事